出産間近のザニオーロ元恋人が痛烈批判「強い失望」「SNSはブロックされた」

2021.07.22 20:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマに所属するイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(22)に対し、元恋人のサラ・スキャペロッタさん(23)が痛烈に批判した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

2人は数年にわたって交際していたものの、2020年に破局。その後の2020年12月にはサラさんの妊娠が発覚していた。当時のザニオーロは父親になる準備はできていないものの、責任を負うと語っていた。

「彼女から妊娠を告げられ、自分は準備ができていないことを伝えた。何より、僕らはうまくいっていなかった」

「もう彼女のパートナーではないが、父親としてすべての責任を負う。これで私生活についての噂がすべて終わり、サッカー選手としての自分についてだけ話す日々に戻ることを願っている」

しかし、出産を間近に控えたサラさんが自身のインスタグラムを更新。すべてのSNSをザニオーロにブロックされたと明かした。

「プライベートについては話してきませんでした。そうして自分と息子を守ろうとしてきたのです」

「できる限り穏やかな環境で出産することを望んでいるから、いくつかのことをはっきりさせることを選びました」

「トンマーゾ(2人の子供)は2人の愛の結晶です。願い、求め、望んだ結果で、妊娠は喜びとともに祝われました。それから何かが変わり、私は突然、何のサポートもなしに、親になる道を1人で歩いていることに気が付きました」

「父親とパートナー不在ということを理解した当初はとても怖かったけど、私に運命づけられたことは、すぐに強い失望へと変わりました」

「それは自分が報道の渦に巻き込まれたからとか、報道を通じて彼の私生活が私のもとに届いてるからではなく、ニコロが妊娠中の喜びや怖さといった発見、そしてその時の感情を見ようとしなかったからです」

「何度も彼に関心を持ってもらおうとしたけど、私のすべての努力と試みは無駄になりました。SNSやwhatsappはブロックされ、私の前にある感情の壁にぶつかってしまった」

「私は心から、その壁が壊され、ニコロが感情を吐き出す勇気を持ち、父親としての心を開き、親になることのすべての喜びを理解してくれることを願っています」

昨シーズンのケガによる長期離脱から復帰し、新シーズンに向けて準備を進めているザニオーロだが、ピッチの外でもケジメをつけるべき問題があるようだ。



1 2
関連ニュース
thumb

ローマMFエンゾンジのカタール行き迫る、実現すればハメスと同僚に

ローマの元フランス代表MFスティーブン・エンゾンジ(32)は、カタールのアル・ラーヤンへの移籍が近づいているようだ。 アミアンやブラックバーン、ストーク、セビージャを経て、2018年夏にローマへと加入したエンゾンジ。初年度は公式戦39試合に出場したが、翌年にはガラタサライ、2020年1月からの1年半はレンヌへレンタルされていた。 昨季はレンヌで主力として公式戦39試合に出場し、ローマへと帰還したエンゾンジだったが、新指揮官であるジョゼ・モウリーニョ監督のもとで行われた今夏のプレシーズンでは招集外に。事実上の構想外を突き付けられ、移籍先を探している状況だった。 そんな中、イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』によれば、エンゾンジは25日にも自身の代理人を務める父親とともにカタールへと出向き、アル・ラーヤンとの話し合いに臨む模様。9月末に迫るカタールの市場閉幕を前に、移籍が近づいているようだ。 なお、エンゾンジはクラブとの契約を1年残している状況。しかし、ローマ側は総額約600万ユーロ(約7億7000万円)とも伝えられる給与の削減を目指し、契約解除を受け入れる姿勢とのこと。 カタール1部のスターズリーグで8回の優勝を誇るアル・ラーヤンでは、かつてフェルナンド・イエロやフランクとロナルドのデ・ブール兄弟といったスター選手もプレー。22日には、エバートンからコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(30)を完全移籍で獲得したことを発表し、注目を集めていた。 2021.09.25 14:58 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA第6節プレビュー】ローマ・ダービー、インテルvsアタランタ開催

ミッドウィークに行われた第5節、ユベントスが今季初勝利を挙げるなど強豪勢はラツィオを除いて順当に勝利を収めた。ナポリが唯一の開幕5連勝、インテル、ミラン、ローマがそれぞれ4勝目を挙げた中、迎える第5節はラツィオvsローマ、インテルvsアタランタの好カードが組まれている。 まずは日曜開催のローマ・ダービー。ラツィオは前節、トリノ相手に辛くもドロー。FWインモービレの後半追加タイム弾で1-1の引き分けに持ち込んだ。2勝2分け1敗スタートとなり、公式戦ここ4試合勝ちがない中、ダービーでの勝利でサッリ監督は悪い流れを断ち切れるか。 一方、ローマは前節ウディネーゼ戦をウノゼロ勝利として白星を取り戻している。ただ、試合終盤にMFペッレグリーニが退場し、ダービーは欠場となる。主将不在は痛いが、ウディネーゼ戦で加入後早くも2ゴール目を決めたFWエイブラハムのダービーでの活躍に期待が懸かる。 続いて土曜開催のインテルvsアタランタ。インテルは前節、フィオレンティーナ相手に後半の3発で3-1と逆転勝利。前々節のボローニャ戦に続く快勝劇で勢いを得てアタランタ戦に臨める状況だ。ベストメンバーでアタランタを迎え撃つ。 一方のアタランタは前節、サッスオーロに2-1で勝利。連勝としてインテル戦に臨む。サッスオーロ戦では両ウイングバックのMFゴセンズとMFザッパコスタのゴールで勝利としたアタランタ。持ち味のサイド攻撃が機能している中、インテル撃破となるか。 土曜にスペツィアとのアウェイ戦に臨むミランは前節、ヴェネツィア戦 を戦って2-0で勝利。途中出場のDFテオ・エルナンデスの1ゴール1アシストの活躍で勝ち切って見せた。FWイブラヒモビッチ、FWジルーを欠く中での勝利を続けているが、ユベントス相手に善戦したスペツィアを下してチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦に臨めるか。 そしてようやく今季のリーグ初勝利を挙げたユベントスはDF吉田のサンプドリアをホームに迎える。スペツィア戦では課題の守備の脆さを突かれ、2失点を喫したユベントス。何とかシーソーゲームを制しての勝利となったが、まだまだ心許ない戦いぶり。水曜にはCLチェルシー戦を控える中、連勝となるか。 対するサンプドリアは前節、ナポリに0-4と完敗。チーム力の差を見せ付けられ、守備が崩壊した。吉田としては好調FWモラタとのマッチアップが予想されるが、力強さとスピードを兼ね備えた相手を封じ込めることができるかに注目だ。 最後に唯一の開幕5連勝としたナポリはカリアリとのホーム戦に臨む。スパレッティ監督の下、最高のスタートを切っているナポリ。マッツァーリ監督を迎えたものの、前節エンポリに敗れたカリアリを下して6連勝となるか。 ◆セリエA第6節 ▽9/25(土) 《22:00》 スペツィアvsミラン 《25:00》 インテルvsアタランタ 《27:45》 ジェノアvsヴェローナ ▽9/26(日) 《19:30》 ユベントスvsサンプドリア 《22:00》 サッスオーロvsサレルニターナ ウディネーゼvsフィオレンティーナ エンポリvsボローニャ 《25:00》 ラツィオvsローマ 《27:45》 ナポリvsカリアリ ▽9/27(月) 《27:45》 ヴェネツィアvsトリノ 2021.09.25 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、 セリエAでホーム41戦無敗を記録! アッレグリに並ぶ

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が偉大な記録を残した。 23日にセリエA第5節でホームでウディネーゼと対戦したローマ。36分にFWタミー・エイブラハムのゴールで先制すると、その虎の子の1点を守り切り、黒星を挟んで4勝目を挙げた。 これでローマは4位と好位置につけたが、かつてインテルを率いていたモウリーニョ監督にとっては、個人的にセリエAのホーム戦で41試合無敗となった。 『Opta』によると、これはマッシミリアーノ・アッレグリ監督がユベントス前政権時代の2015年9月から2017年9月の間に打ち立てた記録に並ぶもの。モウリーニョ監督がインテル時代にホームで敗れたのは、2008年3月のユベントス戦まで遡る。 そして、ローマの次のホーム戦は10月3日に行われる第7節のエンポリ戦。ポルトガル人指揮官は果たして記録を塗り替えることができるだろうか。 2021.09.24 19:34 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマとのダービーに向けて気合を入れるインモービレ「歯にナイフを挟んだようにプレーする」

ラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレが、26日のローマ戦に向けて意気込みを語った。 マウリツィオ・サッリ新監督の下、今季のセリエAでここまで5試合を消化し、2勝2分け1敗と調子が上がり切らないラツィオ。23日の第5節トリノ戦では終始劣勢を強いられ、91分のインモービレのPKでドローに持ち込むのがやっとだった。 これで公式戦4試合未勝利となったチームに対して、イタリア『スカイ』のインタビューに応じたインモービレは落胆のコメント。同時に、恐れずにプレーすることの必要性を語っている。 「幸せとは言えない。もっと努力して、恐れることなくプレーしなければならない。最近の試合では、守備の局面が改善されているにも関わらず、恐る恐るピッチに出ているように感じるんだ」 「多くの変化があり、接戦が続いていることも助けにはならない。今日は沢山のエネルギーが必要だった。引き分けに持ち込んだけど、満足はしていないよ」 また、26日に行われるローマとのデルビーについても言及。セリエA第3節のミラン戦に敗れて一時熱意がそがれてしまったことを認めつつも、その敗北を糧にして勝利を目指すとコメントした。 「ミランに負けた後、チームは熱意を失ってしまった。たとえそのような強豪チームに敗れたとしても、絶対にあってはならないことだよ。それに、僕たちのように新たな道を歩み始めたのであればなおさらだ」 「敗戦を教訓にして、チームが分裂しないようにしなければならない。日曜日のダービーで勝つことができれば、良い前進になるだろうね。ナイフを歯に挟んだよう(一生懸命)にプレーするよ」 「勝利を確信しているけれど、それは自分たちでつかみ取るものだ。監督とスタッフはベストを尽くしているから、彼らの指示に従うよ」 2021.09.24 15:50 Fri
twitterfacebook
thumb

「ローマ、ローマ、ローマ!」エイブラハムがキックオフ前にアンセムをファンと合唱

ローマのイングランド代表FWタミー・エイブラハムが、ファン感涙のジェスチャーを見せた。 23日に行われたセリエA第5節のウディネーゼ戦。前節でヴェローナに敗れたローマは、2試合ぶりのスタディオ・オリンピコで白星を目指した。 試合前にアンセムの『Roma Roma』が流れ、ファンやサポーターは一体となって大合唱。オリンピコの名物とも言えるこの大合唱は、ローマの選手たちは背中を押され、敵方はともすれば呑まれてしまう力強い雰囲気を醸し出す。 新エースとなりつつあるエイブラハムはキックオフ直前、うろ覚えながらそのアンセムを身振り手振りを交えてファンと合唱。「ローマ、ローマ、ローマ!」と歌い上げ、気合いを入れた。 そして試合の36分に、左サイドを攻め上がったDFリッカルド・カラフィオーリの折り返しを右足アウトサイドで合わせたエイブラハムがゴール。セリエAでは、これがオリンピコ初ゴールとなった。 試合はこのゴールが決勝点となり、ローマが今季4勝目。4位という好位置につけた。 試合後、エイブラハムは『DAZN』のインタビューでアンセムについて「歌詞の一部は知っていたんだ。素晴らしい曲だよね。ファンの歌声を聞くたびに最高の気分になるんだ」と語っている。<span class="paragraph-title">【動画】『Roma Roma』を口ずさむエイブラハム</span> <span data-other-div="movie"></span><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> Tammy Abraham connait &quot;Roma Roma Roma&quot;, l&#39;hymne des Giallorossi <a href="https://t.co/KoSDWt35lZ">pic.twitter.com/KoSDWt35lZ</a></p>&mdash; beIN SPORTS (@beinsports_FR) <a href="https://twitter.com/beinsports_FR/status/1441138445682987008?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 15:50 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly