アラバとリベリが仲良くトレーニング!チームは変わっても絆は変わらず!

2021.07.24 22:40 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オーストリア代表DFダビド・アラバは、チームは変わっても"兄"を慕っている。

今季からレアル・マドリーに加入したアラバ。先日にはクラブメディアのインタビューで入団の喜びを語っていた。

マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督はバイエルン時代にも共闘した恩師。チームにもすぐに馴染むと思われる。

そんなアラバがバイエルン時代の"兄貴"元フランス代表FWフランク・リベリと仲良くトレーニングに興じる様子を、インスタグラムで公開した。

トレーニング内容は、至近距離で投げられたマーカーコーンを交わすという、レクリエーションともとれるもの。最初に登場したのはオーストリア代表DFダビド・アラバだ。

鮮やかなステップで飛んでくるマーカーコーンを颯爽と交わす。最後にタイミングをずらして投げられたマーカーもなんのそのだ。

続いて登場したのはリベリ。こちらも見事なステップを見せるが、やや体が重そうだ。1つ当たり、2つ当たり、最後にはまとめて大量に投げられたマーカーの餌食となった。

和やかなトレーニング風景に、ファンからは大量のスマイルマークの絵文字が。アラバは以前、リベリは特別な存在だと語っていたが、所属チームは変わっても2人の絆は全く変わらないようだ。



1 2
関連ニュース
thumb

【ラ・リーガ第5節プレビュー】バレンシアとレアル・マドリーの首位攻防戦! 久保は古巣ビジャレアル戦

先週末に行われた第4節ではインターナショナルマッチウィークの難しい戦いとなったものの、アトレティコ・マドリー、レアル・マドリー、バレンシアといった上位陣が順当に制して無敗を継続している。 チャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ開幕によって、ビッグクラブにとってはほぼ中3日の過密日程がスタート。そういった中、CL参戦の5チームの中で唯一白星スタートを飾った首位のレアル・マドリーは、2位のバレンシアを相手にラ・リーガ首位攻防戦に臨む。 前節、1年半ぶりに戻ってきたサンティアゴ・ベルナベウでセルタと対戦したレアル・マドリーは、前半に2度のリードを許したものの、FWベンゼマのトリプレーテとMFカマヴィンガのデビューゴールなどで5-2の快勝を飾った。また、CL初戦となったグループ最大のライバル、インテル戦では今季課題の守備陣が相手の強力攻撃陣を無失点で抑えた上、途中投入のFWロドリゴが試合終盤に値千金の決勝点を奪う、会心の勝利を挙げた。カマヴィンガの驚異的なフィットに、FWヴィニシウスの完全覚醒と最高な状態で難所メスタージャに乗り込む。 対するバレンシアは開幕前の下馬評は低かったものの、ボルダラス新監督の下で開幕からソリッドなパフォーマンスを見せている。開幕2試合は堅実な守備を生かして勝ち点を重ねたものの、以降のアラベス戦、オサスナ戦ではMFソレール、FWゴンサロ・ゲデスを中心に攻撃陣が躍動感を見せ、2試合連続3ゴール以上を奪っての連勝を収めている。ただ、ここまでは比較的力が劣る相手との対戦が続いていた部分もあり、今回のレアル・マドリー戦が新チームの現在地を図る試金石となるはずだ。 その上位2チームと同じ勝ち点10で並ぶアトレティコは、開幕から4戦無敗の難敵アスレティック・ビルバオをホームで迎え撃つ。前節のエスパニョール戦では代表戦明け特有の動きの重さが目立ったものの、後半序盤に5枚の交代カードを切って流れを引き寄せると、物議を醸した10分のアディショナルタイムの最終盤にMFレマルが値千金の逆転ゴールを挙げ、痺れる2-1の勝利を収めた。 ただ、リバプールとミランと共に“死の組”に組み込まれたCL初戦ではポルトの堅守に手を焼き、消化不良のゴールレスドローに。賛否両論のワンダ・メトロポリターノ凱旋となったFWグリーズマンも精彩を欠き、攻撃面では大いに課題を残す。そういった中、開幕4試合でわずか1失点と堅守が光るアスレティックとの対戦は非常にタフなモノになるはずだ。 また、マドリードの2強と共にビッグマッチに臨むのが、MF久保建英を擁するマジョルカだ。前節、アスレティックを前に力の差を見せつけられた昇格組は、昨季のEL王者ビジャレアルと対戦。そのビジャレアルはCL初戦でアタランタと2-2のドローに終わり、公式戦4試合連続ドローと今季初勝利が遠いが、それだけにマジョルカ戦に懸ける想いは強い。 一方、古巣対戦となる久保はアスレティック戦で局面では鋭い仕掛けで見せ場を作った一方、決定機演出などチームに流れを引き寄せるような形は出せず。MFイ・ガンインやFWエル・ニーニョなど、イメージを共有できそうな味方との連携を向上させつつ、昨季冷遇されたエメリ監督の前で決定的な仕事を見せたい。 カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に多くの選手を送り出した関係で前節が延期となったバルセロナとセビージャは、グラナダとレアル・ソシエダという難敵相手に中断明け後、最初の白星を目指す。 ミッドウィークのCLでは一昨季に2-8の大敗を喫したバイエルン相手にリベンジを図ったバルセロナだが、0-3のスコア以上に力の差を感じさせられる完敗となった。さらに、同試合ではDFジョルディ・アルバ、MFペドリの2選手が負傷しており、ジリ貧の状況だ。そういった中、バイエルン戦の途中出場で一時良い流れを持ってきたMFコウチーニョやDFアレックス・バルデ、MFガビといった控え、若手選手たちの奮起が求められる。 一方、レッドブル・ザルツブルクとのCL初戦では前半に3つのPKを献上した上、FWエン=ネシリが退場となりながらも、最終的に1-1のドローで試合を終えたセビージャ。バルセロナとの開幕戦の大敗以降、リーグ戦3連勝と絶好調のソシエダとの上位対決では不用意に退場したエン=ネシリや新戦力たちの活躍が求められる。 その他では開幕4連敗、3連敗と苦境が続くヘタフェとアラベスの下位2チームの戦いにも注目したい。 《ラ・リーガ第5節》 ▽9/17(金) 《28:00》 セルタ vs カディス ▽9/18(土) 《21:00》 ラージョ vs ヘタフェ 《23:15》 アトレティコ・マドリー vs アスレティック・ビルバオ 《25:30》 エルチェ vs レバンテ 《28:00》 アラベス vs オサスナ ▽9/19(日) 《21:00》 マジョルカ vs ビジャレアル 《23:15》 レアル・ソシエダ vs セビージャ 《25:30》 ベティス vs エスパニョール 《28:00》 バレンシア vs レアル・マドリー ▽9/20(月) 《28:00》 バルセロナ vs グラナダ 2021.09.17 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「ハキミはマドリー復帰を望んでいる」コンテが証言

前インテル監督のアントニオ・コンテが、教え子のモロッコ代表DFアクラフ・ハキミの去就に関わるコメントを残した。イタリア『スカイ』が伝えている。 昨夏にレアル・マドリーからインテルに移籍したハキミは、コンテ監督の下、セリエAで37試合7ゴール10アシストを記録し、11年ぶりのスクデットに貢献した。ところが、今夏にインテルが深刻な財政難に陥りコンテ監督が退任すると、後を追うようにハキミも退団。多額な移籍金を置いてパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍した。 パリでも好調を維持するハキミだが、『スカイ』のインタビューに答えたコンテ氏によると、いずれはマドリーに復帰することを夢見ているという。昨シーズンのチャンピオンズリーグでのマドリーとの対戦が、そう感じたきっかけだったという。 「昨季のレアル・マドリー戦でハキミは少し心理的に苦しんでいた。彼の夢は、主力としてマドリーでプレーすることだ」 「あの2試合はよく覚えているよ。あの時から彼は一生懸命努力するようになり、私もまた、若手がどのように学び成長していくのかを目の当たりにした」 「彼は攻撃面の良さだけでは不十分だと理解していた。今の彼は最高の選手たちに囲まれている。最後のボールまで諦めずに取り組み続ければ、いずれはワールドクラスになれるだろう」 コンテ氏はまた、ハキミの後釜として加入したオランダ代表DFデンゼル・ダンフリースにも言及。「彼らはハキミの代わりに素晴らしい選手と契約した。もし彼がチームに溶け込むことができれば、彼はハキミの代役として活躍できるだろう」と、太鼓判を押している。 2021.09.17 18:55 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリー時代を振り返るイグアイン「当初はカスティージャに行く予定だった」

インテル・マイアミの元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが、『ESPN』のインタビューでレアル・マドリー時代を振り返った。 母国の名門リーベル・プレートでデビューしたイグアインは、2007年1月にその才能を買われ、マドリー移籍を果たす。シーズン途中加入、さらには当時19歳という年齢ながら、ラ・リーガで19試合2ゴール3アシストの成績を残し、瞬く間にトップチームに定着した。 しかし本人によると、当初はリザーブチーム、もしくはレンタル移籍することが濃厚だったという。だが、ファビオ・カペッロ監督の信頼を掴み、すぐに出番が回ってきたと話す。 「最初はトップチームに行く予定ではなかった。彼らは僕を獲得してカスティージャに置いておくつもりだったんだ。ローンに行く可能性もあったね」 「父は飛行機の中でこう言った。『お前に頼みたいのは、怖がらないことだけだ。never fear, but respect』と。この言葉はずっと心に残っていたよ」 「到着してからトップチームと一緒にトレーニングをして、2回目のトレーニングでカペッロから『君は我々のもとに残る』と言われた。その3、4日後には、コパ・デル・レイで先発デビューしたんだ。結局、右ウイングに落ち着いたね」 その後も2008-09シーズンにはリーグ戦22ゴールを挙げてチーム内得点王となるなど順風満帆だった中、2009年夏にクラブはクリスティアーノ・ロナウドやカリム・ベンゼマ、カカなど、今夏のパリ・サンジェルマン(PSG)に勝るとも劣らない大型補強に動いた。 それでも09-10シーズンはリーグ戦で27ゴールを挙げて、26ゴールのC・ロナウドを上回る活躍を披露。それほど当時のチーム内競争は激しかったようだ。 「ベンゼマとは非常に健全な競争があった。僕たちは最大限の努力をしなければならなかったよ。クリスティアーノが来た年は、彼が26ゴール、僕が27ゴールを決めた。当時は何ゴール決めないといけないのかと思わず漏らしちゃったね」 「カリムが加入して、彼は僕のベストを引き出し、僕も彼のベストを引き出した。彼はとてつもない9番だよ」 イグアインはまた、PSGに加入した同胞のリオネル・メッシの将来的なMLS行きが噂されていることにも言及。自身の所属するインテル・マイアミ移籍も取り沙汰されたが、特に気にしてない様子だ。 「特に何も…。マイアミとレオのことは全く知らない。僕の契約は残り1年だし、レオもパリで2、3年プレーするだろうから、僕たちが一緒になることはないと思う。でも、クラブは彼を欲してるみたいだから見てみようよ」 「その後は、僕は休暇を取る。サッカーも何もかもから離れようと思う」 2021.09.17 17:32 Fri
twitterfacebook
thumb

2021年のゴールデンボーイ候補40名にペドリ、ベリンガム、ミュージアラ、カマヴィンガ!

2021年ゴールデンボーイ賞の候補者40名が決定した。 イタリア『トゥットスポルト』が主催するゴールデンボーイ賞は2003年から始まり、今回で19回目。対象は2001年1月1日以降生まれの欧州でプレーする21歳以下の選手で、6月に発表された候補者100名から毎月の投票で20名ずつ落とされていき、来月10月15日には最終候補者20名まで絞り込まれる。 そうしての今回は40名まで厳選され、バルセロナのスペイン代表MFペドリやドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガム、バイエルンのドイツ代表MFジャマル・ミュージアラ、レアル・マドリーのフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガらヨーロッパで活躍する錚々たる逸材がノミネートした。 そのほかにも、マンチェスター・ユナイテッドのイングランドFWメイソン・グリーンウッドやバルセロナのスペイン代表DFエリック・ガルシア、RBライプツィヒのスペイン人MFイライクス・モリバらも選出。12月にトリノで予定の授賞式で2021年のゴールデンボーイに輝くニュースターが発表される。 ◆ノミネート者一覧 FWカリム・アデイェミ(ザルツブルク) DFライアン・アイ=ヌーリ(ウォルバーハンプトン) FWアンデル・バレネチェア(レアル・ソシエダ) MFジュード・ベリンガム(ドルトムント) FWマイロン・ボアドゥ(モナコ) FWブライアン・ブロビー(RBライプツィヒ) MFエドゥアルド・カマヴィンガ(レアル・マドリー) FWラヤン・シェルキ(リヨン) FWモハメド=アリ・チョ(アンジェ) MFフランシスコ・コンセイソン(ポルト) MFチャールズ・デ・ケテラエル(クラブ・ブルージュ) GKエルシン・デスタノギュル(ベシクタシュ) FWジェレミー・ドク(スタッド・レンヌ) DFエリック・ガルシア(バルセロナ) MFブライアン・ヒル(トッテナム) FWゴンカロ・ラモス(ベンフィカ) MFライアン・グラフェンベルフ(アヤックス) FWメイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド) DFヨシュコ・グヴァルディオル(RBライプツィヒ) MFモハメド・イハッターレン(サンプドリア) MFイライクス・モリバ(RBライプツィヒ) DFオディロン・コスヌ(レバークーゼン) FWノニ・マドゥエケ(PSV) FWフェリックス・マンビンビ(ヤング・ボーイズ) FWガブリエウ・マルティネッリ(アーセナル) FWミハイロ・ムドリク(シャフタール) MFジャマル・ミュージアラ(バイエルン) DFヌーノ・メンデス(パリ・サンジェルマン) MFペドリ(バルセロナ) FWロベルト・ピッコリ(アタランタ) FWジェレミ・ピノ(ビジャレアル) FWジョバンニ・レイナ(ドルトムント) FWブカヨ・サカ(アーセナル) DFウィリアム・サリバ(マルセイユ) FWマーティン・サトリアーノ(インテル) DFルーク・トーマス(レスター・シティ) MFケフラン・テュラム=ウリアン(ニース) DFユリエン・ティンバー(アヤックス) MFフロリアン・ヴィルツ(レバークーゼン) DFイルヤ・ザバルニー(ディナモ・キエフ) 2021.09.17 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

今夏レアル入りの可能性もあったダビド・ルイス、久保建英にも立ちはだかる壁に阻まれる

14年ぶりに母国のブラジルへと戻り、フラメンゴに加入した元ブラジル代表DFダビド・ルイス(34)だが、ヨーロッパに残る道もあったようだ。ブラジル『グローボ』が報じた。 昨シーズン限りでアーセナルを退団したD・ルイス。新天地が決まらない間は自主トレに励み、コンディションを整えていた。 そんな中11日、フラメンゴへの加入が決定。ベンフィカに完全移籍した2007年月以来、14年ぶりにヨーロッパからブラジルへと戻った。 ベンフィカ、チェルシー、パリ・サンジェルマン(PSG)、アーセナルとヨーロッパのクラブでは守備の要として、そして攻撃面でも力になったD・ルイス。フラメンゴ遺跡が決まるまでの間にも、多くのオファーが舞い込んでいたが、どれも耳を傾けなかった。 そんな中、移籍先の候補の1つとしてはレアル・マドリーがあったという。 2011年、チェルシーで指揮を執っていたカルロ・アンチェロッティ監督が率いるマドリー。しかし、今夏はスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがPSGに、フランス代表DFラファエル・ヴァランがマンチェスター・ユナイテッドへと移籍。オーストリア代表DFダビド・アラバをバイエルンから獲得したものの、昨季まで最終ラインを支えた2人が去り、守備陣が手薄な状況となった。 しかし、マドリーは慢性的にEU圏外枠が埋まっている状況。日本代表MF久保建英の前にも立ちはだかる壁が、D・ルイスにも立ちはだかり、結果として加入には至らなかった。 なお、エバートンやウェストハム、ベンフィカ、ラツィオ、マルセイユ、リールなどもD・ルイスに興味を持っていたが断ることに。カタールのアル・ラーヤンは最も良い条件を提示していたが、これも断ったという。 マルセイユに関しては、PSGとの関係があるために拒否。また、ブラジルでもアトレチコ・ミネイロとコリンチャンスが興味を持っていたが、最終的にはフラメンゴに加入した。 フラメンゴでは2022年のカタール・ワールドカップ出場を目指す目的もあり、チームとしてはタイトル争いをしたいとのこと。また熱烈なファンからの勧誘もあったという。D・ルイスがセレソンに復帰するのかにも注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】ダビド・ルイスが14年ぶりにブラジル復帰で初トレーニング</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJSVDlBQ0hTWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.17 12:48 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly