ブライトンの豪代表GKライアン、ソシエダ移籍決定的に! ポステコグルーのセルティックも関心示すも

2021.07.05 13:51 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・ソシエダがブライトン&ホーヴ・アルビオンのオーストラリア代表GKマシュー・ライアン(29)を獲得することが決定的になったようだ。ライアンは2017年夏にバレンシアから加入して以降、ブライトンで公式戦123試合に出場。昨冬にはシーズン終了までアーセナルへとレンタル加入し、公式戦3試合に出場していた。また、オーストラリア代表にも2012年から選出されており、60試合のキャップ数を記録している。

イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、そんなライアンを巡ってはオーストラリア代表で共闘した経験があるアンジェ・ポステコグルー監督のセルティックも獲得を狙っていたものの、ソシエダが争奪戦を制したという。

ソシエダとライアンは個人条件面で基本合意に至っており、今週中にもメディカルチェックを受ける模様。ライアンは次のクラブで正守護神としてのプレーを望むなか、残り1年に迫る契約切れを前にスペインへと新天地を求めることを決めたものとみられる。

関連ニュース
thumb

「11月からひたすらプレーしている」リーグ4試合未勝利のチェルシー…トゥヘル監督は過密日程への不満隠さず

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、過密日程への不満を露わにした。クラブ公式サイトが伝えている。 チェルシーは18日に行われたプレミアリーグ第24節でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦した。チェルシーが来月行われるFIFAクラブワールドカップに参加する関係で前倒し開催となった一戦は、前半MFハキム・ツィエクのゴールで先制に成功。しかし、後半に入り同点に追いつかれると、その後は追加点を奪えず1-1のドローに終わった。 この結果、プレミアリーグ4試合未勝利となったことに対して、試合後のインタビューに応じたトゥヘル監督はチームに疲労があると強調。過密日程によってチームの状態は限界に近いと嘆いている。 「このような試合を分析するのは難しい。ブライトンとの試合はとてもタフだ。彼らはカップ戦のようにプレーしており、最後の笛が吹かれときは、まるで我々が試合に負けたかのようだった。しかし負けてはいないし、他のチームもここで勝ち点を取るのは苦労するだろう」 「フルパワーで、疲労のない状態でないと厳しい。乗り越えるべき障害があると思う。野心がどうという問題ではなく、チームへの怒りはない。1-0で先制できたのは少しラッキーで、2点目も取れたと思うが、クオリティを発揮するのに苦労した。その理由もわかっている。我々は自分たちに多くを要求しているが、今はチームに厳しくする時ではない」 「少なくとも次の試合まで4日あるのは嬉しい。先週を見れば、私が何を言っているのかわかるだろう。7日間でアウェイゲームが3つもあった。プレーだけでなく移動もあり、寝不足になる。この話をするのは、なぜこのようなパフォーマンスになるのか説明するためだ」 「我々が先制後にも優位に立って押し込められなかったのは、チームが疲れているからだ。精神的にも肉体的にも疲れており、それがパフォーマンスにも表れている。とても簡単な話だ」 「休養を非常に必要としている。言い訳だと言われるかもしれないが、そういうことだ。我々のスケジュールを見て欲しい。(前節敗れた)マンチェスター・シティ戦で、我々は直前にカラバオカップがあったが、彼らは違った。そして今日も、相手にはより準備する日数があった」 「我々は11月からひたすらプレーしている、とにかくプレー、プレー、プレー、プレーしているチームだ。バッテリーを再充電する必要がある。これが私の気持ちだ。だから、選手たちにこれから2日間の休みを与え、それから2日間で準備したい。金曜、土曜を使って日曜の準備をする、その後には、トッテナムとの試合が待っているからだ」 2022.01.19 10:34 Wed
twitterfacebook
thumb

CWCの影響で前倒しとなったブライトンとの一戦は痛み分け…チェルシーはリーグ戦4試合未勝利…《プレミアリーグ》

チェルシーは18日、プレミアリーグ第24節でブライトン&ホーヴ・アルビオンとアウェイで対戦し1-1の引き分けに終わった。 チェルシーが来月行われるFIFAクラブワールドカップに参加する関係で前倒しとなった今回の一戦。 直近のマンチェスター・シティ戦で公式戦12試合ぶりの黒星を喫した3位のチェルシー(勝ち点43)は、その試合から先発を3人変更。プリシッチやコバチッチ、サールに替えてマウント、ジョルジーニョ、ハドソン=オドイを先発で起用した。 公式戦5試合負けなしの9位ブライトンに対し、チェルシーは開始早々ンの3分にピンチを迎える。クリアミスをアルザテに拾われると、縦パスをボックス手前のウェルベックがヒールで落とし、最後はモダーが右足で狙ったが、シュートはわずかにゴール左に逸れた。 対するチェルシーは15分、ジョルジーニョのロングパスをボックス右で収めたルカクの落としから走りこんだアスピリクエタがダイレクトシュート。しかし、これは相手GKがワンハンドで弾き出した。 一進一退の展開が続く中、チェルシーは28分にボックス左手前でパスを受けたカンテの落としを受けたツィエクが左足一閃。これはGKロベルト・サンチェスが触れるも弾ききれずに右隅に突き刺さった。 ハーフタイムにかけてやや押し込まれたチェルシーだが、前半終了間際の45分にチャンス。ルカクのパスからボックス右のハドソン=オドイが決定機を迎えたが、シュートは枠を外した。 迎えた後半はホームチームが積極的な入りを見せると60分、マク・アリステルの左CKからウェブスターがヘディングシュートを突き刺し、ブライトンが試合を振り出しに戻した。 追いつかれたチェルシーは73分、カンテの浮かせたパスに反応したルカクがゴールエリア左横からシュートを放ったが、これは相手GKのセーブ弾かれた。 勝ち越しを狙うチェルシーは、80分にルカク、ツィエク、ジョルジーニョを下げてヴェルナー、ハヴァーツ、コバチッチを投入する3枚替えを敢行。 しかし、最後まで両チームに勝ち越し弾は生まれず、1-1のドロー決着。チェルシーはリーグ戦4試合未勝利となっている。 2022.01.19 07:02 Wed
twitterfacebook
thumb

ブライトン戦に挑むトゥヘル、シティ戦から中2日のアウェイ3連戦目も「当然ながら勝ちたい」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が意気込みを語っている。イギリス『ロンドン・フットボール』が報じた。 プレミアリーグ前節で首位のマンチェスター・シティに0-1で敗れ、ポイント差を「13」に広げられてしまったチェルシー。リバプールにも抜かれ、3位に転落したなか、18日の第24節でブライトン&ホーブ・アルビオンとのアウェイ戦に臨む。 優勝争いでこれ以上の足踏みが許されないが、ブライトンは昨年12月の第20節で対戦して1-1のドロー。シティ戦から中2日、アウェイ3連戦目という状況下での再戦とだけあって、疲労面も懸念されるが、トゥヘル監督は必勝を期した。 「試合そのものも相手も大きな挑戦だ。ブライトンとの対戦はタフだしね。個人的にあそこでプレーしたことがないが、たくさんの試合を観ている」 「もちろん、ブライトンとは過去に対戦したことがある。非常に独特なスタイルで、強力なスカッド、自分たちのやっていることに強い信念を持つ監督がいる。我々が意識すべきことはたくさんあって、可能な限り最高のレベルが必要だ」 「それと、アウェイでの試合はこれで3試合目で、シティとの試合から2日しか経っていない。勝つためにメンタル面とフィジカル面の全てが必要で、リカバリーと準備が混在しているが、当然ながら勝ちたいし、タフな試合になると思う」 2022.01.18 20:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ビラが獲得に動くブライトンのビスマ、ビッグクラブからのオファーを見据え今夏まで残留か

ブライトン&ホーヴ・アルビオンに所属するマリ代表MFイヴ・ビスマ(25)今冬に移籍する可能性は低いようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ビスマは2018年夏にリールからブライトンへ移籍。加入初年度からクラブでポジションを掴むと、ここまで公式戦通算111試合に出場して4ゴール2アシストを記録している。 今シーズンも公式戦15試合に出場して、1アシストを記録。現在プレミアリーグで9位とトップ10に位置するチームの中心選手として活躍している。 そんなビスマに対しては多くのクラブが関心を示しており、特に今月に入ってブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ、フランス代表DFリュカ・ディーニュを獲得するなど積極的な動きを見せるアストン・ビラが獲得に向けて動いているようだ。 しかし、『スカイ・スポーツ』によるとビスマが今月中に移籍する可能性は低いという。選手本人は現在マリ代表として参加しているアフリカ・ネーションズカップに集中していることに加え、より大きなクラブへの移籍を望んでいるようだ。 ビスマに対してはマンチェスター・シティやリバプール、チェルシー、アーセナルなど複数のクラブが関心を示しているとされており、選手本人も今夏までブライトンに留まりじっくりオファーを吟味するとされている。 2022.01.14 17:59 Fri
twitterfacebook
thumb

浅野拓磨にライバル? ボーフムがブライトンのFWロカディアを完全移籍で獲得

ボーフムは6日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンのオランダ人FWユルゲン・ロカディア(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。なお、フリーでの加入となる。 ロカディアはヴィレムⅡやPSVの下部組織で育ち、2012年8月にPSVのファーストチームへと昇格した。 2018年1月にブライン東へと完全移籍で加入すると、2019年8月からはホッフェンハイム、2020年2月からはメジャーリーグ・サッカー(MLS)のFCシンシナティへとレンタル移籍。今シーズンはブライントンに復帰していた。 今シーズンのブライトンではプレミアリーグで1試合、EFLカップで2試合に出場。公式戦通算では46試合で6ゴール2アシストを記録していた。 またPSV時代には公式戦176試合で62ゴール39アシストを記録している。 ホッフェンハイム在籍時にはブンデスリーガでもプレーしており、11試合で4ゴール1アシストを記録していた。 なお、ロカディアは2022年6月30日までの半年契約を結んだとのこと。日本代表FW浅野拓磨にとっては攻撃陣としてライバルとなりそうだ。 2022.01.06 21:07 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly