ジャカ、ローマ移籍近しとの去就に「そのときになればわかる」

2021.06.12 09:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのスイス代表MFグラニト・ジャカ(28)がローマ行きの噂も取り巻く自身の去就に言及した。イギリス『フットボール・ロンドン』が報じている。2016年夏にボルシアMGからアーセナル入りしたジャカは公式戦通算220試合の出場で13得点20アシストをマーク。今季も本職の守備的MFとしてだけでなく、センターバックや左サイドバックとしても重宝され、公式戦45試合に出場した。

そんなジャカはミケル・アルテタ監督から信頼が厚く、アーセナルとの契約もまだ2年間も残るが、来季からローマの指揮を執るジョゼ・モウリーニョ監督が獲得を熱望。リクエストを受けたローマが獲得に乗り出しているといわれる。

そのなかで、ローマと個人条件で合意に至ったとされ、アーセナルとのクラブ間交渉でもゴールが近いと目されるジャカ。近く移籍が決まる可能性も取り沙汰されるが、本人はついに開幕したユーロ2020の戦いに集中する意向を示した。

スイス代表のキャプテンを務めるジャカは12日に行われるグループA第1節のウェールズ代表戦に先駆けた会見に出席すると、自身の将来よりも代表活動に集中していくと話した。

「市場がオープンしたら、常に噂も挙がるものだが、将来についての話をしたくない。このトーナメントが終わるまではね。この後に何が起こるかはそのときになればわかってくるはずだ」

「他のことに気を取られたくない。状態が良く、やる気もある。色々とやりたいんだ。この大会はチームにとっても、スイスにとってもすごく大事。僕らは良い戦いを披露したいんだ」
関連ニュース
thumb

アーセナルが“9番”を放出候補に? ストライカー探すアトレティコが関心か

アトレティコ・マドリーがアーセナルのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(30)の獲得に関心を持っているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ラカゼットは2017年7月にリヨンからアーセナルへ加入して以降、公式戦通算170試合出場65ゴール28アシストを記録。FWピエール=エメリク・オーバメヤン(32)との共存に苦戦する時期がありながらも、チームの主軸であり続けてきた。 昨シーズンはオーバメヤンがスランプに陥る中で、公式戦43試合出場17ゴール3アシストの成績を残し、エースとしての活躍を見せている。 一方で、『アス』によるとアーセナルは今夏に新たなエース候補を探しており、チェルシーでトーマス・トゥヘル監督の構想から外れているイングランド代表FWタミー・エイブラハム(23)獲得に向けて動き出しているという。 しかし、チェルシーはエイブラハムの移籍金として4500万ユーロ(約58億4000万円)を要求するとされており、既にイングランド代表DFベン・ホワイト(23)獲得に5000万ポンド(約77億2000万円)のオファーを出すなど補強を進めているアーセナルは、選手売却で資金を作る必要がある。 そこで放出候補として名前が挙がっているのが、チーム内でも高給を受け取っているラカゼットのようだ。ラカゼットとアーセナルの契約は来夏に切れる事情もあり、クラブは1700万ユーロ(約22億円)程度で交渉に応じる姿勢だという。 ラカゼットの獲得に強い関心を抱いているのが、ディエゴ・シメオネ監督率いるアトレティコだ。アトレティコは今年1月にリヨンからレンタルで加わったFWムサ・デンベレ(25)が契約期間終了で既に帰還しており、バルセロナのFWアントワーヌ・グリーズマン(30)獲得も暗礁に乗り上げている。 シメオネ監督は『アス』に対して「我々はストライカーを必要としており、もしそれがグリーズマンでなければ他の誰かになるだろう」と語っており、今後ラカゼット獲得に向けた動きを本格化させるかもしれない。 2021.07.27 17:42 Tue
twitterfacebook
thumb

77億円でアーセナル加入間近のホワイト、OBは高額な移籍金を懸念「大金でやってくる以上は…」

かつてアーセナルで活躍した元イングランド代表DFのソル・キャンベル氏は、古巣がブライトンのイングランド代表DFベン・ホワイト獲得のため高額な移籍金を支払うことを懸念しているようだ。イギリス『デイリー・メイル』が伝えた。 アーセナルは昨シーズンまで主軸としてプレーしていたDFダビド・ルイスが今夏に契約満了で退団。センターバックを重要な補強ポイントに定めており、6月に開催されたユーロ2020にイングランド代表として参加するなど、評価を高めていたホワイトに注目。ブライトンとの間で獲得交渉を進めていた。 ブライトンがホワイトの移籍金として移籍金5000万ポンド(約77億2000万円)を求めたこともあり交渉は進まずにいたが、最終的にアーセナルが希望額を提示したことで話はほぼまとまったという。ホワイトは現在ユーロ後の休暇に入っており、戻り次第メディカルチェックなどを受ける予定のようだ。 クラブにとって非常に高額な資金を投下することになるが、この判断についてイギリス『Talk Sport』に出演したキャンベル氏は、この移籍金がホワイトに大きな期待とプレッシャーを背負わせるだろうと語った。 「彼は5000万ポンドでやってくる以上、そのポジションにおいて達人である必要がある。そうでなければならないんだ」 「アーセナルは本来5000万ポンドも出して、選手を獲得するクラブではない。だからもしメディカルチェックを問題なく通過して移籍となった場合、彼はこれから鍛える必要があるだろう。加入となれば、間違いなく先発メンバーに名を連ねなければならない」 ホワイトにとって厳しい挑戦になると語る一方で、キャンベル氏はイングランド代表DFの持つ将来性についても言及。数年先には間違いなくチームを支える存在になるはずだと期待を寄せた。 「彼はブライトンで36試合に出場している。そして将来性はどうだろうか。彼は23歳であり、間違いなく将来に向けた選手ではあると思う」 「難しい移籍になると思うし、移籍金は高額だ。それでも彼らは数年後の未来を見ていると思う。ファンはこれから、ミッドフィールダーやセンターバックとしてプレー可能な選手を見られるようになるだろう」 2021.07.27 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

主力が揃ったアーセナルがミルウォールとのPSMで4発快勝

アーセナルは24日、ミルウォールとのプレシーズンマッチを行い、4-1で勝利した。 アーセナルのトレーニンググラウンドで行われたこの一戦。アーセナルはガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン、MFエミール・スミス・ロウ、FWニコラ・ぺぺ、DFキーラン・ティアニー、MFトーマス・パルティなど主力選手が先発した。 試合は17分、ボックス手前からぺぺが浮き球のパス。これをボックス左でオーバメヤンがジャンピングボレー。シュートはクロスバーに直撃するが、跳ね返りをカラム・チャンバースが蹴り込み、アーセナルが先制する。 前半はアーセナルの1点リードで終えた試合。後半はアレクサンドル・ラカゼットらがピッチに立つ。 すると59分、ロブ・ホールディングから右に展開されると、チャンバースがダイレクトクロス。これをファーサイドでラカゼットがダイビングヘッド。アーセナルが追加点を奪う。 さらに65分にはバイタルエリアでスミス・ロウが相手のボールを奪うと左に展開。パスを受けたオーバメヤンがグラウンダーのパスで折り返すとラカゼットがスルーしたところをぺぺがダイレクトシュート。これが決まり、3-0とする。 勢いに乗るアーセナルは73分にウィリアンのスルーパスを受けたフォラリン・バログンがネットを揺らし4点目。終了間際に失点するも、4-1で勝利を収めた。 アーセナル 4-1 ミルウォール 【アーセナル】 カラム・チャンバース(17分) アレクサンドル・ラカゼット(59分) ニコラ・ぺぺ(65分) フォラリン・バログン(73分) 【ミルウォール】 ミッチェル(89分) <span class="paragraph-title">【動画】ラカゼットやペペがゴール! プレシーズンマッチ ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI5OXR4VGNPWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.25 18:45 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナルは諦めず、ラムズデール獲得に3度目オファー…総額38億円とも

今夏の移籍市場でGKの補強に動きたいアーセナル。ターゲットにしている選手へ3度目のオファーを出すようだ。 アーセナルは今夏、U-21ポルトガル代表DFヌーノ・タヴァレス(21)、ベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(21)を獲得。さらに、ブライトン&ホーヴ・アルビオンのイングランド代表DFベン・ホワイト(23)の獲得が迫っているとされている。 ミケル・アルテタ監督の下、補強に積極的に動いているアーセナルは、守護神としてシェフィールド・ユナイテッドのイングランド代表GKアーロン・ラムズデール(23)の獲得を目指しているとされている。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、過去2度のオファーを出したものの、シェフィールド・ユナイテッドに拒否されているアーセナル。3度目のオファーには、1800万ポンド(約27億3600万円)に加えて、アドオンを含めて総額2500万ポンド(約38億円)を超えるオファーを出しているという。 ラムズデールは世代別のイングランド代表を経験すると、2020年夏にボーンマスから1850万ポンド(約28億1300万円)でシェフィールド・ユナイテッドに加入。チームは降格したものの、2020-21シーズンのクラブ最優秀選手に輝いていた。 また、ユーロ2020には追加招集されメンバー入り。出場はなかったが、準優勝メンバーの一員となった。 アーセナルはドイツ代表GKベルント・レノが正守護神を務め、2ndGKはマシュー・ライアンが務めていたが、レンタル期間が終了して退団している。レノはビルドアップ力があまり高くなく、単純なミスから失点することも多く、攻撃性能の高いGKを探しているとされていた。 2021.07.25 18:15 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナルのレジェンドの推しは岩渕真奈?東京五輪に向けて無言の激励!

アーセナルのレジェンドはなでしこジャパンのFW岩渕真奈に期待しているようだ。 元イングランド代表FWイアン・ライト氏は、元フランス代表ティエリ・アンリ氏に次ぐ、アーセナル歴代2位の185得点を記録したクラブのレジェンド。現在はコメンテーターとして活躍をしている。 そのレジェンドが自身のツイッターで、先日発表された今季のガナーズのユニフォームを着用した姿を公開した。 木製のデッキに腰掛け、威厳のある背中を見せるイアン・ライト。その背中にはなんと『IWABUCHI・23』のネームが入っているではないか。 昨季チームトップスコアラーの元フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットやガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン、自身が着用していた8番でもなく、なでしこジャパンのエースを選択したのだ。 アーセナルファンにはまだ馴染みが薄いのか冗談なのか、IWABUCHIのネームを見てナイジェリア人やケニア人と勘違いする人もいる模様。その中でもすでに岩渕の力を見抜く慧眼はさすがである。 なお、日本のファンからは「ぶっちー、すごーい!」、「言葉など不要。最高の応援」、「ライティおじさんほんとに好き」などのコメントが多数寄せられるなど、ライト氏は日本人のハートをがっちりとつかんだようだ。 初戦はカナダ女子代表と引き分けたなでしこジャパン。エース岩渕はレジェンドの激励を受け、メダル獲得に向けてゴールを量産できるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】岩渕のレプリカを着用するアーセナルのレジェンド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/buchi_mana?ref_src=twsrc%5Etfw">@buchi_mana</a> <a href="https://t.co/CSAjElGjOz">pic.twitter.com/CSAjElGjOz</a></p>&mdash; Ian Wright (@IanWright0) <a href="https://twitter.com/IanWright0/status/1418165671100395526?ref_src=twsrc%5Etfw">July 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.23 18:35 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly