ブラジル人DFエリー、アラベス退団を発表

2021.08.04 00:00 Wed
Getty Images
ブラジル人DFロドリゴ・エリー(27)は3日、アラベス退団を自身のインスタグラムで発表した。
PR
2017年にミランからアラベスに加入したセンターバックのエリーは、アラベスで公式戦85試合に出場して5ゴールをマーク。昨季は12月に左ヒザ前十字靭帯を断裂したため、ラ・リーガ8試合の出場に留まったが、アラベスの1部残留に貢献してきた。
エリーは自身のインスタグラムにて「新たな挑戦をすべき時期に来た。ありがとう、アラベス。素晴らしいファンと共に戦えたことを誇りに思う」とコメントした。


PR
関連ニュース

「異次元すぎ」「これは美しい」久保建英が魅せた圧巻の股抜きヒールパスが話題騒然! 負傷交代前に見せたプレーをリーグ公式もピックアップ

負傷交代が心配されるレアル・ソシエダの日本代表MF久保建英だが、試合中に見せたプレーが脚光を浴びている。 3月31日、ラ・リーガ第30節でソシエダはアウェイでアラベスと対戦。久保は先発出場したものの、前半終盤にピッチに座り込みそのまま交代。「右ハムストリングに違和感があったため交代した」とクラブは説明していた。 状態が心配される久保建英だが、試合中に見せた技ありプレーが話題を呼んでいる。 ラ・リーガの公式X(旧ツイッター/@LaLiga)もピックアップしたプレー。自陣の右サイドでパスを受けた久保がハビ・ロペスを背負いながらキープ。そのまま足裏でボールをコントロールすると、ハビ・ロペスの股を抜き、味方にパスをつなげていた。 これには「クオリティ」、「異次元すぎ」、「パスになってるのがすごい」、「これは美しい」、「上手すぎる」と称賛のコメントが集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英が魅せた美技! 圧巻の股抜きヒールパス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/LaLigaHighlights?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LaLigaHighlights</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/Alav%C3%A9sRealsociedad?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AlavésRealsociedad</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/WeareReal?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WeareReal</a> <a href="https://t.co/mIJn65trkW">pic.twitter.com/mIJn65trkW</a></p>&mdash; Real Sociedad Fútbol (@RealSociedad) <a href="https://twitter.com/RealSociedad/status/1774484388031365401?ref_src=twsrc%5Etfw">March 31, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.01 10:55 Mon

負傷交代の久保建英、指揮官が状態を説明「彼が交代を要求してきた」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英の状態について、イマノル・アルグアシル監督が語った。 3月31日、ラ・リーガ第30節でソシエダはアウェイでアラベスと対戦した。 この試合にも先発出場した久保だったが、前半終盤に突如としてピッチに倒れ込みプレー続行不可能。44分にシェラルド・ベッカーと交代してピッチを後にしていた。 状態が気になる中、クラブは「右ハムストリングに違和感があったため交代した」と説明。試合後、イマノル監督が記者会見で状態について説明し、本人が交代を求めたとした。 「リスクは犯したくないが、大事に至らないことを願っている」 「タケと話したところによると、より引き裂かれるようなものを感じる前に、立ち止まることを望んだようだ。ただ、見守らなければならない」 ソシエダはブライス・メンデスが今シーズン絶望とも言える負傷をしたばかりであり、大事なピースを失うことに。詳しい検査の結果が出ることが待たれる。 <span class="paragraph-title">【写真】ピッチに倒れ込んだ久保建英、オヤルサバルも心配そう</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Take Kubo ha sido sustituido por unas molestias en la musculatura isquiosural derecha. <a href="https://twitter.com/hashtag/AlavesRealSociedad?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AlavesRealSociedad</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/WeareReal?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WeareReal</a> <a href="https://t.co/l35EHckk03">pic.twitter.com/l35EHckk03</a></p>&mdash; Real Sociedad Fútbol (@RealSociedad) <a href="https://twitter.com/RealSociedad/status/1774491535398027638?ref_src=twsrc%5Etfw">March 31, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.01 10:05 Mon

生え抜きDFパチェコの初ゴールでソシエダがリーグ戦3連勝!久保は前半途中に負傷交代…【ラ・リーガ】

久保建英の所属するレアル・ソシエダは3月31日、ラ・リーガ第30節でアラベスと対戦し1-0で勝利した。久保は44分に負傷交代している。 リーグ戦2連勝中の6位ソシエダ(勝ち点46)が、13位アラベス(勝ち点32)のホームに乗り込んだ一戦。日本代表から帰還した久保は[4-3-3]の右ウイングでスタメンとなった。 序盤の主導権争いを経て徐々にポゼッションを高めるソシエダは、29分に最初の決定機を創出する。右サイドのザハリャンが供給した斜めのパスでDFの裏に抜け出したオヤルサバルがGKとの一対一を迎えると、チップキックシュートでゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは取り消された。 先制のチャンスを逃したソシエダは36分にピンチ。ビセンテのパスをボックス右手前で受けたルイス・リオハがペナルティアーク手前まで切り込み左足を振り抜くと、このシュートが右ポストを直撃した。 ハーフタイムにかけても拮抗した展開が続いたが、ソシエダにアクシデントが発生。41分、メリーノが頭で繋いだボールに反応した久保がスプリントした際に右ハムストリングを負傷。プレー続行不可能となり、44分にベッカーが緊急投入された。 ゴールレスで迎えた後半、ソシエダは59分にセットプレーから先制する。ザハリャンの右CKをニアに走り込んだパチェコがダイビングヘッドで合わせると、GKシベラの股下を抜いてゴールネットを揺らした。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。ソシエダは試合終了間際の93分にピンチ。レバシュの右CKから混戦が生まれたが、最後はDFパチェコがボールをクリアした。 結局、試合はそのまま1-0でソシエダが勝利。生え抜きDFパチェコの初ゴールでソシエダはリーグ戦3連勝を飾った。 2024.04.01 03:30 Mon

グルセタのドブレーテでアラベスを下したアスティックが暫定4位に浮上!【ラ・リーガ】

アスレティック・ビルバオは16日、ラ・リーガ第29節でアラベスと対戦し2-0で勝利した。 公式戦3試合負けなしの5位アスレティック(勝ち点53)が、前節のラージョ・バジェカーノ戦で6試合ぶりの白星を挙げた13位アラベス(勝ち点32)をホームに迎えた一戦。 アスティックは開始早々にネットを揺らす。5分、プラドスのロングスルーパスからイニャキ・ウィリアムズがDFの裏に抜け出すと、そのままボックス内まで侵入し、ゴールネットを揺らしたが、これはイニャキ・ウィリアムズのオフサイドが取られ、ゴールは取り消された。 先制のチャンスを逃したアスレティックは15分にピンチ。敵陣でのボールロストからロングカウンターを許すと、ボックス左から侵入したビセンテのクロスをグリディがヘディングシュート。しかし、これはGKウナイ・シモンの足に当たり難を逃れた。 さらにアスレティックは、30分にも左CKの流れたボールから二次攻撃を許すと、アブカルのパスでボックス右に抜け出したゴロサベルをニコ・ウィリアムズが倒してしまい、PKを献上。しかし、リオハのPKは完全に読み切ったGKウナイ・シモンが弾き出した。 守護神のファインセーブでピンチを凌いだアスレティックは、直後にスコアを動かす。32分、プラドスの縦パスを受けたニコ・ウィリアムズがボックス左深くまで切り込んで折り返しを供給すると、ニアに走り込んだグルセタが右足アウトサイドでゴール左隅にシュートを流し込んだ。 先制したアスティックは37分にも、ジェライのロングフィードからDFの裏に抜け出したイニャキ・ウィリアムズがペナルティアーク内でボールを落とすと、後方から走り込んだグルセタがダイレクトシュートをゴール右隅に流し込んだ。 2-0で迎えた後半は立ち上がりから拮抗した展開が続く中、アスティックは65分にチャンス。右クロスの流れたボールを拾ったイニャキ・ウィリアムズのクロスが、GKシベラのパンチングミスを誘うと、こぼれ球をゴール前のグルセタが詰めたが、シュートは枠の上に外れた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、最後までスコアは動かず。2-0で勝利したアスティックは、アトレティコ・マドリーをかわし暫定4位に浮上している。 2024.03.17 07:06 Sun

3選手の連れ戻しをレアルが検討中…レンタル先で活躍のラファ・マリンら

レアル・マドリーが他クラブへ放出した選手の再加入を選択肢に考えているようだ。 現在ラ・リーガで首位を走り、チャンピオンズリーグ(CL)でも準々決勝進出が見えているマドリー。新戦力ではドルトムントから大金をはたいて獲得したイングランド代表MFジュード・ベリンガムが驚異的な活躍を見せている他、ミランからレンタルバックしたスペイン代表MFブラヒム・ディアスや、ラージョ・バジェカーノから買い戻したスペイン代表DFフラン・ガルシアなども戦力としてチームに貢献している。 周知の通り、マドリーは他クラブへ放出した選手でも手の届く範囲にとどめていることが多く、レアル・ソシエダで活躍する日本代表MF久保建英もその1人。50%の保有権があることから、今夏の買い戻しがにわかに囁かれていたが、最近2029年までの契約延長にサインしたこともあり、可能性はかなり低くなると考えられている。 しかし、スペイン『マルカ』によると、マドリーが今夏の再加入を検討しているのは久保ではなく、カンテラ出身の3選手とのこと。アラベスにレンタル移籍中のU-21スペイン代表DFラファ・マリン(21)、ラツィオのU-21スペイン代表DFマリオ・ヒラ(23)、ジローナのU-21スペイン代表DFミゲル・グティエレス(22)のようだ。 マリンは191cmのセンターバックで、昨夏アラベスへ武者修行。ここまで主力としてラ・リーガの21試合に出場し、来シーズンの復帰は確実とみられている。 同じくセンターバックのヒラは2022年夏にラツィオへ完全移籍したが、久保と同様にマドリーが保有権を50%残している形。昨年11月下旬あたりからレギュラーの座を勝ち取った今シーズンは、ここまでセリエAで11試合に出場している。 リーグ首位を争うジローナのグティエレスも2022年夏にマドリーから完全移籍。左サイドバックや左ウイングバックとしてチームの躍進を支えており、マドリーは安価での買い戻しが可能と言われている。 また、昨夏買い取りオプション付きのレンタルでミランへと移籍したスペイン人DFアレックス・ヒメネス(18)の動向も注視している模様。他にも多くの選手がマドリーの支配下にあり、さらなる成長が期待されている。 2024.02.18 23:00 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly