C・ロナウド退団の噂が流れるユベントス、後釜にG・ジェズスを指名か

2021.06.07 23:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスが今後の退団が噂されるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(36)の後釜としてマンチェスター・シティのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(24)の獲得に関心を寄せているようだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

2018年7月、レアル・マドリーからユベントスへと活躍の場を移したC・ロナウド。自身初のイタリア挑戦となった中、3シーズンを過ごし公式戦133試合に出場し101ゴール22アシストを記録。セリエAでは97試合に出場し81ゴール17アシストと、その得点力は衰えることはなかった。

今シーズンはセリエAで33試合に出場し29ゴール2アシストで得点王にも輝き、順調なシーズンを送っていると思われたが、財政面で改善を図りたいユベントスが高給取りであるC・ロナウドを手放すとの噂から今夏に退団するのではないかという噂が加速し続けている。

『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えるところによれば、ユベントスはC・ロナウドの退団に備えてすでに後釜の獲得に動いている模様。そして、その第一候補としてガブリエウ・ジェズスに関心を寄せているようだ。

2017年冬に2700万ポンド(約35億円)の移籍金で母国パルメイラスから加入したジェズス。以降、絶対的エースのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが高い壁となっているものの、ここまで公式戦139試合に出場して63得点25アシストをマークしている。

なお、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの退団によりストライカーの補強が急務となっているシティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、トッテナムのイングランド代表ハリー・ケインの獲得を望んでおり、その交渉材料にガブリエウ・ジェズスの譲渡を含める可能性があるとのことだ。

関連ニュース
thumb

アッレグリがついつい独り言で暴言…「マジかよ…ユベントスのためにプレーしてるんだろ」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が思わず感情的になった。 ユベントスは19日に行われたセリエA第4節でミランと対戦。未だリーグ戦で白星がなく、何としても勝利が欲しいチームは試合開始早々にFWアルバロ・モラタのゴールで先制に成功したものの、後半に追いつかれ、1-1のドローに終わった。 この結果、ユベントスは60年ぶりにリーグ戦4試合未勝利。順位も18位と降格圏に低迷している。 2年ぶりにユベントスの指揮官に復帰したものの結果が出ないアッレグリ監督だが、ミラン戦後、ロッカールームに戻る道中には、思わずFワードを交えて「マジかよ…ユベントスのためにプレーしてるんだろ」と独り言で愚痴をこぼしていたとイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 試合後の会見では「少なくとも首位との距離は変わらない以上、今日負けなかったことは重要だった」と語ったアッレグリ監督。スクデット奪還のためには少しでも早くチームを軌道に乗せたいところ。ユベントスは22日に第5節でスペツィアとアウェイで対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】Fワードで不満をぶちまけるアッレグリ監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">| <a href="https://twitter.com/hashtag/Allegri?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Allegri</a> at the end of <a href="https://twitter.com/hashtag/JuveMilan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JuveMilan</a> literally fuming at his players saying: “Porca troia. E vogliono giocare nella Juve”.<br><br>This literally translates to: “holy sh**. And they want to play for Juve”.<br><br>[ IG: notiziebianconere] <a href="https://t.co/QoP0ABoVEn">pic.twitter.com/QoP0ABoVEn</a></p>&mdash; Juventus Area (@juventus_area) <a href="https://twitter.com/juventus_area/status/1440003960752984070?ref_src=twsrc%5Etfw">September 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.21 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

デ・リフトの引き抜き困難か? 来夏に約190億円の契約解除条項が有効に

ビッグクラブが関心を示すオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)だが、ユベントスが放出を望まない限り、引き抜きは非常に困難なようだ。 2019年夏にアヤックスからユベントスに7500万ユーロ(約96億3000万円)の金額で加入したデ・リフト。ここまで2年間の在籍期間に公式戦79試合に出場している。 その逸材センターバックに関しては、2019年夏にもユベントスと競合したバルセロナを始め、幾つかのメガクラブが獲得に関心を示している。 だが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えるところによれば、デ・リフトとユベントスの契約には1億5000万ユーロ(約192億円)の契約解除条項があり、その条項は2022年夏に有効になるという。 そのため、他クラブがユベントスとの契約交渉を行わずに引き抜くことは事実上不可能と言ってもいい。 また、現在デ・リフトはセンターバックの3番手という立ち位置だが、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)と、同DFレオナルド・ボヌッチ(34)がキャリア終盤に差し掛かっていることもあり、来シーズン以降は最終ラインの主軸を担うことが期待されている。 先日にデ・リフトの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏は、同選手が来シーズンもトリノに留まるかはわからないと、クラブへのけん制とも取れるコメントを残していたが、現時点では退団の可能性は非常に低いようだ。 2021.09.20 22:53 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントス、ついにディバラと契約延長か

ユベントスはアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(27)との契約延長に近づいているようだ。 2015年夏にユベントスへと加入し、2017-2018シーズンからは背番号10を背負っているディバラ。歴代のレジェンドとの比較に苦しみながらも、ここまで公式戦通算258試合に出場し、102ゴール43アシストを記録と着実に結果を残している。 今季もここまで公式4試合に出場し、2ゴール2アシストと好調のディバラだが、ユベントスとの現行契約は来年6月まで。延長交渉は給与面の問題で難航しており、一時はオランダDFマタイス・デ・リフト(22)に並ぶチーム最高給となる1200万ユーロ(約15億6000万円)を要求し、破談になったとも報じられていた。 しかし、最近では契約延長の可能性が高まっているという見方も。そんな中、イタリア『トゥットスポルト』は、ユベントスとディバラが新たに5年契約を結び、今週中にも発表されるだろうと伝えた。 また、このタイミングで交渉が進展した理由にはディバラの代理人であるホルヘ・アントゥン氏の存在があるようだ。『トゥットスポルト』によれば、約2カ月前からトリノに滞在し、ユベントスとの交渉に臨んでいた同氏は17日、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるフェデリコ・チェルビーニ氏らとさらに綿密な話し合い。同氏のアルゼンチンへの帰国が来週に迫った中で、交渉は最大の山場迎えているようだ。 2021.09.20 18:07 Mon
twitterfacebook
thumb

いまだ勝利なく絶不調のユベントス…ダニーロが低迷の原因指摘 「チームの問題は体力より精神面にある」

ユベントスのブラジル代表DFダニーロがチームの問題点を指摘した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 昨シーズンのセリエAを4位で終え、10連覇を逃したユベントスは今夏に2014年から2019年までチームを率いたマッシミリアーノ・アッレグリ監督が再就任。復権を目指し、新シーズンに挑んだものの、ここまでのリーグ戦4試合で2分け2敗といまだ勝利はなく、チームは降格圏の18位に沈んでいる。 19日に行われたセリエA第4節ミラン戦でも、多くの負傷者を抱える対戦相手にホームで先制点を挙げながらリードを守り切れず。終盤にはGKヴォイチェフ・シュチェスニーの好セーブで辛くも失点を逃れるなど、守勢に回る展開のままドローに終わった。 ミラン戦後に『DAZN』のインタビューを受けたダニーロはまたしても勝利を逃したことに落胆。チームは結果を出せない原因に少しでも早く気がつくべきだと語った。 「僕たちはパフォーマンスではなく、結果に苦しんでいる。だから、もっとチームとしての力を発揮しなければならないという監督の意見には同意するよ。僕らは知的でなければならず、これらの結果の原因に気づく必要がある」 「前半はポゼッションを保ち、高い位置でプレスをかけ、準備したことをしっかりと実行できた。だからこそ、後半もその強さを維持する必要があったと思う。でも僕たちは、避けられるゴールを許してしまったね」 ダニーロはインタビューのなかで、現在のチームの問題点は精神面にあると指摘。そのうえで、まずは少しでも順位を上げていく必要があると強調した。 「僕の考えではあるけど、チームの問題は体力より精神面にあると思う。僕たちはプレスをかけたり、守備時にユニットとして動いたりすることができず、ボールを素早く動かせてもいない」 「他チームが何をしているかではなく、自分たちの仕事と進歩だけに集中する必要があると思う。本来の自分たちのレベルでプレーすることさえできれば、確実に順位を上げることはできるはずだ」 2021.09.20 16:47 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランとドローで4試合未勝利のユベントス、指揮官は勝ち点獲得の重要性強調 「負けなかったことが重要」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督がチームの課題を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは19日に行われたセリエA第4節でミランと対戦した。いまだリーグ戦で白星がなく何としても勝利が欲しいチームは試合開始早々にFWアルバロ・モラタのゴールで先制に成功。しかし、その後は追加点を挙げられず、後半に同点ゴールを許すと、終盤にはGKヴォイチェフ・シュチェスニーの好セーブで辛くも失点を防ぎ、1-1のドローに終わった。 この結果、リーグ戦4試合未勝利となり、順位も18位と降格圏に低迷のアッレグリ監督は試合後、勝利こそ逃したものの、勝ち点1を得た重要性を強調。一方で、試合終盤の戦い方については修正が必要だとも認めた。 「前半はとても良いプレーができたが、後半は負ける恐れのある試合でもあった。試合のある局面で相手に得点させてはならないのだが、我々は少し決意に欠けていたと思う。我々が学ばなければならないのは、試合の終盤ではもっと意地を張り、ボールの奪い合いに勝利し、より良いプレーをすることだ」 「とはいえ、少なくとも首位との距離は変わらない以上、今日負けなかったことは重要だった。ただし、ここから順位を上げようと思うのであれば、最後の数分間を大切にしなければならない」 2021.09.20 10:40 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly