スペイン代表J・アルバ、2分けの歩みに苛立ちも「個人的に突破を確信」

2021.06.20 13:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペイン代表DFジョルディ・アルバが苛立ちを口にした。『UEFA.com』が報じている。

スペインは19日にユーロ2020グループE第2節でポーランド代表と対戦。FWアルバロ・モラタのゴールで先制したが、FWロベルト・レヴァンフドフスキの一発で追いつかれ、初戦のスウェーデン代表戦に続くドローに終わった。

左サイドバックとしてフル出場して、マン・オブ・ザ・マッチに輝いたものの、その活躍もチームの初勝利に結び繋がらなかったJ・アルバ。試合後、初戦から2分けの歩みに不満の思いを漏らしつつ、決勝トーナメント進出を信じた。

「我々がすごく腹立たしく思っているのは確かだ。自分たちで結果を手から離してしまっている。最後まで全力を尽くしているが、相手も良かった」

「僕らは信じ続けないと。次の試合に勝つことができたら、勝ち抜けられる。僕らはこういう重圧に慣れっ子で、個人的に突破を確信している」

スペインはいまだ勝利なしの2分けで3位に位置。23日の最終節でここまで3ポイントを積み上げ、2位につけるスロバキア代表と突破をかけて対戦する。

関連ニュース
thumb

驚異の18歳、U-24スペイン代表MFペドリは日本戦がシーズン72試合目のプレーに

U-24スペイン代表を牽引するバルセロナのMFペドリだが、驚異的な数字を残すこととなった。 ペドリは、今シーズンからバルセロナの一員としてプレー。18歳ながらチームの中心となると、ユーロ2020に臨んだスペイン代表チームでも中心に。5試合に出場していた。 その後、東京オリンピックに臨むU-24スペイン代表に合流。オフがないまま五輪を戦い、チームは決勝に進出。3日に行われた準決勝のU-24日本代表戦にも先発出場していた。 2020-21シーズンのラ・リーガで37試合プレーしたペドリ。コパ・デル・レイで6試合、スーペル・コパで2試合、チャンピオンズリーグで7試合と、バルセロナで合計52試合に出場している。 さらに、U-21スペイン代表、A代表、そしてU-24スペイン代表として合計20試合に出場。シーズンで72試合に出場したこととなる。 これはマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスと同じ数字。ブルーノ・フェルナンデスは、チームがチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグに出場したこともあり、クラブで58試合に出場。ポルトガル代表としてもUEFAネーションズリーグやカタール・ワールドカップ欧州予選、ユーロ2020など14試合に出場し、72試合プレーしていた。 なお、ペドリはU-24ブラジル代表との決勝が残っており、出場すれば73試合。ブルーノ・フェルナンデスを抜くこととなる。 <span class="paragraph-title">【動画】ペドリ、東京五輪での金メダルに意気込む</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI2ZWdNZzUzYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.04 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「決勝進出に相応しかった」日本を語るスペインMFソレール、それでも「決勝に出られるのはどちらか1つ」

U-24スペイン代表のMFカルロス・ソレールが、U-24日本代表戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 3日、東京オリンピックの男子サッカー準決勝が行われ、スペインは日本と対戦。互いに決勝進出を目指して激闘が繰り広げられた。 試合はスペインがボールを終始握り、主導権を握る中、日本の守備陣が粘りを見せ続け、得点を許さない。 90分を終えてゴールレスドロー。延長前半もゴールが生まれず、スペインが押し込む展開は変わらないものの、日本の守備も安定感を持ったまま、120分が終了すると思われた。 しかし、迎えた115分にマルコ・アセンシオがゴール。そのまま1-0でスペインが勝利した。 ソレールは試合を振り返り、日本も素晴らしかったと語った。 「これはとても競争が激しいトーナメントであり、勝つことはとても難しい。ブラジルは今日PK戦までいった。このような試合は多くを消耗する試合だ」 「僕たちは総合的には日本よりも優れていた。でも、彼らはとてもアクティブな選手ばかりで、決勝進出に相応しかった。ただ、決勝に出られるのはどちらか1つだけだ」 その日本については既に大会前に戦ったことで良くわかっていたと語った。 「結果として、彼らは既に僕たちが知っていたチームであり、とても優れた攻撃力を持っている。そしていつでも組織的なディフェンスを行うチームだ。最後はアセンシオの見事なプレーが勝負を決めたね」 決勝はU-24ブラジル代表との一戦。金メダルを獲得できるかがかかっている。ソレールはまずは休み、備えたいと語った。 「誰もがプレーしたいとても特別な試合だ。とても激しい試合であり、2つの延長戦を経て、とても激しいトーナメントになっている。まずは休みたい。ゆっくり休んで、素晴らしい試合にしよう」 2021.08.04 10:50 Wed
twitterfacebook
thumb

決勝進出のスペイン指揮官「ハイレベルな試合」、苦しめられた日本は「重要なライバル」

U-24スペイン代表のルイス・デ・ラ・フエンテ監督が、U-24日本代表戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 3日、東京オリンピックの男子サッカー準決勝が行われ、スペインは日本と対戦。互いに決勝進出を目指して激闘が繰り広げられた。 試合はスペインがボールを終始握り、主導権を握る中、日本の守備陣が粘りを見せ続け、得点を許さない。 DF吉田麻也、GK谷晃生を中心とした堅い守り、集中した守備でスペインの攻撃をしのいだ日本だが、スペインもしっかりと守り得点を許さずに90分が終了する。 互いに2試合連続で延長戦に突入。スペインが押し込む展開は変わらないものの、日本の守備も安定感を持ったまま、120分が終了すると思われたが、迎えた115分にマルコ・アセンシオがゴール。そのまま1-0でスペインが勝利した。 苦しみながらも決勝への切符を掴んだデ・ラ・フエンテ監督は、難しい試合だったと語り、日本も素晴らしかったと語った。 「メダルが確定したことは喜びであり、金メダルを目指して戦うつもりだ。決勝に進むことを念頭に置いてきたので、勝利を目指して頑張る」 「決勝進出を目指す2つの素晴らしいチームによるハイレベルな試合だった。誰もリスクを負いたくない。準決勝で行われる試合だった」 「我々はとても良いプレーをし、勝者にふさわしい結果を得ることができた。日本もとても優れたチームであり、一生懸命に仕事をしたサッカー協会の全ての方を祝福したい」 スペインにとっては、格下相手に苦しんだこととなるが、パフォーマンスと苦しむことは異なると語った。 「良いサッカーをすることと、苦しむことは相容れないと思う。このレベルでは、落ち着いてプレーすることは不可能で、全てが互角になる」 「とても優れたプレーをするだけでなく、チームスピリット、パーソナリティなど、他の資質を持ってトッププレーヤーとなるこのグループには、苦しみという付加価値が存在すると確信している。素晴らしい人間であり、とても良い選手たちだ」 また、苦しんだ試合で貴重なゴールを決めたアセンシオについても、当然のパフォーマンスだと語り、期待を寄せた。 「私にとっては普通のことだ。最高レベルの解答を求めなければ選手に失礼であり、代表チームにも入れない。それは普通のことだと思っている」 「当然だ。マルコがこういったことができるのは当然であり、彼はチームメイトのようにもっとたくさんのことができる」 最後に、日本についても言及。高く評価し、敬意を示した。 「ここ数年で大きく進歩し、非常に良くできたメカニズムを持つ強力なチームだ。重要なライバルだと感じた。彼らはすでに多くの名声を得ている」 2021.08.04 10:40 Wed
twitterfacebook
thumb

日本を沈めた左足、アセンシオが苦戦したことを認める「努力は途方も無いもの」

U-24スペイン代表のFWマルコ・アセンシオが、U-24日本代表戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 3日、東京オリンピックの男子サッカー準決勝が行われ、スペインは日本と対戦。互いに決勝進出を目指して激闘が繰り広げられた。 試合はスペインがボールを終始握り、主導権を握る中、日本の守備陣が粘りを見せ続け、得点を許さない。 DF吉田麻也、GK谷晃生を中心とした堅い守り、集中した守備でスペインの攻撃をしのいだ日本だが、スペインもしっかりと守り得点を許さずに90分が終了する。 互いに2試合連続で延長戦に突入。スペインが押し込む展開は変わらないものの、日本の守備も安定感を持ったまま、120分が終了すると思われた。 しかし迎えた115分、右サイドをミケル・オヤルサバルが突破しチャンスを作ると、直後にはそのオヤルサバルが狭いコースを通しボックス右のアセンシオへ。得意な位置でパスを受けたアセンシオはそのまま左足を振り抜き待望のゴール。そのまま1-0でスペインが勝利した。 チームを決勝へと導く値千金のゴールを決めたアセンシオが試合後にコメント。難しい試合だったとしながらも勝利を喜び、金メダルを目指すと意気込んだ。 「長い時間苦しんでいた試合だった。その努力は途方も無いものだった」 「メダルは保証されているけど、金メダルを目指したいと思う。努力と忍耐は報われる。僕たちはとても興奮しているよ」 「メダルを獲得できることは素晴らしいけど、まだ終わっていない」 「ブラジル?素晴らしいチームだけど、休むこと、そしてリカバリーに専念しないといけない」 「みんなが僕を祝ってくれた。コーチングスタッフ、ドクター…みんなの努力の賜物だ」 2021.08.04 09:37 Wed
twitterfacebook
thumb

スペインとの死闘を繰り広げた日本、最後はアセンシオの左足に泣く《東京オリンピック》

U-24日本代表は3日、東京オリンピック準決勝でU-24スペイン代表と対戦し、0-1で敗れた。 唯一のグループ全勝で決勝トーナメントに進出した日本は、準々決勝でニュージーランドをPK戦の末に撃破し、4位に終わった2012年のロンドン大会以来のベスト4入りを決めた。史上初の決勝進出のかかる準決勝は、大会前に行った親善試合で1-1で引き分けたスペインとの再戦となった。 スターティングメンバーは、出場停止の冨安に代わって板倉がセンターバックに入り、右サイドバックにはニュージーランド戦を累積警告で欠場した酒井が復帰。その他では、左サイドバックに中山、その前方に旗手を配置。布陣は変わらず[4-2-3-1]となった。 対するスペインは、準々決勝のコートジボワール戦で途中出場からハットトリックを達成したラファ・ミルが今大会初先発。右サイドバックには出場停止となっていたオスカル・ヒルが復帰している。 ポゼッションサッカーを志向するチーム同士の対戦は、序盤からスペインが優勢に立つ。5分、ラファ・ミル同様に初先発のククレジャが左サイドからクロスを供給。板倉がクリアし損ねたボールをファーサイドでメリノが押し込みにかかったが、ヘディングシュートは枠を捉えられなかった。 10分には右サイドのクロスからラファ・ミルがシュート。直後にはダニ・オルモもボックスの外からシュートを放つが、日本も冷静なブロックで失点を回避する。 ここまで劣勢の日本は、どうにかパスを繋ぎながらリズムを作っていくが、前線へのキラーパスはことごとく潰され、ゴールに近づくことができない。20分までに2度、林が味方のパスに反応するシーンがあったが、いずれもオフサイド。スペインは守備でも強かに対応する。 その後もチャンスを生み出すのは一方的にスペイン。30分過ぎには浮き玉のパスでボックス右に抜け出したペドリの折り返しをオヤルサバルが合わせる攻撃を見せる。 対する日本の初シュートは34分。左サイドでボールを持った久保が中へ切り込んで右足を振り抜いたが、ここはすぐ手前のDFに当たってGKウナイ・シモンの脅威とはならず。 一方、守勢ながらもGK谷まで相手の攻撃を届かせていなかった日本だが39分に大ピンチを迎える。一瞬の隙を突いたメリノのスルーパスがゴール前に抜け出すラファ・ミルの下へ。最後の砦はGK谷一人となったが、好判断の飛び出しでシュートコースを絞り、見事一対一を制した。 ニュージーランド戦から続く谷の好セーブも光り、押し込まれながらも無失点で試合を折り返した日本は、その立ち上がりに堂安を使って特攻を仕掛けて相手の出鼻を挫く。52分には、ロングボールに抜け出した旗手のラストパスを林がボックス手前からダイレクトシュート。惜しい場面だったが、わずかに右に逸れた。 しかしながら55分、ゴール前に侵入したメリノに対する吉田のスライディングタックルがファウルを取られPKの判定に。だが、VARで確認した結果、吉田のタックルが先にボールに触れていたため、主審は判定を覆し、PKは取り消しとなった。 その後、スペインはハーフタイムのオスカル・ヒルからバジェホへの交代に続いて、メリノとダニ・オルモを下げてソレールとハビ・プアドを投入。日本も林と旗手に代えて上田と相馬をピッチへ送り込む。 するとスペインは、ソレールがドリブルシュートで日本ゴールを脅かせば、ハビ・プアドもボックス右から強烈なシュートを放つなど、交代選手が早速見せ場を作る。75分にはラファ・ミルが再びを牙を剥き、日本は劣勢を強いられる展開に。 スペインはこの間にペドリを下げてアセンシオを投入。87分の左CKの場面では、混戦の中からスピメンディとそのアセンシオが立て続けにシュートを放つが、スピメンディのシュートは板倉がブロック。アセンシオのシュートはGK谷が止めた。 谷の獅子奮迅の活躍もあり、水際で失点を凌ぐ日本。試合は延長戦に突入し、久保と堂安を下げて三好と前田を投入する大胆な手に打って出る。これにより、カウンターに重点を置いた日本は、守勢に回りながらもGK谷の安定したセービング、板倉の体を張ったシュートブロックでしぶとく食らいついていく。 攻撃では右サイドに入った前田がスピードを生かして存在感を発揮。延長前半12分には、中山の左からのクロスを頭で合わせてチャンスを迎えたが、惜しくも枠を捉えられず。 延長後半の6分にはドリブルで仕掛けた相馬がFKを獲得し、日本はその流れから波状攻撃を見せるが、スペインも必死の守りを見せる。 そして迎えた延長後半10分、ついに試合が動いた。右サイドの深い位置でのスローインからスペインの攻撃。オヤルサバルのボールキープからボックス右のアセンシオにボールが渡ると、ここで一瞬フリーとなっていたアセンシオは、得意の左足で左隅を狙ったシュートを流し込み、スペインが先制した。 ここでゴールを割られてしまった日本。残された手段は攻撃のみ。相馬のスピードを生かして左サイドから何度か攻略を試みるが、クロスはなかなかシュートに繋がらない。ラストプレーのCKでは、GK谷もゴール前に上げてパワープレーを敢行するも、最後までネットは揺らせず試合終了。 土壇場で涙を飲んだ日本は、3位決定戦でブラジルに敗れたメキシコと対戦する、 U-24日本 0-1 U-24スペイン 【スペイン】 アセンシオ(延後10) 2021.08.03 22:41 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly