PK11本止められずのデ・ヘア、相手の蹴る方向が書いたメモを渡されていた

2021.05.28 14:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
【写真】デ・ヘアが受け取ったメモには相手選手の利き足、蹴る方向、選手によっては助走の特徴が…



1 2
関連ニュース
thumb

サンチョが古巣ドルトムントにエモーショナルな別れ…「17歳の若者をリスクを冒して信じてくれた…」

マンチェスター・ユナイテッド移籍が決定したイングランド代表MFジェイドン・サンチョが古巣ドルトムントにエモーショナルな別れのメッセージを送った。 サンチョは2017年にマンチェスター・シティから加入以降、公式戦137試合に出場し、50ゴール64アシストを記録。選手、人間として大きな成長を果たし、今夏満を持して母国に帰還することになった。 そして、21歳の若武者はマイスターシャーレ獲得こそ逃したものの、DFBポカールを制覇するなど、充実した時を過ごした愛する古巣へ自身の公式『インスタグラム』を通じて別れのメッセージを送った。 「これは、飲み込むのが難しいメッセージです」 「まず最初に、トップチームでの経験がない当時17歳の若者にリスクを冒して、信じてくれたボルシア・ドルトムントのすべてに感謝しています」 「この象徴的なクラブに対する僕の愛は、決して他に一致するものがないほどのものなんだ。スタジアムに足を踏み入れた最初の瞬間から、自分の家のように感じ、正しい決断をしたと思った」 「クラブに関わるすべての人たちが、自分を快く迎えてくれた。ドイツへの移住はフットボールだけでなく、新しいライフスタイルや文化にも適応しなければならなかった」 「17歳でイギリスを離れることは、海外でプレーするだけでなく、家や家族からも離れることになるので、大きなリスクと考える人もいた。僕は常に世界の舞台で自分の才能を発揮したいと思っていたけど、ドルトムントがその機会を与えてくれたことを生涯に渡って感謝します。このクラブに在籍した時期に世話をしてくれた素晴らしいスタッフ、コーチ、クラブに関わるすべての人たちに改めて感謝の気持ちを伝えたいと思います。みんなと離れるのは、とても寂しいよ」 「ドルトムントに在籍していたすべてのプレーヤーとピッチで一緒にやれたことを光栄に思っている。才能あるプレーヤーであるみんなから多くのことを学べたよ。僕がプレーヤーとして成長し、トップレベルのフットボールを理解するための助けとなってくれたことに感謝しているよ」 「クラブは一人の若者に夢を与えてくれ、今の僕を作ってくれた。若くしてできるだけ早く経験を積み、歴史的な節目を迎えることができました。また、このクラブはチャンピオンズリーグでプレーするチャンス、自分の国を代表してプレーするチャンスを与えてくれた。そして、この素晴らしいクラブには多くの恩義を感じているんだ」 「ドルトムントは常に僕の一部であり、クラブ、チーム、そして特に僕を支えてくれたサポーターのみんなには、常に恋しさを感じると共に、愛と感謝の思いを抱いているよ。僕の決断を尊重してもらえると嬉しいよ。友情の最も美しい部分は、理解することと理解されることだから…」 「ダンケシェーン BVB」 2021.07.25 15:10 Sun
twitterfacebook
thumb

スールシャール、延長拒否噂のポグバに「憶測は常にある」…さらなる共闘願望も

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が去就揺れるフランス代表MFポール・ポグバ(28)に言及した。イギリス『メトロ』が報じている。 新シーズンに向けて、プレシーズンを始動したユナイテッド。だが、新シーズンが契約最終年のポグバを巡り、クラブから届いた週給35万ポンド(約5300万円)込みの延長オファーを蹴ったとの噂が浮かび、ユナイテッドでのキャリアに暗雲が垂れ込める。 これが事実であれば、今夏の売却か、現行契約を全うさせるかの二択で決断を迫られるが、スールシャール監督は24日に行われたQPRとのプレシーズンマッチ後、渦中のポグバについて私見を示した。 「ポールを巡る憶測は常にあるもの。私はクラブとポールの代理人による話し合いについて、一つひとつを詳しく把握しているわけじゃなく、何も言うことなんてない」 そんなポグバにパリ・サンジェルマン(PSG)の関心が取り沙汰され、その件も問われると、「ポールに対しては常に憶測があり、関心を抱くクラブも常にある」と返してみせ、さらなる共闘願望を口にした。 「もちろん、我々が最高の状態にあるポールを目にしてきたなかで、ポール自身も我々がどう感じているかを認識している。そして、もちろんながら彼との仕事を楽しめており、これからも共にできるのを願っている」 そして、単刀直入にポグバがユベントス移籍を果たした2012年夏以来、2度目となるフリー移籍の実現性を問われると、「それもまた憶測だ。何が起こるのか見てみようじゃないか」と返答した。 2021.07.25 09:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、PSM2戦目はQPRに4失点大敗…リンガードが開始3分弾でアピールも

マンチェスター・ユナイテッドは24日、QPRとのプレシーズンマッチに臨み、2-4の敗北を喫した。 チャンピオンシップに属するQPRのホームに乗り込んでのプレシーズン2戦目。スールシャール監督の契約延長が発表されての同試合も先のダービー・カウンティ戦に続いて、主力の大半を欠いての一戦となった。 [4-2-3-1]の布陣が敷かれ、最後尾に今夏復帰のベテランGKヒートンが入り、最終ラインにワン=ビサカ、トゥアンゼベ、メンジ、ウィリアムズ。マティッチとペレイラがボランチでコンビを組み、1トップを務めたグリーンウッドの背後にペリストリ、リンガード、ジェームズが入った。 そんなユナイテッドは開始3分に敵陣中央で左サイドからのパスをペリストリが叩くと、裏を狙ったリンガードがそのままボックス中央に抜け出して、右足フィニッシュを決め、先制に成功。だが、7分に左サイドからのクロスをオースティンにヘディングで合わせられ、追いつかれてしまう。 1-1で折り返した試合も若手中心のユナイテッド守備陣に局面での緩い対応が目立ち、53分にダイクスのゴールで逆転を許すと、58分と59分に立て続けの失点を喫して、3点ビハインドに。ハーフタイム明けを皮切りにベンチスタート組にも出番を与えながら勝利を目指すが、敗色ムードが漂う。 そうしたなか、後半の頭から出場した売り出し中のエランガが73分にバイタルエリア右でボールを受けると、中にボールを持ち込みながら左足シュートをゴール左に突き刺して、2点差に。だが、反撃はそれ以上続かず、プレシーズン2試合目は敗退という結果に終わった。 QPR 4-2 マンチェスター・ユナイテッド 【QPR】 オースティン(前7) ダイクス(後8、後14) オドバホ(後13) 【マンチェスター・ユナイテッド】 リンガード(前3) エランガ(後28) 2021.07.25 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

アレックス・テレスが足首のケガで数週間の離脱へ

マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表DFアレックス・テレスが数週間の離脱を強いられる見込みだ。ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督が24日のQPR戦前に明かした。クラブ公式サイトが伝えている。 新シーズンに向け、サリー州でトレーニングキャンプを実施しているユナイテッド。今回の発表によれば、トレーニング中に足首を負傷したアレックス・テレスが、一足先にチームを離脱したとのことだ。 QPRとのプレシーズンマッチ前に行われたインタビューでスールシャール監督は、アレックス・テレスの状態に関して以下のようにコメントしている。 「残念ながら、アレックスは足を滑らせて足首をひねってしまい、数週間の離脱を余儀なくされた。それほどひどくならないことを願っているが、しばらくの間は離脱することになるだろう」 なお、ユナイテッドは8月14日に行われるプレミアリーグ開幕節でリーズと行われる。 2021.07.25 00:30 Sun
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・ユナイテッド、スールシャール監督と契約更新! 延長OP付きの2024年まで

マンチェスター・ユナイテッドは24日、オーレ・グンナー・スールシャール監督(48)と2024年まで契約を延長したことを発表した。さらに1年の延長オプションも付随する。 2021-22シーズンで4年目を迎えるスールシャール監督は以下のようなコメントを残した。 「私がこのクラブに対して抱いている気持ちは誰もが知っているところだろう。この新しい契約にサインできたことを嬉しく思っている。今、マンチェスター・ユナイテッドはエキサイティングな時期を迎えており、我々は成功に貪欲な若者と経験豊富な選手がバランスよく集まったチームを作っている」 「私の周りには素晴らしいコーチングチームがあり、皆この旅の次のステップに進む準備ができている。マンチェスター・ユナイテッドは最大かつ最高のトロフィーの獲得を目指す。それが我々全員の目標だ。ピッチ内外で成長してきたことは、これからも続いていくだろう」 「満員のオールド・トラフォードでシーズンがスタートするのが待ち遠しいね」 スールシャール監督は2018年12月にジョゼ・モウリーニョ前監督に代わって着任。当初はシーズンオフ中だったモルデからのレンタルという形だったが、翌年3月に正式監督となった。 昨シーズンは就任以降最高位となる2位でプレミアリーグをフィニッシュ。9シーズンぶりの優勝を狙う新シーズンに向けては、イングランド代表FWジェイドン・サンチョという強力な即戦力を獲得しており、また、レアル・マドリーからフランス代表DFラファエル・ヴァランの到着も見込まれている。 2021.07.24 20:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly