レオン・ベイリーがアストン・ビラに正式加入!「常にプレーしたいと思っていたクラブ」

2021.08.04 17:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラは4日、ジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(23)と正式契約を結んだことを発表した。契約は2025年までとなる。

すでにアストン・ビラからクラブ間合意が明かされていたベイリー。この度、クラブと正式に契約を交わし、改めて加入が発表された。

「僕にとってここは偉大な歴史のあるビッグクラブだ。正しいステップだと確信しているよ。スタートが待ちきれないね」
「常にプレーしたいと思っていたクラブだ。今がその時だと感じているし、興奮しているよ」

「願わくば、自分のベストを尽くしてプレミアリーグで素晴らしいシーズンを過ごしたいと思う」

ベイリーは2017年1月にヘンクからレバークーゼンに移籍。在籍3年半で公式戦156試合に出場し39ゴール26アシストを記録して、主力として活躍した。

ディーン・スミス監督はそんなベイリーを「素晴らしいペースと創造性を持った非常にエキサイティングな若手ストライカー」と評価。

ドイツ『キッカー』によれば、移籍金は3000万ユーロ(約39億円)、ボーナスが500万ユーロ(約6億5000万円)とのことだ。

関連ニュース
thumb

コウチーニョが今冬ブラジル移籍? エメリ新監督の構想外か

アストン・ビラの元ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(30)の去就が怪しくなっているようだ。 2018年1月に移籍したバルセロナで下降気味のキャリアを送ったものの、今年1月加入のビラで復調して見せたコウチーニョ。元同僚のスティーブン・ジェラード監督の下、4年ぶりに復帰したプレミアリーグで19試合5ゴール3アシストの成績を残した。 今季も中断前にリーグ戦12試合に出場していたが、盟友のジェラードが成績不振で解任となり、後任にウナイ・エメリ監督が就任。これが元リバプールMFの去就に影響を与える可能性があるようだ。 イギリス『ミラー』は、エメリ新監督がこの30歳を戦力と見ていないと主張。冬の移籍市場での売却も検討していると伝えており、フラメンゴがレンタルでの獲得を狙っているとのことだ。 なお、エメリ監督就任後の公式戦3試合は、コウチーニョはハムストリングのケガで欠場。今回の中断期間でアピールできるだろうか。 2022.12.08 17:40 Thu
twitterfacebook
thumb

会長の発言で去就要注目のフェリックス、有力移籍先はアストン・ビラか

クラブ会長の発言から去就が注目されることになったアトレティコ・マドリーのポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(23)。スペイン『マルカ』によれば、現段階ではアストン・ビラが移籍先として有力となっているようだ。 フェリックスは2019年7月にベンフィカから1億2700万ユーロ(約182億円)という破格の移籍金でアトレティコへと完全移籍。当時、バルセロナに移籍したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの後継者として大きな期待がかけられていたが、これまで公式戦129試合で33ゴール18アシストと、期待値ほどの結果は残せていない。 さらに、ここ最近では以前から確執が伝えられるディエゴ・シメオネ監督との関係がさらに悪化しており、選手自身はこのままアルゼンチン人指揮官が指揮を執り続ける場合、クラブに対して退団を要求する構えだ。 そういった中、ミゲル・アンヘル・ヒル・マリン会長が今冬退団の可能性を認めるコメントを残した。『TVE』のインタビューで「彼はワールドクラスのトッププレーヤーだと思うが、監督との関係、彼のプレー時間、彼のモチベーションを考えると…。プレーヤーにとってもクラブにとっても良い選択肢があれば、それを検討するのが道理だろう」 とし、退団にオープンであることを示した。 そして、移籍先候補としてポールポジションに立っているのがビラだそう。同メディアはすでに両クラブ間で交渉は始まっていると主張しており、今後の進展に注目としている。 2022.12.07 20:50 Wed
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラ、モロッコ代表GKボノを獲得へ? ラ・リーガ屈指の守護神

アストン・ビラが、セビージャのモロッコ代表GKボノ(31)に関心を寄せているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 ボノはカタール・ワールドカップ(W杯)を戦うモロッコ代表の正GKで、23日に行われたグループF初戦のクロアチア代表戦でスタメン出場。2日の最終節では決勝トーナメント進出をかけ、生まれ故郷のカナダ代表と対戦する。 所属するセビージャでも正GKに君臨。今季のチームはラ・リーガで降格圏に低迷も、昨季は1試合あたりの平均失点が最も少ないGKに贈られるサモラ賞を受賞するなど、リーグ屈指のシュートストッパーとして名高い。 そんなボノに対し、元セビージャ指揮官のウナイ・エメリ監督が率いるアストン・ビラが来年1月の獲得に照準。現在のセビージャは深刻な財政難のため、適切なオファーがあれば拒否するのは難しいという。 アストン・ビラが留意している点はボノのコンディション面。ボノは27日のベルギー代表戦で、当初はスタメンに名を連ねていたものの、キックオフ直前の国歌斉唱中に気分が悪くなり、急遽メンバーを外れることとなった。 どうやら元々体調が優れず、さほど深刻なものではなかったようだが、アストン・ビラとしては慎重に動向を追っているとのことだ。 2022.11.30 20:09 Wed
twitterfacebook
thumb

ベイリーはバイエルン移籍の可能性もあった?「家にまで訪ねてきたが…」

アストン・ビラのジャマイカ代表FWレオン・ベイリーは、かつてバイエルン移籍に近づいていたようだ。 レバークーゼン時代に一躍脚光を浴び、現在はアストン・ビラで活躍するベイリー。自身のポッドキャストでバイエルンへの移籍に近づいていた時期があったと振り返った。 「過去に大きな後悔がある… 素晴らしい話が僕に来たんだ。あのバイエルンが僕を欲しがり、家にまで訪ねてきた。彼らはロッベンの後釜を欲していたが、レバークーゼンが僕を手放してくれなかった」 ドイツ『ビルト』いわく、その時期とは2019年の夏で、バイエルンはベイリー獲得に本腰を入れたものの、最終的に断念し、代わりにインテルからクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(現トッテナム)を獲得。2019-20シーズンのバイエルンは3冠を達成した。 バイエルン移籍が叶わなかったことを悔やんだ一方、古巣レバークーゼンに悪い印象を残しているわけではなく、アストン・ビラを選んで正解だったとも付け加えた。 「レバークーゼンはトップクラブ。周辺環境、施設、スタジアム、そこで働く人たちは本当に素晴らしい」 「もう一つ忘れてはいけないのは、多くのクラブが僕に興味を持ってくれた中、ビラという素晴らしい場所に来れたこと。僕自身も勉強し、人に話を聞き、自分に最も適したチームを考えた。見つけることができたよ!」 2022.11.30 18:19 Wed
twitterfacebook
thumb

来夏移籍金ゼロも… 1月にフランス代表FWテュラム争奪戦?

ボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム(25)を巡り、争奪戦が繰り広げられる可能性があるようだ。 フランス代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のテュラム。ここまで2試合の途中出場で得点はないが、チームはグループ最終節を残して決勝トーナメント進出を決めたため、来月1日のチュニジア代表戦ではスタメン起用も考えられる。 所属するボルシアMGでは今季の公式戦19試合で13得点4アシストと大ブレイクを果たし、たちまちビッグクラブ注目の的に。契約は2023年6月までのため、フリーとなる来夏の争奪戦が予想されるが、現在では来年1月の移籍市場でステップアップするとの見方も強まりつつある。 候補に挙がるのはバイエルンやアトレティコ・マドリー、インテル、ドルトムント、ニューカッスル、アストン・ビラなど。中でもドイツ『ビルト』が特に熱心だと主張するのが、ラ・リーガで降格圏に低迷するセビージャだ。 セビージャはホルヘ・サンパオリ監督がストライカーの獲得を要望。ボルシアMGは想定外の活躍を披露したテュラムの慰留をすでに断念しており、来年1月にオファーが来た場合は移籍金3000万ユーロ(約42億9000万円)を要求するとされている。 財政状況が苦しいセビージャは、チーム内で重要な戦力と見なされない選手の譲渡を考慮。アルゼンチン代表MFパプ・ゴメス(34)や、同代表MFマルコス・アクーニャ(31)が候補に挙げられている。 2022.11.29 20:16 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly