前監督との不仲を明かすヴォルフスブルク主将「これまでのキャリアの中で最悪の関係だった」

2021.06.09 17:49 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴォルフスブルクの元フランス代表MFジョシュア・ギラヴォギが、オリバー・グラスナー監督の退任を喜んだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。

ギラヴォギは2014年にアトレティコ・マドリーからヴォルフスブルクに加入。これまで公式戦218試合出場11ゴール6アシストを記録している。チームではキャプテンも務めており、主軸として貢献し続けてきたが、今シーズンはグラスナー監督の下で出場機会が減少。ブンデスリーガでの先発出場はわずか7試合に留まっており、クラブから退団する可能性も囁かれていた。

しかし、ヴォルフスブルクは先月グラスナー監督がフランクフルトに引き抜かれたこともあり、2日にマルク・ファン・ボメル新監督の就任を発表。来シーズンは新たな体制でのスタートとなった。
ドイツ『Wolfsburger Nachrichten』及び『Wolfsburger Allgemeine Zeitung』のインタビューに応じたギラヴォギは、この体制変更を歓迎。グラスナー監督から受けた屈辱についても語っている。

「彼がいなくなって本当に良かった。僕個人としてはこれまでのキャリアの中でも、監督と選手としては最悪の関係だったと思うからね」

「はっきりしていたこととして、彼がクラブに残るのであれば僕は去りたいと思っていた。チャンピオンズリーグ(CL)の出場権など何の役にも立たなかった。今年はとても傷つくシーズンだったよ。大惨事だった」

「彼は(消化試合の)最終節で、僕をスタメン起用したいと言ってきた。僕への贈り物のつもりだったのだろうね。でもそれを受け取っていたら、その後に自分の姿を鏡で見ることはできなかっただろう。あまりに多くのことが起きた後で、その申し出は無礼だと感じて断った。サッカー選手として壊れてはいたが、人としても大きな打撃を受けたんだ」

グラスナー監督がいる限りはクラブ退団を考えていたギラヴォギだが、新監督がやってきたことで考えは変わったとコメント。ヴォルフスブルク残留の希望を語った。

「ここに留まりたいね。僕の息子はヴォルフスブルクで生まれ、娘もほぼ完璧なドイツ語を話している。僕たち家族にとって、クラブの体制の変化は大きな一歩になるだろう」

関連ニュース
thumb

ブレーメン、ヴォルフスブルクで構想外のFWフィリップをレンタル移籍で獲得

ブレーメンは30日、ヴォルフスブルクからドイツ人FWマクシミリアン・フィリップ(28)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。背番号は「17」を着用する。 ブレーメンへの移籍が決まったフィリップは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ヴェルダーは素晴らしいクラブだ。ここでプレーできるタスクとチャンスを楽しみにしている。チームを助けたいし、多くの出場時間を得たい。熾烈なポジション争いがあることはわかっているが、僕はそれに挑み、クラブがこの素晴らしいサッカーを今後も続けていけるよう、少しでも力になりたいと思っているよ」 かつてフライブルクやドルトムント、ディナモ・モスクワでプレーしたフィリップは、2020年の夏にヴォルフスブルクへレンタルで加入すると、ブンデスリーガ24試合に出場し6ゴール2アシストを記録。 この活躍が認められ、翌年の夏に完全移籍すると昨季は準主力として公式戦25試合に出場。しかし、今季は昨夏に就任したニコ・コバチ監督の構想外となっており、ここまでブンデスリーガ3試合でわずか115分の出場にとどまってた。 2023.01.31 01:40 Tue
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがクロアチア代表FWブレカロを獲得! 昨季トリノではセリエA7ゴール

フィオレンティーナは28日、ヴォルフスブルクからクロアチア代表FWヨシプ・ブレカロ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「77」に決定している。 移籍市場に精通するジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、今回の移籍に移籍金は支払われていないものの、将来のリセール時の10%がヴォルフスブルクに支払われるようだ。また、ブレカロは2026年夏までの3年半契約を結んだとのことだ。 ブレカロはディナモ・ザグレブの下部組織出身で、2016年夏にヴォルフスブルクに完全移籍で加入。その後、シュツットガルトへのレンタルを経て2017年12月に復帰を果たすと、2018–19シーズンから主力に定着した。 左右のウイングを主戦場に突破力と動き出しに特長を持つ24歳は、2020-21シーズンのリーグ戦で29試合7ゴール3アシストの数字を残してクラブのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献していた。 昨シーズンは買い取りオプション付きのレンタルでトリノに加入すると、セリエA32試合の出場で7ゴール2アシストの数字を残したが、トリノはオプションを行使せず。 すると、レンタルバックした今季のヴォルフスブルクでは同胞のニコ・コバチ監督から信頼を得られず、リーグ戦6試合の出場にとどまっていた。 2023.01.29 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、モンペリエDFコッツァを完全移籍で獲得

ヴォルフスブルクは25日、モンペリエからフランス人DFニコラ・コッツァ(24)を完全移籍で獲得した。契約期間は2027年6月30日までで、背番号は「8」に決定した。 モンペリエの下部組織出身のコッツァは、2017年6月にプロ契約を締結。トップチームでは在籍5年半で公式戦112試合に出場し5ゴール7アシストを記録。今季は左サイドバックやセンターバックを主戦場に公式戦18試合に出場していた。 ヴォルフスブルクでは、今冬に左サイドバックを務めていたフランス人DFジェローム・ルシヨン(30)がウニオン・ベルリンへ移籍しており、フランスの世代別代表に選出された実力を持つコッツァがその後釜として選ばれた。 2023.01.26 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、ウニオンへ移籍したルシヨンの後釜をモンペリエから獲得か

ヴォルフスブルクは、フランス人DFニコラ・コッツァ(24)の完全移籍に関してモンペリエとクラブ間合意に至ったようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 モンペリエの下部組織出身のコッツァは、2017年6月にプロ契約を締結。トップチームでは在籍5年半で公式戦112試合に出場し5ゴール7アシストを記録。今季は左サイドバックやセンターバックを主戦場に公式戦18試合に出場していた。 そんなコッツァをヴォルフスブルクは、今冬にウニオン・ベルリンへ移籍したフランス人DFジェローム・ルシヨン(30)の後釜として注目。当初はモンペリエとの契約が終了する夏に獲得する予定だったが、ルシヨンの移籍により前倒しでの獲得に動いたとのこと。 また、モンペリエは現在リーグ・アンで15位と残留争いを強いられていることから交渉は難航していたが、ヴォルフスブルクのイェルグ・シュマッケSDは『キッカー』の取材に対し「我々は合意に達している。まもなく確定するはずだ」と明かしている。 2023.01.25 01:20 Wed
twitterfacebook
thumb

堂安フル出場のフライブルク、ヴォルフスブルクに屈辱6失点惨敗《ブンデスリーガ》

フライブルクは21日、ブンデスリーガ第16節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、0-6で惨敗した。フライブルクのMF堂安律はフル出場している。 首位バイエルンを4ポイント差で追う2位フライブルク(勝ち点30)は、カタール・ワールドカップで大活躍した堂安が[4-3-3]の右ウイングでスタメンとなった。 7位ヴォルフスブルク(勝ち点23)に対し、開始2分にヴィマーのゴールを許したフライブルクは17分に同点のチャンス。CKの流れからヘフラーのボレーがGKを強襲した。 しかし29分、ヴィマーのポストプレーからゴール前に詰めたヴィントにゴールを許してリードを広げられる。さらに37分、FKの流れから再びヴィントにゴールを決められ0-3で前半を終えた。 迎えた後半もヴォルフスブルクに主導権を握られると、ゲルハルト、バク、ワルドシュミットにゴールを許してフライブルクは6失点惨敗。フル出場の堂安は見せ場を作れなかった。 2023.01.22 01:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly