積極補強のウニオン・ベルリン、ビーレフェルトからFWボグルサマーをフリーで獲得

2021.06.11 02:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウニオン・ベルリンは10日、ビーレフェルトからドイツ人FWアンドレス・ボグルサマー(29)をフリートランスファーで獲得した。

バイエルンの下部組織出身にも在籍した経験を持つボグルサマーは、2012年7月にブンデスリーガ3部のウンターハヒンクでプロデビュー。その後、ハイデンハイムでのプレーを経て、2016年の冬にビーレフェルトに加入した。

在籍5年半で公式戦163試合に出場し49ゴール22アシストを記録。ブンデスリーガ初挑戦となった昨季は開幕からケガに悩まされると、今年2月から戦列に復帰しリーグ戦18試合で2ゴール2アシストをマークしていた。

ウニオン・ベルリンへの移籍を決断したボグルサマーは、公式サイトで以下のように語った。

「ビーレフェルトでは5年半の間に、ブンデスリーガへの昇格と残留と大きな成功を収めた。そして僕は再び新境地を切り開きたいと思ったんだ。ユニオンのことは、何度も対戦相手として試合をして知っている。近年のチームとクラブが歩んできた道のりは印象的だね。このチームの一員となり、3つの大会で目標を達成するために貢献できることをとても楽しみにしているよ」

来季のヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)に向けて着々と補強を進めるウニオン・ベルリンは、今夏すでに日本代表MF原口元気や元ポーランド代表MFパヴェウ・ヴショウェク、ドイツ人MFレビン・エツナリ(25)ら5名を獲得している。

関連ニュース
thumb

ビーレフェルトが主将クロスとの契約を2022年まで延長! 来季で11年目のシーズンに

アルミニア・ビーレフェルトは11日、ドイツ人FWファビアン・クロス(33)との契約を1年延長したことを発表した。新たな契約期間は2022年6月30日までとなる。 クロスは2011年夏に当時ドイツ3部リーグに属したビーレフェルトに加入。チームが2部昇格や3部再降格を経験しながら、2019-20シーズンのブンデスリーガ2部で21ゴールを挙げて得点王に輝き、チームの11年ぶりとなる1部昇格に貢献した。 今季もキャプテンとして残留を争うチームの支柱となり、センターFWとして前線のターゲット役としても奮起。得点こそ「5」にとどまったものの、空中戦の勝利数は2位のDFマッツ・フンメルス(ドルトムント)に70回以上の差をつける最多「242」を記録するなど、重要な役割を担った。 来シーズンで11年目を迎えるクロスは公式サイトで契約延長と来季への意気込みについて次のようにコメントしている。 「アルミニアでの次のシーズンを楽しみにしている。ブンデスリーガで、このクラブでもう1年間プレーできることを嬉しく思い、特にファンの前で再びプレーする機会が与えられたことを誇りに思う」 2021.06.12 14:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ビーレフェルトが堂安律の退団を正式発表! 財政事情で買取OP行使ならず…

アルミニア・ビーレフェルトは9日、クラブ公式『インスタグラム』で日本代表MF堂安律(22)の退団を発表した。 オランダの強豪PSVで出番に恵まれず、昨夏に買い取りオプション付きの1年レンタルで、今季からブンデスリーガに昇格したビーレフェルトに活躍の場を移した堂安。初挑戦のドイツでリーグ戦全試合出場を達成するなど、公式戦35試合で5得点3アシストの活躍を披露した。 チームの1部残留にも大きく寄与した東京オリンピック世代のレフティーだが、買い取りオプションの行使額はビーレフェルトにとって高額な500万ユーロ(約6億6000万円)。来季も戦力としてとどめたい意向だが、その資金を用意できず、完全移籍での買い取りを泣く泣く見送ることになった。 現時点では2024年まで契約を残すPSV復帰が既定路線となっているが、堂安自身は先日のドイツ『シュポルト1』のインタビューでブンデスリーガ残留を希望する発言をしており、ドイツ国内でのステップアップを期待したいところだ。 2021.06.09 22:38 Wed
twitterfacebook
thumb

「OAの3人が頼もしすぎた」生き生きプレーの堂安律、久保建英との連係は「考えずに感じたまま動くのが一番」

U-24日本代表MF堂安律(アルミニア・ビーレフェルト)が、U-24ガーナ代表戦を振り返った。 5日、U-24日本代表はU-24ガーナ代表と国際親善試合で対戦し、6-0で勝利を収めた。 A代表との一戦から中1日での試合。コンディション面ではかなり厳しいものがあった中、オーバーエイジとして招集されているDF吉田麻也(サンプドリア)、DF酒井宏樹(マルセイユ)、MF遠藤航(シュツットガルト)が揃って先発出場を果たした。 試合は強度の高さを見せてスタートすると、16分に堂安が先制ゴールを記録。32分には久保建英(ヘタフェ)が追加点を奪うと、酒井のクロスがオウンゴールを生み、前半でリードを3点とする。 後半に入っても手を緩めないと、48分に相馬勇紀(名古屋グランパス)、56分に上田綺世(鹿島アントラーズ)、さらに89分には三笘薫(川崎フロンターレ)がダメ押しゴールを決め、6-0で快勝した。 試合後のメディア取材に応じた堂安は試合を振り返り「僕個人的なポジションは隣に航くんがいて、後ろに宏樹くんがいるのはあまり景色が変わらなくてすごくやりやすくプレーさせてもらいました。右のCBも麻也くんでしたし」と、OAが入ってもA代表と変わらない感じだったと語り、「OAの3人が頼もしすぎました」とその存在感を称賛した。 その影響もあり「後ろにあの3人がいるだけで、前の選手がすごくのびのびプレーさせてもらえますし、派手な選手ではないのに存在感があるのは、彼らのすごさを改めて肌で感じました」とコメント。「試合終わってからも試合前も存在感はすごいので、素晴らしいOAだと改めて思いました」と、3人が入ったことの影響力の大きさを改めて感じたと語った。 この試合では2列目の右がスタートポジションだった堂安。それでも、トップ下の久保とは何度もポジションを入れ替えながらプレーしていた。 良い連係を見せていた2人だが「彼の良さもわかっていて、彼も僕の良さをわかっていると思うので、引き出しあいながらプレーしようと思っていました」とコメント。「引っ張っていかなきゃいけない2人が点を取れたのは良かった」とともにゴールを奪えたことがチームに良い影響を与えられたと語った。 またイメージとしては「考えずに感じたまま動くことが、一番2人の良さを出せます」と何かを決めて動くことはないとコメント。「理屈や戦術だけではうまくいかないので、感じたままに動いて、感じたままにタケとプレーすることが一番2人の良さを出し合えます」と2人ならではの感覚で上手くハマったと語った。 先制ゴールの場面は久保が右サイドから仕掛けてボックス内に侵入。そのまま左足でシュートを放つと股間を抜けたシュートをGKがセーブ。浮き球を見事にボレーで叩き込んだ。 ゴールについては「建英が決めてくれたら良かったんですが、ボールがこぼれて来て、軽い気持ちで打ったのが功を奏しました」とコメント。「当てた感じのフィーリングはとても良かったです」と力まずに打てたことが良いシュートになったと語った。 また、この試合の4点目の相馬のゴールをアシスト。吉田からの縦パスが綺麗に通り、そのまま前に送ったアシストだったが「ゴールよりアシストの方が嬉しかったです」とコメント。「チームとしてのコンセプトが凄くハマったシーンです。正直、麻也くんのパスが完璧すぎて、タイミングといい、質といい、パススピードとといい、走っているところにパスが来たという感じでした」と吉田の縦パスを称賛。「僕のファーストタッチが上手いところに止められましたけど、後ろから真ん中、真ん中ら前につなげたことはすごく良かったです」とチームとして目指す形でのゴールをアシストできたことを喜んだ。 この試合に向けては3日のA代表との試合で敗れたことが大きく影響していると言い「A代表の試合で何故勝てなかったのかを改善点として大きく挙げていました」と選手たちで問題意識が生まれたとコメント。「デュエルのところはOAの3人が見せてくれて、僕たちもスイッチが入りました」と、先輩たちに引っ張り上げられた部分もあったと語った。 2021.06.05 23:10 Sat
twitterfacebook
thumb

堂安律がビーレフェルト退団へ…SDが「我々の下から去る」と認める

アルミニア・ビーレフェルトが日本代表MF堂安律(22)の買い取りを断念したようだ。 オランダの強豪PSVで出番に恵まれず、昨夏に買い取りオプション付きの1年レンタルで今季からブンデスリーガ昇格のビーレフェルトに活躍の場を移した堂安。初挑戦のドイツでリーグ戦全試合出場を達成するなど、公式戦35試合で5得点3アシストの活躍を披露した。 チームの1部残留にも大きく寄与した東京オリンピック世代のレフティだが、買い取りオプションの行使額はビーレフェルトにとって高額な500万ユーロ(約6億6000万円)。来季も戦力としてとどめたい意向だが、その資金を用意できず、再獲得を見送ったようだ。 スポーツディレクター(SD)を務めるサミール・アラビ氏はドイツ『キッカー』で「リツは間違いなく我々を強くしてくれた」と語ったが、「ノーチャンスだ。リツは我々の下から去る」とコメント。ひとまず2024年まで契約が残るPSVに戻ることになる模様だ。 ビーレフェルトでの今季を戦い抜き、U-24日本代表の活動に参加中の堂安。ビーレフェルト残留が消滅した今、PSV復帰か、さらなる新天地行きかの2択で今後の動向に注目が集まることになりそうだ。 2021.06.04 09:20 Fri
twitterfacebook
thumb

「もう少し数字を」初のブンデスで出場機会を得た堂安律の手応え「手が届かないというものではない」

日本代表は25日、ミャンマー代表とのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選に向けた合宿2日目を行なった。 オール海外組で行われるミャンマー戦。全選手が集合し、トレーニングを行った。 トレーニング前、MF堂安律(アルミニア・ビーレフェルト)がオンラインのメディア取材に応じ、終了したばかりのブンデスリーガについて語った。 堂安はPSVからのレンタル移籍でビーレフェルトに加入。自身初のブンデスリーガでのプレーとなった。 昇格組のチームは残留争いに巻き込まれたが、チームはなんとか残留を決め来シーズンも1部に所属。堂安は1年を振り返り、「チームを残留に導けたことは良かったと思いますし、自分が行って落としたと言われるのは嫌でした」とコメント。チームの残留を喜んだ。 一方で、「個人的にはもう少し数字を伸ばしたかったですが、試合に出られたことをポジティブに捉えていますし、来シーズン以降はプラスアルファを出せられればと思います」とコメント。成績には満足感はないものの、試合に出場できたことは良かったとした。 堂安はブンデスリーガで34試合に出場し5ゴール3アシストを記録。最終節ではチームを残留に導くゴールを決めていたが、まだまだ満足はできないようだ。 それでも自身の成長については「5大リーグと言われるブンデスリーガで、明らかにオランダリーグよりは個人のレベルも高いですし、バイエルン、ドルトムントの強豪ともやれました。オランダリーグとは差はありますけど、個人としてそんなに差がないというか、手が届かないというものではないと思うので、物差しとしては今シーズンは良かったです」と語り、高いレベルでやれる手応えを感じたようだ。 通用したところについては「大柄なDFに対して小回りの効くプレースタイル、バイタルエリアで潜り込むドリブルは通じたなと思います」とコメント。一方で「課題というか、数字というところでは、レヴァンドフスキとは明らかに差がありますし、目に見える結果、彼が仕事をするよねという部分では、まだまだ」と、わかりやすい数字を残したかったと語った。 久しぶりにA代表に参加する堂安。東京オリンピックの活動もあるが「久々のA代表の活動ということで、もちろん緊張感もありますし、しっかり出場する機会があれば100%貢献します」と強い意気込み。また、いない間にMF伊東純也(ヘンク)が好パフォーマンスを見せ、ポジション争いが激化したが「ポジション争いはいつでもウェルカムな性格ですし、そういう選手が周りにいることは刺激になって、うかうかしていられないという気持ちになるので、良い緊張感でこの活動に臨めます」と語り、しっかりと勝負したいと語った。 フローニンヘン時代と同様に、チームの中心として扱われた堂安。ビーレフェルトとフローニンヘンについては「チームとしてのフィロソフィーというのは非常に似たような部分がありました。小さい規模ながら中心選手として扱ってくれたことは感じていて、良い環境においてくれたのは共通点です」とコメント。しかし「数字が明らかに足りていないということが僕の課題です。決定機もシュート数もありましたが、そこはビーレフェルトだからではないです。上に行く人はここでも結果を出すので、2桁いければ良かったです」と、自身の決定力を嘆いた。 一方で、かつて自身の特徴でもあった積極的な仕掛けは取り戻せたとコメント。「一対一の強さが伸びたからこそ評価してくれた人がいるというのは、PSVでは周りにスーパーな選手がいて、そっちを優先してプレーしていたこともあり、プレーがネガティブになっていました」とし、「ビーレフェルトでは自分の良さを取り戻せたと思うので、その点は良かったと思います」とチーム環境がプレースタイルを思い起こさせたとした。 ドリブルについても「最初の2、3カ月は自分が何回も仕掛けて、失っても仕掛けようということがありました。でも、チームメイトの信頼が増すとパスをくれて行ってくれという感じだった」と、仕掛ける環境にあったと語った。また「練習から無理な体勢でも仕掛けるというか、感覚を取り戻すことを取り組んでいたので、12月以降からは良くなったと思います」と、意識の中にも仕掛けることの必要性が生まれたとした。 堂安の評価はトレーニング中にも高まっている状況。その理由は勝負にこだわるところだったが「勝利のメンタリティは海外の選手が大きく日本人の選手たちより上回っていると思っているので、ビーレフェルト内では競争意識を強く持たないといけないと思いましたし、PSVの頃から持っていました」と、トレーニング中でも勝ちに行くとコメント。「それは代表での練習でもそうですし、ミャンマー戦もオリンピックも勝利の意識は代表にも還元しなくてはいけないところだと思います」とし、常に勝ちにこだわるということを意識したいとした。 シーズン当初はインサイドでプレーし、その後はサイドでもプレーした堂安。「開幕から2、3試合は中盤で出場したこともあって、プレースタイルが変わったわけではないですが、仕掛けるドリブルより運ぶドリブルを意識したこともあって、気づきもありました」と語り、「仕掛けるドリブルはDFは感じ易いですが、運ぶドリブルをしながら仕掛けるドリブルをしたりということは緩急をつけてDFを剥がしやすいのも感じました」と語り、「仕掛けに関して自分のストロングポイントを感じさせてくれる良い一年でした」とその点は大きく気づきがあった1年だったと感じているようだ。 2021.05.25 21:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly