ユベントス、ラムジー売却かレンタルの条件でピャニッチを2年レンタルか

2021.07.27 06:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスがバルセロナのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(31)を2年レンタルで獲得する可能性があるようだ。スペイン『スポルト』が報じている。

ピャニッチは昨夏、ブラジル代表MFアルトゥールとのトレードでユベントスからバルセロナに移籍。しかし出場機会に恵まれず、ユベントスへの復帰を望んでいると報じられている。

ただ、『スポルト』によればピャニッチ復帰の条件は、高額年俸を受け取っているウェールズ代表MFアーロン・ラムジーを売却、もしくはレンタル移籍が実現した場合に限るとのことだ。

そのラムジーの移籍先には関してはウォルバーハンプトンなどプレミアリーグ勢が候補に挙がっているようだが、現時点ではオファーは届いていないとのことだ。


関連ニュース
thumb

カッサーノ氏が今季のユベントスを酷評「混乱している」「アイデアもない」

元イタリア代表のアントニオ・カッサーノ氏が、大不振に喘ぐユベントスを酷評した。 2020-21シーズンはアンドレア・ピルロ監督がシーズン前に突如指揮官に就任。初の監督キャリアでの大役となったが、チームななかなか思うように機能せず。10連覇を目指したセリエAでもインテルにスクデットを譲るなど4位に終わり、近年で最悪のシーズンとなった。 そのユベントスはマッシミリアーノ・アッレグリ監督を復帰させた中、エースであったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが開幕後にマンチェスター・ユナイテッドへと復帰。ケガ人などの影響で戦力が整わないと、今シーズンのセリエAでは開幕から勝利なし。22日に行われた第5節のスペツィア戦で初勝利を収め、12位に位置している。 そのスペツィア戦でも、先制しながら一時は逆転されるというお粗末な試合展開に。カッサーノ氏は、元イタリア代表のクリスティアン・ヴィエリ氏が配信しているTwitchの『ボボTV』に出演し、ユベントスを酷評した。 「ユベントスは腹立たしい試合をした。スペツィアはユベントスにプレッシャーをかけた。もし彼らが3-1にしていたら、それはゲームを終わらせていただろう」 「彼らはアッレグリのチームと比較して、50分の1の価値のチームだ」 「彼らがゴールを決めたのは、アッレグリが見ていないのに苦労し続けている2、3人の選手のおかげであり、混乱しているという印象を私に与えている」 「ユベントスのプレーの仕方がわからない。とても心配だ。彼らは彼らは勝ったが、このまま続けていてはトップ4に入るのは苦労するだろう」 「最も整ったチームであるが、今は10ポイント遅れている。プレーが悪く、受け身であり、常にボールの後ろにいるにも関わらず、多くの苦しみを味わっている」 「アイデアもない。個性が欠けている。以前は、ワンプレーで勝負を決められる王者がいた。(クリスティアーノ・)ロナウドは3年間で100ゴールを記録し、(ゴンサロ・)イグアインは多くのゴールを決めた。(パウロ・)ディバらは素晴らしいことをしている」 「今、彼らは混乱したチームであり、ごちゃごちゃしている。幸運にもスペツィアに勝っただけだ」 2021.09.25 19:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ようやくリーグ初勝利も…苦しむユベントスをイタリア代表OBが酷評 「アイデアも個性もない」

元イタリア代表FWのアントニオ・カッサーノ氏がユベントスを酷評した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ユベントスは昨シーズンのセリエAを4位で終え、10連覇を逃したことを受け、今夏に2014年から2019年までチームを率いたマッシミリアーノ・アッレグリ監督が再就任。新シーズンでの復権を目指していたものの、開幕からのリーグ戦4試合で2分け2敗とスタートダッシュに失敗した。 22日に行われたセリエA第5節スペツィア戦を3-2のスコアで終え、ようやく今季リーグ戦初白星を挙げたものの、一時は逆転を許すなど不安定なパフォーマンスは続いている。 こうした状況のユベントスに対して、『Twitch』の『Bobo TV』に出演したカッサーノ氏は辛辣に批判。スペツィア戦の勝利は幸運だっただけであり、依然としてチームには何の形もないと酷評した。 「ユベントスは不愉快な試合をした。スペツィアがユベントスにプレッシャーをかけ、3-1にしていたら試合は終わっただろう。彼らはアッレグリ監督のチームと比べて、50倍は価値で劣るチームなのにね」 「私はユベントスのプレーが理解できず、とても心配している。彼らは勝ちこそしたが、このままではトップ4に入るのも難しいだろう。もっとも設備の整ったチームのはずだが、すでに首位と10ポイントも差をつけられた。プレーは酷く、消極的であり、常に深く守っているにもかかわらず、とても苦しんでいる」 「アイデアも個性もない。以前はワンプレーで試合に勝つチャンピオンがいた。クリスティアーノ・ロナウドは3年間で100ゴールを決め、ゴンサロ・イグアインも多くのゴールを決めていた。そしてパオロ・ディバラは素晴らしい活躍をしていたね」 「今の彼らは、ただの混乱したチームに過ぎない。幸運にも、スペツィアには勝ったけどね」 2021.09.25 12:38 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーがデ・リフトをターゲットに? クラブレコードの更新が必須に

チェルシーが、ユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)をターゲットに設定したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今夏の移籍市場でセンターバックの補強に失敗したチェルシー。パリ・サンジェルマンのブラジル代表DFマルキーニョスや、セビージャのフランス代表DFジュール・クンデとの交渉が伝えられていたが、前者は移籍に関心を示さず、一方後者は前向きだったものの、セビージャの要求額を満たすことができなかった。 クンデに関しては今後も動向を注視していくとみられているが、新たに獲得リストに挙がったのがデ・リフトのようだ。 同選手は2019年夏にユベントス史上最高額となった7500万ユーロの移籍金でアヤックスから加入。DFレオナルド・ボヌッチとDFジョルジョ・キエッリーニという2人の大ベテランが鎮座していたものの、キエッリーニがケガによる離脱が少なくなかったことから、1年目から主力としてプレーを続けている。 伝えられるところによると、デ・リフトには今季終了時に発動するリリース条項があり、1憶ポンドを超える契約解除金が設定される模様。そうなると、チェルシーでは今夏にベルギー代表FWロメル・ルカク獲得に支払った9750万ポンドの現クラブレコードを超える必要がある。 現状でユベントスに売却の意思はないため、値切りは難しい状況だが、果たしてチェルシーが獲得に動くことはあるのだろうか。 2021.09.23 19:54 Thu
twitterfacebook
thumb

交通事故で愛車のフェラーリ破損…ユベントスMFにケガはなし

ユベントスに所属するブラジル代表MFアルトゥールが事故を起こしていたようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 昨夏、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチとのトレードでバルセロナからユベントスへと移籍したアルトゥール。7月に右足の手術を受け、今シーズンはまだプレーしていない。 復帰を目指しトレーニングに励むアルトゥールだが、クラブの施設でのメディカルチェックを行う予定だったが、向かう途中に交通事故に遭ったようだ。 『Juventusnews24』によると、アルトゥールは22日の朝に事故に巻き込まれたとのこと。幸いケガなどはなかったが、愛車のフェラーリが大きな損傷を受けた。 アルトゥールのフェラーリは右のヘッドライトが大きく破損。事故の大きさを物語っている。なお、アルトゥールに過失はないとのことだ。 昨シーズンは公式戦32試合に出場し1ゴールに終わったアルトゥール。今季は開幕から苦しい状況が続くチームを救う活躍ができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】交通事故に遭い破損した愛車のフェラーリ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Arthur?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Arthur</a> coinvolto in un incidente questa mattina. Il brasiliano, non responsabile dell’accaduto, è rimasto illeso <a href="https://t.co/ybxIS7N59n">pic.twitter.com/ybxIS7N59n</a></p>&mdash; JuventusNews24.com (@junews24com) <a href="https://twitter.com/junews24com/status/1440632905898737666?ref_src=twsrc%5Etfw">September 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI2cEVTNDM0ViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.23 12:47 Thu
twitterfacebook
thumb

5試合目で今季セリエA初勝利のユベントス、アッレグリ監督は「取り組むべきはドリブルのクオリティ」と課題を口に

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、今季セリエA初勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 ユベントスは22日、セリエA第5節でアウェイに乗り込みスペツィアと対戦。28分にモイゼ・ケアンが先制ゴールを奪うものの、今季の悪い流れを断ち切れない。 33分に失点し同点に追いつかれると、迎えた後半立ち上がりの49分にも失点し逆転を許す展開に。いやなムードが漂い始めたが、66分にフェデリコ・キエーザが同点ゴールを決めると、72分にはマタイス・デ・リフトが逆転ゴールを奪い、そのまま逃げ切り2-3で勝利した。 今季のリーグ戦で初勝利を収めたアッレグリ監督は、試合後に勝利を喜び、苦しみながらも勝ち点3を獲得できたことを喜んだ。 「最も重要なことは勝利だ。苦しんできた中でのものなので、私は幸せだ。スペツィアは良く戦うチームだ。2-0にできなかったのは、少し軽かったからだ」 「スペツィアがリードした後、我々は良いリアクションができた。これまでも大胆に負けたり、引き分けたために緊張感はあったが、危険な部分を抑えることができた」 また、途中出場の選手たちの活躍も評価。次はホームでの初勝利を目指すとし、課題を挙げた。 「ベンチから途中出場した選手は、正しいメンタリティで良い形で試合に入った。この成功を楽しもう、明日からは最初のホーム戦勝利に向けて考える」 「我々はまだ集中力を高め、もう少し楽しまなければいけないが、今夜は正しく守れたと思う」 「(メンバー構成については)試合数が多いので、同じシステムを見るのは難しいだろう。取り組むべきはドリブルのクオリティだ」 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】ユベントスが今季セリエAで初勝利を記録!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="0ELeIUUG9fE";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.09.23 09:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly