南野拓実がクラブ事情で日本代表を離脱…W杯予選7戦連発中

2021.06.12 10:49 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー協会(JFA)は12日、MF南野拓実(リバプール)が日本代表から離脱することを発表した。JFAの発表によると、南野はクラブ事情のための離脱とのこと。ケガなどではないとのことだ。

南野は5月28日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー代表戦から帯同。ミャンマー代表戦で6試合連続ゴールを記録すると、7日のタジキスタン代表戦でもゴールを決めてW杯予選7試合連続ゴールを記録し、MF本田圭佑(ネフチ・バクー)2015年から2016年にかけて記録した数字に並んでいた。

15日のキルギス代表戦で記録更新が期待されたが、9月の最終予選に持ち越しとなった。
関連ニュース
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.82】準決勝・U-24スペイン戦の隠し玉はこの男?爆発的スピードで攻守両面のスイッチ役に!/前田大然(横浜F・マリノス/FW)

「グループリーグが始まる前から、普通に行けば準決勝はスペインだと考えていた」 7月31日の東京五輪準々決勝・U-24ニュージーランド戦(カシマ)をPK戦で何とか勝ち切った直後、久保建英(レアル・マドリード)がこう語ったように、日本が53年ぶりのメダルを確定させたいのであれば、今日8月3日の準決勝・U-24スペイン戦(埼玉)で勝つしかない。 主導権を握られようが、シュートの雨嵐を浴びせられようが、とにかく結果さえ出せばいい。それは、2012年ロンドン五輪の準決勝でメキシコに1-3の苦杯を喫し、悪いリズムを立て直せないまま、3位決定戦で韓国にも0-2で敗れたキャプテン・吉田麻也(サンプドリア)が誰よりもよく分かっていること。彼はこれまで以上に気合を入れて、チーム全体の意思統一を図るはずだ。 ご存じの通り、スペインとは7月17日の五輪直前テストマッチで対戦。1-1で引き分けている。が、マルコ・アセンシオ(レアル・マドリー)やダニ・オルモ(RBライプツィヒ)ら主力が出ていた前半の25分間は一方的に押し込まれた。同じ轍を踏まないためにも高い位置からプレスをかけ、相手のボール回しを封じたいところ。その重要ピースになりえるのが、快足FW前田大然(横浜F・マリノス)だろう。 今季Jリーグでも毎試合のように50回以上のスプリントを記録する男は走力では誰にも負けない。しかも前からの守備意識がひと際高い。その原点は問題を起こして1年近くサッカー部を離れた山梨学院高校時代に遡るというが、「チームのために走る重要性」を叩き込みながらプロになった。そして最初のクラブ・松本山雅で師事した反町康治監督(現JFA技術委員長)も前線からのプレスを重視。彼もその要求に誠心誠意、応えることで、森保一監督や横内昭展コーチの目に留まり、東京五輪代表のコアメンバーの座を手にした。こうして長年、積み上げてきたものを発揮するとしたら今しかない。本人もウズウズしているに違いない。 森保監督が前田を頭から使うのか。それともこれまで通り、ジョーカー的に起用するのか。そこはスペイン戦の大きな注目点と言っていい。 仮に前者であれば、前田がイメージすべきなのが、ロンドン五輪初戦でスペインを驚かせた永井謙佑(FC東京)の一挙手一投足だ。9年前の大一番を振り返ると、日本は右CKから大津祐樹(磐田)がいち早く先制弾をゲット。その後も永井がハイプレスをかけ続け、DFのイニゴ・マルティネス(アスレティック・ビルバオ)を退場に追い込むという大仕事をやってのけた。前田ならこういったプレーはお手の物。スペインも中2日ペースの連戦の著しい疲労困憊状態に陥っているだけに、より大きな効果が期待できそうだ。 今大会に入ってから、指揮官が一度も彼を1トップで使っていないのも「秘策隠し」の匂いがプンプンする。ここまでは林大地(鳥栖)と上田綺世(鹿島)を最前線に併用することで乗り切ってきたが、スペインのパウ・トーレス(ビジャレアル)とエリック・ガルシア(バルセロナ)の両センターバックはやはり屈強で、日本のFW陣がボールを収めようとしても苦労するのは目に見えている。 となれば、最初から相手にボールを持たせて、高い位置で奪いに行き、スピーディーな攻めからゴールを狙う戦術に切り替えた方がベターではないか。そういう思惑があるからこそ、森保監督はここまで「1トップ・前田」を温めていたのだろう。 「日本が五輪で優勝するために戦わないといけない。僕も海外でやった経験があるし、欧州、アフリカや南米といろんな選手と戦ってきましたけど、絶対に負けたらいけない。しっかり金メダルを取れるように全力を出したいと思います」と大会前に語気を強めていた前田。彼ならば、日本のメダルを左右する決戦で確実にタスクを果たしてくれるはず。爆発的な速さを全面に押し出し、ビッグチャンスを演出することができれば、チームは確実に勢いづく。久保や堂安律(PSV)も躍動感を取り戻すだろう。今回は本当に彼の一挙手一投足が大きなポイントになりそうだ。 すでに7月28日のU-24フランス戦(横浜)で1得点を奪い、2歳の愛娘と一緒に考えたというゴールパフォーマンスを披露した。が、間もなく生まれる第2子のためにも、もっともっとインパクトを残しておく必要がある。 「『パパは東京五輪で活躍したんだよ』と子供が大きくなったら言いたい」とポルトガル1部のマリティモでプレーしていた2019年秋、彼はしみじみこう語っていたが、スペイン戦勝利の立役者になれれば、堂々とそう発言できる。頼もしいパパになり、これを機にA代表へとステップアップするためにも、人生最大のビッグチャンスを逃す手はない。 背番号9をつける弾丸ストライカーが前へ前へと突き進む姿を、改めて多くの人に焼き付けてほしいものである。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.08.03 16:30 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和のR・ロドリゲス監督が母国紙で日本vsスペインを展望! 「スペインの方がやや有利だが…」

浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督が、3日に行われる東京オリンピックの男子サッカー準決勝、U-24日本代表vsU-24スペイン代表について展望を語った。 大会前のフレンドリーマッチでは1-1の引き分けに終わった両者。日本は史上初、対するスペインは2000年のシドニーオリンピック以来21年ぶりの決勝進出を目指し、再び相まみえる。 スペイン『アス』のインタビューに答えたリカルド・ロドリゲス監督は、拮抗した試合になると予想した上で、スペインがやや優勢だとコメント。しかし、過去最高レベルの選手が揃った日本にも勝つ可能性はあると言及した。 「互角の戦いになるだろう。スペインの方がやや有利だが、日本はスペインを退けて決勝戦に進出する歴史的なチャンスと捉えている。住んでいてそれを日々感じるよ」 「彼らはスペインと戦ったことがあるので、勝つことは可能だと思っている。歴史の中でもトップレベルの選手が揃った最高のチームだと感じているはずだ」 「それに、遠藤、酒井、吉田という3人のオーバーエイジの選手がチームにプラス要素をもたらした。そのおかげで若い選手たちがより頼もしい存在になったね」 「歴史的なチャンスに直面しているが、自分たちが劣っているとは考えていないだろう。決勝に行くチャンスはあると思っているはずだ。ホームで戦い、日本中からのサポートを受けているしね」 また、今回の日本代表の強みを分析。浦和に加入した酒井宏樹らによって構成されるDFラインに言及しつつ、2列目の選手が違いを見せてくれると答えた。 「日本はディフェンス面が強みだ。とても信頼できる」 「マルセイユから獲得した酒井は今私の選手であり、アジアのチームが最も苦手とする守備の局面に安定をもたらしているね」 「そして前線では、3人のMFが違いを見せてくれる。特に堂安と久保のコンビは別格だ」 「さらに、縦に速い前田によって相手を驚かせることもできる。監督としての意見だがね」 2021.08.03 15:15 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表にU-24メキシコ代表監督を招へい? 関心示すと現地で噂が急浮上

東京オリンピックに臨んでいるU-24メキシコ代表。ベスト4に進出しメダルが懸かる戦いを控える中、驚きの情報をメキシコ『レコルド』が報じた。 『レコルド』によると、U-24メキシコ代表を率いている、ハイメ・ロサーノ監督に対して、日本サッカー協会(JFA)が代表監督就任を検討しているというものだ。 日本では、現在A代表と東京オリンピックに臨んでいるU-24日本代表に関しては森保一監督が兼任している。2018年のロシア・ワールドカップ後に西野朗前監督から引き継ぐ形で監督に就任した森保監督は、元々東京オリンピック世代を率いていたこともあり兼任に。その結果、A代表との1チーム2カテゴリーで強化を進め、東京オリンピックではベスト4に駒を進めた。 U-24日本代表は、金メダルを目指して準決勝でU-24スペイン代表と対戦。勝っても負けても、残り2試合でその活動が終了する。 一方でA代表は9月からカタール・ワールドカップ アジア最終予選がスタート。来年12月の本大会の出場権確保を目指す。 そんな中で突如浮上した噂。具体的な動きはないものの、JFAがロサーノ監督を森保監督の後任に検討しているという。 U-24メキシコ代表は日本とグループステージで同居。試合は2-1で日本が勝利したが、グループステージでは一番苦しめられた相手。準々決勝ではU-24韓国代表に対して6-3で勝利するなど、メダル候補の1つだ。 『レコルド』によるとロサーノ監督を候補としている理由はメキシコと日本の選手がスピードと強さではなく、フィジカル的に似ており、体格なども似ているからだとしている。 ロサーノ監督は、現役時代はメキシコ国内でプレーしプーマスやティグレス、クルス・アスルなど名門でプレー。引退後はプーマスやケレタロのU-20チームを率いた後、ケレタロのファーストチームの監督に就任。2019年1月からU-24メキシコ代表を率いている。 あくまでも現地で浮上した噂であり、A代表なのか、パリ・オリンピックを目指す世代の代表なのか、また時期など詳細も何もない状況。しかし、東京オリンピックで見せている手腕が高いことは実証済みなだけに、興味を持つ可能性がないとは言えないだろう。 2021.08.03 11:08 Tue
twitterfacebook
thumb

スペイン五輪代表アセンシオ「タケは素晴らしい選手」 日本との準決に意気込み

U-24スペイン代表でオーバーエイジとしてプレーするFWマルコ・アセンシオが同じくレアル・マドリーに籍を置くU-24日本代表MF久保建英を警戒した。スペイン『マルカ』が報じている。 東京オリンピック男子サッカーに参戦中のスペインはグループDを苦しみながらも首位突破すると、準々決勝でU-24コートジボワール代表との延長戦にもつれ込む激戦を制して、ベスト4入り。自国開催だった1992年のバルセロナ大会以来となる金メダルにまた一歩前進した。 そんな今大会屈指のタレント軍団が次の準決勝でぶつかるのは今大会前のフレンドリーマッチでも顔を合わせ、2012年のロンドン大会以来となる4強入りを果たしたホスト国の日本。3日に決勝進出をかけて、埼玉スタジアム2002を舞台に相対する。 ここまで4試合に出場して1アシストの数字を残すアセンシオは日本との試合に先駆けた会見に出席すると、「すごく良い感じだ。初戦から全員が成長して、気持ちも楽になり、フレンドリーマッチのときよりも良い感じで試合に挑めている」とチーム状態の良さを口にした。 そのなかで、今大会のここまで3ゴールと活躍する久保にも触れ、「タケは素晴らしい選手で、今大会をすごく良いものにしている。彼にとっても、日本にとっても、良い大会になっているよね」と印象を語ると、タフなゲーム展開を予想しつつ、ファイナル進出に闘志を燃やした。 「彼らはすごく活気のあるチームで、彼も重要な選手。難しい戦いになるだろうね。彼をできるだけ消して、勝ちたい」 また、東京で行われているオリンピックについて「楽しめているよ。素晴らしいチームメイトもいるしね。人間的にも、選手とコーチングスタッフによって、素晴らしいチームが築かれている。そうじゃないと、1カ月も集中し難いよね」とも話している。 2021.08.02 18:10 Mon
twitterfacebook
thumb

日本代表へ粋なメッセージのニュージーランド、ホテルスタッフたちの“満面の笑み”が印象的なお別れ動画にも反響

東京オリンピックの男子サッカー準々決勝でU-24日本代表に敗れ、ベスト8で敗退となったU-24ニュージーランド代表。PK戦まで持ち込んだその戦いぶりだけでなく、試合後にロッカールームに置かれているホワイトボードに日本代表への感動的なメッセージを書き込んでくれるなど、そのスポーツマンシップも大きな話題を呼んだ。 敗退が決まり、すでに母国へと帰国したニュージーランド代表だが、チームの公式ツイッターで滞在していた鹿嶋市のホテルを出発するシーンの動画を投稿してくれた。 そこには、ニュージーランドの国旗を持ったホテルのスタッフの方々が、マスク越しでもハッキリと分かる笑顔で、選手たちが乗ったチームバスに大きく手を振っている姿があった。 ニュージーランド代表は「ありがとう鹿嶋、そして東京2020」と英語で感謝の言葉を述べている。 また、グループステージ敗退が決定した女子ニュージーランド代表も、「Arigato gozaimasu and sayonara @Tokyo2020!」という言葉とともに、お台場をバックにしたチームの集合写真で日本への感謝を伝えている。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】U-24ニュージーランド代表とホテルスタッフのお別れシーンと女子チームがお台場をバックに撮った集合写真</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Thank you Kashima and <a href="https://twitter.com/Tokyo2020?ref_src=twsrc%5Etfw">@Tokyo2020</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/EarnTheFern?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EarnTheFern</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Tokyo2020?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Tokyo2020</a> <a href="https://t.co/p3eY6Un5qK">pic.twitter.com/p3eY6Un5qK</a></p>&mdash; New Zealand Football (@NZ_Football) <a href="https://twitter.com/NZ_Football/status/1421705311501516801?ref_src=twsrc%5Etfw">August 1, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">U-24ニュージーランド代表チームが、試合後のロッカールームにメッセージを残してくれました。<br><br>Thank you <a href="https://twitter.com/NZ_Football?ref_src=twsrc%5Etfw">@NZ_Football</a><br><a href="https://twitter.com/hashtag/Tokyo2020?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Tokyo2020</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サッカー</a><a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/U24%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#U24日本代表</a> <a href="https://t.co/1MdQUBG9nv">pic.twitter.com/1MdQUBG9nv</a></p>&mdash; サッカー日本代表【U24】#Tokyo2020 準決勝 vs8.3@埼玉 (@jfa_samuraiblue) <a href="https://twitter.com/jfa_samuraiblue/status/1421775649518223365?ref_src=twsrc%5Etfw">August 1, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="in" dir="ltr">Arigato gozaimasu and sayonara <a href="https://twitter.com/Tokyo2020?ref_src=twsrc%5Etfw">@Tokyo2020</a>! <a href="https://twitter.com/hashtag/EarnTheFern?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EarnTheFern</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/KoT%C4%81tauTeKapaOAotearoa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#KoTātauTeKapaOAotearoa</a> <a href="https://t.co/ox6KwnX40H">pic.twitter.com/ox6KwnX40H</a></p>&mdash; New Zealand Football (@NZ_Football) <a href="https://twitter.com/NZ_Football/status/1421715161061105665?ref_src=twsrc%5Etfw">August 1, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.02 14:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly