5549分! パウ・トーレス、今季の出場時間がヨーロッパの選手の中で最長に

2021.08.04 16:12 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルに所属するスペイン代表DFパウ・トーレスが、2020-21シーズンにおいて現状最も出場時間が長いヨーロッパの選手となった。クラブの公式ツイッターが伝えている。

2020-21シーズンのパウ・トーレスは、ビジャレアルの主力として公式戦44試合に出場。ラ・リーガ33試合に加え、クラブ初タイトルを獲得することになったヨーロッパリーグ(EL)では9試合に出場した。

クラブでのシーズンが終わった後は、スペイン代表としてユーロ2020に参戦。残念ながら準決勝で敗れてしまったものの、息つく間もなく今度はU-24スペイン代表として東京オリンピックに出場している。

ユーロでは全6試合に出場、東京五輪ではここまで全試合にフル出場しており、チームは3日に日本を下し、29年ぶりの金メダルを目指して、7日の決勝戦でブラジルと戦う。

そんな「超過勤務」状態のパウ・トーレスは、ビジャレアルの公式ツイッターによると、2020-21シーズンの出場時間はここまで驚異の5549分を記録しているとのこと。『transfermarkt』によれば、クラブでの出場時間は3975分となっている。

新シーズンに向けてのコンディションが心配される中、クラブは「今季の好調ぶりを示す残酷なデータだ」と複雑な心情を伝えている。

なお、スペイン代表ではバルセロナのMFペドリも殺人的なスケジュールをこなしていると話題だ。パウ・トレース同様にこちらもユーロとオリンピックに参加しており、この1年でクラブと代表合わせて72試合に出場している。

だが、1試合あたりの出場時間の差から、トータル時間はパウ・トーレスが上回っているようだ。



1 2
関連ニュース
thumb

「男はボールと融合した」顔面ブロックのビジャレアルGK、シュートが顔にめり込む

ビジャレアルの元アルゼンチン代表GKヘロニモ・ルジのセーブが脚光を浴びている。 20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループF第3節、ヤング・ボーイズとの一戦に先発出場したルジ。相手のシュートを顔面でセーブする気迫のこもったプレーを見せたのだが、その際の写真が非常にコミカルなものとなってしまった。 『433』はルジの顔面ブロック時の写真を投稿。ボールはきれいにルジの顔面を捉えていることがうかがえる。しかも拡大すると、ボールが顔にめり込んでいるように見えるではないか。 漫画のような1コマにファンも笑いをこらえきれない様子だ。「素晴らしい」、「いやいやいやいや」、「男はボールと融合した」、「彼はそれを真剣に受け止めた」など、さまざまなコメントが寄せられた。 見る分には非常におかしな絵面となっているが、実際には相当に痛いだろう。ルジ本人もこの写真に反応したが、冷汗の絵文字2つで応答している。 ともあれ、ルジの奮闘もあって4-1でスイスの雄を下したビジャレアル。今季のCLで初白星を飾っている。 <span class="paragraph-title">【写真】ボールがGKの顔にめり込んだ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CVSIqePgTMb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CVSIqePgTMb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CVSIqePgTMb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.21 22:20 Thu
twitterfacebook
thumb

「とても能力のあるチーム」と警戒したヤング・ボーイズに大勝のビジャレアル・エメリ監督「上手く反応した」

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、ヤング・ボーイズ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ビジャレアルは20日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第3節でヤング・ボーイズと対戦した。 ヤング・ボーイズはCLの初戦でマンチェスター・ユナイテッドを撃破し、その他のクラブが警戒心を強めた中、この試合でビジャレアルは圧倒。6分にジェレミ・ピノ、16分にジェラール・モレノがゴールを決めて2点のリードを得る。 後半に入りヤング・ボーイズがやや盛り返すと77分にメスチャク・エリアが1点を返し反撃。それでも89分にアルベルト・モレノ、92分にサムエル・チュクウェゼがゴールを決め、1-4で大勝した。 エメリ監督は、ヤング・ボーイズを警戒していたと語りながらも、チームとしてよく戦えたとパフォーマンスを評価した。 「競争力を持ちたいと思っていたが、それが成功した。ベルンにやってきて、同じ舞台で、マンチェスター・ユナイテッドを下したとても厳しいチームと対戦することとなった」 「ウイングにスピードがあり、サイドにボールを置くとても能力のあるチームだ」 「早々に2ゴールを決めたが、アドバンテージは決定的なものではなかった」 「彼らは差を縮めてきたが、我々は上手く反応して2ゴールを決めて、勝利を手にすることができた」 2021.10.21 16:43 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドがまたも決勝点! ユナイテッドがCL2戦連続の劇的逆転勝利で首位浮上!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループF第3節、マンチェスター・ユナイテッドvsアタランタが20日にオールド・トラッフォードで行われ、ホームのユナイテッドが3-2の逆転勝利を収めた。 直近のレスター・シティ戦を2-4で大敗し、最近の公式戦5試合で3敗と絶不調のユナイテッド。今週末のリーグ戦で難敵リバプール戦を控える中、公式戦3試合ぶりの白星を目指した。 レスター戦からは先発3人を変更。マティッチとポグバ、サンチョに代えてマクトミネイとフレッジ、今季初先発のラッシュフォードを起用した以外、ほぼ同じ顔ぶれとなった。 一方、アタランタは前節、エンポリを4-1で破りリーグ戦3試合ぶりの白星を奪取。強豪相手にグループ首位キープを目指す一戦では、ペッシーナ、トロイ、ハテブール、ディムスティといった離脱者の影響を受け、デ・ルーンが3バックの一角に入ったほか、前線はムリエル、イリチッチ、パシャリッチが起用された。 立ち上がりから球際でのバトルが強調される展開となった中、序盤はアタランタのハイラインの背後を狙うユナイテッドが良い形の攻めを見せる。 だが、時間の経過と共に切り替えの部分で相手を上回るアタランタが両ウイングバックの攻撃参加を生かして厚みのある仕掛けを見せる。すると、15分にはイリチッチのフィードに抜け出したムリエルの高い位置でのボールキープからイリチッチのスルーパスに3人目の動き出しで反応したザッパコスタがボックス右に抜け出して完璧な折り返しを供給。これをゴール前のパシャリッチがスライディングシュートで流し込んだ。 ホームで先制を許す難しい入りとなったユナイテッドは、すぐさま気持ちを切り替えて反撃を開始。全体を押し上げて攻撃に枚数をかけていく中、20分に最初の決定機を作る。ボックス右でキープしたクリスティアーノ・ロナウドが浮き球の折り返しを入れると、ブルーノ・フェルナンデスが頭で触ったボールがファーに流れる。フレッジがすかさず左足を振るが、これはGKムッソの好守に阻まれた。 先制以降、しばらく押し込まれる時間が続いたアタランタだが、これをきっちり凌ぐと、この試合2つ目のチャンスを確実にゴールに結びつける。29分、右CKの場面でキッカーのコープマイネルスが左足インスウィングで入れた鋭いボールをニアでうまくフリーになったデミラルがドンピシャのヘッドで叩き込んだ。 前半の内に1点でも返したいユナイテッドは前半終了間際にかけて攻勢を強めていく。だが、ラッシュフォード、フレッジがボックス内での絶好機でシュートを枠に飛ばすことができず、2点ビハインドで試合を折り返すことになった。 迎えた後半、アタランタは攻守両面で存在感を示していたものの、筋肉系の痛みを訴えていたデミラルを諦めロヴァートをハーフタイム明けに投入。これに対して、ユナイテッドは前半と同じメンバーで同点、逆転を目指すことに。 立ち上がりからギアを上げて攻勢を仕掛けるユナイテッドは、開始早々に決定機。B・フェルナンデスのスルーパスに抜け出したC・ロナウドがボックス内でGKとの一対一を迎えるが、ここはシュートコースが甘くGKムッソにセーブされる。 だが、畳みかけるホームチームは53分、相手の不用意な横パスをカットしたB・フェルナンデスのスルーパスに抜け出したラッシュフォードがボックス左から冷静にゴール右下隅へシュートを流し込み、公式戦2試合連続ゴールとした。 これで完全に勢いに乗ったユナイテッドは直後の58分にマクトミネイがポスト直撃の決定機を作ると、64分にもB・フェルナンデスのお膳立てからC・ロナウドにビッグチャンスが舞い込むなど、イケイケの展開に。さらに、66分にはラッシュフォードとマクトミネイを下げてカバーニとポグバを投入し、攻撃に厚みを加えていく。 一方、守勢が続くアタランタも70分過ぎに後半最初の決定機。途中出場のサパタが鮮やかなボックス内でのターンから鋭いシュートを放つと、さらにこぼれ球に詰めたマリノフスキーが強烈な左足のシュート。だが、いずれのシュートもGKデ・ヘアのビッグセーブに阻まれた。 辛くも3失点目を凌いだユナイテッドは見事な連続セーブでチームを救った守護神に攻撃陣が応える。75分、セットプレーの二次攻撃からカバーニのヘディングがボックス左でフリーのマグワイアの足元へ流れると、ここでユナイテッド主将が冷静にゴール左下隅にシュートを流し込み、待望の同点ゴールとした。 2点差を追いついたことでオールド・トラッフォードの熱狂がより高まる中、前節のビジャレアル戦に続き千両役者が大仕事を果たす。81分、再びセットプレーの二次攻撃から左サイドのショーが上げたクロスをゴール前で待ち構えていたC・ロナウドが頭でゴール左隅へ流し込んだ。 ここまで決定力を欠きながらも最後の最後で挽回を見せたエースのゴールによって試合を引っくり返したユナイテッドは、ここから泥臭く時計を進めながら相手の反撃を凌ぎ切り、2試合連続の逆転勝利。 公式戦3試合ぶりの白星を収めると共にグループF首位に浮上し、週末のリバプール戦に向けて大きな弾みを付けた。 また、同日行われたヤング・ボーイズvsビジャレアルは、アウェイのビジャレアルが1-4で勝利した。 ここまで1勝1敗でグループ2位に位置するスイス王者と、1敗1分けで最下位に甘んじる昨季ヨーロッパリーグ王者の一戦。 試合はアウェイのセビージャが畳みかける攻撃を見せる。まずは6分、左サイドのペドラサが入れたアーリークロスに対して、大外からうまくゴール前に斜めのランニングで走り込んだジェレミ・ピノがフリーでヘディングシュートを流し込んだ。 さらに、16分には相手陣内左サイド出たFKの場面でキッカーのパレホが右足インスウィングでゴール前のスペースに入れた高速クロスをジェラール・モレノが頭で合わせて追加点を奪った。 前半半ば以降はビハインドを負うヤング・ボーイズが決死の猛攻を仕掛け、再三の決定機を作り出すが、シュートが枠に嫌われるなど、最後の局面で精度を欠き、両者の決定力の差がそのままスコアに反映される形となった。 迎えた後半もヤング・ボーイズが押し込む展開が続くが、守護神ルジを中心に最後の場面で粘るビジャレアルの堅守攻略に苦しむ。それでも、77分にはうまく相手の背後に飛び出したエリアが反撃の狼煙を上げるゴールを挙げる。 1点差に縮まったことで試合はより拮抗するが、最後の最後にアウェイチームが地力の差を見せつける。89分にカウンターから途中出場のアルベルト・モレノが値千金の3点目を奪うと、直後の92分には負傷明けで今季CL初出場のチュクウェゼに嬉しい今季初ゴールまで生まれ、土壇場でホームチームを突き放した。 そして、決定力の差で相手を上回ったビジャレアルが待望のグループステージ初勝利を挙げた。 2021.10.21 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

オーリエが古巣スパーズにエモーショナルな別れ…噂された宿敵への加入は全く考えず

ビジャレアルに加入したコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(28)が、古巣トッテナムのサポーターに向けて感謝の想いを綴った。同選手が自身の公式『インスタグラム』で伝えた。 オーリエは2017年7月にパリ・サンジェルマン(PSG)からトッテナムに加入。これまで公式戦通算110試合に出場し、8ゴール17アシストを記録していた。 だが、今夏の移籍市場最終日にクラブとの契約を解消し、フリーとなっていたコートジボワール代表DFは、今月4日にビジャレアルへ2年間の延長オプション付きの1年契約で加入した。 トッテナム退団後は一時アーセナルへの移籍の可能性が取り沙汰されたオーリエだが、トッテナムへの忠誠から“敵”への移籍を考えたことはなかったと、改めてスパーズファンとクラブへの愛を語っている。 「僕の大きな家族であるサポーターの皆さんへ。まず最初に、この素晴らしい4シーズンを過ごしたスパーズのファンの皆さんに感謝したいと思います」 「すべて異なるものですが、忘れられない数々の思い出を持ってここを去ります。誇りを持って皆さんのカラーを身につけることができ、とても楽しかったです。すべてが完璧ではなかったのは事実ですが、喜びや悲しみの瞬間もありました。ただ、ひとつだけ確かなことがあります。僕は常に自分のすべてを100%チームのために捧げてきました。そして、欺くようなことは一切ありませんでした」 「自分のホームでない限り、イングランドの他のクラブに自分が入ることは考えられませんでした。もちろん、このクラブの“敵(アーセナル)”に加入することは全く考えていませんでした。なぜなら、僕らのクラブ、歴史、そして共に過ごしたすべての瞬間に敬意を抱いているからです」 「この4シーズンの間、皆さんは揺るぎないサポートをしてくださり、多くのモノをもたらしてくれたことに感謝したいと思います。この数カ月間は決して楽なものではなく、もっと良い状態でお別れをしたかったのですが、どんな物語にも終わりがあります。受け入れて前に進まなければなりません」 「僕は今、かつてのチームメイトであり、多くのことを一緒に経験した兄弟である仲間に語りかけています。みんなと一緒にプレーするのは本当に楽しかったです。特にロッカールームでは、僕がムードメーカーだったから、寂しくなると思うよ」 「今シーズンの成功を祈っています。また、必ず会いに行きます。すぐに僕を忘れないでほしい。心から幸運を祈ります」 トッテナムでの4年間は浮き沈みの連続だったオーリエだが、クラブへの愛情や忠誠心は間違いなく本物だったようだ。 2021.10.07 23:58 Thu
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル指揮官エメリ、意外な過去を告白「審判になることも考えた」

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、意外な過去を告白した。スペイン『マルカ』が伝えている。 スペインの下部クラブで選手キャリアの大半を送ったエメリ監督は、2004年に3部のロルカで指導者に転身。クラブを史上初の2部昇格に導くと、アルメリアでは史上初の1部昇格を達成し、一気に頭角を現した。 手腕が認められ、2008年夏にバレンシアへと引き抜かれると、スパルタク・モスクワを経て2013年1月に指揮官に就任したセビージャではヨーロッパリーグ(EL)3連覇を達成。その後はパリ・サンジェルマン(PSG)、アーセナルを経て2020年夏からビジャレアルの監督を務めている。 無名の選手時代から叩き上げで成功を収めてきたエメリ監督だが、過去には意外な形でサッカーに携わることを考えていたと告白した。 「審判になることも考えた。私の人生はサッカーそのものであるからだ。結局トレーニングを始めて、その考えは捨てたがね」 また、2018-2019シーズンからラ・リーガでも運用されているVARについては「私にとってVARはとても重要だし、私はVARに大賛成だ。人間である審判を大いに助け、今ではミスも少なくなっていると思う」と肯定的な意見を述べた。 2021.10.06 18:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly