セルヒオ・ラモス、セビージャ復帰の可能性も?

2021.06.12 10:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(35)に古巣復帰の可能性が浮上している。

今やレアル・マドリーのカピタンとして認知されるS・ラモスだが、今季が契約最終年。その契約も今月いっぱいで失効となるが、いまだ更新されておらず、今夏の去就に大きな注目が集まっている。

契約満了まで残り3週間を切り、移籍の現実味が帯びるなか、行き先にパリ・サンジェルマン(PSG)やマンチェスター・シティの名が挙がるS・ラモスだが、古巣セビージャからも誘いがある模様だ。

スペイン『esRadio』が番組『El Primer Palo』で報じたところによると、セビージャは年俸700万ユーロ(約9億2000万円)の5年契約を用意。引退後もクラブに残れる条件も含むオファーだという。

レアル・マドリーが給与10%減の単年契約で延長を要求しているのに対して、複数年を求めて交渉が滞るS・ラモス。セビージャからのオファー内容が事実であれば、魅力的なものに違いない。

なお、S・ラモスはセビリア生まれのセビージャアカデミー育ち。トップチームデビューの2004年からレアル・マドリー移籍の2005年までを過ごした古巣に戻るとなれば、より話題になりそうだが、果たして…。

関連ニュース
thumb

スソ、移籍取り沙汰される同僚クンデに「去るなら彼なりの理由がある」

セビージャのスペイン代表FWスソが去就揺れる同僚のフランス代表DFジュール・クンデ(22)について言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 今夏の移籍が複数メディアに取り沙汰され、市場を賑わす1人となっているクンデ。トッテナムとの取引は破談に終わったと伝えられているものの、昨季の欧州王者であるチェルシーとの交渉は大詰めを迎えているとみられる。 スソはそんなクンデについて言及。将来については本人自身の問題だとしつつ、移籍にも理解を示した。 「昨日、彼と少しだけ話をした。穏やかな様子だったよ。彼は何事にも巻き込まれないし、自分の道を切り開いていく。いつも元気な姿を見せてくれているしね」 「去就については聞いてないよ。将来のことは個人的な問題だからね。本人がどう思っているかが重要だ。彼はこのクラブにとても馴染んでいるし、それは証明済みだ」 「もし彼が去るなら、彼なりの理由があるのだろう。だけど、彼には残ってもらいたい。重要なプレーヤーなんだ」 また、トッテナムへの移籍が決まったU-24スペイン代表FWブライアン・ヒルに向けても同じプレミアリーグのリバプールでプレーした経験を踏まえ、アドバイスを送った。 「イングランドは彼のスタイルには合わないかもね。彼の居場所とはいえないだろうけど、ヘスス(・ナバス)のような選手でも活躍できたというケースはたくさん見てきたよ」 「彼は他の選手と同じように改善しなければならない。彼は素晴らしい選手や新しい選手と競争することになり、それが常に学びになるだろうね」 2021.08.02 12:51 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャがクンデ後釜としてD・サンチェス獲得に動く? 代理人が現状明かす

セビージャがチェルシー移籍が噂されるフランス代表DFジュール・クンデ(22)の後釜として、トッテナムのコロンビア代表DFダビンソン・サンチェス(25)の獲得に動いているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 トッテナムは先日、クンデ獲得に向けて3000万ユーロ(約39億円)+サンチェスの譲渡というオファーを掲示し、このオファーはセビージャ側に受け入れられていたと報じられていた。 しかし、チャンピオンズリーグ(CL)でのプレーを望むクンデがノースロンドン行きを拒否したことで、交渉は破談に終わっていた。 ただ、セビージャはサンチェスをクンデの後釜候補の一人と考えており、獲得に向けた動きを進めているようだ。 サンチェスの代理人を務めるネストール・フェルナンド氏は、コロンビア『Radio Caracol』でサンチェスの移籍に関して、現時点で具体的な動きはないものの、セビージャと話し合いの場を持ったことを認めている。 「現時点では可能性の段階に過ぎない。確かに私はセビージャの人間と話をしたが、今のところ彼らは完全なチームを持っている」 「彼らのチームに移籍(流出)が起きれば、その噂が真実になるかもしれまないが、現時点では具体的なものは何もなく、会話をしただけだ」 なお、最終ラインの刷新を目指すトッテナムはアタランタのアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)、ボローニャの日本代表DF冨安健洋、フィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(23)らの獲得に動いている。 その一方で、ベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(32)がアル・ドゥハイルに移籍し、サンチェスも放出候補に挙がっている状況だ。 2017年にアヤックスから加入して以降、公式戦150試合近くに出場してきたコロンビア代表DFは、元アルゼンチン代表MFエリク・ラメラ(29)に続き今夏セビージャ入りすることになるのか…。 2021.08.01 21:38 Sun
twitterfacebook
thumb

昨季は記録ずくめのセビージャ、東京五輪で金メダル目指すジョコビッチを例にラキティッチが高みを目指す「決して立ち止まってはいられない」

セビージャのクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチが新シーズンに向けて意気込んだ。 昨季はチャンピオンズリーグ(CL)こそベスト16で敗退するも、ラ・リーガではクラブ史上最多となる24勝、そして勝ち点「77」達成し、4位フィニッシュを果たしたセビージャ。来たるシーズンに向けては国内、そしてヨーロッパの舞台でのさらなる飛躍が期待される。 そんなセビージャの現在のコンディションについて、中盤の要であるラキティッチがクラブ公式サイトのインタビューで語っている。 「暑い日が続いているけど、僕たちは一生懸命トレーニングに取り組んでいるし、仲間と分かち合う感情を分かち合うことに勝るものはない。とても親密なチームで、多くの時間を一緒に過ごしているよ。上手くいっているね」 「一番恋しいのは、家族や子供たちのことだけど、僕たちはなぜここにいるのかを理解している。壮大な設備を用いて、最高の準備をしているんだ」 また、新シーズンに向けても言及。自身と親交があり、現在開催中の東京オリンピックにも出場しているテニスのセルビア代表ノバク・ジョコビッチを例に、チームのモチベーションについて話した。 「オリンピックでは、すべてを勝ち取ってきたアスリートたちが、このような難しい時期を迎えている東京で、さらなる金メダルを目指している」 「そして観客やファンの後押しがない個人スポーツはどうだろう。ジョコビッチはどのようにモチベーションを高めているのだろうか」 「きっと最初のころと同じような気持ちでいるだろう。僕らは自分たちの色を守ることの意味、そして決して立ち止まってはいられないということを知っている」 「昨シーズン起こったことが偶然ではないことを示したいし、ファンの皆さんとシーズンを一緒に楽しみたいよ」 「この数カ月間、大変な思いをしてきたけど、ここが出発点だ。僕たちは新たなシーズンを迎えるに当たって、とても集中しているよ」 2021.07.30 12:57 Fri
twitterfacebook
thumb

エスパニョール、セビージャからDFセルジ・ゴメスを獲得! 故郷カタルーニャに久々の帰還に

エスパニョールは28日、セビージャからスペイン人DFセルジ・ゴメス(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となるが、1年間の延長オプションが付随している。 カタルーニャのアレニス・デ・マル出身のセルジ・ゴメスは、バルセロナのラ・マシア出身のセンターバック。バルセロナのトップチーム定着はならずもバルセロナBでプロキャリアをスタートすると、2014年にセルタへ完全移籍した。 ガリシアの名門で4シーズンに渡って最終ラインの主軸を担うと、2018年にセビージャへステップアップ。加入1年目はラ・リーガ32試合に出場したものの、以降はバックアッパーに甘んじていた。 それでも、プリメーラで通算165試合出場と経験豊富な実力者は、プリメーラに復帰したエスパニョールにとって的確な補強と言えそうだ。 2021.07.28 20:15 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGとセビージャが激突! PSGは新シーズン開幕前の最終調整に

27日にポルトガルのエスタディオ・アルガルヴェでパリ・サンジェルマン(PSG)vsセビージャのプレシーズンマッチが行われた。 新シーズンの開幕が間近に迫るヨーロッパ。特にPSGは8月1日にリールとのフランス・スーパーカップが控えており、その1週間後には早くもリーグ・アンが始まる。 フランスの覇権奪還に向けて今夏に積極補強を敢行したPSG。DFアクラフ・ハキミに始まり、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム、GKジャンルイジ・ドンナルンマ、さらにはDFセルヒオ・ラモスなど、超大物が続々と加入してきた。ただ、今回の一戦でメンバー入りしたのは一足早く加入が発表され、すでに数試合こなしているハキミのみとなった。 一方、来月15日にラ・リーガ開幕戦が予定されているセビージャは、ここまでは控えめな夏を過ごす。補強はGKマルコ・ドミトロビッチと、FWブライアン・ヒルとのトレードでトッテナムから加入したMFエリック・ラメラのみで、さらなる戦力到着の噂はあるものの、逆にDFジュール・クンデに引き抜きの可能性も報じられている。 そんなセビージャだが、このPSG戦では3バックを採用。新シーズンに向けて新たな布陣を試した中、序盤は守勢を強いられることになる。PSGは15分までにハキミが2度のチャンスを迎えるものの、相手の守護神ボノの好守もあり、先制点は遠い。 すると37分、セビージャはケガのジョルダンに代わって入ったペドロ・オルティスのスルーパスでエン=ネシリがゴール前に侵入。GKケイロル・ナバスに倒されPKを獲得した。これをラキティッチが沈めたアンダルシアチームは1点リードで試合を折り返す。 だが、PSGも後半立ち上がりから反撃。ハキミのスルーパスでボックス右に抜け出したカリムエンドの折り返しをイカルディが押し込んで同点に。その後もアシストを記録したカリムエンドが幾度かゴールに迫っていく。 そんな中、勝ち越したのは再びセビージャだった。62分、左サイドで仕掛けたオカンポスのパスを受けたオスカル・ロドリゲスが、ペナルティアーク手前から右足でコントロールショット。これが名手ケイロル・ナバスも届かないゴール右に決まった。 しかし終盤の88分、セビージャはPSGのカリムエンドのボックス手前からのシュートをGKボノが止めたところ、ルーズボールの処理を守備陣が連携ミス。その隙に背後から迫った19歳のケニー・ナゲラが蹴り込んで、試合は同点決着となった。 <span class="paragraph-title">【動画】パリ・サンジェルマンvsセビージャ ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJYbkVhZFZUVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.28 15:01 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly