栃木が松本戦でのラフプレーを謝罪、「監督が指示したという事実は一切ない」と一部噂を否定

2021.05.25 22:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
栃木SCは25日、松本山雅FC戦でのラフプレーについて謝罪した。問題は23日に行われた明治安田生命J2リーグ第15節の栃木vs松本の一戦で起こっていたとのこと。この試合ではラフプレーが目立った中、1つのプレーが大きな話題となっていた。

問題のシーンは20分。栃木が1-0とリードした中、松本のDFのクリアボールがゴールへ向かう。これを松本GK村山智彦が飛び出してキャッチ。しかし、栃木MF山本廉が右足を振り抜き村山の頭部を蹴り上げる事態となっていた。

なお、このシーンでは村山が負傷したもの治療して復帰。山本にはイエローカードが提示されていた。

このシーンについて村山は、23日に自身のインスタグラムに危険さを主張。「下手したら死にます」と頭部への危ないプレーを訴えていた。

この件について栃木は静観を続けていたが、公式サイトを通じて謝罪。ラフプレーを認めながらも、「監督が指示したという事実は一切ない」と事実とは違う点についても言及している。

「5月23日(日)にカンセキスタジアム栃木で開催された明治安田生命J2リーグ第15節「栃木SC vs 松本山雅FC」は、両クラブ共に反スポーツ的な行為やラフプレーが多い試合となりました」

「そのなかでの弊クラブ所属選手のプレーに対して、起きた事実に対しては真摯に受け止め今後改善できるよう努めて参ります」

「危険なプレーは、一つ間違えれば選手生命に影響を及ぼしかねないものであり、試合終了後にマッチコミッショナーとの意見交換をはじめ、両クラブ間で話し合い、このようなプレーが再び起こらないようにしていくことを共有いたしました」

「また、試合後の松本山雅FC所属選手のSNS投稿で誤解を生んでおります、弊クラブ監督が指示したという事実は一切なく、選手のプレーも意図的なものではございません」

「なお、この投稿に関連して、クラブ・選手・監督ならびにその家族・関係者に対し事実に基づかない誹謗中傷が発生しています。このような誹謗中傷に対しましては、法的措置も辞さない体制で臨んでいきます」

「コロナ禍において様々な制限下でクラブを応援いただいている皆様と一緒にたくさんの感動を共有していけるよう、今後も相手をリスペクトする行動や言動を心がけていくとともに、Jリーグで掲げている「激しくて、フェアで、エキサイティングな試合」を繰り広げていけるよう努めてまいります。今後ともクラブへのご声援をよろしくお願い申し上げます」

なお、試合は栃木が3-0で勝利。今後の試合でのプレーぶりが大きく注目を集めることになりそうだ。

1 2
関連ニュース
thumb

横浜FMとFC東京がそれぞれHonda FC、順天堂大に敗戦…王者・川崎Fも長野に辛勝《天皇杯》

9日、第101回天皇杯2回戦の全32試合のうち26試合が各地で行われた。 昨年の記念すべき第100回大会は新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で大会方式が大きく変更され、決勝を争った川崎フロンターレとガンバ大阪のほか、J2とJ3の優勝クラブや各地方の代表を集めた12クラブによるトーナメント形式で行われた。 今大会は従来通りの型に戻され、この2回戦からJ1クラブが参戦。横浜FMはニッパツ三ツ沢球技場に、昨年の大会でアマチュアシードとして準々決勝まで進んだ静岡代表のHonda FCを迎え撃った。 単純な力量ではJ1の横浜FMがはるかに上だが、直近公式戦から先発を9人入れ替えた横浜FMは28分に自陣のゴール前で相手を倒してPK献上という展開に。これをGK楠本祐規に決められ、先制を許してしまう。その後はボールは保持するものの、波に乗った楠本を中心とした守備を前に、なかなかゴールを奪えない。 それでも67分に、マルコス・ジュニオールがボックス左から上げたクロスをエウベルが押し込んで同点に。このまま90分では決着が付かず、延長戦に突入する。 ここで先にスコアを動かしたのは横浜FMだった。延長前半12分、味方のロングパスをボックス右で受けたエウベルの折り返しを、後半に決定機を外してしまっていたレオ・セアラが汚名返上のゴールで逆転に導く。しかし、延長後半1分にHonda FCは、左サイドからグラウンダーのクロスをマイナスに送ると、一人がニアでスルーしたところを岡崎優希が抑えの利いたダイレクトシュートを蹴り込んで再び同点に。 そのままPK戦に突入すると、後攻の横浜FMのチアゴ・マルチンスのシュートをGK楠本がセーブ。一方でHonda FCは5人全員が成功させ、死闘を制しジャイアントキリングを達成。3回戦進出を果たした。 下位リーグのクラブが上位クラブを破るジャイアントキリングは天皇杯の見どころといっても過言ではないが、この2回戦でもうひとつのジャイアントキリングが起こった。千葉代表の順天堂大学と味の素フィールド西が丘で対戦したFC東京は、開始9分に永井のゴールで幸先よく先制する。 しかし、勝利目前の88分に失点すると、延長前半17分に順天堂大学の小林里駆がボックス内で倒されPKを獲得。これを自ら決めて逆転に成功し、延長後半も逃げ切り1-2で勝利。3回戦では群馬と対戦する。 その他、前回王者の川崎Fも思わぬ苦戦を強いられる。日本代表に主力が大きく引き抜かれる中、レアンドロ・ダミアンや家長、シミッチらがスタメンに名を連ね、長野と対戦。しかし、やはりトップチームでの経験値が低い選手も先発したため、連携面で普段の良さを発揮できず、42分に藤山のゴールで先制を許してしまう。 このまま終盤に差し掛かり、川崎Fの今季初黒星も見えてきた91分、王者が底力を見せた。途中出場の橘田がボックス右からシュートを決めて同点に。延長戦でも決着が付かずPK戦に突入したが、何とか4-3で制し、千葉の待つ3回戦へ駒を進めた。 ■天皇杯2回戦 ▽6月9日(水) 川崎フロンターレ 1-1[4 PK 3] AC長野パルセイロ【27】 【川崎F】 橘田健人(後46) 【長野】 藤山智史(前42) ジェフユナイテッド千葉 1-0 大宮アルディージャ【28】 【千葉】 チャン・ミンギュ(後32) 清水エスパルス 1-0 福山シティFC【29】 【清水】 原輝綺(後47) ベガルタ仙台 0-1 いわてグルージャ盛岡【30】 【岩手】 ハン・ヨンテ(前2) モンテディオ山形 1-2 ヴェルスパ大分【32】 【山形】 松本幹太(前16) 【V大分】 利根瑠偉(前45、後4) 横浜F・マリノス 2-2[3 PK 5] Honda FC【33】 【横浜FM】 エウベル(後22) レオ・セアラ(延前12) 【Honda】 楠本祐規(前28) 岡崎優希(延後1) ジュビロ磐田 3-0 北海道十勝スカイアース【34】 【磐田】 小川航基(後11、後41) 三木直土(後26) セレッソ大阪 2-0 ガイナーレ鳥取【35】 【C大阪】 大久保嘉人(前5) 奥埜博亮(前31) アルビレックス新潟 4-1 ツエーゲン金沢【36】 【新潟】 田上大地(前23) 三戸舜介(前26) 矢村健(前42、後6) 【金沢】 本塚聖也(後8) サガン鳥栖 1-0 ロアッソ熊本【37】 【鳥栖】 山下敬大(前22) アビスパ福岡 6-0 鹿児島ユナイテッドFC【38】 【福岡】 杉本太郎(前34) ジョルディ・クルークス(後21、後30) 山岸祐也(後26、後33、後48) 栃木SC 2-0 FC町田ゼルビア【40】 【栃木】 松岡瑠夢(前15、前36) 北海道コンサドーレ札幌 5-3 ソニー仙台【41】 【札幌】 小野伸二(前14) ルーカス・フェルナンデス(前16) 中島大嘉(前22、前28、後39) 【ソニー】 内野裕太(前7、前16) 佐藤碧(後11) V・ファーレン長崎 2-0 沖縄SV【42】 【長崎】 ビクトル・イバルボ(前29) 大竹洋平(後45) 松本山雅FC 1-0 FC琉球【44】 【松本】 村越凱光(後7) 湘南ベルマーレ 0-0[4 PK 3] FC大阪【46】 柏レイソル 3-0 栃木シティFC【47】 【柏】 クリスティアーノ(前19) 三丸拡(前35) アンジェロッティ(後47) 京都サンガF.C. 3-1 FC今治【48】 【京都】 李忠成(前10、後24) 上月壮一郎(後17) 【今治】 武井成豪(後37) 浦和レッズ 1-0 カターレ富山【49】 【浦和】 キャスパー・ユンカー(後35) ギラヴァンツ北九州 0-1 SC相模原【50】 【相模原】 中山雄希(前46) 名古屋グランパス 5-0 三菱水島【51】 【名古屋】 藤井陽也(前36) 長澤和輝(前39) マテウス(後19、後46) 石田凌太郎(後44) 徳島ヴォルティス 2-1 高知ユナイテッドSC【54】 【徳島】 岩尾憲(前4) オウンゴール(前46) 【高知】 下堂竜聖(後7) FC東京 1-2 順天堂大学【55】 【FC東京】 永井謙佑(前9) 【順大】 白井海斗(後43) 小林里駆(延前17) 水戸ホーリーホック 0-3 ザスパクサツ群馬【56】 【群馬】 進昂平(前39) 高橋勇利也(前44) 大前元紀(後26) 大分トリニータ 3-2 ホンダロックSC【57】 【大分】 長谷川雄志(後4) 高澤優也(後29) 井上健太(延後3) 【ホンダロック】 田中大和(後35) 諏訪園良平(後40) ヴァンフォーレ甲府 1-2 福井ユナイテッドFC【58】 【甲府】 パウロ・バイヤ(前23) 【福井】 賀澤陽友(後46) 金村賢志郎(後50) ▽6月16日(水) サンフレッチェ広島 vs おこしやす京都AC【31】 鹿島アントラーズ vs Y.S.C.C.横浜【39】 ガンバ大阪 vs 関西学院大学【43】 横浜FC vs ヴァンラーレ八戸【45】 東京ヴェルディ vs ファジアーノ岡山【52】 ヴィッセル神戸 vs 鈴鹿ポイントゲッターズ【53】 2021.06.09 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

栃木に続き松本もラフプレーを謝罪、選手のSNS投稿での誤解も謝罪

松本山雅FCは25日、選手のSNS投稿について謝罪した。 23日に行われた明治安田生命J2リーグ第15節の栃木SCvs松本山雅FCでは、両チームともに反スポーツ的な行為やラフプレーが目立っていた。 その中でも20分、栃木が1-0とリードした中、松本のDFのクリアボールがゴールへ向かう。これを松本GK村山智彦が飛び出してキャッチ。しかし、栃木MF山本廉が右足を振り抜き村山の頭部を蹴り上げる事態となっていた。 このシーンが大きな注目を集めたが、山本にはイエローカードが提示されるに留まった一方で、村山は、23日に自身のインスタグラムに危険さを主張。「下手したら死にます」と頭部への危ないプレーを訴えていた。 25日、栃木は選手のラフプレーについて謝罪する一方で、そのような行為が「監督からの指示という事実は一切ない」と否定していた。 松本は、ラフプレーの多さを謝罪するとともに、誤解を招く投稿があったことを謝罪。誹謗中傷が起こっていることを報告した。 「5月23日(日)カンセキスタジアムとちぎで開催されました「2021明治安田生命J2リーグ 第15節 栃木SC 対 松本山雅FC」は、両クラブ共に反スポーツ的な行為やラフプレーが多い試合となりました」 「危険なプレーは、一つ間違えれば選手生命に影響を及ぼしかねないものであり、試合終了後にマッチコミッショナーとの意見交換をはじめ、両クラブ間で話し合い、このようなプレーが再び起こらないようにしていくことを共有いたしました」 「改めてフェアで、観ている人たちが気持ちの良い試合になるようなプレーを心がけて参ります」 「一方で、試合終了後の弊クラブ所属選手のInstagram投稿に関して、投稿内容の説明不足により本人の意図とは異なる受け取られ方が生じてしまい、様々なご意見がネット上に投稿いただいている他、両クラブ宛にもご意見をお寄せいただいております」 「当該シーンは、栃木SCの選手が意図的に行ったことや監督の指示によるものでは決してございませんし、一部の方から栃木SC様、選手・監督にまで誹謗中傷が及んでおりますことは、私どもも本意ではございません。栃木SCに関係する皆様に対してご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げますと共に、クラブとしましても、このようなことが起こらないように注意を払って参る所存です」 「コロナ禍において様々な制限下でクラブを応援いただいている皆様と一緒にたくさんの感動を共有していけるよう、Jリーグで掲げている「激しくて、フェアで、エキサイティングな試合」を繰り広げていけるように努めて参ります。引き続きクラブへのご支援のほど、よろしくお願い申し上げます」 <span class="paragraph-title">【SNS】頭を蹴られたGKも誤解を招く投稿を謝罪</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CPQZqdXBiP4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CPQZqdXBiP4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CPQZqdXBiP4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">村山智彦/Tomohiko Murayama(@tomohiko_murayama)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.05.26 09:55 Wed
twitterfacebook
thumb

「秩序風紀を乱す行為」で栃木と4月に契約解除のFWエスクデロ競飛王がタイ1部のチェンマイ・ユナイテッドに加入

今年4月に栃木SCを契約解除となっていたFWエスクデロ競飛王(32)の新天地が決まった。 エスクデロのマネジメントを行う『HEROE(エロエ)』が発表。タイリーグ1(タイ1部)のチェンマイ・ユナイテッドへと完全移籍することとなった。 エスクデロは浦和レッズの下部組織出身で、2005年にトップチームに昇格。FCソウルや江蘇舜天(後の江蘇蘇寧、江蘇FC)でプレーした後、2016年に京都サンガF.C.へと移籍。2018年7月からは韓国の蔚山現代へと期限付き移籍し、2020年に栃木へと加入していた。 栃木では2020シーズンに明治安田生命J2リーグで30試合に出場も無得点。今季は出番がなかった中、エスクデロは日本サッカー協会選手契約書内第9条①(5)にある「クラブの秩序風紀を乱す行為」があったため、双方合意の下で契約を解除。4月22日付で退団していた。 チェンマイ・ユナイテッドは、昨シーズンのタイリーグ2(タイ2部)で2位となり、今シーズンが初の1部挑戦となるクラブ。エスクデロにとっては中国、韓国に次いで海外3酷目の挑戦となる。 2021.05.25 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

栃木DF高杉亮太が5カ月の離脱…右アキレス腱断裂で手術

栃木SCは24日、DF高杉亮太の戦線離脱を報告した。 今季のここまで明治安田生命J2リーグ4試合に出場する高杉だが、20日のトレーニング中に負傷。右アキレス腱断裂で手術を受け、復帰まで約5カ月を要する見込みだ。 かつてFC町田ゼルビアや愛媛FC、V・ファーレン長崎にも所属した高杉。昨年から栃木でプレーしている。 2021.05.24 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

福岡DF三國ケネディエブス、栃木に武者修行! 「成長のために決断」

栃木SCは21日、アビスパ福岡からDF三國ケネディエブス(20)の育成型期限付き移籍加入を発表した。期間は2022年1月31日までとなる。 三國は青森山田高校から2019年に福岡入団。水戸ホーリーホックのDF三國スティビアエブスは実兄で、今季はここまで明治安田生命J1リーグ2試合、YBCルヴァンカップ2試合1得点をマークした。 栃木入りが決定した三國はクラブを通じて「自分の持ち味であるヘディングと対人の部分を活かしてチームが良い結果を得られるよう、常に全力で取り組みます! これから共に戦いましょう!」と意気込みを語った。 一方、福岡を通じては「自分の成長のために決断しました。しっかりとチームを勝たせるように、そしてみなさんにレベルアップした姿をお見せできるように頑張ります。引き続き応援よろしくお願いします」とコメントした。 2021.05.21 13:25 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly