1歳の娘がいる米女子代表モーガンがIOCにいらだち、授乳許可も「必要なときが何を意味するのか分からない」

2021.07.02 17:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アメリカ女子代表のFWアレックス・モーガン(32)が、東京オリンピック組織委員会と国際オリンピック委員会(IOC)を非難した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、海外からの観客の受け入れを断念した東京オリンピックだが、6月30日に一転して、授乳が必要な乳児については同行させることが可能になったとロイター通信が報じた。

アメリカ『ESPN』もこれを報じ、大会主催者のコメントとして「授乳中の子供を持つアスリートが直面する状況を慎重に検討した結果、必要に応じて、授乳中の子供が日本へ同行できることを確認した」と伝えた。

ただ、「選手村の居住区は選手とチームスタッフ以外のすべての人に制限が課されているため、授乳中の子供は承認されたホテルに滞在する必要がある」とも伝えている。

モーガンはこの記事を引用する形で、自身のツイッターに意見を投稿。曖昧な表現にいらだちをあらわにした。

「『必要なとき』が何を意味するのかまだ分からない。それは母親もしくはIOCによって決定されるの? オリンピックに出る母親は断言します。それは必要です。娘を日本に連れて行くことができるという連絡はないけど、後7日で出発します」

アメリカ女子代表のエースとして過去3回のワールドカップに出場しているモーガンは、2020年5月に第一子となる女児を出産し、半年後の11月からピッチに戻っている。

また、モーガンの同僚であるアメリカ女子代表のFWミーガン・ラピノーも同調。モーガンのツイートを引用しながら「IOCにはびっくり。お母さん/お父さん/親が必要だと言ったら、それは必要!」と投稿した。

東京オリンピックのサッカー競技は、開会式前の21日から女子のグループリーグがスタート。あと3週間で開幕を迎えるが、この状態で大丈夫だろうか。
関連ニュース
thumb

W杯決勝カードはPK戦でGKが2本セーブのアメリカが勝利! オランダ無念の敗退《東京オリンピック》

30日、東京オリンピックの女子サッカーの準々決勝のオランダ女子代表vsアメリカ女子代表が横浜国際総合競技場で行われ、2-2で延長戦へ。互いに攻め合う中決着つかず、PK戦ではGKが2本セーブしたアメリカが2-4で勝利した。 2019年のワールドカップ(W杯)決勝と同一カードとなった一戦。先手を取ったのはオランダだった。 18分、クロスのこぼれを拾ったダニエレ・ファン・デ・ドンクがシュート。これはブロックされるも、セカンドボールにフィフィアネ・ミーデマが反応。ゴールを背にしながらつま先での軽いタッチから反転し、右足を一閃。左隅に沈めて試合を動かした。 だが、アメリカもすぐさま同点に追い付く。サマンサ・メウィスが右の深い位置へパスを出し、自らはボックス内へ。受けたリン・ウィリアムズは切り返して相手をはがし、ボックスの右角付近からクロスを送ると、メウィスがダイビングヘッドで合わせて同点とする。 さらに攻勢をかけるアメリカ。右CKが弾き返されてボックス内でのヘディングの応酬となり、こぼれ球に最後はウィリアムズ。左隅に突き刺して3分間で逆転に成功した。 ビハインドで折り返したオランダは、54分に再びエースが仕事を果たす。リエケ・マルテンスの縦パスをボックス手前の左で受けたミーデマは追い越したマルテンスへリターンパス。これがブロックされて足元にこぼれると、自ら拾ってカットインから右足で狙う。シュートはDFの股を抜けて左隅に吸い込まれ、今大会10得点目を奪って試合を再び振り出しに。 アメリカは63分にクリステン・プレスがネットを揺らすもオフサイドの判定でノーゴールに。すると、同点で迎えた81分にはオランダに勝ち越しのチャンスが訪れる。リネト・ベーレンスタインがボックス内で倒され、PKを獲得。だが、マルテンスのキックをGKアリッサ・ナアーがストップし、2-2のまま延長戦に突入した。 延長前半はオランダが積極的にアメリカゴールへと迫る。94分にはCKの流れからのヘディングシュートがGKが弾くもクロスバーに当たり上に上がることに。これを最後はルートが頭で押し込み、オランダが勝ち越す。 しかし、これはオフサイドの判定となりゴールならず。VARのチェックが入ったが、それでもオフサイドの判定となった。 99分にはボックス左に抜け出したラピノーが相手を2人かわしてシュート。しかし、ニアサイドを狙ったシュートは枠を外れる。 103分にはオランダがチャンス。ボックス右からのウィルムスのクロスをミーデマがヘッド。これは枠を捉えるが、GKが横っ飛びでセーブして得点を許さない。 延長前半を0-0で終えると、後半は一転してアメリカが押し込む展開となる。 109分、浮き球のパスをラインの裏で巧みに受けたプレスが落ち着いてシュート。ネットを揺らしたが、これはわずかにオフサイドを取られてノーゴールとなる。 114分にもアメリカがチャンス。モーガンがパスに反応すると、相手DFがクリア。これがGKと合わずにこぼれ球になり、モーガンが無人のゴールへ流し込むが、これもオフサイドを取られて認められない。 結局決着はPK戦へ。オランダが先行でスタートしたPK戦はオランダの1人目ミーデマのシュートをGKネイハーが完璧に読んでストップする。 アメリカは1人目から3人目まで成功。オランダも2人目、3人目は成功したが4人目のナウベンのシュートを再びGKネイハーがセーブ。アメリカは4人目のラピノーが豪快に蹴り込み勝負あり。PK戦2-4でアメリカが勝利し、ベスト4に駒を進めた。 オランダ女子代表 2-2(2 PK 4) アメリカ女子代表 【オランダ】 ミーデマ(18分、54分) 【アメリカ】 メウィス(28分) ウィリアムズ(31分) 2021.07.30 22:50 Fri
twitterfacebook
thumb

アメリカ女子の決勝T進出が決定! 得失点差でオーストラリアを上回る《東京オリンピック》

東京オリンピック・女子サッカー、グループG最終節のアメリカ代表vsオーストラリア代表が茨城カシマスタジアムで27日に行われ、0-0の引き分けに終わった。 すでに開幕2連勝を収めたスウェーデンが通過を決めているグループG。最終節では3ポイントで並ぶアメリカとオーストラリアが激突した。勝った方が決勝トーナメント行きの切符を手にできる注目の一戦。試合は前大会で4連覇を逃したアメリカが、2大会連続のベスト8進出を目指すオーストラリアに攻勢をかける展開に。 まずは8分にロングカウンターから大チャンス。大エースのモーガンがドリブルでボックス左まで運び、左足のシュートへ。しかし、ここは疲れとDFのプレッシャーからか、コースが定まらずGKの正面へ飛ばしてしまう。 一方のオーストラリアも15分から20分にかけてケネディやファウラー、ポーキングホーンが立て続けにゴールに迫る。ケネディのヘディングシュートはGKに防がれクロスバーを弾いた。 30分にアメリカは右CKのチャンスでショートコーナーを選択。オヘーラのクロスをモーガンが押し込んだが、オフサイドを取られゴールは認められなかった。その後は互いにシュートシーンを作ったが、両GKの安定したセービングもあり、試合は0-0で折り返す。 後半は序盤にメキシコが右サイドから攻めるシーンを何度か見せたものの、いずれもDFのブロックに阻まれゴールまで届かず。一方、アメリカもほとんどシュートが打てず、58分のFKでは奇策に出るも、オフサイドトラップにはめられ通用せず。 結局試合は0-0で終了し、得失点差でアメリカが2位での決勝トーナメント進出を決めた。 なお、グループGもう一方の試合は、スウェーデンがニュージーランドを2-0で下している。 アメリカ女子代表 0-0 オーストラリア女子代表 ニュージーランド女子代表 0-2 スウェーデン女子代表 【スウェーデン】 アンナ・アンベゴールト(17分) マデレン・ヤノユ(30分) 2021.07.27 20:18 Tue
twitterfacebook
thumb

ゴールドカップ2021、4強出揃う! アメリカやメキシコが順当に…招待国カタールも善戦

アメリカで開催されているCONCACAFゴールドカップ2021のベスト4が出揃った。 今月10日に開幕し、現在は決勝トーナメント1回戦の準々決勝まで進んでいるゴールドカップ。現地時間24日から25日にかけて行われた準々決勝には、優勝候補最右翼であるアメリカや前回王者のメキシコ、そして2022年にワールドカップ開催を控え、招待国として参加しているカタールが進出していた。 アメリカは、2015年から2大会連続準優勝、さらに前回はベスト4と近年の成長が著しいジャマイカと対戦。序盤から一進一退の攻防が続く中、24分にFWマシュー・ホッペ(シャルケ)のシュートで決定期を迎える。36分にはFWダリル・ダイク(バーンズリー)にもゴールチャンスが訪れるが、それぞれGKとDFの好守に遭いネットは揺らせない。 後半も互いにゴールに迫る白熱の試合が動いたのは終盤の83分のことだった。途中出場のMFクリスティアン・ロルダン(シアトル・サウンダーズ)がボックス右から上げたクロスをマシュー・ホッペが頭で押し込んでアメリカが先制。この虎の子の1点が決勝点となり、9大会連続のベスト4入りを決めた。 ディフェンディングチャンピオンのメキシコは3大会ぶりの決勝進出を目指すホンジュラスと対戦した。開始3分にFKからMFエクトル・エレーラ(アトレティコ・マドリー)のヘディングシュートが相手GKを強襲したメキシコは、その後も次々とゴールに迫る中で26分にFWロヘリオ・フネス・モリ(モンテレイ)が右から上がったクロスを頭で合わせてついにネットを揺らす。 これで肩の力が抜けた前回覇者は、続く31分にMFジョナタン・ドス・サントス(ロサンゼルス・ギャラクシー)が相手のクリアボールをペナルティアークからダイレクトボレーで叩いて追加点。さらに38分には、敵陣でボールを奪った流れでFWヘスス・コロナ(ポルト)が右サイドからクロスを送ると、走り込んだFWオルベリン・ピネダ(クルス・アスル)が頭で合わせ3点目を決めた。後半は得点は生まれず、メキシコがこのまま3-0で順当に勝利を収めた。 その他、ゲストのカタールはエルサルバドルに3-2で勝利。55分までにFWアルモエズ・アリ(アル・ドゥハイル)の2ゴールなどで3点リードの展開となるものの、63分と66分に立て続けに失点。それでもリードを守り切り、アメリカとの準決勝へ駒を進めた。また、カナダはコスタリカを2-0で破り、7大会ぶりにベスト4入り。優勝した2000年以来の決勝進出をかけてメキシコと対戦する。 カタール 3-2 エルサルバドル 【カタール】 アルモエズ・アリ(2分、55分) アブドゥラジズ・ハーティム(8分) 【エルサルバドル】 ホアキン・リバス(63分、66分) メキシコ 3-0 ホンジュラス 【メキシコ】 ロヘリオ・フネス・モリ(26分) ジョナタン・ドス・サントス(31分) オルベリン・ピネダ(38分) コスタリカ 0-2 カナダ 【カナダ】 ジュニア・ホイレット(18分) ステファン・エウスタキオ(69分) アメリカ 1-0 ジャマイカ 【アメリカ】 マシュー・ホッペ(83分) 2021.07.27 17:11 Tue
twitterfacebook
thumb

「馬鹿げたことをした」金メダル候補同士の戦いで大敗のアメリカ女子代表MFラピノー「悔しい」

アメリカ女子代表のMFミーガン・ラピノーが、東京オリンピックの初戦を振り返った。 過去4度の金メダルを誇り、今大会も優勝候補であるアメリカ女子代表は、初戦でスウェーデン女子代表と対戦した。 しかし、試合は2016年のリオ・デ・ジャネイロ・オリンピッックで銀メダル、2019年の女子ワールドカップでは3位と実力国であるスウェーデンが圧倒。3-0で勝利を収め、アメリカはまさかの大敗スタートとなった。 試合後、途中出場したラピノーがコメント。初戦での大敗に落胆。しかし、すぐに切り替えると語った。 「私たちはお尻を蹴られた。少しキツく、少し緊張していて、馬鹿げたことをしてしまった」 「スウェーデンが私たちの頭の中に残っているかどうかを考えている時間はない。3日後には別の試合が来る」 また、アメリカ女子代表は44戦無敗という驚異的な成績を残した状態で東京オリンピックに臨んだ中での大敗に、ラピノーはやはり落胆を隠さなかった。 「悔しい。スウェーデンというのも悔しい。彼女たちは私たちに多くのスペースを見つけた。今年に入ってから何失点したかもわからない。最後に失点した時のことも覚えていない。それなのに、3失点もしたのは良くない」 2021.07.21 22:54 Wed
twitterfacebook
thumb

W杯王者アメリカがスウェーデンに完敗…オランダ&ブラジルが快勝発進《東京オリンピック》

東京オリンピックの女子サッカーのグループステージが21日に開幕を迎えた。グループFとグループGでは初戦から白熱の戦いが繰り広げられた。 ◆グループF/ブラジルが中国を5発粉砕! 優勝候補オランダが10発圧勝 日本とオーストラリアと共にアジア勢として今大会に臨む中国女子代表と、南米から唯一の参戦となるブラジル女子代表の一戦は思わぬワンサイドゲームとなった。 宮城スタジアムで行われた一戦は開始早々に動く。9分、ゴール前の混戦から大エースのマルタが左足のシュートを突き刺す。さらに、畳みかける南米王者は22分にベアトリスの鋭いミドルシュートをGKが前に弾くと、こぼれ球に詰めたデビーニャが難なく押し込んだ。 以降は長いボールを使う中国、ボールを握るブラジルという構図の下で白熱の攻防が繰り広げられたが、スコアは動くことなく後半に突入。再三の決定機を相手GKに好守で防がれて試合を殺せないブラジルだったが、再びエースが魅せる。74分、ボックス右でボールを受けたマルタが強烈なシュートをゴール右隅に突き刺した。 これで完全に流れを掴んだブラジルは80分にアンドレッサがPK、試合終了間際の89分には左サイドを突破したデビーニャからの折り返しをベアトリスが流し込み、一気に点差を広げた。そして、中国を粉砕したブラジルが5-0の快勝で今大会をスタートした。 また、アフリカ勢として唯一の参加となったザンビア女子代表と、2019年の女子ワールドカップで準優勝に輝いた優勝候補のオランダ女子代表の一戦は戦前の予想通り、地力で勝るオランダが10-3の圧勝を飾った。 なお、この一戦ではザンビアのバンダがハットトリック、オランダのエースのミーデマがそれを上回る4ゴールを挙げていた。 中国女子代表 0-5 ブラジル女子代表 【ブラジル】 マルタ(9分、74分) デビーニャ(22分) アンドレッサ(80分) ベアトリス(89分) ザンビア女子代表 3-10 オランダ女子代表 【ザンビア】 バンダ(19分、82分、83分) 【オランダ】 ミーデマ(9分、15分、29分、59分) マルテンス(14分、38分) ファン・デ・サンデン(44分) ルート(64分) ベーレンスタイン(75分) ペロファ(80分) ◆グループG/優勝候補筆頭のアメリカがスウェーデンにまさかの大敗… 大会最多6度の優勝経験を持ちFIFAランキングで首位に立つアメリカ女子代表は、2019年女子W杯で3位に入った強豪スウェーデン女子代表との初戦に臨んだ。 目下、44戦無敗と絶好調のアメリカ優位と思われた東京スタジアムでの一戦は予想外の展開に。立ち上がりから主導権を握るスウェーデンは25分、右サイド深くでヤコブセンが上げたクロスをゴール前に飛び込んだブラクステニウスがダイビングヘッドで合わせ、先にゴールをこじ開ける。 一方、前半の内に追いつきたいアメリカはエースのモーガンを起点に幾度かチャンスを作り出すと、前半終了間際のセットプレーから絶好機も、ラベルのヘディングシュートは左ポストを叩いた。 すると、後半の立ち上がりにスウェーデンがアメリカを突き放す。54分、右CKの場面でイレステトの打点の高いヘディングは左ポストを叩くも、ブラクステニウスが冷静にこぼれ球をタップインした。 これで勝利を大きく引き寄せたスウェーデンは前がかりな相手の背後を効果的に突くと、72分にはグラスからの浮き球のクロスをゴール前でフリーのフルティグが頭で合わせ、W杯王者に引導を渡す3点目とした。 その後も集中力を切らさずにアメリカの反撃を凌ぎ切ったスウェーデンが3-0の完勝。優勝候補筆頭のアメリカは45戦ぶりの敗戦を喫するまさかの黒星スタートとなった。 また、オーストラリア女子代表とニュージーランド女子代表による隣国対決は、オーストラリアが2-1の勝利を収めた。 スウェーデン女子代表 3-0 アメリカ女子代表 【スウェーデン】 ブラクステニウス(25分) ブラクステニウス(54分) フルティグ(72分) オーストラリア女子代表 2-1 ニュージーランド女子代表 【オーストラリア】 ヤロップ(20分) カー(33分) 【ニュージーランド】 レニー(91分) 2021.07.21 22:22 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly