琉球守護神の田口潤人、全治最大12週間の離脱 「必ずパワーアップして戻ってきます」

2021.06.07 12:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC琉球は7日、GK田口潤人の負傷を報告した。田口は5月30日に行われた明治安田生命J2リーグ第16節のアルビレックス新潟戦で左第3中手骨を骨折。全治約10〜12週間を要する見込みを受け、「必ずパワーアップして戻ってきます。チームに必要とされるようにまずは戦える体に戻す為にリハビリ頑張ります!」と復帰後の活躍を誓った。

かつて横浜F・マリノスや藤枝MYFC、アルビレックス新潟でもプレーした田口は今季で琉球在籍2年目。チームが明治安田生命J2リーグ開幕から上位争いを演じるなかで、守護神として16試合に出場している状況だった。
関連ニュース
thumb

琉球がサンパウロ州3部クラブからFWヴィニシウスをレンタル! 「期待に応えられる様に努力」

FC琉球は1日、ブラジルのサンパウロ州3部リーグに属するナシオナルからブラジル人FWヴィニシウス(21)の期限付き移籍加入内定を発表した。 背番号は「34」。7月31日に入国しており、Jリーグが一括管理する14日間の待機期間(Jリーグバブル)を経て合流するという。 ヴィニシウスは身長184cm、体重82kgのFWで、2019年にナシオナルでプロデビュー。今季はパラナ州1部リーグのマリンガでプレーしていた。 クラブを通じて意気込みを語っている。 「この素晴らしい国、クラブでプレーできる事をとても嬉しく思います。個人・団体に関わらず良い成果を出せるようがんばります」 「この大きな機会を与えて下さったクラブにとても感謝していますしその期待に応えられる様に努力します。ありがとうございます!」 2021.08.01 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

琉球の2選手が新型コロナ陽性判定

FC琉球は30日、選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 選手はクラブが実施した25日のPCR検査、26日のJリーグ公式検査で陽性疑いの判定となり、その後医療機関で陽性と診断された。 なお、28日に選手、スタッフ全員に対してPCR検査を実施。2選手を除く全員の院生が確認された。 また、濃厚接触者に関してはいないと判断されているとのことだ。 陽性となった2選手は、発熱や味覚異常などはないとのことだ。 2021.07.30 19:18 Fri
twitterfacebook
thumb

今季甲府に加入のDF金井貢史が琉球へ完全移籍で獲得「ギラギラしてプレーをしたい」

FC琉球は28日、ヴァンフォーレ甲府のDF金井貢史(31)を完全移籍で獲得することを発表した。背番号は「35」をつける。 金井は横浜F・マリノスの下部組織出身。トップチーム昇格後は、サガン鳥栖、ジェフユナイテッド千葉、名古屋グランパス、清水エスパルスとクラブを渡り歩き、今シーズンから甲府でプレーしていた。 これまでJ1通算167試合17得点、J2通算42試合5得点を記録。甲府では明治安田生命J2リーグで7試合、天皇杯で1試合の出場に終わっていた。 樋口靖洋監督とは、2012年に横浜FMで共に仕事をしている。 金井は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC琉球 「みなさん、こんにちは。ヴァンフォーレ甲府から来ました金井貢史です。チームの目標達成の為に僕自身の力を振り絞っていきたいと思います」 「僕は今、試合にとても飢えています。ギラギラしてプレーをしたいと思います。皆様に一日でも早く認めてもらえるように日々精進していきたいと思います」 「しっかりと自分自身の存在をピッチで証明します。楽しみにしていてください!”貢史”と呼んでいただきたいですし、熱い応援、期待しています!よろしくお願いします」 ◆ヴァンフォーレ甲府 「この度FC琉球へ移籍することになりました。強い覚悟をもち移籍してきましたが、なかなかチームへ貢献出来ず、自分自身の力不足で大変申し訳なく思っております。いちサッカー人としてもっと上手くなりたい、強くなりたいと思う僕の思いを尊重をしてくれたチームの方々には感謝しております」 「FC琉球で大暴れして皆様のもとへNSK(なぜそこに金井)という言葉を届けていきたいと思います。半年間でしたが本当にありがとうございました」 2021.07.28 18:11 Wed
twitterfacebook
thumb

J1昇格目指す琉球が浦和MF武田英寿を育成型期限付き移籍で獲得、東京五輪代表のトレーニングパートナーにも

FC琉球は28日、浦和レッズのMF武田英寿(19)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。 期限付き移籍期間は2021年12月31日までとなり、今シーズンの浦和との公式戦には出場できない。背番号は「37」をつける。 武田はベガルタ仙台ジュニアから青森山田中学校に進学。そのまま青森山田高校に進学し、第97回全国高等学校サッカー選手権大会では、優勝に貢献すると共に、個人としても優秀選手に輝いた。 2020年に浦和に入団すると明治安田生命J1リーグで3試合に出場。YBCルヴァンカップで4試合に出場していた。 今シーズンもシーズン前は出場機会が増えるとみられ、ここまで明治安田J1で8試合、YBCルヴァンカップで2試合に出場。しかし、徐々に出番が減り、直近の試合では出場機会がなかった。 また、U-18日本代表、日本高校選抜にも選出。東京オリンピックに臨むU-24日本代表のトレーニングパートナーにも選出されていた。 武田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC琉球 「このたび、期限付き移籍で加入することとなりました、武田英寿です。FC琉球のJ1昇格に貢献できるように全力でがんばりたいと思います。FC琉球のファン・サポーターのみなさんにスタジアムでお会いできるのを楽しみにしております」 ◆浦和レッズ 「このたび、FC琉球に期限付き移籍することとなりました。浦和レッズに加入してから新型コロナウィルスの影響で、満員の埼玉スタジアムでプレーすることができなかったことが、本当に残念です。1年半の期間、チームスタッフや、優しい先輩、ファン・サポーターのみなさんに支えられながらプレーすることができました。素晴らしい環境の中で、プロサッカー選手として様々なことを学ぶことができましたが、プレー面でまだまだ足らないと感じていました」 「埼スタのピッチで自分を表現できるようにしっかりとFC琉球で成長してきたいと思います。FC琉球で試合に出場し、チームの勝利に貢献するための結果を出してきます。そして、浦和レッズのエンブレムをつけて、満員の埼スタのピッチでゴールを決めて躍動する姿をみなさんに見せられるように、がんばってきます。熱く素晴らしいファン・サポーターのみなさんと一緒に、ゴールと勝利が喜べるのを楽しみにしています」 2021.07.28 18:02 Wed
twitterfacebook
thumb

J1昇格目指す琉球に痛手、主力選手含む4名の負傷を発表

FC琉球は26日、DF岡﨑亮平、DF沼田圭悟、MF上里一将、DF上原牧人の4選手の負傷を発表した。 岡﨑は12日に行われたJエリートリーグの鹿児島ユナイテッドFC戦で負傷。左大腿二頭筋肉離れと診断され、復帰までは約6週間とのことだ。 沼田は3日に行われた明治安田生命J2リーグ第21節のツエーゲン金沢戦で負傷。古巣戦で右遠位脛腓じん帯損傷、距骨軟骨損傷と診断され、復帰まで約8週間とのことだ。 上里は18日に行われた明治安田生命J2リーグ第23節の大宮アルディージャ戦で負傷。左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断され、復帰までは約4週間〜6週間とのことだ。 上原は16日のトレーニング中に負傷。顔面骨折の重傷だが、復帰までは約4週間とのことだ。 岡﨑は今季の明治安田J2で15試合、沼田は21試合1得点、上里は23試合2得点、上原は3試合に出場していた。 2021.07.26 11:27 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly