清水、ヘナト・アウグストが再来日へ! 4月中旬から治療で一時帰国

2021.06.11 14:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスは11日、MFヘナト・アウグストの再来日を発表した。今季で清水在籍3年目のヘナト・アウグスト。その今季も明治安田生命J1リーグ3試合に出場しているが、4月中旬に左ヒザ関節軟骨損傷の治療で母国ブラジルに一時帰国して、離脱が続いている状況だった。

クラブによると、ヘナト・アウグストはブラジルでの治療が終わり、15日の再来日が決定。今後は日本国内にて治療を続けていく見通しだという。

清水は今季からミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が指揮。ここまで17試合を消化して、3勝6分け8敗の15位に位置している。
関連ニュース
thumb

清水、加藤拓己の全治6カ月を報告…早稲田大から来季入団の特別指定選手

清水エスパルスは2日、FW加藤拓己の負傷を報告した。 来季からの清水加入が内定して、今季からJFA・Jリーグ特別指定選手としてトップチームに登録されている加藤。7月1日に早稲田大学ア式蹴球部でのトレーニング中に左ヒザ前十字じん帯断裂のケガを負ったという。 それを受けて、7月28日に手術。全治6カ月を要する見込みだ。 2021.08.02 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖MF松岡大起、清水に完全移籍 「新たな環境で厳しいチャレンジしたいという気持ちが…」

清水エスパルスは2日、サガン鳥栖からMF松岡大起(20)の完全移籍加入を発表した。背番号は「33」を着用する。 パリ五輪世代の松岡は鳥栖下部組織出身で、高校2年時の2018年にトップチームデビュー。2019年6月にプロ契約を結び、世代別代表にも呼ばれてきた鳥栖の有望株だ。 昨季は明治安田生命J1リーグ32試合に出場と不動の主力として活躍。チームがJ1リーグで上位躍進を続ける今季もボランチを主戦場にここまで21試合でプレーした。 今季の鳥栖に反して、残留争いの真っ只中にいる清水行きを決断した松岡はクラブを通じて、意気込みを語っている。 「こんにちは。清水エスパルスのファン、サポーターの皆様、サガン鳥栖から来ました松岡大起です。このタイミングでの加入になりましたが、やってきたことや学んだことを自分らしく全力で表現します。これから清水エスパルスの為に戦います! また多くの方々に感動を与えます! 応援よろしくお願いします!」 一方、鳥栖を通じては移籍決断までの経緯に触れるなど、長文のメッセージを発信した。 「こんにちは。松岡大起です。いつも温かく、心強いご声援ありがとうございます。毎試合、選手1人1人の心の支えとなっています。急ではありますが、私、松岡大起は清水エスパルスに移籍する事を報告させて頂きます」 「この移籍を考え、決断に至るまで、生きてきた中で一番悩みました。評価されているはずのポジティブな悩みなのに、毎日のルーティンをする中で、勝手に涙が出てきたり、口の中にたくさん口内炎ができたり、寝ているはずなのに、寝た気がしなかったり、目を動かす度に眼球が痛くなったりもしました。正直、今のサガン鳥栖なら、リーグ優勝を狙う事も出来るし、ACLを目指す事も出来ます。シーズンが終わってからでも遅くは無いのでは?と何度も自分自身に問いかけました」 「しかし、海外で活躍する為、自分の夢を叶える為、更に自分自身を奮い立たせ、新たな環境でプレーしたいという強い想いが、常に頭の中にあり続けました。選手、監督、コーチングスタッフ、トレーナー、スポンサー、ファンサポーター、サガン鳥栖に関わる全ての皆様と共に、Jリーグ優勝やACLを目指したかった想いはすごく強いです。それでも自分自身の夢や目標を1番に考えた時、新たな環境で厳しいチャレンジしたいという気持ちが抑えられず、今回の移籍の決断に至りました」 「今の自分があるのは、12年間もの長い間、成長を見守ってくれた「ソレッソ熊本」の皆様。そして、サッカー選手として、1人の人間として、ユースを合わせ5年間、大きく成長の機会を与えて頂いた、サガン鳥栖関係者の皆様へは感謝しかありません。そして、どんな時でもサポートしてくれた両親にも感謝してます。本来であれば選手、スタッフ、トレーナー、ファンサポーター、自分の成長に関わって頂いた方、応援してくれてる全ての方に想いや御礼を1人1人に伝えたい所ですが、それは難しいので、この場を借りて伝えさせて頂きました」 「正直、この文を読んで頂き、気持ちを理解してもらいたいのですが、すべての方に理解してもらえない事もわかります。将来、この決断を理解して頂けるよう、1人の人間として、行動、言動で示し、またプロサッカー選手として結果で表現していきます。チームは変わってもサガン鳥栖は自分自身の心の中にあります。これから先もずっと、僕は変わらずサガン鳥栖が大好きです。また、スタジアムで会いましょう」 「最後に明輝さんへ。明輝さんが居たから、今の自分があります。どんな時も明輝さんは常に声をかけてくれました。プレーがうまく行かず、悩んでいる時に声をかけてくださいました。プレーにおごりがあった時も強く声をかけてくださいました。どんな事も僕の為を思って言って頂いた言葉で、すべてが僕にとって最高の思い出です。明輝さんは僕にとって最高の監督です。また必ず、成長した姿で会いに行きます。本当にお世話になりました。ありがとうございました」 2021.08.02 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

清水FW栗原イブラヒムジュニアが鈴鹿ポイントゲッターズに育成型レンタル 「必ず成長して、またこのクラブに」

清水エスパルスは29日、FW栗原イブラヒムジュニア(19)が日本フットボールリーグ(JFL)の鈴鹿ポイントゲッターズに育成型期限付き移籍で加わると発表した。移籍期間は2021年12月31日までとなる。 栗原は三菱養和SCユースから2020年に清水入りした後、同年8月にアスルクラロ沼津に育成型レンタル。今季から清水に復帰したが、ミゲル・アンヘル・ロティーナ新監督の下で出場機会に恵まれなかった。 昨季に続くシーズン途中の武者修行を受け、清水の公式サイトを通じて、レベルアップしての復帰を誓った。 「これまで試合に出場することができず、もの凄く悔しい思いもしましたが、この半年間は自分にとって確実にプラスになるものだと確信しています。エスパルスのユニホームを着て試合に出るためにも、必ず成長して、またこのクラブに戻ってきたいと思っています」 2021.07.29 14:05 Thu
twitterfacebook
thumb

岡山が2017年以来2度目、清水MF石毛秀樹を期限付きで獲得「自分の全てを尽くしたい」

ファジアーノ岡山は25日、清水エスパルスのMF石毛秀樹(26)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。 期限付き位移籍期間は2022年1月31日までとなる。背番号は「48」。 石毛は清水の下部組織出身。ジュニアユース、ユースとプレー。2012年にトップチームに昇格すると、2017年に岡山へと期限付き移籍。その後清水に復帰していた。 清水ではJ1通算118試合9得点、J2通算23試合1得点を記録していた。 今シーズンはここまでリーグ戦の出場はなく、YBCルヴァンカップで1試合に出場したのみだった。 2度目の岡山加入となる石毛は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆ファジアーノ岡山 「ファジアーノ岡山のファン・サポーターの皆さん、お久しぶりです。再び期限付き移籍で加入することになりました石毛秀樹です」 「皆さんとまた一緒に戦うことができ、とても嬉しいです。勝利のために自分の全てを尽くしたいと思います。応援をよろしくお願いします」 ◆清水エスパルス 「再びファジアーノ岡山へ期限付き移籍することになりました。一昨年、昨年と怪我が続いてしまい、今年も思うように試合に出られず悔しい思いをし続けていました」 「大好きな清水を離れることは寂しいですが、岡山では厳しく、そして自分らしく、サッカーを楽しんでプレーしてきます。引き続き応援していただけると幸いです。後半戦、エスパルスの飛躍を応援しています」 2021.07.25 12:18 Sun
twitterfacebook
thumb

清水がコソボ代表MFコロリを完全移籍で獲得内定「日本の文化や食べ物に興味を持っていた」

清水エスパルスは23日、スイスのチューリヒからコソボ代表MFベンジャミン・コロリ(29)を完全移籍で獲得することが内定したと発表した。 コロリはメディカルチェックを経て正式契約。23日に入国し、14日間のJリーグバブルを経てチームへと合流する。背番号は「32」。 清水への加入が内定したコロリはクラブを通じてコメントしている。 「この美しいオレンジ色のユニフォームを着て、スタジアムのファンに会い、このチームでプレーできることにとても興奮しています」 「また、日本に来られることを嬉しく思っています。私は日本の文化や食べ物に興味を持っていましたので、とても楽しみにしています」 コロリはスイスとコソボにルーツを持っており、スイスのシオンでキャリアをスタート。2015年7月にFCビール/ビエンヌへと完全移籍すると、2016年1月にはヤング・ボーイズへとレンタル移籍を経験。ローザンヌへの移籍を経て、2018年7月にチューリヒへと完全移籍で加入した。 左サイドハーフを主戦場とするコロリは、トップでもプレー。チューリヒでは公式戦92試合に出場し26ゴール19アシストを記録。スイス・スーパーリーグでは、150試合で42ゴール27アシストを記録していた。 また、2016年11月からコソボ代表としてもプレー。UEFAネーションズリーグやユーロ予選、ワールドカップ欧州予選などここまで23試合に出場し4ゴール1アシストを記録していた。 チューリヒは6月3日にコロリとの契約延長を行わないことを発表しており、2020-21シーズン限りで退団し、フリーとなっていた。 なお、清水は22日にフラメンゴのMFホナウド(24)が加入することも発表していた。 2021.07.23 13:08 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly