セクシーな女性との写真が出回ったルーニー「家族とクラブに謝罪したい」

2021.07.29 22:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ホテルでの女性との写真が出回ってしまったダービー・カウンティのウェイン・ルーニー監督が謝罪した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。ルーニー監督は24日に行われたサルフォード・シティとの親善試合後、2人の男性の友人とともにマンチェスターのナイトクラブを訪れると、その後、友人たちとともにクラブで出会った女性が宿泊しているホテルへ向かった。

その場での写真を女性たちがSNSにアップしてしまったことから、居眠りしているルーニー監督の写真が出回っており、「Mooney Rooney(居眠りルーニー)」のキャプションとともに、ホテルの一室で眠るルーニー監督と下着姿の若い女性の写真やナイトクラブで女性とキスするルーニーの姿が収められた写真などが明らかになっていた。

ルーニー監督は代理人を通じて、この写真の件に関して警察へと苦情を申し立てたが、チェシャー警察は声明を発表、犯罪が行われていないとし、捜査を行わないとしていた。

ルーニー監督は28日に行われたレアル・ベティスとの親善試合後のインタビューでこの件について言及。家族とクラブに謝罪した。

「2人の友人とプライベートなパーティに行ったが、画像が出回ってしまったことを家族やクラブにお詫びしたい。前に進んでいきたい」

「このクラブを元の場所(1部)に戻す機会を与えてくれたダービー・カウンティに感謝する。昇格を確実にするために全力を尽くす」

「問題には対応済みだ。前に進み、日曜日に行われる次の試合の準備をするのを楽しみにしている」

1 2

関連ニュース
thumb

ラベル・モリソンがルーニー率いるDCユナイテッド加入! 昨季ダービーに続く共闘に

D.C.ユナイテッドは21日、ダービー・カウンティを退団したジャマイカ代表FWラベル・モリソン(29)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2023年12月末までとなるが、さらに1年の延長オプションが付随している。 DCユナイテッドでは前ダービーの指揮官であるウェイン・ルーニー監督が、新指揮官に就任しており、モリソンは同胞指揮官に続く形でメジャーリーグ・サッカー(MLS)入りを決めた形だ。 モリソンはマンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身で、2010年にトップチームに昇格。各年代のイングランド代表にも名を連ねる逸材だったが、そのキャリアは移籍の連続で、2012年1月に当時チャンピオンシップのウェストハム移籍でユナイテッドを離れると、その後はレンタル移籍も含めて通算11クラブを転々とした。 渡り歩いた国々も多岐にわたり、イタリアのラツィオをはじめ、メキシコのアトラス、スウェーデンのエステルスンド、そして最近だとオランダのADOに移籍。ADOとは2020年9月に1年契約を結び、同年11月にルーツを持つジャマイカのフル代表デビューも遂げたが、昨年1月に契約を解除となり、以降はフリーの状態が続いていた。 そういった中、ユナイテッド時代に短期間ながらチームメイトでもあったルーニー氏は自身の指揮するダービーに後輩を誘い、プレシーズン期間のトライアルを経て、昨年8月にダービーに正式加入。 昨シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)では36試合4ゴール4アシストの数字を残すなど、主力としてプレーしていた。 2022.07.22 14:33 Fri
twitterfacebook
thumb

ピルロ率いるファティ・カラギュムリュクが、FWディアニェ、FWカジム=リチャーズのストライカー2人を獲得

アンドレア・ピルロ監督が就任したファティ・カラギュムリュクは19日、ガラタサライのセネガル代表FWムバイエ・ディアニェ(30)とダービー・カウンティの元トルコ代表FWコリン・カジム=リチャーズ(35)を完全移籍で獲得することを発表した。 ディアニェはユベントスにも在籍した経験があり、フランス、べルギー、サウジアラビア、ハンガリー、中国、イングランドでプレー経験があるストライカー。キャリアの大半がレンタル移籍となっており、トルコでは、カシムパシャ、ガラタサライでプレーした。 スュペル・リグでは通算78試合で52ゴール7アシストを記録し、結果を残しており、2021-22シーズンはリーグ戦で14試合に出場し2ゴール2アシストだった。 カジム=リチャーズはイングランドにもルーツがある元トルコ代表選手。アーセナルのユースにも所属していた他、イングランド、トルコ、フランス、ギリシャ、オランダ、スコットランド、ブラジル、メキシコと世界を渡り歩いた。 7年ぶりにトルコへと復帰。スュペル・リグでは、通算で113試合に出場し10ゴール14アシストを記録していた。 2022.07.20 11:11 Wed
twitterfacebook
thumb

アメリカに渡ったルーニー監督、古巣ユナイテッド絡みの強化を考慮か

DCユナイテッドのウェイン・ルーニー新監督が古巣マンチェスター・ユナイテッド絡みの強化策に打って出るかもしれない。 先月6月にダービー・カウンティの監督を辞したルーニー監督は12日、現役時代のいち時期を過ごしたDCユナイテッドに指揮官として復帰。メジャーリーグサッカー(MLS)のイースタンカンファレンスで最下位に沈むチームの再建を期す。 イギリス『デイリー・メール』によると、そんな36歳の指揮官はイングランド代表MFジェシー・リンガード(29)、ジャマイカ代表MFラヴェル・モリソン(29)、元イングランド代表DFフィル・ジョーンズ(30)の獲得を考慮しているという。 リンガードは昨季をもってユナイテッドを去り、プレミアリーグやサウジアラビアのクラブからの関心が噂に。かつてユナイテッドで逸材と謳われたモリソンもルーニー監督のひと声で加入したダービーを退団してフリーとなっている。 一方で、フィル・ジョーンズはユナイテッドと来季まで契約を残しているものの、退団が濃厚視。エリク・テン・ハグ新監督の下で始まったプレシーズンツアーも帯同していない。 3選手はルーニー監督にとって、ユナイテッド時代の戦友。フィル・ジョーンズに関しては契約があるため、移籍金がかかってくるが、果たして。 2022.07.17 12:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ダービー退団のルーニー監督、次の舞台と噂のアメリカに到着! 古巣指揮へ

ウェイン・ルーニー氏(36)が指揮官としてアメリカの舞台に帰ってくるようだ。 ルーニー氏はダービー・ユナイテッドでキャリア最後を選手兼任として過ごして、昨年1月に現役引退。それからというもの、監督業に一本化してダービー・ユナイテッドにとどまり、指導者の腕を磨く。 ところだが、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)を戦うチームは昨季、経営破綻で勝ち点21をはく奪され、最終的にEFLリーグ1(3部相当)降格が決定。ルーニー氏は先月24日に辞任を表明した。 それ以来、フリーが続く36歳だが、メジャーリーグサッカー(MLS)の古巣であるDCユナイテッドの関心が噂に。そして、その憶測が現実のものとなろうしているという。 アメリカ『The Athletic』のパブロ・イグレシアス・マウラー記者によると、ルーニー氏は11日、ダラス国際空港に到着。ビザ取得はまだだが、DCユナイテッドと条件面でも合意に達した模様だ。 D.C.ユナイテッドは今年4月、昨年1月からチームを率いたエルナン・ロサーダ監督を成績不振で解任。アシスタントのチャド・アシュトン氏が暫定監督を務めている。 だが、立て直しに至っておらず、イースタン・カンファレンスでは14チーム中13位に位置。直近のフィラデルフィア戦では0-7というショッキングな敗戦を喫している。 2022.07.11 13:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ダービー辞任のルーニー監督、次なる舞台はアメリカか

ウェイン・ルーニー監督にアメリカから声がかかっているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 現役最後のクラブとなったダービー・カウンティで選手兼任ながら監督デビューを果たしたルーニー監督は、昨年1月の現役引退を決断し、監督一本に絞った。 2020-21シーズンはチームを2部残留に導いたものの、2021-22シーズンはクラブの経営破綻によって勝ち点21をはく奪され、3部降格の憂き目に。 そしてルーニー監督は「クラブには今、新鮮なエネルギーが必要だ。過去18カ月に起こったネガティブな影響を受けない者によって率いられる必要があると感じた」とし、先月24日に辞任を表明した。 そんな36歳指揮官に、現役時代の古巣であるD.C.ユナイテッドが関心を示しているようだ。同クラブは4月、昨年1月からチームを率いていたエルナン・ロサーダ監督を成績不振で解任。現状はアシスタントのチャド・アシュトン氏が暫定監督を務めているが、就任からリーグ戦ここ11試合で3勝2分け6敗と持ち直せてない。 さらに、9日に行われた直近のフィラデルフィア戦は0-7という大敗を喫し、イースタン・カンファレンスでは14チーム中13位に沈んでいる。 ルーニー監督のスポークスマンは「国内外のクラブと多くの議論が行われている」とコメントしており、D.C.ユナイテッド以外にも関心を示すクラブの存在を示唆している。 2022.07.09 13:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly