ウェールズがスイスの逃げ切りを許さずドロー《ユーロ2020》

2021.06.13 00:01 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユーロ2020グループA第1節、ウェールズ代表vsスイス代表が12日にアゼルバイジャンで行われ、1-1で引き分けた。前日の開幕戦でイタリア代表がトルコ代表に3-0と快勝したグループA。

前回大会ベスト4のウェールズは、暴行容疑によりギグス監督が不在となった中、ベイルやラムジー、ダニエル・ジェームズらがスタメンとなり、3トップに右からベイル、ムーア、ダニエル・ジェームズと並ぶ[4-3-3]で臨んだ。

一方、2大会連続出場で前回大会ベスト16のスイスは、ジャカやシャキリ、GKゾンマーらがスタメンとなり、エンボロとセフェロビッチが2トップを形勢する[3-4-1-2]で臨んだ。

立ち上がりからスイスがボールを持つ流れとなった中、最初に決定機を作ったのはウェールズ。15分、ダニエル・ジェームズのクロスからムーアのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKゾンマーのファインセーブに阻まれた。

対するスイスは20分、シャキリの右CKからシェアーのヒールシュートが枠を捉えるも、こちらもGKウォードが好守で凌いだ。

前半半ば以降もスイスがボールを持つ流れとなった中、自陣に引くウェールズを崩しきれず。追加タイムにはエンボロの力強いポストプレーからセフェロビッチが右足で決定的なシュートに持ち込んだが枠を捉えきれず、前半をゴールレスで終了した。

迎えた後半、開始4分にエンボロがパワフルな突破から放ったシュートでCKを獲得したスイスが直後に先制する。右CKからエンボロのヘディングシュートが決まった。

先制後もスイスがボールを持つ中、シャキリを下げてザカリアを投入して守勢を強めたが、ウェールズが74分に追いつく。ショートコーナーの流れからモレルの右クロスをムーアがヘッドで流し込んだ。

追い付かれたスイスは85分、直前に投入されたガブラノビッチがネットを揺らすも、VARの末にオフサイドに阻まれ、1-1でタイムアップ。ウェールズがスイスの逃げ切りを許さずドローに持ち込んでいる。
関連ニュース
thumb

「背中を蹴り、裸でへの外に放り出す」女性暴行容疑のギグス監督に新たな疑惑

女性への暴行容疑で起訴されているウェールズ代表のライアン・ギグス監督だが、新たな罪が発覚した。 ギグス監督は、2020年11月ににマンチェスターのウォースリーにある自宅で、ガールフレンドのケイト・グレヴィルさんと、20代の女性に対する暴行の疑いで、地元警察に逮捕されていた。 2017年8月から2020年11月まで、グレヴィルさんの行動を強制的に制御していたと言われている。 そのギグス監督は、今年4月に法廷に出廷。そこでは無罪を主張。24日にもマンチェスター刑事法院に出廷し、来年1月の裁判に向け、改めて「親密な関係または家族関係における支配的および高圧的な行動」、「実際に身体に危害を加える暴行」、「殴打による暴行」に対し、無罪を主張した。 ギグス監督は、グレヴィルさんが他の女性との関係を尋ねてきた際にメッセージを送り続け、交際を取りやめようとした際には何度も電話やメールを送ったとされている。 告発状によると、ギグス監督はロンドンの高級ホテルである「スタッフォード・ホテル」に滞在中、グレヴィルさんに浮気を咎められたとのこと。その際に「グレヴィルさんの背中を蹴り、裸の状態でホテルの部屋から放り出し、その後バッグを投げつけた」とされている。 さらに、2人の性的な関係の詳細をグレヴィルさんの雇用主に暴露すると脅した他、グレヴィルさんが別れた際には「彼女の自宅、職場、ジムに予告なしに現れた」とされている。 2020年11月に両者の関係は終わっているものの、その際に酔っていたギグス監督がグレヴィルさんに頭突きを見舞ったとされており、さらにグレヴィルさんの妹のエマにも暴行を加えたとされている。 現役時代はマンチェスター・ユナイテッドの一員として多くのタイトル獲得に貢献。公式戦932試合に出場し163ゴール250アシストを記録したレジェンドだ。 またウェールズ代表としても64試合に出場し12ゴールを記録。現在はウェールズ代表監督となっているが、今回の件で指揮官の座を降りてはいないものの、チームを指揮せず。ユーロ2020もロバート・ページ氏が指揮を執っていた。 2021.07.24 18:23 Sat
twitterfacebook
thumb

「誰が人生は公平だと言った?」ファンのサポート得られず敗退…ウェールズ代表DFがユーロ2020のレギュレーションに不満

ウェールズ代表のDFクリス・ガンターが、ユーロ2020のレギュレーションに対して不満をぶちまけた。 ウェールズ代表はユーロ2020でグループAを2位通過。2大会連続の決勝トーナメント進出を決めたが、26日に行われたラウンド16ではグループB2位通過のデンマーク代表を相手に0-4で大敗。大会からの敗退が決まった。 2016年の前回大会はベスト4で終えていたウェールズ。それ以上の結果を目指した中で、ラウンド16での敗退は早過ぎると言えるだろう。 しかし、今大会のレギュレーションで大きく割りを食ったのもウェールズだった。 グループステージでは、アゼルバイジャンのバクーでスイス代表、トルコ代表との2試合を戦うと、イタリアのローマに移動してイタリア代表と対戦。そしてオランダのアムステルダムへと移動し、デンマークとのラウンド16を戦った。 チームとして移動を伴う中で戦った上に、もう1つ大きな差がある。それがファンの存在だ。 今回のユーロでは制限がありながらも多くのファンが会場に訪れている。しかし、ウェールズはイギリス政府の制限の影響もあり、ほとんどファンがスタンドにいない状況が続いていた。 初戦のスイス戦こそ中立の観客の前でのプレーとなったが、トルコ戦はバクーで3万人のトルコファンの前でプレー。イタリア戦は1万5000人のイタリア人ファンの前でプレーした。 さらに、デンマーク戦に関しても、デンマークファンはオランダに訪れていたが、ウェールズファンは許可が出ず。ほぼ観客なしでの試合が続いていた。 ガンターは自身のインスタグラムに写真とともに投稿。敗退を嘆くとともに、ファンが応援できなかった今回のユーロのレギュレーションに苦言。それでも代表チームは大丈夫だと綴った。 「今月の旅はこれで終わった。僕たちはこのスコアに値するものではなかったけど、誰もが人生は公平であると行った」 「とても痛いけど、僕が何年もの間ドレッシングルームを共にした最高の仲間と一緒にいると、少しは気がまぎれる」 「そして、同じ気持ちを持つ国民と共有することは、より気持ちを楽にさせる」 「家から3000マイル離れた場所で、気持ちが落ち着いているうちに書いている」 「どこへ行っても、どの国にもファンがいた。しかし政府の規則や銀行口座を破ってまで参加をした350人を除けば、ウェールズは違った」 「みんなこのふざけた大会からもっと多くのものを得るべきだったが、誰が人生は公平だと言ったんだ?」 「泣いても良いけど、もう一度最高のテーブルで食事ができたことで笑顔になってもらいたい。そうすれば、スタジアムを満員にして、僕たち全員にふさわしい国歌を歌い上げるだろう」 「このチームがあれば、この国は安泰だ。僕を信じてほしい。このチムとスタッフとともに、戦いの前線に立つ」 「悲しくても、誇りに思ってほしい。僕たちはたった300万人しかないけど、幸運な人たちだ。それをまだ知らない」 「頑張って、勇気を出して。僕たちは大丈夫。僕たちを信じてほしい」 「みんなのサポータと愛情に心から感謝する。また会おう」 2021.06.27 21:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ユーロ敗退のベイルが母国メディアに代表キャリアを語る「辞めるまでウェールズのために」

試合後のインタビューでウェールズ代表でのプレーについて口をつぐんだFWガレス・ベイルだが、母国メディアでは明言していたようだ。 ベイルを擁するウェールズはグループAを2位で通過して、2大会連続の決勝トーナメント進出。26日に行われたラウンド16もしっかりと突破したいところだったが、グループBを2連敗からの大逆転劇で2位通過したデンマーク代表を相手に0-4で大敗。大会からの敗退が決まった。 チームとして前回のベスト4以上を目指すなかで、大会から去ることが決定したベイルは、試合後のフラッシュインタビューで「残念だ。僕からはそうとしか言いようがない」などと落胆の思いを口に。その後の質問で去就を聞かれた中、無言でその場を立ち去っていた。 試合前に、「最後の試合になるのか?」と聞かれたベイルは「少なくともあと1試合やりたい」と答えており、それを受けての質問だったが、敗退後の質問で去就を答えたくなかったのだろう。 しかし、母国ウェールズ『S4C』の試合後インタビューで、ベイルは自らコメント。ウェールズ代表としてのプレーを続けていきたいと語り、来年のカタール・ワールドカップ(W杯)を目指すと語った。 「僕はサッカーを辞めるまで、ウェールズのためにプレーするよ」 「僕たちはワールドカップの予選を始めたばかりだけど、この経験をしっかりと生かしていかないといけない」 「上手くプレーできれば、もっと良いやり方があると思う。その自信を持ち続け、このサッカーを続けていければ、次のワールドカップに出場できると思う」 カタールW杯欧州予選ではグループEに所属。2試合を終えて1勝1敗でグループ3位に位置。ベルギー代表、チェコ代表、ベラルーシ代表、エストニア代表と同居している。 <span class="paragraph-title">【動画】ベイル、トッテナム復帰の2020-21シーズンのプレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJJSmxBSEJrUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.27 20:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ユーロ終戦のベイル、代表引退説にノーコメント貫く

ウェールズ代表FWガレス・ベイル(31)がユーロ2020での敗退決定後、自らの将来に沈黙を貫いた。『スカイ・スポーツ』や『BBC』などのイギリス複数メディアが報じている。 ベイルを擁するウェールズはグループAを2位で通過して、2大会連続の決勝トーナメント進出。26日に行われたラウンド16もしっかりと突破したいところだったが、グループBを2連敗からの大逆転劇で2位通過のデンマーク代表を相手に0-4の大敗を喫して、敗退が決まった。 チームとして前回のベスト4以上を目指すなかで、今大会から去ることが決定したベイルは試合後、フラッシュインタビューで「残念だ。僕からはそうとしか言いようがない」などと落胆の思いを口に。その終盤にはインタビュアーからベイル自身の代表キャリアに関する質問が飛んだ。 質問者が「先日、ウェールズ代表として最後の試合になるかと聞かれ、少なくともあと1試合やりたいと話していたが…」と話し始めると、表情を曇らせたベイルは問いかけの全てを聞くことなく、その場から立ち去り、ノーコメントを貫いた。 なお、今大会のウェールズを暫定的に率いたロブ・ページ氏はその件について「彼だって、他の選手と同じようにがっかりしている。そんな状況で自身の将来に関する質問に答えたいと思うか? 私からすれば、無神経な質問だ」と言及。ベイルの行動が妥当なものと主張した。 2021.06.27 10:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルベリ2発含む4発のデンマークがウェールズを撃破、4大会ぶりベスト8《ユーロ2020》

ユーロ2020ラウンド16、ウェールズ代表vsデンマーク代表が26日にアムステルダムで行われ、0-4でデンマークが勝利した。 イタリア代表やスイス代表が同居したグループAを2位で通過し、2大会連続のベスト16進出を果たしたウェールズは、ベスト8進出に向けベイルやラムジー、ダニエル・ジェームズら主力を先発とした。 一方、ベルギー代表やフィンランド代表、ロシア代表が同居したグループBを連敗からの逆転劇で2位通過したデンマークは、ケアーやGKシュマイケル、ホイビュルクらが先発となった。 序盤の主導権争いを経て、徐々にウェールズがペースを握り始めると、10分にベイルがミドルシュートで牽制。 しかし27分、デンマークが個人技で先制する。ボックス手前左からドルベリがミドルシュートを放つと、コントロールされた見事なシュートがゴール右隅に決まった。 先制後はデンマークが流れを掴み、押し込む時間を増やしていく。そんな中38分、ウェールズはC・ロバーツが足を負傷してプレー続行不可能に。ネコ・ウィリアムズが投入された。 そして迎えた後半、開始3分にデンマークが突き放す。決めたのはまたもドルベリ。メーレがボックス右を縦に仕掛けてクロスを送ると、ネコ・ウィリアムズの中途半端なクリアを拾ったボックス右のドルベリがシュートを蹴り込んだ。 2点を追う展開となったウェールズが前がかる中、デンマークが受け止めていく。そんな中74分、デンマークはキャプテンのケアーが太ももを痛めてプレー続行不可能に。 終盤にかけてはデンマークが守勢に回ったものの、88分にメーレ、追加タイム5分にVARの末ブラースヴァイトにも今大会初ゴールが生まれて4-0でシャットアウト勝利。2004年大会のベスト8以来4大会ぶり8強進出を決めている。 2021.06.27 02:57 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly