ファン・ヒンケル、チェルシーからの放浪に終止符! レンタル先のPSVと2年契約

2021.06.19 18:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
PSVは18日、元オランダ代表MFマルコ・ファン・ヒンケル(28)と2023年までの2年契約を締結したと発表した。

ファン・ヒンケルは2013年夏にフィテッセからチェルシー入りしたが、長きにわたるレンタル生活を強いられ、ミラン、ストーク・シティ、PSVを転々。2018年夏からチェルシーに戻ったが、ケガの影響もあり、戦力として稼働できず、昨年10月にPSVへ3度目のレンタルが決定した。

だが、チェルシー時代から悩まされ続けるヒザのケガがなかなか完治せず、今年1月13日に行われたエールディビジ第16節のAZ戦でやっと今季の初実践に。実に983日ぶりの公式戦出場となり、最終的に12試合の出場で1得点1アシストという数字を収めた。

そんなファン・ヒンケルは保有元であるチェルシーとの契約が今季最終年であり、今月いっぱいでフリーに。3度のレンタルで公式戦通算76試合32得点の数字を残すPSVの正式な一員に来季からなることが決まり、喜びの思いとともに、決意を新たにした。

「この美しいクラブに残ることができて、すごく嬉しい。僕はチームに貢献できると確信しているし、今後数年間で多くのことを達成したいと思っている」

なお、PSVのフットボールディレクターを務めるジョン・デ・ヨング氏は「我々は彼との契約を望み、マルコからも残りたいの話があった。チェルシーが彼との契約を延長しないと決定したとき、我々はすぐに彼と話を始めたんだ」と説明している。

関連ニュース
thumb

堂安PSVと伊東ヘンクは難敵との対戦の可能性…CL予選プレーオフの対戦カード決定!

2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)の予選プレーオフの組み合わせ抽選会が2日にスイスのニヨンで行われ、本選進出を懸けた全6カードが決定した。 今週に予選3回戦の1stレグを控える中、今回決定したプレーオフの対戦カードでは各国の国内王者で争うチャンピオンズパスでレッドブル・ザルツブルク(オーストリア)とブレンビー(デンマーク)の対戦が確定した他、昨季スコティッシュ・プレミアシップを無敗優勝したスティーブン・ジェラード率いるレンジャーズ(スコットランド)は、3回戦でマルメ(スウェーデン)に勝利した場合、オリンピアコス(ギリシャ)vsルドゴレツ(ブルガリア)の勝者と対戦する。 また、各国のリーグ上位チームで争われるリーグパスではFW堂安律を擁するPSV(オランダ)は、3回戦でミッティラン(デンマーク)を破った場合、スパルタク・モスクワ(ロシア)vsベンフィカ(ポルトガル)の勝者と対戦。 一方、FW伊東純也を擁するヘンク(ベルギー)は、3回戦でシャフタール・ドネツク(ウクライナ)を破った場合、モナコ(フランス)vsスパルタ・プラハ(チェコ)の勝者と対戦する。 なお、プレーオフ1stレグは8月17日、18日、2ndレグは8月24日、25日に開催予定だ。 ◆チャンピオンズパス ザルツブルク vs ブレンビー クルージュorヤング・ボーイズ vs フェレンツヴァーロシュorスラビア・プラハ マルメorレンジャーズ vs オリンピアコスorルドゴレツ ツルヴェルナ・ズヴェズダorシェリフ vs ディナモ・ザグレブorレギア・ワルシャワ ◆リーグパス モナコorスパルタ・プラハ vs ヘンクorシャフタール スパルタク・モスクワorベンフィカ vs PSVorミッティラン 2021.08.02 20:23 Mon
twitterfacebook
thumb

堂安不在のPSV、ガラタサライを退けて3回戦進出《CL予選》

28日、2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)予選2回戦2ndレグの9試合が行われた。 MF堂安律の所属するPSVは、トルコの強豪ガラタサライとのアウェイ戦に臨み、退場者を出したものの、ファン・ヒンケルのゴールなどで2-1と勝利した。この結果、2戦合計スコアを2-7としたPSVが3回戦へ進出している。 また、セルティックはミッティランとのアウェイ戦に臨み、延長戦の末に1-2で敗戦。2戦合計スコア2-3で競り負け、敗退となった。 その他、ツルヴェナ・ズヴェズダ、スパルタ・プラハ、オリンピアコス、ヤング・ボーイズらが順当に勝ち上がっている。2回戦2ndレグの結果は以下の通り。 ■CL予選2回戦2ndレグ ▽7/28(水) ガラタサライ(トルコ) 1-2(AGG:2-7) PSV(オランダ) ミッティラン(デンマーク) 2-1(AGG:3-2) セルティック(スコットランド) ネフチ・バクー(アゼルバイジャン) 0-1(AGG:0-2) オリンピアコス(ギリシャ) シェリフ(モルドバ) 3-1(AGG:4-1) アラシュケルト(アルメニア) クルージュ(ルーマニア) 2-0(AGG:4-1) リンカーン・レッド・インプス(ジブラルタル) ルドゴレツ(ブルガリア) 3-1(AGG:3-1) NSムラ(スロバキア) ヤング・ボーイズ(スイス) 3-2(AGG:3-2) スロバン・ブラチスラバ(スロバキア) ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア) 5-0(AGG:6-2) カイラト・アルマトイ(カザフスタン) スパルタ・プラハ(チェコ) 2-0(AGG:3-2) ラピド・ウィーン(オーストリア) ▽7/27(火) ヘルシンキ(フィンランド) 2-2(AGG:3-4) マルメ(スウェーデン) フローラ・タリン(エストニア) 0-1(AGG:1-3) レギア・ワルシャワ(ポーランド) オモニア・ニコシア(キプロス) 0-1(AGG:0-3) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) ジャルギリス(リトアニア) 1-3(AGG:1-5) フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー) 2021.07.29 05:28 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがマレン獲得を発表、サンチョの後釜を確保

ドルトムントは27日、PSVのオランダ代表FWドニエル・マレン(22)の獲得を発表した。契約期間は2026年6月までの5年間で、移籍金はドイツ『キッカー』によれば3000万ユーロ(約39億円)とのことだ。 アヤックスとアーセナルの下部組織で育った左ウイング兼ストライカーのマレンは、爆発的なスピードとドリブルテクニックに加え、ポジショニングセンス、シュートテクニックも併せ持つ万能型のアタッカー。昨季は公式戦45試合の出場で27ゴール10アシストと堂々の記録を残した。 ドルトムントではイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(21)がマンチェスター・ユナイテッドに移籍しており、マレンにはサンチョの穴を埋める活躍が期待される。 2021.07.28 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

PSVのオランダ代表MFロサリオがニースへ移籍

ニースは27日、PSVのオランダ代表MFパブロ・ロサリオ(24)の獲得を発表した。契約期間は2025年6月までの4年間で、移籍金は600万ユーロ(約7億8000万円)とのことだ。 オランダ代表歴を持つセントラルMFのロサリオは、フェイエノールトやアヤックスの下部組織で育った中、2016年にPSVに加入。PSVでは公式戦138試合に出場して5ゴール11アシストを記録。昨季はエールディビジ29試合に出場し、主力としてプレーしていた。 2021.07.28 01:00 Wed
twitterfacebook
thumb

レスターがPSVの逸材マドゥエケに関心! スパーズ育ちのU-21イングランド代表FW

レスター・シティがPSVに所属するU-21イングランド代表FWノニ・マドゥエケ(19)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『レスター・マーキュリー』が伝えている。 トッテナムのアカデミー出身で2018年にPSVのユースチームに加入したマドゥエケは、左利きのアタッカー。利き足は異なるものの、クリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ、ニューカッスルのフランス人FWアラン・サン=マクシマンらを彷彿とさせる、爆発的なスピードとトリッキーな仕掛けを特長とする右ウイングは2019–20シーズンにエールディビジデビューを飾った。 そして、昨シーズンは右ウイングを主戦場に公式戦32試合9ゴール8アシストの数字を残し、飛躍の1年を過ごした。 また、182cmとサイズにも恵まれるマドゥエケは、U-19チームで監督を務めていた元オランダ代表FWのルート・ファン・ニステルローイ氏からストライカーとしての英才教育を受けており、現チームのエースでドルトムント移籍が迫るオランダ代表FWドニエル・マレン同様に将来的にはストライカーへの本格コンバートも期待されている逸材だ。 そのマドゥエケに関してはレスター、クリスタル・パレスといったプレミア勢が関心を示しているという。ただ、移籍金に関しては現時点で2000万ポンド(約30億3000万円)程度が必要ということもあり、両クラブはまだ具体的な動きを見せていないようだ。 2021.07.26 15:56 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly