復帰したファン・ダイクの起用にキャラガー氏が注意喚起 「急がないように」

2021.08.02 16:38 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのレジェンドであるジェイミー・キャラガー氏が大ケガを負っていたオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクに復帰を急がせないよう促している。イギリス『メトロ』が伝えた。

ファン・ダイクは昨年10月の試合で相手の激しいタックルを受けて右ヒザを負傷。検査の結果、前十字じん帯の損傷が発覚し、シーズンの早い段階で終了に追い込まれてしまった。

しかし、手術とリハビリを経て、29日に行われたヘルタ・ベルリンとのプレシーズンマッチに69分から出場。同じく長期離脱中だったイングランド代表DFジョー・ゴメスとともに、9カ月半ぶりとなる実戦復帰を果たしている。

サポーターがプレミアリーグでの復帰も望んでいる中、キャラガー氏は新シーズンのファン・ダイク起用について言及。リーグ戦でのプレーを急がないよう警鐘を鳴らした。

「注意しないとならないし、ユルゲン・クロップもそういう思っているはずだ。ファン・ダイクがリバプールに戻ってきたからと言って、自然とリーグを優勝できるなんてことは期待しない方が良いと思うよ」

「彼は本当に大きなケガを負っていたので、復帰を急がないようにしなければならない」

「ベストな状態に戻れば、彼は世界最高のセンターバックとなる。それはチームが今後5~6週間ではなく、これからの5~6年にわたって望んでいることだ」

「シーズン最初の試合に出られなくても、別に世界が終わるわけではない。100%の状態であることを確認し、彼がリバプールで次の数年をトップレベルで過ごせるような状態にすることが大事だ」

「ヴィルヒルが万全の状態になるまではスロースタートになるかもしれない。でも、それがシーズン最初の試合で実現し、その後の数試合にも出場できたら、誰もが喜ぶと思うけどね」

また、リバプールは昨季にセンターバックの相次ぐ故障に悩まされたため、新シーズンに同じ轍を踏まないようRBライプツィヒからU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテを獲得。ファン・ダイクとゴメスの復帰もあった中で、最適なコンビの選択についても言及した。

「初戦にファン・ダイクとゴメスのコンビを選ぶのは、あまり好ましくない」

「今、全員が最高の状態であれば、ファーストチョイスは常にその2人だ。しかし、2人とも長い間深刻な負傷を抱えていたから、最高の状態で臨むのは難しいと思う」

「コナテがそれを打開できるかどうかだね。それに(ジョエル・)マティプは出場すれば毎回、とても良い仕事をしてくれる」

関連ニュース
thumb

リバプールでキャプテン務めた喜び語るジョー・ゴメス 「とても光栄であり、本当に楽しかった」

リバプールのイングランド代表DFジョー・ゴメスが、チームのキャプテンを務めたことを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 J・ゴメスは21日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)3回戦のノリッジ・シティ戦で主将として先発出場。多くの主力が休養となり、数人の若手選手が起用されたチームを後ろから堅実に支え、42分に相手のPKをGKカオイムヒン・ケレハーが防いだ際はこぼれ球に詰めた相手のシュートをブロックするなど活躍。チームの3-0での勝利に大きく貢献している。 試合後にJ・ゴメスは、リバプールでキャプテンを務めることができた喜びを露わに。試合については難しさもあったと語りつつ、若手を含むチーム全員を称えた。 「とても光栄だったよ。僕はケガから復帰した後、明らかに毎分楽しんでいる、それに加えて、キャプテンを務めることができるなんてね。信じられないことだし、本当に楽しかった」 「キャプテンとして、自分ができる限りのことをする責任があった。誰もがさまざまな方法でそれを行っているけど、僕は大げさなことや普通でないことはしたくない。自分らしくありたいと思っていたんだ」 「チームは皆、信じられないほど素晴らしくて、特に言うことはなかったよ。ただ、自信を持たせるようにして、できるだけ多くの励ましを与えたかった」 「若手全員が信じられないような働きをしたと思う。プレシーズンから彼らの優秀さを垣間見ることはできていたけどね。多くのトレーニングセッションで、彼らは僕たちと一緒に練習しているんだ」 また、J・ゴメスは今夏にチームがU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテを獲得したこともあり、センターバックのポジション争いがし烈を極めていることに言及。控えに甘んじることが多くなっているが、ポジションを得るため必要な努力をしているとしつつ、現在の充実感を語った。 「(試合出場への)思いを、毎日ジムやトレーニング場でぶつける、それが僕のできることだよ。自分がトップクラブにいて、信じられないような選手たちに囲まれているのはわかっているさ。それに、彼らを後押しするため自分の役割を果たそうともしている。それ以外は、ただ忍耐だね」 「僕はチームの一員であること、そして健康であることを楽しんでいる。素晴らしい施設で、素晴らしい人たちと一緒に、素晴らしいクラブにいる。僕はそれを楽しみ、その時が来たときのため準備しなければならない」 2021.09.22 12:12 Wed
twitterfacebook
thumb

カップ戦快勝のリバプール、クロップは若手選手の活躍に満足 「全員が素晴らしい仕事をしてくれた」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、数人の若手選手を起用しながらの勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは21日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)3回戦でノリッジ・シティと対戦。これからの過密日程を考慮し、先週末のリーグ戦から大きくメンバーを変更したチームは、FW南野拓実やFWディボク・オリジら普段ベンチに座る選手だけでなく、FWカイデ・ゴードン、DFコナー・ブラッドリーら若手選手をスタメンに抜擢。試合は南野の2ゴールもあり、3-0の快勝を収めている。 試合後の記者会見でクロップ監督は、課題はあるとしながらも多くの選手を入れ替えながらの勝利に歓喜。同時に、ゴードン、ブラッドリー、後半から出場したMFタイラー・モートンの若手3選手を称賛した。 「完璧な試合ではなかった。だが、それには理由がある。今日はあまりにも多くの変更をしなければならず、試合中に発生する問題への解決策がなかったからだ。だからこそ、完璧な日とすることはできなかったと思う」 「もちろん選手たちは明確であり、とても良いスタートが切れたことは気に入っている。非常にアグレッシブで、生き生きとしていたね。ただ、その後はトレーニングが足りていないことが分かり、終盤までに多くの決断をしなければならなかった」 「最終ラインとキーパーがピンチの場面を救ってくれたこともあり、ノリッジには何もなかったと思う。セットプレーの後に1点を取ったが、これも非常に良いゴールだった。ハーフタイムにはナビ(・ケイタ)が芝生を蹴った影響から交代が必要になり、カーティス(・ジョーンズ)をハーフスペースに、タイラーを6番の位置に据えたが、すぐ自然な感じになったね」 「少年たちはより速く、よりスマートにパスを出した。その結果、2点、3点とゴールを奪い、ゲームをコントロールできたと思う。これは本当に素晴らしい。少年たちは非常によくやったと言わざるを得ないだろう」 また、クロップ監督は若手の中で特に印象的なパフォーマンスを残したゴードンに言及。試合後の会話を明かしつつ、これからの成長に期待を寄せた。 「彼は良い。まだまだ改善すべき点、解決すべき点、学ぶべき点はたくさんあるが、すでに多くを学んでいる。我々は彼がいることを本当に嬉しく思うし、大切に扱っていきたい」 「試合後、カイデは私が『おめでとう』と言おうとしたとき『ありがとう!』と言ってくれた。私は『感謝することではない、当然のことだ』と返した。すべて順調だ。若手は皆良い子たちであり、我々の選手であることに感謝している」 2021.09.22 11:34 Wed
twitterfacebook
thumb

今季初出場で2ゴールのリバプールMF南野拓実「素晴らしい応援をありがとう」

リバプールの日本代表MF南野拓実が今季初ゴールを喜んだ。 21日、リバプールはEFLカップ(カラバオカップ)3回戦でノリッジと対戦。南野は今季初出場を果たした。 その南野は4分、左CKからディヴォク・オリジがヘディングで落としたボールを素早く反転シュート。見事に抑えたボールが狭いコースを抜けて決まり、リバプールが幸先良く先制する。 50分にはそのオリジがヘディングで追加点を奪うと、80分には南野が追加点。ボックス内右でパスを受けると、そのまま縦にドリブルを仕掛け、相手DFの対応をかわしてシュートを流し込んだ。 日本代表でのケガ、そして合流後の体調不良とコンディションが整わなかったために出場がなかった南野だが、今季初出場で2得点と結果を残し、ユルゲン・クロップ監督も「彼はトップクラスの特徴を見せ、今夜の試合を楽しんでいた」とコメントしていた。 南野は試合後に自身のインスタグラムを更新。チームのパフォーマンスを評価し、感謝した。 「素晴らしいチームのパフォーマンス。次のラウンドへ」 「素晴らしい応援をありがとうございました」 <span class="paragraph-title">【写真】南野拓実が勝利を喜ぶメッセージ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CUGWrhbq4s9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CUGWrhbq4s9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CUGWrhbq4s9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">南野拓実 takumi minamino(@takumi18minamino_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.22 10:56 Wed
twitterfacebook
thumb

2ゴールの南野拓実をクロップ監督が称賛「頭の良い選手」、「今夜の試合を楽しんでいた」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、2ゴールの活躍を見せた日本代表MF南野拓実について語った。クラブ公式サイトが伝えた。 21日、リバプールはEFLカップ(カラバオカップ)3回戦でノリッジと対戦。南野は今季初出場を果たした。 その南野は4分、左CKからディヴォク・オリジがヘディングで落としたボールを素早く反転シュート。見事に抑えたボールが狭いコースを抜けて決まり、リバプールが幸先良く先制する。 50分にはそのオリジがヘディングで追加点を奪うと、80分には南野が追加点。ボックス内右でパスを受けると、そのまま縦にドリブルを仕掛け、相手DFの対応をかわしてシュートを流し込んだ。 先発起用に応え、2ゴールと結果を残した南野に対してクロップ監督が試合後にコメント。2つのゴールを決めたパフォーマンスを評価した。 「彼は今とても良い状態にある。あまりプレーしていなかったことは知っているが、悪い時にはケガをし、復帰して来てこうなった」 「時々、簡単なことではないが、彼はトップクラスの特徴を見せ、今夜の試合を楽しんでいた」 「それは彼にとっても我々にとっても重要なことだ。これが彼の助けにもなり、我々の助けにもなる」 また、ここまで起用できなかった理由はケガやコンディションだったとし、2つのゴールを称賛した。 「彼にフラストレーションが溜まっていたかどうかは分からない。選手はプレーしたいと思っているのは当然で、それがあまり起きなかったことをも事実だ」 「彼は代表チームで活動し、そこでケガをし、戻って来てすぐに体調を崩し、復帰のためにコンディションを整えた。今では、16週間プレーしなかったということではなく、ケガをしてからの時間が問題だ」 「他の選手もケガをして、復帰するには時間が必要だが、タキ(南野の愛称)は良い状態にあり、とてもよくトレーニングしており、2つのゴールに値する」 「最初のゴールは本当に意識が高く、頭の回転も早く、良いフィニッシュだった。2つ目は、実際には100%見えていたわけではないが、短く小さなスペースでのボックス内での加速は本当に良かった」 「彼はプレシーズンで本当に良い状態だった。そしてスタートしたが、ケガをした。今シーズンの残りがこれから始まる。誰も心配はいらない。タキは大丈夫だ」 その南野は、前半は3トップの一角でプレーしたものの、後半には中盤のインサイドで起用した点についても説明した。 「今日はタキがとてもタフに見えたので、中盤の選手としてプレーする彼を望んだ。ハーフスペースを十分に使えていなかったので、彼をそこに置いた」 「左ウイングにもう少し自由なオックスレイドを置きたかった。それが理由で、彼をゲームに繋いでおくためだった」 「タキは頭の良い選手で、色々なポジションでプレーできるのが理由だ」 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実の技あり今シーズン初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tl" dir="ltr">It&#39;s that man Takumi Minamino! <a href="https://t.co/GOusJKigSB">pic.twitter.com/GOusJKigSB</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1440388276863451141?ref_src=twsrc%5Etfw">September 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.22 07:18 Wed
twitterfacebook
thumb

今季初先発の南野が2Gと躍動!ノリッジ撃破のリバプールが4回戦進出《EFLカップ》

南野拓実が所属するリバプールは21日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でノリッジと対戦し3-0で勝利した。南野はフル出場し、4分と80分にゴールを記録した。 2012年ぶりの優勝を目指すリバプールは、直近のクリスタル・パレス戦の先発からコナテとツィミカス以外9人変更。3トップにゴードン、南野、オリジを据えた[4-3-3]を採用し、中盤にはC・ジョーンズ、N・ケイタ、オックスレイド=チェンバレンを起用した。 リーグ戦5連敗中のノリッジに対し、リバプールは開始早々に先制する。4分、左CKをファーサイドのオリジが頭で合わせると、相手DFに当たりゴール前にこぼれたボールを最後は南野が右足で流し込んだ。 幸先よく先制したリバプールは、24分にも右サイドからカットインしたゴードンがミドルシュートでゴールを狙ったが、このシュートはわずかにゴール右に外れた。 ハーフタイムにかけては一進一退が続いたが、リバプールは41分にミドルシュートのこぼれ球に反応したギアンヌリスをブラッドリーがボックス内で倒してしまいPKを献上。しかし、ツォリスのPKはGKケレハーが残した足で弾き出した。 迎えた後半、リバプールは開始早々の47分に自陣でのボールロストからピンチを招く。ブラッドリーからボールを奪ったイダーが左サイドから折り返しを供給すると、ツォリスがフリックしたボールを走り込んだレース=メルが右足で合わせたが、シュートは枠の上に外れた。 ピンチを凌いだリバプールは50分、C・ジョーンズのパスで左サイド深くまで駆け上がったツィミカスのクロスをゴール前のオリジが頭で叩き込み、追加点を奪った。 さらにリバプールは80分、敵陣でのハイプレスから相手のパスをブラッドリーが引っかけると、ボックス右のチェンバレンがワンタッチパスを受けた南野がゴール前まで持ち出し冷静にゴールネットを揺らした。 結局、試合はそのまま3-0でタイムアップ。南野の2ゴールなどで勝利したリバプールが4回戦進出を決めた。 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実の技あり今シーズン初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tl" dir="ltr">It&#39;s that man Takumi Minamino! <a href="https://t.co/GOusJKigSB">pic.twitter.com/GOusJKigSB</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1440388276863451141?ref_src=twsrc%5Etfw">September 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.22 05:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly