2022年開催のU-17、U-20の女子アジアカップが中止に…コロナ禍で開催困難

2021.07.06 18:13 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー協会(JFA)は6日、AFC U-17女子アジアカップ、AFC U-20女子アジアカップの中止を発表した。

この決定はアジアサッカー連盟(AFC)が5日に行ったもの。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が続いており、すべての利害関係者、特に若手プレーヤーの健康と安全を優先することの重要性を考えての判断とのことだ。

両大会は、2022年にそれぞれインドネシアとウズベキスタンで開催される予定だった。

これを受け、U-19日本女子代表の池田太監督、U-16日本女子代表の狩野倫久監督、今井純子女子委員長がコメントしている。

【今井純子女子委員長】
今回、育成年代ということもあり、アジア各地での新型コロナウイルス感染拡大の様々な状況、1次予選、2次予選を実施して上位ラウンドへと進行していくことが非常に困難ということで、残念ながら育成年代の女子アジアカップ全体が中止と
なってしまいました。

育成年代代表の目標は、1つでも多くの良い経験を積み上げて将来に向けて成長することです。その中でも国際経験、プレッシャーの掛かる大会の経験は何物にも代えがたい貴重な経験の場であり、非常に残念です。

ワールドカップへどのような方法でアジアからの出場チームを決定するかはまだ不明ですが、出場できることを想定し、そこに向けて両代表の強化活動を変わらず継続していきます。まだ国際経験が困難な時期が続きますが、状況を見ながらできる限りの良い経験が積めるよう進めていきたいと思います。

【U-19 日本女子代表 池田太監督】
選手達が大きく逞しく成長できる大会が中止となり本当に残念です。しかし健康や安全が大切なことは間違いありません。

アジア各国との戦いは選手達の成長や経験値を上げることと共ににワールドカップ予選という次へのステージがかかっている緊張感や達成できた時の自信などを得られる機会と考えていました。今後の活動で海外のチームとの対戦も調整して継続的に強化していかなければならないと感じています。

アジアの出場枠がどのように決定されるのかはまだ分かりませんが、2022年8月にコスタリカで予定されているワールドカップに向けて引き続き選手達と成長の歩みを止めず、進んでいきます。

【U-16 日本女子代表 狩野倫久監督】
U-16日本女子代表は、今年の4月に新チームとして立ち上げ、AFCU-17女子アジアカップ優勝をひとつの目標にし、そこからFIFAU-17女子ワールドカップインド大会での躍進を大きな目標に掲げていました。前回のFIFAU-17女子ワールドカップに続き、AFCの大会が中止になったことで国際経験を体験できないことは残念ではありますが、今後の目標や選手たちの目指すべきところ「世界のなでしこになる」は変わることはなく歩みを止めてはいけません。

今回の中止を更なるステップアップ、今後の成長を更に加速させるきっかけになるよう、今後の目標に対し、今一度内省し今後への歩むべき道筋を立て、未来に向かい今まで以上に日々全力で迷うことなくチャレンジして欲しいと思います。

我々スタッフ一同、これからも育成年代の強化・育成、レベルアップのために、より一層尽力していきます。まだまだ大変な状況下にありコロナウイルスによる影響は今後も続くかもしれませんが、皆さんと共に、この状況を乗り越えていきたいと思います。


関連ニュース
thumb

なでしこジャパン、植木理子が電光石火弾も終盤に追い付かれドローで首位通過が確定《AFC女子アジアカップ》

なでしこジャパンは27日、AFCアジアカップ2022のグループC最終節で韓国女子代表と対戦し、1-1の引き分けに終わった。この結果、グループステージ首位通過が決定した。 2023年のワールドカップ(W杯)アジア予選も兼ねたAFC女子アジアカップ。日本と韓国は互いに2連勝で決勝トーナメント進出を決めており、最終節は首位通過を懸けての日韓戦となった。 日本は初戦のミャンマー女子代表戦を5-0、2戦目のベトナム女子代表戦も3-0と快勝。この試合では第2戦からはスタメンを7人変更し、長谷川唯をセカンドトップのような位置に置く[4-4-2]の布陣で臨み、ベンチには岩渕真奈も戻ってきた。 過去2戦以上の強度が予想されたが、1分も経たぬうちにミスから日本が先制点を挙げる。相手のスローインを中盤で奪うと、三宅史織の縦パスを受けた植木理子がボックス内に侵入。GKとの一対一を迎え、冷静に逆を突いてネットを揺らした。 韓国もすぐさま反撃に転じ、積極的なクロスからこぼれ球を拾ってのミドルと圧力を強める。だが、日本はこの攻勢をしのぐと、以降は主導権を掌握。韓国が[5-4-1]でブロックを敷いたこともあり、中盤ではゆとりをもったボール回しが可能となった。 14分には中央を崩して長谷川が華麗なターンからフィニッシュ。26分には右CK獲得し、熊谷紗希のフリックから再び長谷川が狙う。 韓国はチ・ソヨンが強さを見せるものの、1トップへのパスは熊谷と南萌華がシャットアウト。守備に時間を割かれて攻撃に手をかけられない。 日本もポゼッション率の高さに反し、中盤以降はシュートシーンが遠のいたものの、前半終了間際には成宮唯、さらには長谷川がゴールに迫る。韓国もセットプレーからチョ・ソヒョンが頭で狙うが、枠を捉えられずに日本のリードで前半を終えた。 後半の立ち上がりは韓国が攻勢を強め、なでしこジャパンは被クロスが増え始める。ただ、次第に押し込まれたもののフィニッシュは許さず、逆に山下杏也加のロングフィードから長谷川が、60分にはCKのこぼれ球から南が決定機を迎えた。 韓国にもセットプレーが増えると、73分にはイ・グンミンに裏を取られてヒヤリとする場面も。時間が経つにつれて奪ったボールを繋げなくなってきたなでしこジャパンは、80分にボランチを猶本光から隅田凜に変更。手数をかけずに宮澤ひなたがミドルを試みるなど、再び主導権を奪い返そうとアクションを起こすが、次の1点は韓国に入る。 85分、キム・ヒェリの右CKからゴール前での混戦となると、クリアが小さくなったところを最後はソ・ジヨンが押し込み、韓国が試合を振り出しに戻した。 引き分けでも首位通過が決まるなでしこジャパンは、リスクを冒さず相手陣内でボールを動かすことを選択。試合はそのままタイムアップを迎えてドローゲームとなり、この結果、なでしこジャパンが首位、韓国が2位でのグループステージ突破となった。 なでしこジャパン 1-1 韓国女子代表 【なでしこ】 植木理子(1分) 【韓国女子】 ソ・ジヨン(85分) 2022.01.27 19:07 Thu
twitterfacebook
thumb

なでしこMF杉田妃和、アメリカ・ポートランドへの移籍が決定「新しい場所で挑戦したい」

ポートランド・ソーンズFCは27日、INAC神戸レオネッサのなでしこジャパンMF杉田妃和(24)を完全移籍で獲得したと発表した。 契約期間は3年間。ビザと国際移籍証明書の取得後、正式契約となる。 杉田は藤枝順心高校から2015年にINAC神戸レオネッサ入り。ボランチや攻撃的MFとしてなでしこリーグでは93試合に出場し、16得点。今季は最前線でも起用されるなど、WEリーグでは9試合1得点という記録を残している。 高校1年時からU-17女子日本代表に招集され、2012年のアゼルバイジャンU-17女子ワールドカップ(W杯)に出場。2014年のコスタリカU-17女子W杯では高倉麻子監督率いるチームでキャプテンを務め、日本を優勝に導くとともに、大会MVPにも選出された。2016年のパプアニューギニア・U-20W杯にも参加し3位。杉田自身はこの大会でもMVPを獲得している。 2018年8月にフル代表デビューを果たし、2019年フランス・女子W杯や2021年の東京オリンピックにも出場。代表では通算27試合に出場し、2得点を挙げている。なお、現在行われている女子アジアカップのメンバーには招集されていない。 アメリカ・NWSLに属するポートランド・ソーンズは、2021年はレギュラーシーズンで1位(プレーオフでは準決勝敗退)、カップ戦でも優勝を達成。メンバーにはカナダ女子代表クリスティン・シンクレアらを擁している。 杉田は両クラブを通じてコメント。これまでとは異なる角度でサッカーを楽しみ追及したいとの思いから、移籍を決断したと語っている。 ◆ポートランド・ソーンズFC 「ポートランドの皆さんこんにちは、妃和です。日本のINAC神戸から来ました。加入できてわくわくしています。近いうちにお会いできるのを楽しみにしています」 ◆INAC神戸レオネッサ 「シーズンの途中ではありますが、移籍することを決めました」 「この6年間は試合に出ることの難しさからはじまり、年を重ねるごとに色々な課題に取り組むことでサッカーをする自分と向き合うことができました。その中で私が感じたことはサッカーの楽しさを違う角度で追求したいという強い思いでした。プレーすることは常に楽しいですが、勝つこと、戦うこと、真剣になれること、そういった思いを新しい場所で挑戦したいと思い決断しました」 「私の思いを尊重してくださったクラブ関係者の皆様には心から感謝しています。いまの私があるのは、INAC神戸で成長させてもらったからにほかなりません。素晴らしい環境でサッカーができたこと、どんなときでも温かく応援してくださったファン・サポーターの皆様のおかげです。本当にありがとうございました」 「日頃より応援してくださっている方々には急な報告となってしまいましたが、これからもINAC神戸の応援をよろしくお願いします。それでは、いってきます!!」 <span class="paragraph-title">【動画】移籍に際しての杉田妃和からのメッセージ動画</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">.<a href="https://twitter.com/hina_0_8_2?ref_src=twsrc%5Etfw">@hina_0_8_2</a> can’t wait to meet you, Rose City! <a href="https://twitter.com/hashtag/BAONPDX?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BAONPDX</a> <a href="https://t.co/9i3MRHcDJI">pic.twitter.com/9i3MRHcDJI</a></p>&mdash; Portland Thorns FC (@ThornsFC) <a href="https://twitter.com/ThornsFC/status/1486478765530046464?ref_src=twsrc%5Etfw">January 26, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.27 14:30 Thu
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンに戻ってきた岩渕真奈が韓国戦に意気込み、その手には新しい相棒

なでしこジャパンのFW岩渕真奈が、新たな相棒を手にAFC女子アジアカップへの抱負を語った。 岩渕はアジアカップのメンバーに招集されたものの、入国時の検査で新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことで合流できず。それでも、なでしこジャパンはミャンマーに5-0、ベトナムに3-0で勝利してベスト8に進出すると、24日のPCR検査で陰性が確認された岩渕は25日に合流。27日に行われる韓国戦に出場できるようになった。 なでしこジャパンの10番を背負う岩渕は、25日に自身のツイッターを更新。発表されたばかりのアディダスの新モデル「プレデター エッジ(PREDATOR EDGE)」を両手に持った笑顔の写真とともに「新しいPRADATORと一緒にアジアカップ頑張ります 27日の韓国戦も応援よろしくお願いします」意気込みを語った。 エースが戻ってきたなでしこジャパンは、27日に韓国と対戦。グループ1位の座をかけての戦いが待っている。 <span class="paragraph-title">【写真】岩渕真奈が新型プレデターを手に満面の笑み</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">新しいPRADATORと一緒にアジアカップ頑張ります27日の韓国戦も応援よろしくお願いします <a href="https://t.co/JqLirip5Sn">pic.twitter.com/JqLirip5Sn</a></p>&mdash; Mana Iwabuchi 岩渕真奈 (@buchi_mana) <a href="https://twitter.com/buchi_mana/status/1485928108322476032?ref_src=twsrc%5Etfw">January 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.26 11:58 Wed
twitterfacebook
thumb

「めっちゃ笑ってる」なでしこで2点目の熊谷紗希を大先輩の澤穂希&大野忍がイジる「相当嬉しいんでしょうね〜」

なでしこジャパンで苦楽をともにした2人は、熊谷紗希の表情を見逃さなかった。 なでしこジャパンは24日、AFCアジアカップ2022のグループC第2節でベトナム女子代表と対戦し、3-0で勝利した。この日2点目を挙げたのはキャプテンの熊谷。DAZNで解説を務めていた澤穂希さんと大野忍さんも、元チームメイトのゴールを喜んだ。 日本の1点リードで迎えた50分。敵陣左サイドでFKを獲得すると、猶本光のクロスから田中美南がヘディング。これが左ポストに弾かれると、熊谷はいち早く反応し、左の膝で押し込んだ。 過去には女子チャンピオンズリーグ(WCL)の決勝でもゴールを決め、今季もバイエルンでは3得点を挙げている熊谷だが、以外にも代表ではこれが通算2得点目。笑顔を見せる熊谷を見て大野さんも「めっちゃ笑ってる」、「相当嬉しいんでしょうね~」とのコメントを残している。 大野さんはかつてのワールドカップ(W杯)をともに戦った仲間のゴールを称えつつ、田中美南のヘディングにも言及。「きれいに当たっていたのでこれで決まっていたら最高でしたね、熊谷選手に持っていかれましたね」と、ストライカーらしい言葉も残している。 <span class="paragraph-title">【動画】ゴールを喜ぶ熊谷に澤&大野もほっこり</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><br>「相当嬉しいんでしょうね~」<br><br><br>こぼれ球を押し込んだ <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%86%8A%E8%B0%B7%E7%B4%97%E5%B8%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#熊谷紗希</a> が<br>満面の笑みで喜びを爆発させる<br><br>AFC女子アジアカップ GS第2節<br>ベトナム×日本<br><br>解説:澤穂希&amp;大野忍<br>実況:西達彦<br><br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/nadeshiko?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#nadeshiko</a> <a href="https://t.co/7fWJXLdptQ">pic.twitter.com/7fWJXLdptQ</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1485817581562994695?ref_src=twsrc%5Etfw">January 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.25 17:40 Tue
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンFW岩渕真奈がPCR検査で陰性に…25日から女子アジア杯決勝T進出のチームに合流

日本サッカー協会(JFA)は25日、なでしこジャパンのFW岩渕真奈が新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査で陰性となったことを発表した。 現在インドで開催されているAFC女子アジアカップに臨んでいるなでしこジャパン。岩渕もメンバー入りしており、イギリスからインドへと入国していた。 しかし、18日の入国時に受けたPCR検査で新型コロナウイルスの陽性判定を受け、ホテルで隔離。大会に出場できないまま2試合が消化。チームは連勝スタートとなった。 その岩渕は24日に改めてPCR検査を実施し、陰性が確認。25日からチーム合流が認められることとなった。 なでしこジャパンは、ミャンマー女子代表、ベトナム女子代表相手に連勝し、すでに決勝トーナメント進出が決定。第3戦は27日に韓国女子代表と行われる。 2022.01.25 10:12 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly