PFA年間最優秀選手賞の候補6人が発表。王者シティから4人

2021.06.02 21:57 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランドのプロサッカー選手協会(PFA)は2日、PFA年間最優秀選手賞の最終候補6人を発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

同賞は協会登録している選手の投票によって決められる名誉ある賞で、昨季はマンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが選ばれた。

今年は優勝したマンチェスター・シティからポルトガル代表DFルベンディアス、ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン、イングランド代表FWフィル・フォーデン、そしてデ・ブライネの4人がノミネート。
ディアスは加入初年度ながらリーグ戦32試合に出場し17試合でクリーンシートを記録。チームを最少失点に導き、先月20日にFWA(フットボール記者協会)年間最優秀選手に見事選ばれた。ギュンドアンはMFながらリーグ戦で13得点。シーズン半ばのリバプール戦とトッテナム戦の連戦ではそれぞれ2ゴールを挙げるなど、チーム内でトップスコアラーとなった。21歳のフォーデンは今シーズンに完全ブレイク。PFA年間最優秀若手選手賞の最終候補6人にも選出されている。

また、トッテナムからはイングランド代表FWハリー・ケインが選ばれた。今シーズンはリーグ戦で23ゴール14アシストと素晴らしい結果を残し、得点ランキングとアシストランキングの両方でトップに輝いた。

そして、マンチェスター・ユナイテッドからはポルトガル代表ブルーノフェルナンデスが選出。赤い悪魔を牽引するゲームメイカーはリーグ戦でチームトップとなる18ゴール12アシストを記録し、来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献した。

受賞者は6日(日)に発表される。

関連ニュース
thumb

ユナイテッド、リーズ戦ではアントニーら6選手不在に…

マンチェスター・ユナイテッドは、8日のリーズ戦で6選手不在での戦いを強いられる見込みだ。クラブ公式サイトが伝えている。 現在、公式戦4連勝中と好調を維持するプレミアリーグ3位のユナイテッドは、8日にホームで行われるプレミアリーグ第8節延期分で17位のリーズと対戦する。 今週末にもアウェイで対戦するリーズとのローズ・ダービー連戦初戦に向けた公式会見に出席したエリク・テン・ハグ監督は、最新のチームニュースを提供。 直近のクリスタル・パレス戦での暴力行為によって3試合の出場停止を科されたMFカゼミロに加え、同試合で負傷したFWアントニーの2選手が新たに離脱者のリストに加わったことを明かした。 「彼ら(マルシャルとマクトミネイ)は明日も関与しない」 「そして、アントニーも同じだ。彼も明日は欠場することになり、それに関して整理しなければならない」 また、長期離脱中のMFクリスティアン・エリクセン、MFドニー・ファン・デ・ベークの2選手に関しても引き続き不在となる。 テン・ハグ監督は、多くの離脱者の存在を嘆きながらも、直前にジェシー・マーシュ監督を解任するなど苦戦が続く相手から勝ち点3を獲得することを至上命令としている。 「私は常に、起用可能なプレーヤーと一緒に戦わなければならない。我々にはスカッドがあり、そのチームには良いプレーヤーがたくさんおり、常にスタメンが固定されているわけではない。だからこそ、他のプレーヤーにもチャンスはあるし、私は彼らと共に戦うだけだ」 「試合後、カゼミロやアントニー、マルシャルがいなかったとは言えない。いや、勝たなければならない」 「このスカッドは、すべてのプレーヤーがマンチェスター・ユナイテッドで戦うだけの能力を備えており、明日はパフォーマンスを発揮しなければならない。ピッチに誰が立っても試合に勝たなければならない」 2023.02.08 00:32 Wed
twitterfacebook
thumb

「大きないじめっ子」シティの熱狂的ファン、元オアシスのリアム・ギャラガー氏が告発したプレミアリーグに怒り「全部調べろ」

マンチェスター・シティの熱狂的なファンとしても知られるリアム・ギャラガー氏が、プレミアリーグからの告発に怒りを露わにした。 プレミアリーグは6日、シティが財務面での規則違反を行っていることを告発。4年間にわたる調査の結果、2009年から2018年にかけて100件を超える不正があったことを発表した。 第三者委員会が立ち上げられ、調査が行われていくと発表されている中、シティ側はこの件を受け入れ調査の結果を待つと発表。違反はしていないと主張し、「驚いた」とした。 この件についてリアム氏がツイート。「プレミアリーグは大きないじめっ子だ。1つを調べるんじゃなく、全部調べろ」と投稿し、他のクラブの状況もしっかりと調査することを求めた。 リアム氏は、兄のノエル氏らと世界中で人気を集める「OASIS(オアシス)」の元メンバー。マンチェスターで生まれ、幼少期からシティの熱狂的なファンであり、迷惑行為でスタンドを追い出されたこともあるほどだ。 日本にもファンは多く、シティファンであることも広く知られた存在。シティ以外にも莫大な資金を投じてファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)に抵触するスレスレのクラブもあるだけに、リアム氏の主張はあながち間違っていないかもしれない。 2023.02.07 22:05 Tue
twitterfacebook
thumb

新監督に推すのはポステコグルー監督?リーズOBの元イングランド代表GKが言及「彼を獲りに行くのを見たい」

ジェシー・マーシュ監督を解任したリーズ・ユナイテッド。クラブOBはセルティックのアンジェ・ポステコグルー監督(57)を連れてくるべきだと主張した。イギリス『サン』が伝えた。 リーズは6日、成績不振によりマーシュ監督の解任を発表。チームは降格圏ギリギリの17位に位置。昨シーズンは見事に残留へと導いた中、今季は期待外れの結果に終わっていた。 後任監督にはかつての指揮官であるマルセロ・ビエルサ氏や、アストン・ビラを指揮していたスティーブン・ジェラード氏などが浮上。そんな中、元イングランド代表GKでリーズのOBでもあるポール・ロビンソン氏はポステコグルー監督こそが指揮をするべきだとした。 「WBAでカルロス・コルベランの話があったことは知っているが、個人的にはポステコグルーがセルティックからやってくるのが見たい」 「彼らは地に足の着いた人を採用しなければいけない。リーグを知り尽くし、選手を熟知している人の名前が挙がっている」 「ただ、私は、人をマネジメントできる人でなければいけないと思っている」 「彼のマネジメント能力と彼がスコティッシュ・プレミアシップで見せた適応力、そして獲得したトロフィーを考えれば、私のお気に入りだ」 「ハリー・キューウェルをアシスタントに迎えており、すでに繋がりはあると考えて良い」 「彼がプレミアリーグに来るのは時間の問題だと思うし、リーズが今すぐに船を出して、彼を獲りに行くのを見たい」 これまでもプレミアリーグクラブからの誘いがあった中で、セルティックで仕事を全うするとしてきたポステコグルー監督。シーズン途中でチームを離れることは考えにくいが、どのような結末を迎えるだろうか。 2023.02.07 21:20 Tue
twitterfacebook
thumb

財務違反疑いのシティを調査する第三者委員会、トップはまさかのアーセナルファン

マンチェスター・シティの財務違反を調査する第三者委員会のトップをアーセナルファンが務めるようだ。イギリス『サン』が伝えた。 2009年から2018年までの間に100件を超える財務規則違反を行った疑いがあるとして、6日にプレミアリーグから告発されたシティ。ペナルティとしては今季の勝ち点や過去のタイトルの剥奪、補強禁止などが考えられている。 シティ側は声明で違反を否定しているものの、第三者に調査が委ねられることとなり、最悪の場合、プレミアリーグからの除名というこの上ない厳しい措置もあり得るとされる。 調査に当たる第三者委員会の委員長に任命されたのは、法律の専門家であるマレー・ローゼン氏。過去に法廷判事を務めた経験も有する同氏は、現在はスイス・ローザンヌのスポーツ仲裁裁判所(CAS)で仲裁人を務め、そして熱心なアーセナルファンだという。 ローゼン氏が愛するアーセナルは現在、プレミアリーグで首位に立ち、2位シティとは5ポイント差。仮にもシティの勝ち点が剥奪されれば、限りなくアーセナルの19年ぶり優勝が近づくこととなるが、果たして…。 <span class="paragraph-title">【写真】第三者委員会のトップを務めるマレー・ローゼン氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Arsenal member will chair independent commission into Man City after they’re charged with financial rule breaches <a href="https://t.co/gBxn7pBVH1">https://t.co/gBxn7pBVH1</a></p>&mdash; The Sun Footbal(@TheSunFootball) <a href="https://twitter.com/TheSunFootball/status/1622626559470206977?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.07 20:54 Tue
twitterfacebook
thumb

「信じられない仕事」ベルギー時代の三笘薫を知るブライトンFWが活躍を称賛「ベルギー時代よりも優れている」

ベルギー時代からのチームメイトであるブライトン&ホーヴ・アルビオンのFWデニス・ウンダブが日本代表MF三笘薫の凄さを語った。クラブ公式サイトが伝えた。 ウンダブは、2020年7月からロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズでプレー。2022年1月にブライトンへと完全移籍すると、そのままレンタルでサン=ジロワーズに残った。 三笘が初めてヨーロッパにチャレンジした最初のチームメイトであり、2021-22シーズンのジュピラー・プロ・リーグではレギュラーシーズンの33試合で25ゴール10アシストを記録。三笘からのアシストを受けるなど、良いコンビを見せていた。 そのウンダブは三笘と共に今シーズンからブライトンでプレー。自身初のイングランドでのプレーでは苦戦が続き、ここまでプレミアリーグ9試合でノーゴールとなっている。 ウンダブは4日に行われたボーンマスにも先発出場。6試合ぶりの出番をもらった中、ゴールを決められずに75分に交代。三笘からのお膳立てがありながらもミスをするなどしていた。 試合後、ウンダブは決勝ゴールを決めてチームを勝利に導いた三笘について言及。今シーズンの働きぶりの凄さを称えた。 「彼は今シーズンとても大きな一歩を踏み出した。彼の一対一は、ベルギー時代よりも優れている。いつパスをするのか、いつ一対一で仕掛けるべきなのかを理解している。彼がチームのために信じられない仕事をしており、違いを生み出しているということは、誰もが同意するだろう」 「彼は最高の試合ができなかったにも関わらず、再びゴールを決めた。今リズムに乗っているし、これを続けてくれることを願っている」 「ほとんどの場合はデュエルで勝利する。適切なタイミングで適切な場所にいる必要があり、ボールが自分のためにそこにあれば、それをフィニッシュまで持っていく必要がある。彼がいれば、毎試合5、6回のチャンスが生まれるかもしれない。次は彼がこのポジションにいるときに得点できるように頑張る」 <span class="paragraph-title">【動画】臨場感最高!三笘薫の劇的ヘッドを10台のカメラで!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/BHAFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BHAFC</a> <a href="https://t.co/zXcMVe5cuD">pic.twitter.com/zXcMVe5cuD</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1622641771623882752?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.07 20:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly