久保建英フル出場のヘタフェは今季最終戦をドローでフィニッシュ《ラ・リーガ》

2021.05.24 03:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ最終節、グラナダvsヘタフェが23日にロス・カルメネスで行われ、0-0のドローに終わった。なお、ヘタフェのMF久保建英は先発フル出場した。16位のヘタフェ(勝ち点37)は前節のレバンテ戦で、久保が途中出場から加入後初ゴールを挙げて目標の残留を決定。10位のグラナダ(勝ち点45)のホームに乗り込んだ最終節では、これがヘタフェでのラストマッチとなる久保がスタメンで起用された。

久保をエネス・ウナルと共に2トップの一角で起用したヘタフェは、[5-4-1]の守備的な布陣を採用したホームチームを押し込む入りを見せる。9分にはボックス手前で久保から足元にパスを受けたウナルが右足を振り抜くが、これは相手DFのブロックに遭う。また、20分にも久保はペナルティアーク付近で左足のシュートを放つが、これもブロックに阻まれた。

以降も珍しくボールを握る展開が続いたヘタフェや久保やアレーニャを起点に相手守備ブロックを揺さぶりにかかるが、なかなか決定機まで持ち込むことができないまま前半を終えることになった。

すると、後半はハーフタイム明けの2枚替えで攻撃に舵を切ったホームのグラナダが一転して押し込む入りを見せる。途中出場のマチスが攻撃に推進力を与えると、55分にはボックス左に抜け出して左足を振り抜くが、これは枠の右に外れた。

今季最終戦を勝って終わりたいヘタフェは64分にダミアン・スアレスを下げてクチョ・エルナンデスを投入。この交代に伴い、久保は右サイドハーフにポジションを移す。

その後も互いに積極的に交代カードを切ってゴールを目指す中、ヘタフェは途中出場のクチョやアレーニャを起点に幾度かチャンスを作りかけたが、集中したホームチームの守備をこじ開けるまでには至らず。

そして、試合はこのまま0-0でタイムアップを迎え、久保は今シーズン最終戦を勝利で飾ることはできなかった。
関連ニュース
thumb

左SB探すローマ、新たに2人の若手が獲得候補に

ローマが左サイドバックの新たな獲得候補として2選手をリストアップしているようだ。 ジョゼ・モウリーニョ監督の下で新シーズンに臨むローマだが、左サイドバックの主力として計算していたイタリア代表MFレオナルド・スピナッツォーラがユーロ2020で左足のアキレス腱を断裂する重傷を負い、長期離脱を余儀なくされている。 これを受け、クラブは新たな左サイドバックの獲得に動いており、ここまではボルシアMGのアルジェリア代表DFラミ・ベンセバイニ(26)、マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表DFアレックス・テレス(28)といった名前が挙がっている。 さらに、イギリス『アスレティック』が報じるところによれば、ローマはヘタフェのU-24スペイン代表MFマルク・ククレジャ(22)の獲得にも動いているようだ。 『アスレティック』によると、先日にアトレティコ・マドリーからの関心が伝えられたククレジャに対して、ローマとブライトンが獲得に向けた動きを見せているという。ただ、同選手の契約解除金は1800万ユーロ(約23億4000万円)となっており、ローマとしては余剰人員の売却によって資金を確保する必要があるとのことだ。 また、イタリア『スポルト・イタリア』はローマがパウメイラスに所属するウルグアイ代表DFマティアス・ビニャ(23)の獲得に動いていると報じている。 母国のナシオナルから2020年1月にパウメイラスに加入した23歳は、ここまで公式戦68試合に出場するなど主力サイドバックとして活躍。また、先日まで行われたコパ・アメリカ2021でもウルグアイの左サイドバックの主力として起用されていた。 なお、ローマはそのビニャに対して1000万ユーロ(約13億円)のファーストオファーをすでに掲示したようだ。 2021.07.17 16:23 Sat
twitterfacebook
thumb

2部降格のエイバル、ヘタフェを退団したベテランDFエチェイタを獲得

ラ・リーガ2部に降格したエイバルは15日、ヘタフェを退団した元スペイン代表DFシャビエル・エチェイタ(33)の獲得を発表した。契約期間は1年間となる。 ビルバオやエルチェ、ウエスカ、ヘタフェなどでプレーした経験を持つエチェイタは、これまでラ・リーガで通算148試合に出場したベテランDF。2019年に加入したヘタフェでは、準主力として2シーズンで公式戦34試合に出場していた。 昨季のラ・リーガを最下位で終え、2部に降格したエイバルでは、守備ラインを担っていたDFパウロ・オリベイラ(29)やDFホセ・アンヘル(31)、DFペドロ・ビガス(30)が退団しており、守備陣の補強が急務となっていた。 2021.07.16 08:02 Fri
twitterfacebook
thumb

カルレス・アレーニャがヘタフェへ完全移籍! バルセロナは買戻しOP保有

ヘタフェは10日、スペイン人MFカルレス・アレーニャ(23)をバルセロナから完全移籍獲得したことを発表した。契約は2026年6月までの5年となる。 また、バルセロナによると、同クラブは将来的な売却額の50%を受け取る権利と優先的な買い戻しオプションを保有するようだ。 バルセロナのカンテラーノであるアレーニャは2018年12月にトップチームに昇格。2020年1月からはレアル・ベティスへレンタル加入すると、今冬にはレアル・マドリーの日本代表MF久保建英と同時期にヘタフェへと貸し出されていた。 トップカテゴリーでなかなか出場機会に恵まれないアレーニャだったが、ヘタフェでは半年で公式戦22試合に出場し、2ゴール2アシストと定位置を奪取。ミチェル監督の厚い要望もあり、この度完全移籍する運びとなった。スペイン『マルカ』によれば、移籍金は500万ユーロ(約6億5000万円)とのことだ。 なお、ヘタフェの補強は着々と進んでおり、アトレティコ・マドリーの元スペイン代表MFビトロ(31)や、メキシコ代表FWホセ・ファン・マシアス(21)をレンタルで、さらにはセルビア代表DFステファン・ミトロビッチ(31)をストラスブールから完全移籍で獲得している。 2021.07.10 17:13 Sat
twitterfacebook
thumb

ヘタフェがアレーニャを完全移籍で獲得へ! 今冬にバルサからレンタル

ヘタフェはバルセロナに所属するスペイン人MFカルレス・アレーニャ(23)を完全移籍で獲得するようだ。 バルセロナのカンテラ出身であるアレーニャは2018年12月にトップチームに昇格。2020年1月からはレアル・ベティスへレンタル加入すると、今冬にはレアル・マドリーの日本代表MF久保建英と同時期にヘタフェへと貸し出されていた。 トップカテゴリーでなかなか出場機会に恵まれないアレーニャだったが、ヘタフェでは半年で公式戦22試合に出場し、2ゴール2アシストと定位置を奪取。ミチェル監督の厚い要望により、完全移籍での獲得を目指すこととなったようだ。 スペイン『マルカ』によれば、両クラブはすでに合意に達しており、移籍金は500万ユーロ(約6億5000万円)になるとのこと。契約期間は2026年6月30日までの5年となる見込みだ。 また、バルセロナは当初、2022年までの契約を持つアレーニャの売却に800万ユーロ(約10億円)の移籍金を要求したが、最終的にはヘタフェの要望に譲歩した模様。同選手が将来的に移籍する際、移籍金の一部をバルセロナが受け取れるという条項を付属させ、落としどころとしたようだ。 2021.07.09 17:07 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表戦にも出場したセルビア代表DFミトロビッチがヘタフェに完全移籍

ヘタフェは6日、ストラスブールのセルビア代表DFステファン・ミトロビッチ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年間となる。 ミトロビッチはツルヴェナ・ズヴェズダの下部組織出身。ファーストチームに昇格することなくスロベニアのペトルチャルカへと完全移籍。その後、チェコのズブロヨフカ・ブルノ、セルビアのメタラツを経て、2012年にベルギーのコルトレイクへと加入する。 その後、ベンフィカやレアル・バジャドリー、フライブルク、ヘントでプレーすると、2018年7月からストラスブールでプレーしていた。 リーグ・アンでは89試合に出場し3ゴール1アシスト。ジュピラー・プロ・リーグでは84試合で6ゴールを記録。ストラスブールでは日本代表GK川島永嗣と、ヘント時代はFW久保裕也とチームメイトとしてプレーしていた。 また、セルビア代表としても26キャップを記録。6月に行われた日本代表との試合にもキャプテンとして出場していた。 2021.07.06 18:56 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly