トリノ、元ラツィオ&アタランタGKベリシャを獲得

2021.07.03 23:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トリノは3日、セリエBのSPALに所属するアルバニア代表GKエトリト・ベリシャ(32)を買い取り義務付きのレンタルで獲得したことを発表した。なお、ベリシャはトリノと2024年6月までの3年契約を結んだとのことだ。

アルバニア代表として65キャップを持つベリシャは、ラツィオやアタランタで一時期正GKとして活躍後、2019年夏にSPALへレンタル移籍。SPALでは正GKを務めたが、2019-20シーズンはセリエBに降格し、2020-21シーズンはセリエBで9位と振るわなかった。

なお、イタリアメディアではトリノで正GKを務めるイタリア代表GKサルバトーレ・シリグ(34)の放出を画策していると報じ、ベリシャが新シーズンは正GKを務める見込みだと主張している。


関連ニュース
thumb

終始劣勢のラツィオが土壇場PK弾でトリノとドロー…公式戦4戦未勝利で今季初のデルビーへ《セリエA》

セリエA第5節、トリノvsラツィオが23日にスタディオ・オリンピコ・グランデ・トリノで行われ、1-1のドローに終わった。 ラツィオは開幕連勝スタートも、第3節のミラン戦で今季初黒星を喫すると、直後のヨーロッパリーグ(EL)でもガラタサライに敗戦。さらに前節はカリアリとドローに終わり、公式戦3試合未勝利と急失速となった。 今週末にローマとの“デルビー・デッラ・カピターレ”を控える中、2連勝中の好調トリノを相手に、4戦ぶりの白星を目指した。ミラン戦での退席処分によって引き続きサッリ監督が不在のチームは、カリアリ戦から先発4人を変更。ラッツァーリ、ルーカス・レイバ、ミリンコビッチ=サビッチ、ペドロをベンチに置き、マルシッチ、アクパ・アクプロ、カタルディ、18歳FWモロを初スタメンで起用した。 立ち上がりからホームチームの勢いに押されるラツィオだが、ボックス内で粘りの対応を見せてピンチを凌ぐ。11分にはGKヴャンヤ・ミリンコビッチ=サビッチの前目のポジションを確認したインモービレが、ロングシュートを放つも、これは枠の左に外れる。 以降は相手の強度の高い守備に苦戦を強いられ、思うように相手陣内でボールを繋げないラツィオ。最終ラインと積極的に駆け引きを繰り返すインモービレにも良い形でボールが入らず、攻撃は完全に停滞する。 前半終盤にかけては簡単に前進を許す場面が目立って押し込まれる状況が続いていく。その流れの中で38分にはボックス左に抜け出したサナブリアに際どい左足のシュートを打たれると、42分にはアイナからの左クロスをゴール前のサナブリアにドンピシャのヘディングで合わせられるが、ここはGKレイナが見事な反射神経で枠外にはじき出して事なきを得た。 試合内容では劣勢も0-0のイーブンで試合を折り返したラツィオは、モロとルイス・アルベルトを下げてペドロとミリンコビッチ=サビッチを後半頭から投入。すると、キックオフ直後の47分には右サイドを突破したフェリペ・アンデルソンからの斜めのグラウンダークロスに、ファーで反応したペドロが飛び込んでいきなり決定的な場面に絡んだ。 ここから攻撃のギアを上げたいラツィオだが、立ち上がり以降はトリノに押し返されてイーブンの展開に持ち込まれる。幾度か得たカウンターチャンスも前線の選手たちの呼吸が合わず。逆に、相手の鋭い縦への攻撃に晒されると、69分にはボックス左で仕掛けた途中出場のアンサルディに枠のわずか右に外れる際どいシュートも打たれる。 何とか流れを変えたいアウェイチームはマルシッチ、カタルディを下げてラッツァーリ、ルーカス・レイバを続けてピッチに送り出す。だが、この交代も流れを引き戻す効果的な一手とはならず。 すると、76分には右サイド深くに侵攻したシンゴからの正確なクロスを、直前に投入されたばかりのピアツァに完璧なヘディングで叩き込まれ、痛恨の先制点献上となった。 これを受け、ラツィオベンチは失点直後にアクパ・アクプロを下げて長身FWムリキを投入。この交代で[4-3-3]から[4-4-2]に布陣を変更する。だが、勢いづくホームチームの攻勢に晒され、ピアツァ、ジジと続けてあわや2失点目というピンチを招いた。 その後も攻め手を欠くラツィオは試合終了間際の88分に左CKの流れからインモービレにチャンスも、ゴール右角度のないところから放ったヘディングシュートは相手GKのセーブに遭う。 これで万事休すかに思われたが、最後の最後に幸運な形から劇的な同点ゴールが生まれる。91分、ボックス内でルーズボールに反応したムリキがDFジジと交錯した際に太ももを蹴られてPKを獲得。これをキッカーのインモービレが冷静にゴール左隅へ流し込んだ。 このゴールで辛くも敗戦を逃れたラツィオだったが、終始劣勢の振るわないパフォーマンスで公式戦4戦未勝利に。ホーム開催となる今季最初のデルビーに向けて不安を残す結果となった。 2021.09.24 03:36 Fri
twitterfacebook
thumb

トリノ、ファルケ退団を発表…契約解消でフリーに

トリノは1日、スペイン人FWイアゴ・ファルケ(31)の退団を発表した。トリノとは今季いっぱいまで契約を残す状況だったが、双方合意による解消が決定した。 ファルケはバルセロナのカンテラ出身で、ユベントスやトッテナム、ローマなどのビッグクラブ在籍歴を持つレフティのアタッカー。2016年からプレーするトリノでは加入後2シーズン連続でセリエA二桁ゴールを記録するなど、主力として活躍した。 だが、2018-19シーズン以降は徐々に出場機会を失い、今年1月に出場機会を求めて、古巣ジェノアにレンタル。昨夏も再びのレンタルでベネヴェントに移ったが、セリエA11試合の出場で1得点1アシストという数字に終わった。 そんなファルケは今夏にレンタルバック。今季からイバン・ユリッチ監督が率いるトリノでの再起が期待されたが、開幕からここまで出番がなかった。 2021.09.02 09:40 Thu
twitterfacebook
thumb

トリノがFWブレカロを獲得! ヴォルフスブルクから買取OP付きのレンタルに

トリノは8月31日、ヴォルフスブルクからクロアチア代表FWヨシプ・ブレカロ(23)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 イタリア『トゥットスポルト』などが報じるところによれば、今回の移籍は100万ユーロ(約1億3000万円)の有償レンタルとなり、買い取りオプションの金額は1100万ユーロ(約14億3000万円)となるようだ。 ブレカロはディナモ・ザグレブの下部組織出身で、2016年夏にヴォルフスブルクに完全移籍で加入。その後、シュツットガルトへのレンタルを経て2017年12月に復帰を果たすと、2018–19シーズンから主力に定着した。 左右のウイングを主戦場に突破力と動き出しに特長を持つ23歳は、昨シーズンのリーグ戦で29試合7ゴール3アシストの数字を残してクラブのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献していた。 クロアチア代表として通算27キャップを誇る実力者は今夏のヴォルフスブルク退団を希望していた中、ビジャレアルやラツィオへの移籍が取り沙汰されたが、最終的にトリノ移籍を決断した。 2021.09.01 03:44 Wed
twitterfacebook
thumb

トリノがレスターのベルギー代表MFプラートを買取OP付きのレンタルで獲得

トリノは8月31日、レスター・シティのベルギー代表MFデニス・プラート(27)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、買い取りオプションもついているとのことだ。 プラートは、ヘンクの下部組織出身で、アンデルレヒトの下部組織へと移籍。2011年7月にアンデルレヒトでファーストチームへと昇格した。 2016年8月にはサンプドリアへと完全移籍。セリエAで経験を積むと、2019年8月にレスターへと完全移籍していた。 サンプドリアでは、公式戦106試合に出場し4ゴール6アシスト。セリエAでも98試合に出場し4ゴール6アシストを記録。レスターでは公式戦60試合で3ゴール5アシストを記録していた。 また、世代別のベルギー代表を経験し、A代表でも13試合で1ゴールを記録。今夏のユーロ2020にも招集され2試合に出場していた。 2021.09.01 01:15 Wed
twitterfacebook
thumb

トリノ、チェコの次代を担う若手CBジマを獲得

トリノは31日、スラビア・プラハからチェコ代表DFダビド・ジマ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。 母国のシグマ・オロモウツでキャリアをスタートしたジマは、2020年2月にスラビア・プラハへレンタル加入。そして、昨夏に完全移籍に移行すると、昨シーズンは公式戦35試合に出場していた。 190cmの恵まれた体躯に加えて、一定のスピードと優れたプレーリード、足元の技術を併せ持つ総合力の高いセンターバックは、今年3月にチェコのフル代表デビューも飾っている有望株だ。 2021.08.31 23:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly