前監督との不仲を明かすヴォルフスブルク主将「これまでのキャリアの中で最悪の関係だった」

2021.06.09 17:49 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴォルフスブルクの元フランス代表MFジョシュア・ギラヴォギが、オリバー・グラスナー監督の退任を喜んだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。

ギラヴォギは2014年にアトレティコ・マドリーからヴォルフスブルクに加入。これまで公式戦218試合出場11ゴール6アシストを記録している。チームではキャプテンも務めており、主軸として貢献し続けてきたが、今シーズンはグラスナー監督の下で出場機会が減少。ブンデスリーガでの先発出場はわずか7試合に留まっており、クラブから退団する可能性も囁かれていた。

しかし、ヴォルフスブルクは先月グラスナー監督がフランクフルトに引き抜かれたこともあり、2日にマルク・ファン・ボメル新監督の就任を発表。来シーズンは新たな体制でのスタートとなった。

ドイツ『Wolfsburger Nachrichten』及び『Wolfsburger Allgemeine Zeitung』のインタビューに応じたギラヴォギは、この体制変更を歓迎。グラスナー監督から受けた屈辱についても語っている。

「彼がいなくなって本当に良かった。僕個人としてはこれまでのキャリアの中でも、監督と選手としては最悪の関係だったと思うからね」

「はっきりしていたこととして、彼がクラブに残るのであれば僕は去りたいと思っていた。チャンピオンズリーグ(CL)の出場権など何の役にも立たなかった。今年はとても傷つくシーズンだったよ。大惨事だった」

「彼は(消化試合の)最終節で、僕をスタメン起用したいと言ってきた。僕への贈り物のつもりだったのだろうね。でもそれを受け取っていたら、その後に自分の姿を鏡で見ることはできなかっただろう。あまりに多くのことが起きた後で、その申し出は無礼だと感じて断った。サッカー選手として壊れてはいたが、人としても大きな打撃を受けたんだ」

グラスナー監督がいる限りはクラブ退団を考えていたギラヴォギだが、新監督がやってきたことで考えは変わったとコメント。ヴォルフスブルク残留の希望を語った。

「ここに留まりたいね。僕の息子はヴォルフスブルクで生まれ、娘もほぼ完璧なドイツ語を話している。僕たち家族にとって、クラブの体制の変化は大きな一歩になるだろう」

関連ニュース
thumb

元デンマーク代表のベントナーが現役引退…10年在籍のアーセナルでは171試合45得点

元デンマーク代表FWニクラス・ベントナー(33)が3日、ディスカバリーチャンネルの『Bendtner & Philine』を通じて現役引退を発表した。 引退決断に際し、ベントナーはフットボールに別れを告げるとともに、新たな幕を開いていることを明かしている。 「毎日が恋しくなるだろうけど、この仕事には終わりの日があることもわかっていた。本当にこれで終わりなのかということを理解するのに時間がかかりそうだよ」 「これからは、フットボールが僕に与えてくれたものを与えてくれる別の何かを探して行くことになると思う」 「フットボールは僕の人生の大部分を占めていて、離れられないんだ。だからこそ、僕は今、コーチングの教育を受けている。選手時代と同じか、それ以上のものを与えてくれることを願っているよ」 「そうすれば、僕はいつまでもフットボールの一部でいられるからね」 2004年に母国コペンハーゲンの下部組織からアーセナルに加入したベントナーは、2005年から2014年までの間、トップチームでアーセン・ヴェンゲル監督の下、公式戦通算171試合に出場し45ゴールを記録した。 その間にユベントスへのローン移籍も経験し、2014年夏にヴォルフスブルクに完全移籍。ここでは2シーズンの在籍で公式戦47試合に出場し9ゴールを記録したが、度重なる練習への遅刻や同クラブのメインスポンサーであるフォルクスワーゲンのライバル社ベンツの画像をSNSで投稿するなどの素行不良が問題視され、契約を1年残した2016年4月に解雇されていた。 その後はノッティンガム・フォレストやローゼンボリ、そして2019年夏に古巣のコペンハーゲンに移籍したが、同年の年末までの短期契約満了後はしばらくフリーの状態に。そして、キャリア最後のクラブとなったのは、2020年8月に加入したデンマーク4部のトーンビューだった。 なお、デンマーク代表としては81試合の出場で30ゴールを記録していた。 2021.06.03 19:42 Thu
twitterfacebook
thumb

7季ぶりCL出場のヴォルフスブルク、グラスナー監督の後任はファン・ボメル氏に決定!

ヴォルフスブルクは2日、マルク・ファン・ボメル氏(44)を新監督に招へいしたことを発表した。契約は2023年6月までとなる。 ヴォルフスブルクは今シーズンのブンデスリーガで見事にトップ4入りを果たし、7シーズンぶりのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得。しかし、先月26日にオリバー・グラスナー監督(44)がフランクフルトへと引き抜かれることが発表され、新たな指揮官を招かざるを得ない状況となっていた。 そんなクラブの救世主となったのが、オランダ代表のレジェンドであるファン・ボメル氏だ。同氏は2013年に選手としてのキャリアを終えると、オランダ代表U-17のコーチに就任後、サウジアラビア代表のアシスタントコーチやPSVのアンダーカテゴリーで監督などを歴任。2018年夏からPSVトップチームの監督に就いたものの、成績不振を理由に2019年12月に解任されていた。 CLでの躍進を目指すチームの舵取り役を引き受け、現役時代にバイエルンに在籍していた2011年以来のドイツ上陸となるオランダ人指揮官は、新たな挑戦に興奮していると、意気込みと喜びを語った。 「ヴォルフスブルクでの仕事を楽しみにしている。同時に新しい環境、人々、そして私を待ち受けている課題に興奮しているよ。このクラブの責任者の考えや認識は私と同じであり、クラブが歩んできた道にとても共感できた」 「私が長くプレーしたブンデスリーガで監督として働くことを許されたことは、私にとって大変な名誉なことであり、チャレンジでもある。関係者の皆様とともに大きな喜びと責任を持って取り組んでいきたいと思う」 2021.06.02 20:33 Wed
twitterfacebook
thumb

来季CL参戦のヴォルフスブルク、ファン・ボメルの新指揮官就任が迫る!

ヴォルフスブルクは新指揮官としてマルク・ファン・ボメル(44)氏を招へいするようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ヴォルフスブルクは今シーズンのブンデスリーガで見事にトップ4入りを果たし、7シーズンぶりのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得。しかし、26日にオリバー・グラスナー(44)監督がフランクフルトへと引き抜かれることが発表され、新たな指揮官を招かざるを得ない状況となっていた。 そういった中で、就任間近となっているのが元オランダ代表のレジェンドであるファン・ボメル氏だ。同氏は2013年に選手としてのキャリアを終えると、オランダ代表U-17のコーチに就任後、サウジアラビア代表のアシスタントコーチやPSVのアンダーカテゴリーで監督などを歴任。2018年夏からPSVトップチームの監督に就いたものの、成績不振を理由に2019年12月に解任されていた。 ドイツ『キッカー』によれば、発表は遅くとも来月2日までに行われるとされ、契約期間は2年以上が見込まれている模様。なお、クラブのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるヨルグ・シュマトケ(56)氏との契約延長交渉も併せて行われているようだ。 2021.05.31 17:21 Mon
twitterfacebook
thumb

フランクフルトの新指揮官がグラスナー氏に決定! 今季ヴォルフスブルクにCL出場権もたらす

フランクフルトは26日、来シーズンからの新指揮官にオリバー・グラスナー氏(46)を招へいしたことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となる。 なお、グラスナー氏はヴォルフスブルクと2022年までの契約を残していたため、フランクフルトは違約金を支払っている。 フランクフルトの取締役会のスポークスマンを務めるアクセル・ヘルマン氏は、グラスナー氏の招へいを以下のように説明している。 「オリバー・グラスナーは、ヴォルフスブルクでの過去2年間で、最高レベルの仕事と共に若いプレーヤーを育成する手腕を証明した」 「チーム周辺のスタッフの入れ替わりが激しいクラブの状況においては、意図的にブンデスリーガや欧州の大会での経験を持つ監督を探していた。その結果、グラスナーのプレー哲学が我々のチームに理想的であることがすぐにわかった。彼がヴォルフスブルクでの成功をフランクフルトでも引き継いでくれると確信している」 一方、自身初のチャンピオンズリーグ(CL)での指揮を蹴って、フランクフルトでの新たな挑戦を選んだ46歳の指揮官は、クラブとしての継続性を重視したと、今回の決断の理由を説明している。 「アイントラハト・フランクフルトはエキサイティングなクラブで、近年大きな発展を遂げている。ここ数年のヨーロッパリーグでの輝かしい成績を見ても、アイントラハトに対する街や地域の情熱は素晴らしく、世界的にも有名だ。フランクフルトでは、強力なレベルのチームを継続的に発展させる機会があると考えており、この素晴らしい挑戦をとても楽しみにしている」 今シーズンのブンデスリーガをヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の5位でフィニッシュしたフランクフルト。しかし、2018年からチームを率いていたアディ・ヒュッター監督(51)がボルシアMGに引き抜かれる形となっていた。 そういった中で後任指揮官に指名されたのは、今シーズンのブンデスリーガでヴォルフスブルクをCL出場圏内の4位フィニッシュに導いたオーストリア人指揮官となった。 現役時代に母国のSVリート、LASKリンツでプレーしたグラスナー氏は、現役引退後にレッドブル・ザルツブルクのフロントで働いた後、当時クラブでスポーツ・ディレクターを務めていたラルフ・ラングニック氏の助言を受け、ロジャー・シュミット監督(現PSV)の下で指導者キャリアをスタート。 その後、リート、LASKと古巣の指揮官を歴任し、2019年からブルーノ・ラッバディア氏の後任としてヴォルフスブルクの新指揮官に就任。就任1年目を7位で終えると、今シーズンはリーグ2位の堅守を武器に安定した戦いぶりをみせ、2014-15シーズン以来のCL出場権獲得に導いた。 現時点で元日本代表MF長谷部誠の残留が決定している一方、日本代表MF鎌田大地の去就に関しては不透明な状況だ。その中でひとまず新指揮官が決定したことで、鎌田に関しては今後何らかの動きが出てくるはずだ。 2021.05.26 23:04 Wed
twitterfacebook
thumb

カスティールスがヒザの手術で最終節を欠場

ヴォルフスブルクは20日、守護神のベルギー代表GKコーエン・カスティールスがヒザの手術を受けため、ブンデスリーガ最終節のマインツ戦を欠場すると発表した。 クラブの発表によれば、カスティールスは2019年にヒザに埋め込んだプレートの除去手術を受けるため、母国ベルギーに向かっているという。また、今回の手術により今夏に行われるユーロ2020には不参加とのことだ。 2017-18シーズンから守護神に定着したカスティールスは、今季もここまでブンデスリーガ32試合に出場し14度のクリーンシートを達成。同選手の活躍もありヴォルフスブルクは、前節のライプツィヒ戦で5年ぶりのチャンピオンズリーグ出場権を獲得していた。 なお、クラブは最終節のマインツ戦でオーストリア代表GKパヴァオ・ペルヴァンがゴールマウスを守ると発表している。 2021.05.21 00:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly