長崎DF亀川諒史が全治6週間の負傷離脱 「この試練を乗り越えた先をより良い未来に」

2021.05.22 20:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
V・ファーレン長崎は22日、DF亀川諒史の負傷を報告した。今季のここまで明治安田生命J2リーグ9試合に出場する亀川だが、15日に行われた第14節のジェフユナイテッド千葉戦で負傷。右ハムストリング肉離れで全治6週間の見込みだ。亀川はクラブを通じて無念の思いを吐露しつつ、復帰後の活躍を誓った。

「このような形でチームを離脱してしまうことを悔しく思っています。しかし、この試練を乗り越えた先をより良い未来にするために、この時間を大切にして、J1昇格に向けチームの力になれるように頑張ります」

長崎は現在、5勝3分け6敗の14位。23日に行われる次節、16位につけるファジアーノ岡山のホームに乗り込む。
関連ニュース
thumb

長崎で選手3名が新型コロナ陽性判定、2人は発熱などの症状あり

V・ファーレン長崎は2日、トップチームの選手3名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、2日にPCR検査を実施。3名が陽性判定で、他の選手は陰性。また、トップチームスタッフ、クラブスタッフは結果待ちの状態ということだ。 また、保健所からの連絡は現時点ではな意図のことだ。 7月23日に3選手ともトレーニングに参加。Jリーグ公式PCR検査を受け、同26日に陰性が確認されていた。 7月28日はチームがオフだったが、選手1名(A)が咳の症状を訴えると、29日には37.5度の発熱。また、同日に2人目(B)が倦怠感を訴え、37.4度の発熱があったとのことだ。 30日にAとBは抗原検査を受けて陽性判定。Jリーグに報告し、PCR検査を受けたが陰性となった。なお、この時点から2名は隔離されている。 しかし、2日にPCR検査を受けた際の検体を医療機関が再確認したところ要請の判定に。別の医療機関でチーム全員のPCR検査を実施したところ、3人目(C)が陽性判定を受けた。 2021.08.02 18:43 Mon
twitterfacebook
thumb

長崎DF鹿山拓真が富山にレンタル 「全てをかけて闘います」

カターレ富山は24日、V・ファーレン長崎からDF鹿山拓真(25)の期限付き移籍加入を発表した。背番号は「33」。期間は2022年1月31日までとなる。 東海学園大学出身の鹿山は2018年3月から特別指定選手として長崎入りすると、翌シーズンから正式入団。2年目の昨季こそ明治安田生命J2リーグ14試合に出場したが、今季はここまで1試合の出番しかなかった。 鹿山は富山入りを受けて、それぞれの公式サイトを通じてコメントした。 ◆カターレ富山 「カターレ富山に関わる皆様。初めまして! この度、V・ファーレン長崎より加入しました鹿山拓真です。J2復帰の為に、全てをかけて闘います。宜しくお願いします!!」 ◆V・ファーレン長崎 「この度、カターレ富山に移籍することになりました。シーズン途中にも関わらずチームを離れることは、とても残念で、悔しい気持ちでいっぱいですが、自分の成長を期待して送り出してくれたチーム関係者の皆さん、選手・スタッフの皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです」 「この約2年半の間で、このチームを離れて、と考えることは何度もありました。自分の成長のためにも、このチームを出るべきなのか、とたくさん悩みましたが、大学3年生の時にV・ファーレン長崎でプレーすることを即決し、地元長崎で活躍して、地元を元気にしたい!という想いを忘れることができず、やっぱり長崎で活躍したい!という想いでここまで頑張ってきました」 「しかし、今年で25歳になり、サッカー選手としては、決して若くはない年齢です。しっかり経験を積み、もっと成長していくためにこのチャンスを逃してはいけないと思い、この決断をしました」 「大好きなチーム、大好きな街を離れることはすごくすごく寂しいですが、もっともっと大きくなって帰ってこられるように富山で頑張ってきます!! ありがとう!長崎!!愛してます!行ってきます!」 2021.07.24 14:25 Sat
twitterfacebook
thumb

北九州がサポーターの不適切行為を報告、長崎戦での行為がSNSで拡散

ギラヴァンツ北九州は21日、サポーターの不適切行為を報告した。 クラブの発表によると、17日にトランスコスモススタジアム長崎で行われた明治安田生命J2リーグ第23節のV・ファーレン長崎戦で不適切行為があったとのことだ。 試合開始前、北九州のサポーターがV・ファーレン長崎に対して不適切行為を行なっている様子がSNSにアップされたとのことだ。 北九州はクラブを通じて声明を発表し謝罪した。 「クラブマスコットはクラブの顔であり、このような行為は、クラブとして決して許される事ではありません。V・ファーレン長崎のファン・サポーターの皆さま、ならびにV・ファーレン長崎の関係者の皆様に、不快なお気持ちとご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます」 「また、ギラヴァンツ北九州のファン・サポーターの皆様におかれましては、SNS等においてJリーグの掲げる、相手をリスペクトする気持ち・フェアプレイの精神に基づいた発信・発言・行動を行なって頂けますよう今一度お願い申し上げます」 2021.07.21 12:40 Wed
twitterfacebook
thumb

長崎、5月から離脱続く主将MF秋野央樹が右腓骨筋腱炎と診断

V・ファーレン長崎は5日、MF秋野央樹が右腓骨筋腱炎と診断されたことを報告した。 今シーズンの明治安田生命J2リーグ開幕から13試合連続で出場していた秋野だが、5月に足首を負傷。その後、早期復帰を目指し治療・リハビリを実施していたものの、今回右腓骨筋腱炎と診断された。 そして、全治には5週間を要する見込みだという。 2年連続でキャプテンを務める中、更なる離脱が発表された秋野はクラブ公式サイトを通じて一刻も早い戦列復帰に向けた意欲を語っている。 「ケガという形で、チームの力になれていないことを悔しく思っています。今、V・ファーレン長崎の選手たちがピッチで躍動している姿を見て、刺激をもらっています。復帰したときにチームの力になれるよう、今はしっかりケガを治したいと思います」 なお、2018シーズン以来のJ1復帰を目指す長崎は今季J2の前半戦終了時点で自動昇格圏内と8ポイント差の7位に位置している。 2021.07.05 17:52 Mon
twitterfacebook
thumb

長崎FW富樫敬真が交通事故被害、一時停止不停止の軽自動車に突っ込まれるもケガはなし

V・ファーレン長崎は23日、FW富樫敬真が交通事故に遭ったことを発表した。 クラブの発表によると、事故が起きたのは22日の14時頃。長崎県大村市東本町の交差点で、富樫の運転する車が交差点を青信号で直進しようとしたところ、一時停止不停止の軽自動車が富樫の自動車の側面に衝突したとのことだ。 衝突された富樫だがケガはなく、相手の運転手もケガはしていないという。 なお、事故発生後に速やかに警察に届け出、対応しているとのことだ。 今シーズンの富樫は明治安田生命J2リーグで14試合に出場し1得点を記録していた。 2021.06.23 19:43 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly