エルチェ、2部降格のエイバルからDFペドロ・ビガスを完全移籍で獲得

2021.07.08 08:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エルチェは7日、エイバルからスペイン人DFペドロ・ビガス(30)を完全移籍で獲得した。

マジョルカの下部組織出身のビガスは2011-12シーズンにそのマジョルカで台頭。クラブが1部と2部を行き来する中で主力センターバックとして活躍。その後、ラス・パルマスでのプレーを経て、2018年の夏にエイバルへ買取オプション付きのレンタル移籍で加入。

加入初年度はケガの影響でラ・リーガ10試合の出場にとどまったが、翌年に完全移籍を果たすと、在籍3シーズンで公式58試合に出場し3ゴールを記録。昨季はラ・リーガ21試合に出場したが、3月以降はわずか1試合の出場にとどまっていた。

エルチェはビガスについて「プロ選手として250試合の経験を持つペドロ・ビガスが、エルチェのプロジェクトに参加することとなった。彼のリーダーシップ、守備力、情熱、そして献身的な姿勢はエルチェのバックラインに影響を与えるだろう」と紹介している。

関連ニュース
thumb

ローマ退団のパストーレ、エルチェに加入

エルチェは4日、ローマを退団していた元アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(32)の加入を発表した。契約期間は2022年6月までの1年間となっている。 パレルモで活躍し、2011年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍したパストーレは、2018年の夏にローマへ加入。 しかし、ローマでは度重なるケガに加え、イタリア代表MFニコロ・ザニオーロなど若手の台頭や新戦力とのレギュラー争いに敗れ、3シーズンで公式戦わずか37試合の出場(4得点3アシスト)にとどまっていた。 そして今シーズンからチームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、チームの世代交代を意識する中、パストーレを構想外とみなしてラツィオへ移籍したペドロらと共に今夏のプレシーズントレーニングから除外していた。 2021.09.05 02:30 Sun
twitterfacebook
thumb

エルチェが元バルサと元アトレティコの2選手を獲得!

エルチェが今夏の移籍市場の最終盤にスペイン人MFジェラール・グンバウ(26)と、アルゼンチン人GKアクセル・ウェルネル(25)の2選手を獲得した。 ジローナのカンテラ出身のグンバウは2014年にバルセロナBに加入。その翌年にはバルセロナのトップチームデビューを飾った。左利きの大型ピボーテは2015–16シーズンに公式戦8試合に出場したものの、以降は思うように出場機会を得られず。2017年にレガネスへ完全移籍し、2019年からは古巣ジローナでプレーしていた。 しかし、今夏の終盤にジローナとの契約を解消し、エルチェにフリートランスファーで加入。2023年6月30日までの2年契約にサインしている。 一方、2016年に母国のアトレティコ・ラファエラからアトレティコ・マドリーに完全移籍したウェルネルは、ボカ・ジュニアーズへ即レンタル。2017-18シーズンから正式にアトレティコの一員となると、同シーズンには守護神ヤン・オブラクのバックアップとして公式戦3試合に出場した。 だが、以降はトップチームに定着できず、ウエスカやマラガという国内クラブ、2019年からはメキシコのアトレティコ・サン・ルイスに2シーズンのレンタルに出ていた。なお、ウェルネルはグンバウ同様にフリートランスファーでの加入となり、2023年6月30日までの2年契約にサインしている。 2021.09.02 23:06 Thu
twitterfacebook
thumb

エルチェ、開幕後にアラベス退団のFWルーカス・ペレスが加入

エルチェは31日、アラベスを退団したスペイン人FWルーカス・ペレス(32)の加入を発表した。契約期間は2022年6月30日までの1年となる。 スピードと左足のパワフルなシュートを特長とするアタッカーのペレスは、デポルティボでブレイク後、2016年夏にアーセナルへ移籍。しかし、アーセナルでは活躍できず、デポルティボへのレンタルバックを経て、2018年夏にウェストハムへ移籍していた。 その後、2019年夏にアラベスに加入すると、在籍2シーズンで公式戦62試合に出場し、15ゴール9アシストの数字を残していた。しかし、今シーズンの開幕後にクラブとの契約を双方合意の下で解消していた。 2021.08.31 22:22 Tue
twitterfacebook
thumb

セビージャの開幕連勝ストップ…エルチェを押し込むも決定力欠くドローに《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第3節、エルチェvsセビージャが28日に行われ、1-1のドローに終わった。 アトレティコ・マドリーと同様に開幕連勝を飾ったセビージャは、エルチェを相手に開幕3連勝を狙った。チェルシー行きが有力視されるクンデがベンチ外となった一方、ドルトムントからの新戦力デラネイが早速ベンチ入りを果たした。 立ち上がりから攻勢を仕掛けるセビージャは立ち上がりの4分に左サイド深くに侵攻したアクーニャが左足ダイレクトで折り返したボールのこぼれ球を、ボックス中央のオスカルがシュートするが、惜しくも左ポストを叩いた。 すると、ファーストチャンスを逃したアウェイチームは11分に相手CKの二次攻撃からフィデルからのスルーパスに抜け出したエンソ・ロコにシュートを流し込まれ、今季リーグ戦で初失点を喫した。 すぐさま反撃に転じたセビージャはエン=ネシリやジョルダン、アクーニャとシュートを浴びせかけていくが、ゴールをこじ開けるまでには至らない。 それでも、40分には相手陣内左サイド深くで得たFKの場面でキッカーのアクーニャが鋭いボールをボックス中央へ入れると、これに勢いを持って飛び込んできたエン=ネシリがストロングヘッドでゴールネットへ叩き込んだ。 そして、1-1のイーブンで試合を折り返したチームは後半の早い時間帯の60分に3枚替えを敢行。スソとラキティッチ、オスカルを下げてパプ・ゴメス、ラメラとラファ・ミルの新加入コンビを同時投入。 63分にはヘスス・ナバスからの斜めのパスをボックス左フリーで受けたラファ・ミルに絶好機も、このシュートを大きくふかしてしまう。 以降もボールを握って相手を押し込む中で両サイドバックからの精度の高いクロスを起点に攻め手を窺うが、最後の場面で高い集中力を見せるエルチェの守備に手を焼く。 そして、前節のヘタフェ戦同様にイーブンのスコアで試合終盤に突入。リスクを冒して猛攻に打って出た中、後半ラストプレーで決定機が訪れる。アクーニャが早いタイミングで入れたクロスに反応したラファ・ミルがDFを外してフリーでヘディングを放つが、ボールを上から叩くことができず、シュートは無情にも枠の上を越えた。 この直後にタイムアップを迎え、エルチェ相手に決定力を欠いたセビージャは開幕からの連勝がストップした。 2021.08.29 06:04 Sun
twitterfacebook
thumb

エルチェがシャルケMFマスカレルを獲得! 主将DFベルドゥも契約延長

エルチェは23日、シャルケからスペイン人MFオマール・マスカレル(28)を獲得したことを発表した。同日にシャルケとの契約を解消したマスカレルはフリートランスファーでの加入となり、契約は2022年6月30日までの1年となる。 マスカレルはレアル・マドリーのカンテラ出身で、ダービー・カウンティやスポルティング・ヒホンへのレンタル移籍を経験。2016年7月にフランクフルトへと完全移籍。その後、2018年にシャルケに活躍の場を移すと、守備的MFを主戦場に公式戦71試合に出場。2019–20シーズンは一時キャプテンも務めていた。 ヒホン時代の2016年以来、5年ぶりの母国帰還となるマスカレルは、今シーズンも残留争い濃厚なチームをプリメーラ残留に導けるか。 また、エルチェは同日、キャプテンを務めるスペイン人DFゴンサロ・ベルドゥ(32)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。 2017年にカルタヘナから当時3部に属したエルチェに加入した屈強なセンターバックは、ここまで公式戦150試合以上に出場。2度の昇格に大きく貢献していた。 2021.08.24 01:18 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly