元横浜FMの韓国代表FWユン・イルロクが蔚山現代に加入、ACLでは川崎Fと対戦

2021.07.19 15:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
Kリーグ1の蔚山現代は、韓国代表FWユン・イルロク(29)の獲得を発表した。

ユン・イルロクは、かつて横浜F・マリノスに在籍。公式戦27試合に出場し2アシストを記録すると、2020年1月にモンペリエへと完全移籍していた。

モンペリエではなかなか出番がなく、1シーズン半で公式戦18試合に出場。2020-21シーズンはリーグ・アンで12試合に出場していたがゴールはなかった。

ユン・イルロクは6月16日にモンペリエからの退団が発表されていた。

蔚山現代は「突破とキック力に優れたミッドフィルダー」とユン・イルロクを紹介している。

ユン・イルロクは今回の移籍について「指導してもらった監督、一緒にプレーした仲間がいるチームに来られて嬉しい。リーグとFAカップの優勝経験はあるけど、まだAFCチャンピオンズリーグ(ACL)での優勝経験はない。蔚山のACL2年連続優勝と16年ぶりの優勝を助けたいと思う」とコメントしている。

洪明甫監督率いる蔚山現代は、今シーズンのACLでラウンド16に勝ち進んでおり、ラウンド16では川崎フロンターレと対戦。またKリーグ1では、ここまで19試合を戦い、勝ち点37で首位に立っている。



1 2
関連ニュース
thumb

一発勝負の恐怖…川崎F、PK戦の末に蔚山に散る《ACL2021》

川崎フロンターレは14日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)東地区ラウンド16で蔚山現代(韓国)と対戦し0-0のドローに。PK戦の末3-2で敗北した。 グループリーグを全勝通過した両クラブによる一戦。蔚山のホーム蔚山文殊フットボールスタジアムに出向く形となった川崎Fは、谷口や車屋、旗手らをケガで欠くものの、ベテランの登里やユーティリティ性のある山村を起用。負傷による戦力ダウンを感じさせない選手層でベスト8進出を目指す。 序盤からハイペースで進行する試合は、開始1分に小林がシュートを放つと、5分には蔚山のイ・ドンギョンがクリアミスを拾ってシュート。その後、14分にもボックス左手前から脇坂がシュート放つなど、一発勝負らしい激しい競り合いで、両チーム共に先制点をアグレッシブに狙う。 前線までボールを運ぶものの、シュートまで持っていけない川崎F。試合は時間が進むにつれ徐々に蔚山ペースになる。28分にカウンターから中央で受けたイ・ドンジュンがシュートを放つと、32分にはまたもイ・ドンジュンがオ・セフンとのワンツーからボックス内の深い位置まで運ぶも、ここは川崎Fが死守。 守備のプレスが上手くハマらず攻め込まれる展開を強いられる川崎Fだが、36分に山根がボックス深くまで侵入すると、45分にはジョアン・シミッチのバイタルエリア手前からのフィードに小林が飛び込むなど、チャンスも少なからず演出。それでも、両チームともゴールレスで試合を折り返した。 後半に入ると、[4-3-3]の布陣を取っていた川崎Fがインサイドハーフに入っていた脇坂をトップ下に配置して[4-2-3-1]に変更して攻撃に変化をつける。71分に小林が相手の懐までドリブルで運ぶなど攻勢を保っているものの、蔚山の素早いプレスを攻略することができない。一方の蔚山も、時間の経過とともにカウンターの精度が落ちてきており、試合は均衡状態が続く。 試合は90分を経過してゴールレス。今大会は新型コロナウイルスの影響で、決勝トーナメントで全面的にホーム&アウェイ方式が撤廃され、一発勝負方式になったため、ここから延長戦に突入することになった。 その延長前半は、疲労からか川崎Fが早々にピンチを招く。93分、センターライン上で橘田がパスミスすると、奪った蔚山はイ・ドンジュンがボックス内右からクロス。これがユン・イルロクに渡ったが、川崎Fはジェジエウが体を寄せてピンチを脱した。 延長戦もプレスの強度が落ちない蔚山は、川崎Fにポゼッションを許すことなく試合を進行。対して、なかなか攻勢に出られない川崎Fは、105分にセットプレーから知念がヘディングでシュートを放つも、ここはGKチョ・ヒョヌがスーパーセーブに遭ってしまう。 スタミナ的にも厳しくなってくる延長後半。川崎Fは山村が負傷したことにより、アンカーポジションを主戦場とする塚川をセンターバックとして投入。その後の120分には、蔚山のCKをGKチョン・ソンリョンがファンブルしてピンチを招くなど、疲労の色が濃くなってくる。 両チームともにチャンスを作るも決めきることができず、120分に渡る死闘を0-0で終了。最終決着となるPK戦は、両チームともに1人目を成功させたが、先行の川崎Fは長谷川、後攻の蔚山はウォン・ドゥジェが決めきれず、両チームともに2人目が失敗となった。 その後は遠野が落ち着いて決め、続く蔚山のPKは一度蹴り直しになりながらも、GKチョン・ソンリョンが2回とも止めて、川崎Fが大きく有利に出る。 だが、川崎Fは4人目のジョアン・シミッチが上に外すと、5人目の家長のシュートはGKチョ・ヒョヌに止められてしまう。対して蔚山は2人連続で成功させ、結果、3-2で蔚山が勝利。川崎Fは惜しくも敗退となった。 蔚山現代 0-0 川崎フロンターレ(3 PK 2) 2021.09.14 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

大迫所属のブレーメンが韓国の若手SBパク・キュヒョンを蔚山現代から完全移籍で獲得

ブレーメンは2日、蔚山現代から韓国人DFパク・キュヒョン(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。 パク・キュヒョンは、蔚山現代の下部組織出身。2019年7月にブレーメンU-19にレンタル移籍すると2020年7月にはセカンドチームに所属。今回完全移籍で加入することが決定した。 マネージング・ディレクターを務めるフランク・バウマン氏は今回の獲得についてコメントしている。 「2年前に到着してから、キュヒョンはとてもよく成長している。彼はU-23チームに定着し、ここ数カ月ではファーストチームとのトレーニングでもスキルを証明した」 「今後も前向きに成長を続けていくと確信している」 「我々は買い取りオプションを行使しなかったが、より低い移籍金で獲得することで合意した」 パク・キュヒョンは左サイドバックを主戦場とし、U-19チームでは14試合に出場。U-23チームでは11試合に出場していた。 2021.07.02 21:55 Fri
twitterfacebook
thumb

近距離FKはこう決める!昨季ACLのMVPが難しい位置から決めた直接FK/2021【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、蔚山現代の元韓国代表MFユン・ビッカラムが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆近距離のFKはこうやって決める!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJOWGFlV1gzdyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 済州ユナイテッドで頭角を現したユンは、国内や中国リーグでプレー。2020年1月からは、蔚山現代でプレーしている。 2020シーズンのAFCチャンピオンズリーグでは大会MVPに選出される活躍も見せているユンだが、2021年3月1日に行われたKリーグ1第1節の江原FC戦では、見事な直接FKを決めている。 0-0で迎えた28分、ゴール正面、ほぼボックス線上で蔚山現代がFKを得ると、キッカーはユン。強烈なシュートを放つと、壁の外側を通り、ゴール右上の完璧なコースにFKを叩き込んだ。 ゴールからの距離が近すぎると、壁の上を越えてゴールに入れるのが難しいと言われるFKだが、攻略法を示すようなFKを決めてみせた。試合はこのゴールで勢いに乗った蔚山現代が5-0で大勝している。 <span data-sg-movie-id="919" data-sg-movie-title="【近距離FKはこう決める!】昨季ACLのMVPが難しい位置から決めた直接FK"></span> 2021.03.09 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アジア王者の蔚山現代がジョージア代表MFカザイシュヴィリを獲得

アジア王者であるKリーグ1の蔚山現代は16日、ジョージア代表MFヴァレリ・カザイシュヴィリ(28)の加入を発表した。 カザイシュヴィリは母国のサブルタロでキャリアをスタート。その後、メタルルギ・ルスタヴィでのプレーを経て、2011年8月にフィテッセへと完全移籍。ポーランドのレギア・ワルシャワでのプレーも経験した。 フィテッセでは公式戦121試合に出場し28ゴール13アシストを記録。エールディビジでも104試合に出場し25ゴール10アシストを記録していた。 2017年7月にはメジャーリーグ・サッカー(MLS)のサンノゼ・アースクウェイクスへと完全移籍。MLSでは90試合に出場し26ゴール12アシストを記録していた。 また、ジョージア代表としてもここまで52試合に出場し11ゴールを記録。ボールコントロールと判断のスピード、展開力を備えたアタッカーとして活躍した。 蔚山現代は王者として臨む2021シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)では、グループFに入り、タイのBGパトゥムユナイテッド、ベトナムのベトテルに加え、プレーオフ1の勝者と同居。プレーオフ1では、ブリスベン・ロアー(オーストラリア)、上海上港(中国)、カヤFC(フィリピン)が戦い、Jリーグ勢は同じ組には入っていない。 2021.02.17 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

攻撃陣躍動のアル・ドゥハイルが蔚山現代との5位決定戦を制す!《クラブ・ワールドカップ》

FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2020・5位決定戦の蔚山現代(韓国)vsアル・ドゥハイル(カタール)が7日に行われ、1-3でアル・ドゥハイルが勝利。この結果、アル・ドゥハイルが5位となっている。 2回戦でティグレス(メキシコ)に敗れた蔚山と、アル・アイン(エジプト)に敗れたアル・ドゥハイルの5位決定戦。蔚山ではかつてアビスパ福岡でプレーしたウォン・ドゥジェが、アル・ドゥハイルでは今冬に加入した昨季J1得点王のFWオルンガが先発に名を連ねた。 大会初勝利を目指す両者の一戦は、4分にアル・ドゥハイルが決定機を迎える。相手CKのこぼれ球からカウンターを仕掛けると、ドゥドゥのパスをボックス左で受けたエジミウソンがシュート。さらに相手GKの弾いたボールをゴール前のドゥドゥが押し込んだが、これはドゥドゥのオフサイドを取られた。 アル・ドゥハイルは15分にも、ボックス左でボールを収めたドゥドゥの落としからエジミウソンがミドルシュートでゴールを脅かしたが、これはGKチョ・ヒョヌの好セーブに阻まれた。 その後も攻勢を続けるカタール王者は21分、バイタルエリア中央でカリミとスイッチしたエジミウソンがペナルティアーク手前まで切り込むと、コントロールショットをゴール右隅に突き刺さった。 さらにアル・ドゥハイルは、42分に中盤でのボール奪取からドゥドゥがカウンター。ラストパスでゴール前に抜け出したオルンガがチップキックでゴールを狙ったが、これはGKチョ・ヒョヌのセーブに防がれた。 迎えた後半、1点を追う蔚山はヒンテルゼーアとデイビッドソンを下げてキム・ジヒョンとキム・インソンを投入。すると62分、ボックス右深くまで侵入したキム ソンジュンのクロスをファーサイドのキム・インソンが折り返すと、相手DFにディフレクトしたボールを最後はユン・ビッカラムがゴールに流し込んだ。 同点に追いつかれたアル・ドゥハイルだったが、すぐに反撃に出る。66分、ドゥドゥの絶妙なループパスでゴール前に抜け出した途中出場のM・ムンタリがボレーシュートで流し込んだ。 さらに82分には、右サイドでイスマエルが競り合ったこぼれ球を拾ったアルモエズ・アリがボックス右から侵入。冷静にGKの股下を抜くシュートでネットを揺らした。 結局、試合はそのまま3-1で勝利したアル・ドゥハイルが5位で大会を終えた。一方、初勝利を逃した蔚山はCWC4連敗となっている。 2021.02.08 02:01 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly