レスター奇跡の優勝メンバー、DFフックスがアメリカ2部に挑戦

2021.07.28 09:16 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アメリカ2部のシャーロット・インディペンデンスは27日、レスター・シティを退団した元オーストリア代表DFクリスティアン・フックス(35)の獲得を発表した。

契約期間は今シーズン終了までとなる。

フックスは、母国のウィーナー・ノイシュタットやマッテルスブルクでプレーし、その後はドイツへ活躍の場を移すと、ボーフムやマインツでプレー。2011年7月にはシャルケへと完全移籍する。

シャルケでは公式戦136試合に出場し8ゴール30アシストを記録。元日本代表DF内田篤人と両サイドバックを務めるなどし、主力としてプレー。2015年7月にレスターへと移籍した。

左足から繰り出される高精度のキックはレスターでも武器に。加入1年目の2015-16シーズンからいきなり左サイドバックのレギュラーに定着すると、プレミアリーグで32試合に出場し4アシストを記録。チームの奇跡のプレミアリーグ優勝に大きく貢献した。

その後も左サイドバックのレギュラーとしてプレーし、公式戦152試合に出場し3ゴール13アシストを記録していたが、2020-21シーズン限りでの退団が発表されていた。

また、オーストリア代表としても78試合に出場し1ゴールを記録。2016年までプレーし、ユーロ2008と2016の2大会に出場していた。

シャーロット・インディペンデンスは2014年に設立されたクラブ。今シーズンはここまで13試合を終えて勝ち点16の10位(16チーム中)に位置している。

関連ニュース
thumb

魔法はかけられず…英5部バーネットが“オズの魔法使い”キューウェルを7試合で解任

イングランド5部にあたるカンファレンス・ナショナルに所属するバーネットFCは20日、元オーストラリア代表FWのハリー・キューウェル監督の解任を発表した。 キューウェル氏は、現役時代にリーズ・ユナイテッドやリバプールでプレーし、リーズ時代の2001年にはバロンドールの候補にも選出。リバプール時代には、2004-05シーズンに“イスタンブールの奇跡”でも知られるチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げ、2005-06シーズンにはFAカップも制した。 また、オーストラリア代表としても活躍。“オズの魔法使い”という異名をつけられるほど、テクニカルなプレーは高く評価されていた。 そのキューウェル氏は、現役引退後に監督キャリアをスタート。2015年にワトフォードU-23の監督に就任以降、クローリー・タウン、ノッツ・カウンティ、オールダムと下部リーグのチームを率い、今年6月からバーネットFCの監督に就任。ここまで公式戦7試合で指揮を執っていた。 しかし、開幕からバーネットは2分け5敗と未勝利。クラブはキューウェルを解任することを発表した。 フットボール部門長であるディーン・ブレナン氏は、クラブの公式サイトを通じて解任に至った経緯を説明している。 「ハリー・キューウェルがどれほどポジティブな影響を与えたいと考えていたかは明らかだったが、最終的には結果とシーズンのスタートの悪さが我々の決断を決定づけた。今シーズンの計画は、ーネットFCが上位に挑戦することであり、それは今でも我々の目標である」 また同クラブは、後任監督を探している間はディーン・ブレナン氏が一時的に指揮を執るとしている。 2021.09.21 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

今季柏入りのペドロ・ハウル、メキシコクラブにレンタル…オルンガに代わる得点源として期待も3得点

柏レイソルは21日、FWペドロ・ハウル(24)がメキシコのフアレスに期限付き移籍で加わると発表した。 ペドロ・ハウルは今季、ボタフォゴから完全移籍加入。かつてボタフォゴで元日本代表FW本田圭佑とも同僚だった身長192cmのブラジル人ストライカーは昨季まで在籍したケニア代表FWマイケル・オルンガに代わる新たな主砲として期待されたが、公式戦11試合の出番しかなく、明治安田生命J1リーグでも8試合のプレーで3得点にとどまった。 シーズン途中での移籍を受け、柏を通じて、これまでのサポートに感謝の言葉を送るとともに、別れの挨拶をした。 「私がレイソルに来た初日から、柏サポーターの皆様から常に応援をしてもらったことを心から感謝しています。来日してから色々な困難がある中、私はいつもこのユニホームを着る際にチームやサポーターのために全力で闘いました。レイソル関係者の全ての人々のことを一生忘れません。遠くからチームの健闘をずっと祈っています」 一方のフアレスも20日に獲得を発表。そのフアレスはリーガMXに属しており、前期のここまで2勝2分け5敗の14位につけている。 2021.09.21 16:10 Tue
twitterfacebook
thumb

元ブラジル代表MFパウリーニョがアル・アハリと契約解除

サウジアラビアのアル・アハリは19日、元ブラジル代表MFパウリーニョ(33)との契約解除を発表した。 クラブの発表によると双方合意の上での契約終了とのこと。クラブは「最近経営陣と話をした緊急事態のためであり、これまでの技術的、精神的なピッチ上でのパフォーマンスを反映し、チームに望ましい追加要素を提供できないと表明した」としている。 パウリーニョはコリンチャンスでその名を挙げると、2013年7月にトッテナムへと完全移籍。2015年7月には広州恒大(現広州FC)へと完全移籍sる。 中国でのパフォーマンスが認められると、2017年8月にはバルセロナへと完全移籍。2018年7月に広州恒大へとレンタル移籍すると、2019年1月に完全移籍で復帰していた。 アル・アハリへは2021年7月に加入したばかり。ここまでリーグ戦で4試合に出場し2ゴールを記録していたが、わずか2カ月で退団となった。 <span class="paragraph-title">【動画】アル・アハリでのパウリーニョの日々</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ar" dir="rtl"><a href="https://twitter.com/hashtag/%D8%A8%D8%A7%D9%88%D9%84%D9%8A%D9%86%D9%87%D9%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#</a> <a href="https://t.co/R1aMAjBwvU">pic.twitter.com/R1aMAjBwvU</a></p>&mdash; (@ALAHLI_FC) <a href="https://twitter.com/ALAHLI_FC/status/1440073451113304070?ref_src=twsrc%5Etfw">September 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ0YmwzeUFTSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.21 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

フェレンツヴァローシュにマルコ・マリン&ベシッチが加入!

ハンガリーのフェレンツヴァローシュは、元ドイツ代表MFマルコ・マリン(32)と、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFモハメド・ベシッチ(29)の加入を発表した。 母国のブレーメンで台頭したマリンは、2012年7月にチェルシーへと完全移籍。しかし、チェルシーでは期待された活躍ができず、公式戦16試合に出場し1ゴール1アシストの数字に留まった。そして、セビージャ、フィオレンティーナ、アンデルレヒト、トラブゾンスポルへとレンタル移籍した後、2016年8月にオリンピアコスへと完全移籍していた。 その後、オリンピアコス、ツルヴェナ・ズヴェズダ、アル・アハリ・ジッダを経て、今年6月まではレンタル先のアル・ライードでプレーしていた。今夏の移籍市場では所属先が決まらなかったが、ヨーロッパリーグ(EL)にも参戦しているハンガリーの強豪への加入が決定した。 一方、ハンブルガーSVでプロキャリアをスタートしたベシッチは、2014年にエバートンにステップアップ。だが、エバートンでは加入初年度こそリーグ戦23試合に出場するなど、プレータイムを得ていたが、今夏に契約満了を迎えるまで公式戦56試合の出場に留まっていた。そして、在籍期間にはミドルズブラ、シェフィールド・ユナイテッドへのレンタル移籍も経験していた。 なお、ベシッチは2012年から2014年までフェレンツヴァローシュに在籍しており、7年ぶりの古巣帰還となる。 2021.09.19 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、生え抜きMFガイガーと2023年まで契約延長

ホッフェンハイムは17日、ドイツ人MFデニス・ガイガー(23)と2023年6月まで契約を延長したことを発表した。現行の契約から1年更新した格好だ。 11歳からホッフェンハイムでプレーするセントラルMFのガイガーは、2017年8月に19歳でプロデビュー。これまで公式戦72試合に出場して3ゴール9アシストを記録。今季は負傷で出遅れたが、第3節ドルトムント戦、第4節マインツ戦と先発していた。 ホッフェンハイムとの契約延長についてガイガーは以下のように述べている。 「自分にとってホッフェンハイムは適切な環境の揃う完璧なクラブだ。今後、成長していく上で最良の場所だと思っていた。契約延長したことで今季終了後にフリーでクラブを離れることがなくなった。それは避けたかったからね」 2021.09.17 23:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly