トラブゾンスポル、セリエAからジェルビーニョ&B・ペレスの快足コンビを獲得

2021.05.27 00:04 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トラブゾンスポルは26日、コートジボワール代表FWジェルビーニョ(33)とブラジル人MFブルーノ・ペレス(31)の2選手の獲得を公式SNSで発表した。

なお、現時点で契約に関する詳細は明かされていない。

これまでリールやアーセナル、ローマ、河北華夏などで活躍したジェルビーニョは、2018年夏にパルマへ加入。同クラブでは在籍3年間で公式戦89試合に出場し、25ゴール8アシストを記録していた。

今シーズンのセリエAでは27試合で5ゴールを挙げる活躍を見せていたが、チームは最下位でのセリエB降格となった。そのため、現行契約は2022年まで残っていたものの、予てより移籍先に挙がっていたトラブゾンスポル行きが決定した。

一方、サントスやトリノで活躍したブルーノ・ペレスは2016年にローマへ加入。2018年にサンパウロ、2019年にスポルチ・レシフェと母国クラブにレンタルに出されるも、昨年1月にレンタルバックで復帰。左右のウイングバックを主戦場に、今シーズンは公式戦44試合に出場し、2ゴール4アシストを記録するなど、主力としてプレーしていた。

しかし、ジョゼ・モウリーニョ新監督の下で立て直しを図る来シーズンのローマに居場所はなく、契約満了に伴いフリーでトルコに向かうことになった。

関連ニュース
thumb

ザニオーロ復帰弾に守護神パトリシオ躍動! ローマが連勝で本戦出場決定《ECL》

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のプレーオフ2ndレグ、ローマvsトラブゾンスポルが26日に行われ、ホームのローマが3-0で勝利した。この結果、2戦合計5-1としたローマの本戦出場が決定した。 モウリーニョ監督の公式戦初陣となった敵地での1stレグを2-1の逆転勝利で飾ったローマ。先週末に行われたセリエA開幕戦でもフィオレンティーナを3-1で破り、公式戦連勝中だ。ポルトガル人指揮官はそのフィオレンティーナ戦と全く同じスタメンで本戦出場を狙った。 立ち上がりは逆転突破を目指すトラブゾンスポルが、ブルーノ・ペレスとジェルビーニョの古巣対戦コンビの右サイドを起点に押し込む入りを見せる。 それでも、初戦同様に粘りの守備でフィニッシュまで持ち込ませないローマは、ファーストチャンスをゴールに結びつける。20分、中盤でのボール奪取をキッカケに右サイド深くへ侵攻したカルスドルプから斜めのマイナスパスを受けたクリスタンテがボックス手前右から右足一閃。低弾道の強烈なシュートがゴール左下隅に突き刺さった。 幸先よく先制に成功したホームチームはより前がかる相手の攻撃を受け止めつつ、カウンターから2点目を狙う。33分と35分にはボックス内に抜け出したペッレグリーニに続けて決定機が訪れるが、いずれのシュートも枠を捉え切れず。 1点リードで試合を折り返したローマだが、後半は立ち上がりにいきなりピンチ。48分、相手の右CKの場面でヴィクトル・ウーゴにドンピシャのタイミングでヘディングシュートを許すが、これはGKルイ・パトリシオが見事な左手のセーブではじき出した。 守護神のビッグセーブで事なきを得たローマは直後に決定機を創出。54分、相手陣内右のハーフスペースで持ち上がったカルスドルプが柔らかなクロスを上げると、これをゴール前のエイブラハムがヘディングシュート。だが、これは惜しくも右ポストを叩き、こぼれ球に反応したザニオーロも利き足ではない右足のシュートを大きくふかした。 以降は再びトラブゾンスポルの時間帯が続く。62分にはイタリア凱旋のハムシクがボックス右の位置で抑えの利いた強烈な右足のボレーシュートを枠に飛ばすが、これはGKパトリシオが再び驚異的な反応ではじき出し、ゴールを割らせない。 すると、守護神の2度のビッグセーブを意気に感じた攻撃陣がきっちり仕事を果たす。エイブラハムを下げてショムロドフを投入した直後の65分、中盤でボールを運んだヴェレトゥから背後を狙うザニオーロへ完璧な縦パスが通る。ザニオーロは相手DFをブロックしながらボックス内まで運び、体勢を崩しながらも左足のシュートを流し込んだ。 直近のフィオレンティーナ戦での退場を払しょくする22歳の1年ぶりのゴールによって本戦出場に大きく近づいたローマは、ムヒタリアン、ヴェレトゥ、ザニオーロを下げてカルロス・ペレス、ビジャール、エル・シャーラウィを続けて投入。試合をクローズにかかる。 84分にはペッレグリーニからラストパスを受けたエル・シャーラウィがボックス左から細かいドリブルでDF2枚を外し、得意の角度から右足のシュートを流し込み、ダメ押しの3点目とした。 そして、難敵トラブゾンスポル相手に連勝を決めたローマが順当にECL本戦出場を決めた。 ローマ 3-0(AGG:5-1) トラブゾンスポル 【ローマ】 クリスタンテ(20分) ザニオーロ(65分) エル・シャーラウィ(84分) 2021.08.27 03:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマがモウリーニョ初陣飾る! トラブゾンスポルに苦戦も新戦力ショムロドフが値千金のデビュー弾《ECL》

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のプレーオフ1stレグ、トラブゾンスポルvsローマが19日に行われ、アウェイのローマが1-2で先勝した。 昨シーズンのセリエAを7位でフィニッシュし、今シーズンから創設されたECLに初参戦となったローマ。ジョゼ・モウリーニョを新指揮官に迎えた中、プレシーズンでは好調を維持。良い形で公式戦初戦を迎えた。 注目の先発にはGKにルイ・パトリシオ、4バックは右からカルスドルプ、マンチーニ、イバニェス、ビーニャ。中盤はクリスタンテとヴェレトゥの2セントラルMF、2列目にザニオーロ、ペッレグリーニ、ムヒタリアンと並び、最前線にショムロドフが入った。 一方、対戦相手のトラブゾンスポルではいきなりの古巣対戦となったブルーノ・ペレスに加え、同じく古巣対戦のジェルビーニョやハムシクとセリエAを知る実力者がスタメンに並んだ。 すでに公式戦3試合を戦いコンディションで勝るホームのトラブゾンスポルが、立ち上がりからボールを握って押し込む展開が続く。 攻守両面で初戦特有の硬さが見られるローマは、ピンチこそないものの、強度、プレスの連動性を欠き、なかなか良い形でボールを奪えず。左サイドで高い位置を取るビーニャを起点に崩しを試みるが、こちらも精度を欠く。 それでも、前半半ば過ぎの25分にはビーニャ、カルスドルプの両サイドバックの連続クロスから最後はゴール前のムヒタリアンが強烈な反転シュートでゴールネットを揺らすが、ここはトラップ際のハンドを取られてゴールは認められず。 以降はローマがボール支配率で押し返したことで、試合はより拮抗した展開となる。39分にはビーニャのクロスをボックス右で収めたカルスドルプに決定機が訪れるが、ニアを狙った右足のシュートはサイドネットを叩いた。 互いに決定機まであと一歩というもどかしい場面が目立った試合は0-0のスコアで後半に突入。立ち上がりは中盤での睨み合いが続いたが、アウェイのローマが先手を奪う。 55分、相手陣内左サイドでボールを持ったムヒタリアンがボックス付近から絶妙な左足のクロスを供給すると、ファーに走り込んだペッレグリーニが右足の丁寧なボレーで合わせた。 カピターノの新体制初ゴールによって勢いに乗りたいローマだが、直後にはジェルビーニョの鋭い縦への仕掛けからボックス内で際どい折り返しを入れられるなど、依然として油断が許されない戦いが続く。 すると、64分には久々に右サイドで高い位置を取ったブルーノ・ペレスからの正確な浮き球のクロスを、直前にジェルビーニョに代わって投入された元パルマのFWコーネリウスにヘディングで叩き込まれ、同点に追いつかれた。 この失点によってバタつくローマは、直後にも相手のカウンターからヌワカエメに続けてボックス内で際どいシュートを許すが、ここはGKパトリシオの冷静なセーブで難を逃れる。 後半半ば以降は何とか持ち直したローマは、80分を過ぎてようやく交代選手がベンチサイドで準備を見せ始めた中、ここまで沈黙していた新戦力が決定的な仕事を果たす。 81分、右CKの場面でキッカーのザニオーロが左足インスウィングで入れたクロスをファーで競り勝ったマンチーニがヘディングシュート。これは右ポストを叩くも、こぼれ球に反応したショムロドフのゴール至近距離からのシュートがDFに当たりながらも、そのままゴールネットを揺らした。 その後、殊勲のデビュー戦ゴールを決めたショムロドフ、ムヒタリアンを下げてカルレス・ペレス、マジョラルを同時投入したローマ。試合終了間際にはペッレグリーニを下げてクンブラを入れ、[5-4-1]の守備的布陣で、相手のパワープレーに応対。ラストプレーとなったトラブゾンスポルのFKの場面ではヴィトール・ウーゴにヘディングシュートを枠に飛ばされたが、GKパトリシオが冷静にキャッチした。 そして、難敵トラブゾンスポル相手に苦しみながらも勝ち切ったローマがモウリーニョ新体制の初陣を飾ると共に、来週ホームで行われる2ndレグに向けて大きなアドバンテージを手にした。 トラブゾンスポル 1-2 ローマ 【トラブゾンスポル】 コーネリウス(64分) 【ローマ】 ペッレグリーニ(55分) ショムロドフ(81分) 2021.08.20 04:45 Fri
twitterfacebook
thumb

トラブゾンスポル、パルマからデンマーク代表FWコーネリウスを獲得!

トラブゾンスポルは10日、パルマからデンマーク代表FWアンドレアス・コーネリウス(28)を完全移籍で獲得した。背番号は「14」を着用する。 母国の名門コペンハーゲンでプロデビューを飾った193cmのセンターフォワードであるコーネリウスは、2017年の夏にアタランタへ完全移籍。加入初年度は公式戦31試合に出場し6ゴールを記録も、2018-19シーズンはボルドーへレンタルされると、2019-20シーズンには買い取り義務付きの2年レンタルでパルマに加入。 パルマでは、加入初年度にセリエAで26試合に出場し12ゴールを記録したが、昨季は公式戦30試合に出場し1ゴール5アシストにとどまっていた。 クラブから正式な契約期間などは明かされていないが、トルコ『Fotomac』によれば契約期間は2025年6月30日までで、年俸は150万ユーロ(約3億8900万円)となる。なお、移籍金については約490万ユーロ(約6億3500万円)を4回の分割で支払うようだ。 2021.08.11 01:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ジェノア、ショムロドフ後釜にガーナ代表FWを獲得!

ジェノアは7日、トラブゾンスポルからガーナ代表FWカレブ・エクバン(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となる。 今夏の移籍市場でウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフ(26)をローマに引き抜かれたジェノアは、その後釜にイタリアでもプレー経験があるガーナ代表FWを獲得した。 ガーナ人の両親の下、ヴェローナで生まれ育ったエクバンは、エラス・ヴェローナでプロキャリアをスタートした。だが、トップチームではプレー機会を得られず、国内外のクラブへの武者修行を繰り返し、2017年に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に属していたリーズ・ユナイテッドに完全移籍。その翌年からはトラブゾンスポルへ活躍の場を移していた。 トラブゾンスポルでは在籍3シーズンで公式戦103試合に出場し、29ゴール18アシストの数字を残していた。 182cmと前任のショムロドフにサイズでは劣るものの、セカンドトップを主戦場に前線の複数ポジションをこなせるユーティリティー性、高い身体能力を生かしたカウンター向きのプレースタイルはチームの求めていたプロフィールと合致しているはずだ。 2021.08.08 14:14 Sun
twitterfacebook
thumb

ハムシクがトラブゾンスポルと正式契約!背番号は17を着用

トラブゾンスポルは29日、スロバキア代表MFマレク・ハムシク(33)と正式に契約を結んだことを発表した。契約期間は明かされていないが、背番号は「17」を着用するとのことだ。 トラブゾンスポルの契約書にサインしたハムシクは、公式会見で以下のように喜びを語った。 「まずは感謝の言葉から始めたい。この場にいられることをとても嬉しく思っているよ。トラブゾンスポルは僕の移籍手続きにおいて、非常に誠実なプロセスを遂行してくれましたし、何の問題もなかった。非常に明確で正確なプロセスで、それは僕にとってベストなことだった。なぜなら、ユーロ2020の代表チームに参加したとき、僕はプレーだけに集中することができたからね。今回の移籍手続きは、僕が常に望んでいたように非常に迅速かつ誠実な方法で行われた。一緒に素晴らしいシーズンを過ごせることを願っているよ」 ハムシクは2004-05シーズンに母国の強豪スロバン・ブラチスラバでプロデビュー後、ブレシアを経て、2007年夏にナポリ入りした。 そのナポリでは歴代最多の公式戦520試合に出場して、史上2位の121得点を記録。100アシストも最多と、長らくバンディエラを担っていた。 2019年2月からは中国スーパーリーグの大連一方(現・大連人職業)に移籍。約1年間の在籍で公式戦45試合に出場したが、今年に入って契約を解消。3月にはスウェーデンのヨーテボリに短期契約で加入していた。 なお、トラブゾンスポルは今夏の移籍市場でハムシクとセリエA時代にしのぎを削ったコートジボワール代表FWジェルビーニョ(34)、ブラジル人MFブルーノ・ペレス(31)を同じくフリートランスファーで獲得している。 2021.06.30 00:10 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly