ブラントがイタリア方面への移籍の噂を一蹴、ドルトムント残留宣言

2021.07.29 08:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントのドイツ代表MFユリアン・ブラント(25)がミランやラツィオなどイタリア方面への移籍の噂を一蹴した。ドイツ『RTL』のインタビューで答えた。

先日、ミランのポルトガル人FWラファエウ・レオンとの交換トレードの噂があったブラント。しかし、本人は新シーズンもドルトムントでプレーすることに集中しているようだ。

「僕は噂に上がっているような話を聞いていない。それらはイタリアの新聞が報じているものだ。もちろん、他のクラブが興味を持ってくれるのはありがたいことだけど、僕から退団の意思を示したことはない。今季も他の場所でプレーすることはないよ」


関連ニュース
thumb

10人のドルトムントがボルシアMGに完敗で今季2敗目を喫する…《ブンデスリーガ》

ドルトムントは25日、ブンデスリーガ第6節でボルシアMGとアウェイで対戦し0-1で敗戦した。 ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)グループC第2節のスポルティング戦を控えるドルトムントは、前節のウニオン・ベルリン戦からスタメンを2人変更。ハーランドとロイスに替えてムココとポングラチッチをスタメンで起用した。 ここまで1勝にとどまっているボルシアMGに対し、ドルトムントは8分に決定機。右サイドで獲得したFKからラファエウ・ゲレイロが鋭いクロスを上げると、抜け出したフンメルスがヘディングシュートを流し込んだが、これはオフサイドの判定となる。 その後は一進一退の膠着した展開が続く中、均衡を破ったのはホームチームだった。37分、シュティンドルの左クロスのこぼれ球を拾ったザカリアがJ・ホフマンとのワンツーでボックス内に侵入。一度ボールを奪われかけるも、即座にボールを取り返して右足のシュート。これがゴール左に突き刺さった。 先制を許したドルトムントは40分、ダフードがスカリーに対して後ろから激しいプレスをかけて倒すと、この試合2枚目のイエローカードで退場処分となった。 数的不利となったドルトムントは、後半開始時にポングラチッチを下げてトルガン・アザールを投入。さらに57分にはムココを下げてクナウフをピッチに送り出した。 時間の経過と共に前半同様の激しい展開となる。そんな中、再びチャンスを迎えたのはリードするボルシアMG。74分、ボックス手前まで持ち上がったザカリアがミドルシュート。これがフンメルスにディフレクトしてわずかにコースが変わるも、GKコベルの好セーブに阻まれた。 決定機のないまま最終盤に突入したドルトムントは91分、ボックス左手前でパスを受けたN・シュルツがゴールに向かうクロスを供給すると、GKゾマーの弾いたボールをゴール左手前のT・アザールが頭で狙ったがが、このシュートはわずかに枠の上に外れた。 結局、試合はそのまま0-1でボルシアMGが勝利。最後まで攻撃の精彩を欠いたドルトムントは、枠内シュート0本に終わるなど完敗を喫した。 2021.09.26 03:32 Sun
twitterfacebook
thumb

マルコ・ローゼが古巣ボルシアMGを警戒「どこが相手でも勝てるようなチーム」

ドルトムントのマルコ・ローゼ監督が、古巣のボルシアMG戦に向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 ドルトムントはここまでリーグ戦5試合を消化して4勝1敗の3位。公式戦4連勝と波に乗っており、25日に行われる第6節では指揮官の古巣であるボルシアMGと対戦する。 ローゼ監督にとって自身が2年率いたチームであるだけに、その警戒心も人一倍強い。ここまで全公式戦7試合のうち、ブンデスリーガ第2節のフライブルク戦を除いて全勝しているが、90分のうち一度も気を緩めてはならないと、チームに喝を飛ばした。 「(ボルシアMGは)クオリティの高いチームで、本調子ならばブンデスリーガのどこが相手でも勝てるようなチームだ。ドルトムントという強力なビジターを打ち負かすために、全力を尽くしてくるだろう」 「選手が自分たちのやっていることに自信を持つためにも、サッカーにおいて結果は最も重要だ」 「多くのことが上手くいっている。しかし、我々は90分という長い時間を戦い遂げる努力をしなければならない。ブンデスリーガでは、ほんの少しでも気を抜くとすぐに足元をすくわれるのだ」 2021.09.25 16:34 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、今夏シティの逸材FWデラップ獲得に失敗…

ドルトムントがマンチェスター・シティのU-18イングランド代表FWリアム・デラップ(18)の獲得に失敗していたようだ。イギリス『Football Insider』が報じている。 ドルトムントは過去にイングランド代表FWジェイドン・サンチョ、同MFジュード・ベリンガムと、イングランドの若き才能を獲得し、チームの重要な戦力に組み込んできた。 そして、今夏の移籍市場においては、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの後釜候補の一人として、シティの逸材ストライカーの獲得に動いていたようだ。 その異次元のロングスローから“人間発射台”の愛称で知られた元アイルランド代表MFのロリー・デラップ氏(45)を父親に持つデラップは、2019年にダービー・カウンティのアカデミーからシティのユースチームに加入。 翌年のEFLカップのボーンマス戦でトップチームデビューと初ゴールを記録した186cmのストライカーは、昨シーズンは度々トップチームのトレーニングに参加し、最終的に公式戦3試合に出場した。 爆発的なスピードは持ち合わせていないものの、フィジカル能力の高さに加え、足元の技術、戦術理解度、多彩なフィニッシュを併せ持つ万能型だ。 そのデラップの将来性を高く評価するドルトムントは、今夏の移籍市場で1500万ポンド(約22億4000万円)のオファーを掲示したという。 しかし、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインの獲得に失敗した中、デラップをトップチームの戦力として考えるシティは、多くのクラブからのレンタル移籍のオファーを固辞すると共に、ドルトムントからの好条件のオファーも断固たる姿勢で拒絶したようだ。 なお、シティは先月にデラップとの契約を2026年6月まで延長している。 2021.09.23 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

公式戦4連勝も…ドルトムント指揮官は課題に言及 「こうした試合はエネルギーを消費してしまう」

ドルトムントのマルコ・ローゼ監督が勝利を喜びつつ、チームの改善点についても語った。クラブ公式サイトが伝えている。 ドルトムントは19日に行われたブンデスリーガ第5節で、日本代表MF原口元気とMF遠藤渓太の所属するウニオン・ベルリンと対戦した。公式戦3連勝中と勢いに乗るチームは、この日もDFラファエウ・ゲレイロやFWアーリング・ハーランドのゴールによって3点のリードを得る展開に。そこからは守備が安定せず、2失点を喫したものの、ハーランドの2点目によって再度突き放すと、そのまま4-2で勝利を収めた。 この結果、ドルトムントは公式戦4連勝を飾り、ブンデスリーガで3位につけている。試合後のインタビューに応じたローゼ監督は、チームのクオリティの高さを誇りつつ、課題にも言及。安易に失点する守備を改善点として挙げている。 「チームにはクオリティの高さがある。選手たちは直感的に多くの正しい判断を下しているね。攻撃的なプレーはとても良く、今日もまたいくつかのステップを踏むことができた」 「しかし、まだ改善したい点はある。試合をしっかりコントロールしつつ、3-0でリードしており、さらにもう1点追加して相手を完全に仕留めるチャンスがあった。しかし、消極的になりすぎてクロスを許してしまい、ユニオンを試合に戻してしまったね」 「これで厳しい対戦相手が戻ってきてしまった。そして3-2となり、再び勝負を仕掛けなければならなくなったのだ。コーナーの際には相手をマークして、走り出すのを防がなければならない。それができないのであれば、空中戦に勝つ必要がある」 「今シーズンは多くの試合があり、エネルギーが必要になるだろう。しかし、このような試合をしているとそのエネルギーを消費してしまう。この点については、改善していかなければならないだろう」 2021.09.20 15:54 Mon
twitterfacebook
thumb

ハーランド2発のドルトムント、原口&遠藤途中出場のウニオンに4発勝利《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第5節、ドルトムントvsウニオン・ベルリンが19日に行われ、4-2でドルトムントが勝利した。ウニオンのMF原口元気は71分から、MF遠藤渓太は77分から出場している。 前節レバークーゼンとの派手な打ち合いを4-3で制したドルトムントは、4日前に行われたチャンピオンズリーグ初戦ではベシクタシュ戦を2-1で制した。そのベシクタシュ戦のスタメンから負傷したブラントに代えてヴィツェルのみを変更した。 一方、ウニオンは前節、原口が前半半ばに味方の負傷交代を受けて緊急出場となった中、0-0の引き分けに終わった。1勝3分けと無敗を維持している中、3日前に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグではスラビア・プラハと対戦し、原口が先発したものの1-3で敗戦。原口と遠藤は共にベンチスタートとなった。 ハーランドとロイスの2トップで臨んだドルトムントが立ち上がりからボールを握ると10分、ボックス左からラファエウ・ゲレイロの放った強烈なシュートがネットを揺らし先制する。 その後も敵陣でのプレーを続けたドルトムントは、24分にリードを広げた。右サイドからのムニエのクロスにハーランドが頭で合わせた。 ハーランドの今季6ゴール目で加点したドルトムントがハーフタイムにかけても主導権を握ったまま前半を終えた。 迎えた後半、52分にドルトムントが3点目を奪いきる。ベリンガムのスルーパスでボックス右に侵入したロイスがグラウンダーのクロスを送ると、フリードリッヒのオウンゴールを誘った。 しかし4分後、ウニオンはクルーゼがボックス内でヴィツェルに倒されるとVARの末にPK判定に。これをクルーゼが決めて1点を返した。そして71分、原口が中盤インサイドの位置に、さらに77分、今季初出場の遠藤が右サイドに投入された。 すると81分、ウニオンが1点差に詰め寄る。遠藤と共に直前に投入されていたホグルサマーが右CKから打点の高いヘディングシュートを叩き込んだ。 それでも83分、ドルトムントが決定的な4点目を挙げる。フンメルスからのロングフィードを受けたボックス左のハーランドがループシュートを決めた。4-2で打ち勝ったドルトムントが4勝目を挙げている。 2021.09.20 02:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly