トラブゾンスポル、セリエAからジェルビーニョ&B・ペレスの快足コンビを獲得

2021.05.27 00:04 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トラブゾンスポルは26日、コートジボワール代表FWジェルビーニョ(33)とブラジル人MFブルーノ・ペレス(31)の2選手の獲得を公式SNSで発表した。なお、現時点で契約に関する詳細は明かされていない。

これまでリールやアーセナル、ローマ、河北華夏などで活躍したジェルビーニョは、2018年夏にパルマへ加入。同クラブでは在籍3年間で公式戦89試合に出場し、25ゴール8アシストを記録していた。

今シーズンのセリエAでは27試合で5ゴールを挙げる活躍を見せていたが、チームは最下位でのセリエB降格となった。そのため、現行契約は2022年まで残っていたものの、予てより移籍先に挙がっていたトラブゾンスポル行きが決定した。

一方、サントスやトリノで活躍したブルーノ・ペレスは2016年にローマへ加入。2018年にサンパウロ、2019年にスポルチ・レシフェと母国クラブにレンタルに出されるも、昨年1月にレンタルバックで復帰。左右のウイングバックを主戦場に、今シーズンは公式戦44試合に出場し、2ゴール4アシストを記録するなど、主力としてプレーしていた。

しかし、ジョゼ・モウリーニョ新監督の下で立て直しを図る来シーズンのローマに居場所はなく、契約満了に伴いフリーでトルコに向かうことになった。
関連ニュース
thumb

ハムシクがトラブゾンスポルと正式契約!背番号は17を着用

トラブゾンスポルは29日、スロバキア代表MFマレク・ハムシク(33)と正式に契約を結んだことを発表した。契約期間は明かされていないが、背番号は「17」を着用するとのことだ。 トラブゾンスポルの契約書にサインしたハムシクは、公式会見で以下のように喜びを語った。 「まずは感謝の言葉から始めたい。この場にいられることをとても嬉しく思っているよ。トラブゾンスポルは僕の移籍手続きにおいて、非常に誠実なプロセスを遂行してくれましたし、何の問題もなかった。非常に明確で正確なプロセスで、それは僕にとってベストなことだった。なぜなら、ユーロ2020の代表チームに参加したとき、僕はプレーだけに集中することができたからね。今回の移籍手続きは、僕が常に望んでいたように非常に迅速かつ誠実な方法で行われた。一緒に素晴らしいシーズンを過ごせることを願っているよ」 ハムシクは2004-05シーズンに母国の強豪スロバン・ブラチスラバでプロデビュー後、ブレシアを経て、2007年夏にナポリ入りした。 そのナポリでは歴代最多の公式戦520試合に出場して、史上2位の121得点を記録。100アシストも最多と、長らくバンディエラを担っていた。 2019年2月からは中国スーパーリーグの大連一方(現・大連人職業)に移籍。約1年間の在籍で公式戦45試合に出場したが、今年に入って契約を解消。3月にはスウェーデンのヨーテボリに短期契約で加入していた。 なお、トラブゾンスポルは今夏の移籍市場でハムシクとセリエA時代にしのぎを削ったコートジボワール代表FWジェルビーニョ(34)、ブラジル人MFブルーノ・ペレス(31)を同じくフリートランスファーで獲得している。 2021.06.30 00:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ハムシクがトラブゾンスポルにフリーで加入!

トラブゾンスポルは8日、スロバキア代表MFマレク・ハムシク(33)の加入を発表した。 ハムシクは2004-05シーズンに母国の強豪スロバン・ブラチスラバでプロデビュー後、ブレシアを経て、2007年夏にナポリ入りした。 そのナポリでは歴代最多の公式戦520試合に出場して、史上2位の121得点を記録。100アシストも最多と、長らくバンディエラを担っていた。 2019年2月からは中国スーパーリーグの大連人職業に移籍。今年に入って契約を解消し、3月にはスウェーデンのヨーテボリに短期契約で加入していた。 なお、トラブゾンスポルは今夏の移籍市場でハムシクとセリエA時代にしのぎを削ったコートジボワール代表FWジェルビーニョ(34)、ブラジル人MFブルーノ・ペレス(31)を同じくフリートランスファーで獲得している。 2021.06.09 05:30 Wed
twitterfacebook
thumb

浅野拓磨がトラブゾンスポルと2年契約で合意、代理人は訴訟が起きないと見解

給料の遅延とクラブの不義理を理由にブログで退団を発表したFW浅野拓磨(26)だが、トルコのトラブゾンスポルと2年契約で合意に至ったようだ。トルコ『Fotospor』が伝えた。 浅野は2日、自身のブログで「給与の未払いやクラブの不誠実な対応」を理由に、パルチザン・ベオグラードからの退団を発表した。 突然の発表は大きな話題となり、パルチザンも追って声明を発表。浅野の退団を発表した一方で、契約違反だとして国際サッカー連盟(FIFA)に浅野を訴えると反論。泥沼の展開となっている。 そんな中、浅野とトラブゾンスポルは予備契約にサイン。したとのこと。一方で、パルチザンは移籍金600万ユーロ(約7億9200万円)を求めるとしており、トラブゾンスポルへ書面を送ったとされている。 しかし、浅野の代理人は、パルチザンが起こそうとしている訴訟について、訴訟に発展する可能性が低いとトラブゾンスポルに保証したとのことだ。 FIFAの規則では、2カ月以上給与を支払われなかった場合、最短15日以内に解決する必要があるとのこと。この期間を超えても対応されなかった場合は、選手は契約を終えることができるというもの。フリーとなり、新たな契約にサインできるという規則がある。 FIFAの判断に委ねられる部分はあるが、問題が生じなければトルコが新天地になることは間違いなさそうだ。 2021.05.12 10:20 Wed
twitterfacebook
thumb

パルチザン電撃退団のFW浅野拓磨の新天地はトルコ? 獲得に興味と現地報道

給料の遅延とクラブの不義理を理由にブログで退団を発表したFW浅野拓磨(26)だが、新天地はトルコになるかもしれない。トルコ『Haber Mat』が報じた。 浅野は2日、自身のブログで「給与の未払いやクラブの不誠実な対応」を理由に、パルチザン・ベオグラードからの退団を発表した。 突然の発表は大きな話題となり、パルチザンも追って声明を発表。浅野の退団を発表した一方で、契約違反だとして国際サッカー連盟(FIFA)に浅野を訴えると反論。泥沼の展開となっている。 日本やセルビア以外でも大きな話題となっている浅野の退団劇。どのように落ち着くのかは未だ見えてこないが、浅野はすでに新天地入りが近づいていると報じられている。 浅野は欧州5大リーグでのプレーを望んでいるとされたが、トルコのスュペル・リグであればセルビアよりはヨーロッパの舞台に近い状況。さらに、ストライカーを補強したいトラブゾンスポルが浅野に興味を持ち、獲得に動き出しているようだ。 2013年にサンフレッチェ広島でプロデビューした浅野は、2016年夏にアーセナルへ一気にステップアップ。直後からシュツットガルトやハノーファーへのローンで武者修行に励むも、アーセナルでのデビューは果たせないまま、2019年夏にセルビア1部のパルチザンへ完全移籍した。 2年目を迎えていた今シーズンは、リーグ戦33試合の出場で18ゴール8アシストと大活躍。欧州1部リーグでは日本人最多得点で、8月に行われた第5節のインジヤ戦ではハットトリックを達成していた。 2021.05.07 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、リバプール関心のトルコ代表GK獲得に動く?

ドルトムントがトラブゾンスポルに所属するトルコ代表GKウールジャン・チャクル(25)の獲得に動いているようだ。トルコ『Fotospor』が報じている。 2014年にトラブゾンスポルでトップチームに昇格したチャクルは、翌年にトップチームデビュー。その後、2018-19シーズンの途中から正GKへの昇格を果たすと、以降はキャプテンと守護神として好パフォーマンスを披露。また、2019年5月にデビューを果たしたトルコ代表ではここまで7試合に出場している。 その逸材GKに関しては守護神GKアリソン・ベッカーのバックアッパーを探すリバプールが昨年から関心を示していたが、ここ最近に入ってより具体的な動きを見せているのがドルトムントだという。 GKロマン・ビュルキとGKマルヴィン・ヒッツという2人のスイス人GKを抱えるドルトムントだが、新たな守護神候補の1人としてチャクルに関心を寄せているという。 そして、先日には2000万ユーロ(約26億円)のオファーを掲示したが、トラブゾンスポル側は2800万ユーロ(約36億5000万円)を希望しており、交渉はまとまらなかったという。 2021.04.24 08:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly