「今日も助けられた」仙台守護神スウォビィクが名古屋の前に立ちはだかる!「グランパスキラーだ」

2021.05.27 16:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ベガルタ仙台の元ポーランド代表GKヤクブ・スウォビィクが名古屋グランパス戦でもゴールに立ちはだかった。

仙台は26日、明治安田生命J1リーグ第16節で名古屋グランパスとアウェイで対戦。今季初の連勝を目指した。

前節の大分戦では試合終了間際のピンチでスウォビィクのスーパーセーブが飛び出し、勝ち点3を獲得した仙台だったが、この日も守護神の活躍が目立つ。

名古屋に押し込まれた前半を耐え凌ぐと、42分にはFWマルティノスが値千金の先制点をマーク。1点リードで折り返す。

そして迎えた後半、スウォビィクが好セーブを連発する。63分、名古屋はボックス右をDF成瀬竣平が仕掛けると、途中交代で入っていたFW前田直輝がボックス内右から左足でシュート。FW山崎凌吾が被り見づらい弾道だったが、スウォビィクが集中したセーブを見せる。

さらに64分、フィードに抜け出してボックス内右で受けた前田が左足でシュート。しかし、これもスウォビィクがセーブする。

88分にはDF森下龍矢が持ち上がりボックス内にパス。これをFW相馬勇紀がダイレクトでシュートも、スウォビィクがまたしてもビッグセーブ。結局仙台が前半の1点を守り切り、0-1で勝利を収めた。

守護神の毎節の活躍には、ファンからも「今日も助けられた」「ありがとうスウォビィク」といった感謝の声が挙がった一方、名古屋のファンからも「グランパスキラーだ」「スウォビィクにやられた」など、その実力に脱帽する声が多くあった。

仙台は今季初の連勝。依然降格圏にいるが、残留争いから抜け出す大きな勝ち点3をつかんだ。



1 2

関連ニュース
thumb

「新たなISHIHARAが!?」仙台がMF石原崇兆のユニフォーム表記変更を「ISHIHARA」から「TAKAYOSHI」に変更

ベガルタ仙台は19日、MF石原崇兆のユニフォームのネームについて発表した。 2022シーズンは明治安田生命J2リーグを戦うこととなる仙台。1年でのJ1復帰に向けて、新体制で戦うことになる。 その仙台だが、オーセンティックユニフォームを既に販売。その中で、石原のユニフォームの選手名表記を変更することを発表した。 当初は「ISHIHARA」となることが発表されていたが、チームから変更依頼があったとし昨年と同じ「TAKAYOSHI」のままとなるようだ。 仙台は「「ISHIHARA」の選手表記名でユニフォームを楽しみにしていただいたお客様、誠に申し訳ございません。また、すでに背番号14番「ISHIHARA」でご予約いただいたお客様につきましては、個別でご連絡させていただき、変更のご希望を確認させていただきます」と陳謝している。 この発表にはさまざまな憶測が飛び交い「別の「ISHIHARA」選手が来るって事だな」という予測も飛び出るほど。湘南ベルマーレを退団したFW石原直樹はかつて仙台に所属していたこともあり、復帰なのではという予測出ている。 なお、今シーズンは清水エルパルスのFWディサロ燦シルヴァーのが「LELE」と愛称の表記に変更しようとしたが、Jリーグに認められず「DISARO'」のままになることが発表されており、選手名表記で新たな変更となった。 2022.01.19 20:13 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台MF中原彰吾が相模原に移籍 「また高木監督の下で闘える事を嬉しく思います」

SC相模原は16日、ベガルタ仙台からMF中原彰吾(27)の完全移籍加入を発表した。背番号は「30」を着用する。 中原は北海道コンサドーレ札幌のアカデミー出身で、2013年にトップチームデビュー。以後、タイのコンケーンやガンバ大阪、V・ファーレン長崎へのレンタルを経験して、2019年に札幌復帰を果たした。 だが、札幌では出番が限られ、同年7月に完全移籍で仙台へ。昨季は明治安田生命J1リーグ19試合1得点という数字を収めたが、今季からJ3リーグの相模原に活躍の場を移すことが決まった。 長崎時代の恩師である高木琢也監督と再会を果たす中原は両クラブを通じて、それぞれのファンにコメントしている。 ◆SC相模原 「仙台から来ました中原彰吾です。また高木監督の下で闘える事を嬉しく思います。絶対に1年で上がりましょう! 応援よろしくお願いします」 ◆ベガルタ仙台 「このたび、SC相模原に移籍することとなりました。新しいチームで心機一転して、がんばりたいと思います。2年半たくさんの応援をありがとうございました」 2022.01.16 13:15 Sun
twitterfacebook
thumb

1年でのJ1復帰期す仙台、元C大阪MFレアンドロ・デサバトの加入内定を発表!

今季から明治安田生命J2リーグを戦うベガルタ仙台は12日、MFレアンドロ・デサバト(31)の加入内定を発表した。日本政府による新型コロナウイルス感染症に関する新規入国制限措置を受け、入国可能になり次第来日して、正式契約を結ぶ。 レアンドロ・デサバトは母国アルゼンチンのベレス・サルスフィエルド、ブラジルのヴァスコ・ダ・ガマでプレー後、2019年にセレッソ大阪入りした。それを機に2シーズンにわたって日本でプレーしたが、2020シーズン限りでC大阪を退団。そこから約半年の無所属期間を経て、2021年夏に母国クラブのロサリオ・セントラルに加入した。 2年ぶりのJリーグ復帰となるレアンドロ・デサバトは仙台を通じて、意気込みを語っている。 「ベガルタ仙台のファン、サポーターのみなさん、こんにちは。レアンドロ デサバトです。偉大なクラブの一員となり、大変うれしく思っています。目標を達成し、みなさんに幸せを届けられるようにがんばります。一緒にJ1に復帰しましょう」 2022.01.12 13:25 Wed
twitterfacebook
thumb

J1復帰目指す仙台、新ユニフォームは伝統のベガルタゴールドに加えレッドがアクセントに

ベガルタ仙台は7日、2022シーズンの新ユニフォームを発表した。 仙台は2021シーズン、震災から10年という節目を迎えたが、明治安田生命J1リーグの開幕から思うように勝ち点を積み上げられず、第36節終了時に2試合を残してのJ2降格が決定。手倉森誠監督が退任した。 2022シーズンはその後を継いだ原崎政人監督体制が継続する中、新ユニフォームはベガルタ仙台のクラブカラーを最大限に生かしたデザインを採用した。 フィールドプレーヤーのユニフォームは、1stがクラブの象徴であるベガルタゴールド、2ndは品位と力強さを感じさせるホワイトがベースカラーとなっている。 それぞれのベースと、銀河の色を表すベガルタブルーのアディダス「スリーストライプス」が調和し、一体となって戦う選手たちを鮮やかに彩る。さらに情熱と勝利への意欲を表すベガルタレッドが加わることで、ユニフォームが完成する。 ゴールキーパーユニフォームは、シャツとショーツのデザインを統一した大胆なオールオーバープリントを採用し、選手の迫力を高めると共に、勝利への固い意志を表現している。 ユニフォームには、クラブカラーを身に纏い、「ALL VEGALTA」でJ1復帰を目指す勝負のシーズンを戦い抜く、そんな強い思いが込められた。 13季ぶりにJ2の舞台での戦いに臨む仙台。強い思いを持って1年でのJ1復帰を勝ち取れるか。 <span class="paragraph-title">【写真】ベガルタゴールドにブルーのスリーストライプとレッドが加わった仙台の新ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vegalta20220119_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vegalta20220119_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.01.07 20:40 Fri
twitterfacebook
thumb

佐々木匠が20年過ごした仙台を退団…J3降格の愛媛へ移籍「20年間本当にありがとうございました」

愛媛FCは6日、ベガルタ仙台からMF佐々木匠(23)が完全移籍加入することを発表した。 仙台の下部組織出身の佐々木は、2016年にトップチームに昇格し、クラブ史上最年少の16歳3カ月でのベンチ入りを果たした。 仙台の至宝とも呼ばれたが、その後は徳島ヴォルティスやカマタマーレ讃岐、レノファ山口FCへ期限付き移籍。2020年に復帰するも、この2年間でリーグ戦の出場は16試合にとどまった。 新天地として選んだのは、J3へ降格した愛媛。J1から一気に2ステージダウンの移籍となるが、佐々木はクラブとともにJ2昇格を果たす意気込みを語った。 「この度愛媛FCに加入することになりました。チームの目標であるJ2復帰のために全力でプレーします。みんなで上に這い上がりましょう。応援よろしくお願いします」 一方、アカデミー時代から20年在籍した仙台に向けては心残りがあると正直に告白。また、今後の仙台を支えていくアカデミーの選手に向けてエールを送った。 「このたび、愛媛FCに完全移籍することとなりました。ベガルタ仙台にはアカデミー時代を含め、20年お世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。心残りなのは、超満員のユアスタで仙台を引っ張る太陽となり、再昇格させることができないままチームを離れること。小さいころの自分に夢を与えてくれたこのクラブにもっとプレーで恩返しをしたかったですし、アカデミーの子どもたちの目標にもなりたかったです」 「チームを離れることになり、さびしいですが、ファン、サポーターのみなさんに必ず成長した姿をお見せします。選手という立場ですが、小さいころからのベガルタサポーターとしてベガルタ仙台のJ1復帰を心から願っています。またお会いましょう」 「最後にアカデミーのみんなへ。このクラブがもっと強くなるために必要なのは、自分のすべてを捧げることのできるクラブ愛を持った選手です。さまざまな進路がありますが、みんなには可能性があり、トップチームで活躍しなければならない選手です。ベガルタ仙台が好きなら迷わず、努力し続けて上を目指してください。ベガルタ仙台に関わるすべてのみなさん、20年間本当にありがとうございました」 2022.01.06 17:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly