チャルハノール後釜探すミラン、PSGのラフィーニャに関心?

2021.06.23 00:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属する元ブラジル代表MFラフィーニャ(28)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。今シーズンのセリエAを2位でフィニッシュし、来シーズンは7シーズンぶりのチャンピオンズリーグ(CL)に参戦するミラン。

しかし、今夏の移籍市場においてはイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマに続きトルコ代表MFハカン・チャルハノールとの契約延長交渉が破談に終わり、昨季の躍進に貢献した司令塔はフリーで宿敵インテルに加入することが決定的となっている。

そういった中、クラブはトルコ人司令塔に代わる新たなチャンスメーカーとして安価な金額で獲得可能な数選手をリストアップしている。

現時点でミランはチェルシーのモロッコ代表MFハキム・ツィエク(28)をトップターゲットに定めているが、チェルシーは同選手の放出に関して完全移籍での売却を望んでおり、財政面が決して潤沢ではないクラブは買い取りオプション付きのレンタル移籍などの打診は可能と思われるが、高額なサラリーを含め難しいオペレーションと言える。

その一方で、より現実的なオプションはPSGの準主力であるラフィーニャの獲得だ。昨夏、バルセロナからPSGに移籍したラフィーニャは、加入1年目に公式戦34試合に出場も、そのほとんどが途中出場だった。

また、今夏の移籍市場でクラブはドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーとの契約延長に加え、オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムを獲得しており、新シーズンは更なる出場機会減が見込まれている。

さらに、過去には半年ほどの在籍だったものの、インテルでセリエA、ミラノの雰囲気を経験しており、そのユーティリティー性を含めて悪くない選択肢と言える。
関連ニュース
thumb

ミランFWコロンボ、SPALにレンタル移籍

セリエBのSPALは7月31日、ミランのU-21イタリア代表FWロレンツォ・コロンボ(19)をレンタルで獲得したことを発表した。期間は1シーズンとなっている。 ミランの下部組織出身であるストライカーのコロンボは、昨年6月にトップチームデビュー。昨季はミランでセリエA4試合、ヨーロッパリーグ3試合に出場。後半戦は出場機会を求めてセリエBのクレモネーゼにレンタル移籍し、13試合の出場で1ゴールを記録していた。 年代別の代表では飛び級でU-21イタリア代表に選出されている。 2021.08.01 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ミランMFベナセルがコロナ陽性に

ミランのアルジェリア代表MFイスマエル・ベナセルが新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたことを自身のインスタグラムで発表した。 ベナセルは1週間程前からコロナ陽性時の症状が出ていたようで、自己隔離しながらのトレーニングを続けていたが、本日の検査により陽性反応が出たとのことだ。 ベナセルはインスタグラムにて「コロナ陽性判定が出た。今は自己隔離し、自宅でトレーニングをしている。早く復帰したいね。多くのメッセージをありとう」と綴っている。 2021.07.31 22:38 Sat
twitterfacebook
thumb

マキシ・ロペスが現役引退…バルセロナやミランなどでプレー

リーベル・プレートやバルセロナ、ミランなどでプレーしたアルゼンチン人FWマキシ・ロペス(37)が現役引退を発表した。 マキシ・ロペスは29日に自身の公式SNSを更新。選手として在籍した全てのクラブでのプレー映像とともに「私の夢を実現してくれた皆さんに感謝します。それは美しい旅でした!!!」と、今夏のタイミングでスパイクを脱ぐ決断をしたことを明かした。 リーベル・プレートのユース出身のマキシ・ロペスは、バルセロナやマジョルカ、FCモスクワ、グレミオへのプレーを経て、2010年1月にカターニャに完全移籍。同クラブでは加入半年でリーグ戦11ゴールを挙げ、降格圏に沈んでいたクラブをセリエA残留に導いた。 その後、ミランやサンプドリアへレンタルされると、2014年夏にキエーボ、 2015年冬にトリノ、2017年夏にウディネーゼへ完全移籍。ウディネーゼ退団後はブラジルのヴァスコ・ダ・ガマやセリエB(イタリア2部)に所属したクロトーネでのプレーを経て、昨季はセリエC(イタリア3部)のサンベネデッテーゼに完全移籍していた。 クラブキャリアを通じてはセリエAで215試合、ラ・リーガで43試合、プレミアリーグで22試合など、公式戦400試合以上に出場していた。 2021.07.30 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ダロト再獲得狙うミラン、ユナイテッドとの交渉は長期戦の様相?

マンチェスター・ユナイテッドからポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(22)の再獲得を目指すミランだが、長期戦になりそうだ。 昨夏に出場機会を求め、シーズンローンという条件でミラン入りして、公式戦34試合の出場で2得点3アシストという数字を収めたダロト。追加招集という形だが、ユーロ2020の代表入りも果たした。 そんなポルトガル人サイドバックを引き留めようとする動きが長らく取り沙汰されるミランだが、イタリア『トゥットスポルト』によれば、ユナイテッドと続く交渉の進捗状況はスローだという。 今夏の移籍市場閉幕まで粘る姿勢ともいわれるミランはイタリア『スカイ』によると、再レンタルを希望。ユナイテッドはレンタル料として、500万ユーロ(約6億5000万円)を求めている模様だ。 ただ、ユナイテッドの本心としては単なる貸し出しよりも完全移籍か、買い取り義務付きのレンタルでの取引を好ましく感じている様子。ダロトとの契約は1年延長オプションを除くと2023年まである。 なお、渦中のダロトはユーロ終了後の休暇を経て、ユナイテッドのプレシーズンに合流。28日にオールド・トラフォードで行われたブレントフォードのプレシーズンマッチに後半開始から出場している。 2021.07.29 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、レオンとドルトムントMFブラントのトレードを画策か

ミランがポルトガル人FWラファエウ・レオン(22)と、ドルトムントのドイツ代表MFユリアン・ブラント(25)のトレードを画策しているようだ。イタリア『メディアセット』が報じている。 同メディアによれば両者の移籍金の評価額は2500万ユーロ(約32億5000万円)で、等価トレードが可能と目論んでいるとのことだ。なお、レオンにはウォルバーハンプトンなどプレミアリーグの方面から獲得の関心があるとも言われている。 ブラントは2019年夏にレバークーゼンから2500万ユーロの移籍金でドルトムントに加入。しかし絶対的な主力には定着できておらず、マウリツィオ・サッリ監督が就任したラツィオなどからも獲得の関心を示されていると報じられている。 2021.07.28 00:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly