天皇杯が開幕! 愛媛対決は駒野友一のゴールでJ3の今治に軍配! J2の愛媛、山口、J3の岐阜が1回戦敗退《天皇杯》

2021.05.22 19:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎JFA
22日、第101回天皇杯が開幕を迎え、全国で1回戦の11試合が行われた。

昨年の記念すべき第100回大会は新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で、大会方式が大きく変更。都道府県代表のほか、JリーグクラブもJ1は1位と2位、J2とJ3は優勝クラブのみが出場するという状況の中、川崎フロンターレが初優勝を果たした。

今大会は従来通りの開催に。1回戦からJ2クラブが出場するることとなった。

1回戦から今大会も波乱の展開に。J2のレノファ山口FCとアマチュアシードで出場のヴェルスパ大分(JFL)の試合は、1-1のまま120分間が終了。PK戦の末に2-4でヴェルスパ大分が勝利した。

J2で10位の山口に挑んだヴェルスパ大分は、30分に中野匠のゴールで先制。山口は38分に梅木翼が同点ゴールを決めるが、その後は得点を奪えないままPK戦に入り、2-4でヴェルスパ大分が勝利し2回戦に進んだ。

また、愛媛県勢の対戦となった愛媛FC(J2)vsFC今治(J3)の試合は、1-2で今治が勝利。14分にバルデマーレのゴールで今治が先制すると、35分に川村拓夢のゴールで愛媛が追いつく展開に。しかし、55分に元日本代表DF駒野友一が走り込んで右足一閃。これが決勝点となり、1-2で今治が勝利した。

さらに、J3のFC岐阜は、JFLのHonda FCに0-2で完敗。MF柏木陽介らが出場した中、後半に八戸雄太、児玉怜音にゴールを許し、1回戦敗退となった。

その他、1回戦の結果は以下の通り。

■天皇杯1回戦
▽5月22日(土)
ロアッソ熊本 3-0 日本文理大学-【9】
【熊本】
河原創(前32)
伊東俊(後25)
岩下航(後47)

愛媛FC 1-2 FC今治-【18】
【愛媛】
川村拓夢(前35)
【今治】
バルデマール(前14)
駒野友一(後10)

AC長野パルセイロ 3-1 新潟医療福祉大学FC-【1】
【長野】
宮阪政樹(後28)
水谷拓磨(延前9)
佐野翼(延後11)
【新福大FC】
丸山楽人(後45)

アルテリーヴォ和歌山 3-3[4 PK 5] おこしやす京都AC-【4】
【和歌山】
奥津大和(前31)
久保賢悟(後10)
中西倫也(後28)
【京都】
榎本滉大(前15)
稲垣雄太(前20)
平石直人(後41)

FC岐阜 0-2 Honda FC-【6】
【Honda】
八戸雄太(後21)
児玉怜音(後46)

流通経済大学 2-3 Y.S.C.C.横浜-【11】
【流経大】
安居海渡(前22)
家泉怜依(後25)
【YS横浜】
土館賢人(前25、後1)
ンドカ・チャールス(後35)

いわきFC 2-2[2 PK 4] ソニー仙台FC-【12】
【いわき】
日高大(後40)
谷村海那(延後10)
【ソニー】
平田健人(後48)
佐藤碧(延前11)

栃木シティFC [中止] 山梨学院大学ペガサス-【17】

SC相模原 3-1 駒澤大学-【20】
【相模原】
和田昌士(前5)
ユーリ(後8)
中山雄希(後49)
【駒澤大】
會澤海斗(前47)

三菱水島FC 3-1 FCバレイン下関-【21】
【三菱水島】
宮澤龍二(前1)
山部晃(前31)
河面龍征(前41)
【下関】
稗田圭吾(前39)

ホンダロックSC 5-0 川副クラブ-【25】
【ホンダ】
大山直哉(前3)
長谷川雄介(前35)
日野友貴(前44)
永吉広大(後18、後33)

レノファ山口FC 1-1[2 PK 4] ヴェルスパ大分-【5】
【山口】
梅木翼(前38)
【V大分】
中野匠(前30)

▽5月23日(日)
《13:00》
福山シティFC vs 松江シティ-【2】
[広島一球]
いわてグルージャ盛岡 vs 大山サッカークラブ-【3】
[いわスタ]
ブラウブリッツ秋田 vs 北海道十勝スカイアース-【7】
[ソユスタ]
ガイナーレ鳥取 vs FC徳島-【8】
[Axis]
鹿児島ユナイテッドFC vs MD長崎-【10】
[OSAKO]
福岡大学 vs 沖縄SV-【13】
[ベススタ]
びわこ成蹊スポーツ大学 vs 関西学院大学-【14】
[東近江]
ヴァンラーレ八戸 vs 猿田興業-【15】
[プラスタ]
ポルベニル飛鳥 vs FC大阪-【16】
[ロートF]
カターレ富山 vs FC北陸-【19】
[高岡]
鈴鹿ポイントゲッターズ vs FC刈谷-【22】
[三交鈴鹿]
tonan前橋 中止 順天堂大学-【24】
[アース群馬サ]
福井ユナイテッドFC vs アヴェントゥーラ川口-【26】
[福井テクノ]

《14:00》
高知ユナイテッドSC vs カマタマーレ讃岐-【23】
[宿毛陸]

関連ニュース
thumb

「元旦にやる良さも十分理解」天皇杯の元旦決勝取り止めに田嶋会長が言及、来年は「W杯前に終わらせたい」

24日、第101回天皇杯の準々決勝組合せ抽選会が実施された。 今年の天皇杯は、ベスト8にJ1の7クラブとJ2の1クラブが勝ち上がり、Jリーグ勢が順当に勝ち上がる結果となった。 準々決勝では王者の川崎フロンターレと鹿島アントラーズが激突。また、ガンバ大阪vs浦和レッズのビッグカードなどが組まれた。 今大会は決勝が恒例となっている1月1日ではなく、12月19日という異例の形に。その理由と経緯について日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長が語った。 「天皇杯の決勝は元旦ということでやっており、定着しているのも間違いなく、元旦にやる良さも十分理解しています」 「今回元旦でやることを前提に、クラブ・ワールドカップを12月にやる予定を組んでいました。しかし、残念ながらコロナの影響で返上することとなってしまいました」 「選手会とも話し、1月1日まで日程を開ける必要はなく、早く行って休ませることを考えて、このような決断をいたしましました」 今シーズンのJリーグは12月の1週目に終了。従来の予定ではその後にクラブ・ワールドカップを日本で開催するため、優勝クラブが開催国枠で出場するということもあり、日程が考えられていたが、選手や観客の受け入れが新型コロナウイルスの感染拡大を受けて難しいこととなり、国際サッカー連盟(FIFA)に開催権を返上していた。 また、来年の大会についての元旦決勝についても田嶋会長は否定。カタール・ワールドカップが11月〜12月にかけて開催されることが理由だと語った。 「元旦が良いということへの同意はありますが、来年はカタール・ワールドカップが11月、12月にまたがって行われるので、残念ながらW杯前に天皇杯を終わらせたいと考えています」 「W杯後に数試合残すことはサッカーの質を考えても難しく、大会前に終わらせる考えで調整しています」 まだ日程は確定していないものの、さらに前倒しで決勝が行われる予定とのこと。早ければ10月の決勝もありそうだ。 この件についてはゲストドロワーとして参加した元日本代表FW播戸竜二氏もコメントした。 ガンバ大阪時代に3度決勝を戦い、2度優勝している播戸氏は「難しい問題だと思います」とコメント。「代表に入ったことある選手、天皇杯決勝に行ったことある選手、カテゴリーとしていけない選手と色々いますが、一概には言えないかなと思います」と語り、選手の立場によっては考え方が変わるとした。 自身の思い出としては「3回決勝に出て2回優勝しましたが、元旦に決勝に出て優勝する、新年、晴れた空というのを思い浮かべます」と過去を回想。一方で「早く休みたい選手もいますし、W杯予選に臨みたいという代表選手もいるかもしれないです」とし、1月末から2月にかけて行われるカタール・ワールドカップ アジア最終予選に臨む日本代表選手の立場からも見解を述べた。 今大会については「今回で言えば12月1週目にリーグ戦が終わるので、コンディションも気持ちも含めて作りやすいかなと。スムーズに準決勝、決勝と行けると思います」と語り、リーグ戦からの流れで、天皇杯決勝まで行えることは良いことだと語った。 2021.09.24 21:10 Fri
twitterfacebook
thumb

天皇杯8強の組み合わせが決定! 連覇狙う川崎Fは最多優勝の鹿島、J2勢唯一進出の磐田は大分と激突

天皇杯準々決勝の対戦カードおよび以降の組み合わせが決定した。 第101回目となる今大会もラウンド16までの戦いが終了。準々決勝は連覇がかかる川崎フロンターレのほか、セレッソ大阪、鹿島アントラーズ、浦和レッズ、名古屋グランパス、大分トリニータ、ガンバ大阪、そしてJ2リーグ勢からジュビロ磐田という顔ぶれに決まった。 そんなベスト8の戦いも10月下旬から始まるなか、24日の抽選会には日本サッカー協会(JFA)会長の田嶋幸三氏や、天皇杯実施委員会の委員長を務める須原清貴氏が登場。現役時代のG大阪で2度の天皇杯優勝歴を持つ元日本代表FWの播戸竜二氏もゲストとして参戦した。 抽選の結果、前回覇者の川崎Fは最多となる5度の優勝回数を誇る鹿島とぶつかり、J2リーグ勢から唯一勝ち上がった磐田は大分と激突。名古屋はC大阪との対戦が決まり、鹿島に次ぐ4度の優勝歴を誇るG大阪は過去3度制覇の浦和と対峙する。組み合わせは以下のとおり。 ◆準々決勝 ▽10/27(水) ガンバ大阪 vs 浦和レッズ…[1] 名古屋グランパス vs セレッソ大阪…[2] 川崎フロンターレ vs 鹿島アントラーズ…[3] ジュビロ磐田 vs 大分トリニータ…[4] ◆準決勝 ▽12/12(日) [1]の勝者 vs [2]の勝者…[5] [3]の勝者 vs [4]の勝者…[6] ◆決勝戦 ▽12/19(日) [5]の勝者 vs [6]の勝者 @国立競技場 2021.09.24 17:35 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪が終始圧倒、パトリック2発など4ゴールで湘南を下しベスト8進出《天皇杯》

22日、天皇杯4回戦のガンバ大阪vs湘南ベルマーレが行われ、4-1でG大阪が勝利。準々決勝に駒を進めた。 4回戦の他のカードは8月18日に実施された中、1試合だけ日程が延期されて行われた試合。明治安田生命J1リーグでは残留を争う両チームの試合だったが、一方的な展開となった。 昨シーズンまでG大阪でアシスタントコーチを務めていた湘南の山口智監督は古巣との対戦だったが、立ち上がりから主導権を握ったのはG大阪。2分、右サイドからのクロスに対してパトリックがニアサイドで合わせ、G大阪が早々に先制する。 その後もペースを握るG大阪は、26分にPKを獲得。これをウェリントン・シウバが右隅に決め、追加点を奪う。 そのG大阪は36分に小野瀬康介が下がり、倉田秋が途中出場。すると42分、左サイドをパスで崩したG大阪は、その倉田がボックス内でパスを受け相手を交わしてシュート。前半でリードを3点に広げる。 この日は細かいパスがつながり、しっかりと湘南ゴールへと攻め立てるシーンが増えることに。すると56分には、湘南のGK富居大樹がビルドアップをしようとしてパスを出すと、ボックス内にいたパトリックがカット。そのままゴールを決め、4点差とする。 湘南は64分に柴田壮介が1点を返すも、試合を通してボール奪取と細かいパスワークを見せたG大阪が圧倒。4-1で勝利し、ベスト8に勝ち残った。 ガンバ大阪 4-1 湘南ベルマーレ 【G大阪】 パトリック(前2、後11) ウェリントン・シウバ(前26) 倉田秋(前42) 【湘南】 柴田壮介(後19) 2021.09.22 21:23 Wed
twitterfacebook
thumb

天皇杯決勝、12月19日開催に決定 会場も3年連続の国立に

日本サッカー協会(JFA)は9日、第101回天皇杯の準決勝および決勝の日程決定を発表した。 22日に予定するラウンド16のガンバ大阪vs湘南ベルマーレが終わると、ベスト8進出の顔ぶれがすべて揃う今大会。準々決勝以降の組み合わせ抽選会も今月24日に迫るなか、今大会の決勝が12月19日に国立競技場で開催されることが決まった。 国立競技場での天皇杯決勝は3大会連続。元日以外の開催は2018年大会以来3大会ぶり3度目となる。 また、準決勝は12月12日の開催で決定。準々決勝は10月27日(予備日:11月17日)で予定される。 なお、現時点で準々決勝進出が決まっているのは川崎フロンターレ、セレッソ大阪、鹿島アントラーズ、浦和レッズ、名古屋グランパス、大分トリニータ、ジュビロ磐田となる。 ◆日程一覧 ・準々決勝 ▽10月27日 ・準決勝 ▽12月12日 ・決勝 ▽12月19日 @国立競技場 2021.09.09 19:05 Thu
twitterfacebook
thumb

シュヴィルツォクの加入後初ゴールで名古屋が神戸を破る! 唯一JFLのV大分はジャイキリならず《天皇杯》

18日、第101回天皇杯ラウンド16の7試合と3回戦のガンバ大阪vs松本山雅FCが各地で行われた。 昭和電工ドーム大分で行われたヴェルスパ大分vsジュビロ磐田は接戦に。ラウンド16に残った中で唯一のアマチュアクラブとなったV大分は、序盤から細かいパスワークで磐田を翻弄する。しかしゴールは決まらず、試合は延長戦に突入する。 延長前半に入り、先制したのは磐田。藤原が右サイドからGK渡辺とDFラインの間にグラウンダーのクロスを送ると、ファーサイドでファビアン・ゴンザレスがフリーで合わせて先制した。 ジャイアントキリングが期待されたV大分だったが、延長戦の末に惜しくも0-1で敗れている。 京都サンガF.C.と浦和レッズが相まみえたたけびしスタジアム京都では、江坂や酒井ら新戦力が加入後初めて天皇杯出場となった浦和がいきなり試合を動かす。 15分、左サイドからのCKにニアサイドで岩波が合わせると、GK清水に弾かれたボールは京都DFに当たってゴールイン。やや幸運な形での先制となった。 その後は京都の猛攻に遭うも、守備陣が集中したディフェンスを見せた浦和。ラストプレーでイスマイラに際どいシュートを放たれたが、サイドネットに外れ、なんとかベスト8へと駒を進めている。 豊田スタジアムで開催された名古屋グランパスとヴィッセル神戸の試合は、劇的な幕切れになった。 両者一進一退の攻防が続くと、ホームチームはマテウスとシュヴィルツォクを投入。すると徐々に名古屋のシュートが増え始める。 ゴールレスドローで迎えた終盤。このまま延長戦に突入かと思われた89分、名古屋が待望のゴールをゲット。スルーパスに抜け出した前田がクロスを送ると、ボックス右に走り込んだシュヴィルツォクが落ち着いて流し込んだ。 その後は慌てずに試合を締めた名古屋が8強進出を決めている。 鹿島アントラーズvsV・ファーレン長崎は、大雨が降りしきるトランスコスモススタジアム長崎で開催された。 リーグ戦ここ3試合で負けなしの長崎は幸先の良いスタートを切る。7分にウェリントン・ハットがサイドチェンジを受けると、右サイドからアーリークロス。これに反応した毎熊がボックス左で頭で合わせ、先制に成功した。 1-0でハーフタイムに入ると、悪天候によって試合は一時中断。再開後、鹿島がすぐに同点に追いつく。右サイドからの低いクロスにアルトゥール・カイキがボックス右で合わせて試合を振り出しに戻した。 そして60分、鹿島がレオ・シルバの左からのクロスにボックス中央でエヴェラウドが頭で合わせて逆転に成功。さらに74分にはFKをボックス左で合わせた林のゴールによりスコアを3-1にして、きっちりと試合を終わらせている。 IAIスタジアム日本平では川崎フロンターレと清水エスパルスが激突。 55分、スルーパスに抜け出した脇坂がボックス内で立田に倒されて川崎のPKの判定に。これをキッカーを務めた小林が落ち着いて決め、先制に成功した。 リードされた清水だが7分後に追いつく。GK永井が左サイドにロングボールを送ると、ヘディングでのパスを受けた後藤がタメを作ってクロス。これに中山がボックス右でフリーで合わせて試合を振り出しに戻した。 失点を許した川崎は69分にエースのレアンドロ・ダミアンを投入。するとその5分後、左サイドの旗手のクロスをファーサイドで頭で合わせて勝ち越し弾。監督の期待に応え、準々決勝進出へと導いている。 また、パナソニック スタジアム 吹田で行われた3回戦のガンバ大阪vs松本山雅FCの試合は延長戦に突入。G大阪が95分の柳澤、100分の井手口のゴールによって2-0で勝利している。4回戦では湘南ベルマーレと9月22日に対戦する。 ■天皇杯ラウンド16 ▽8月18日(水) 川崎フロンターレ 2-1 清水エスパルス【75】 【川崎】 小林悠(後12) レアンドロ・ダミアン(後29) 【清水】 中山克広(後19) ヴェルスパ大分 0-1 ジュビロ磐田【76】 【V大分】 【磐田】 ファビアン・ゴンザレス(延前11) セレッソ大阪 1-0 サガン鳥栖【77】 【C大阪】 加藤陸次樹 鹿島アントラーズ 3-1 V・ファーレン長崎【78】 【鹿島】 アルトゥール・カイキ(後5) エヴェラウド(後15) 林尚輝(後29) 【長崎】 毎熊 晟矢(前7) 京都サンガF.C. 0-1 浦和レッズ【80】 【浦和】 岩波拓也(前15) 名古屋グランパス 1-0 ヴィッセル神戸【81】 【名古屋】 シュヴィルツォク(後44) ザスパクサツ群馬 1-2 大分トリニータ【82】 【群馬】 白石智之(前13) 【大分】 渡邉新太(前18) 小林成豪(延前6) ■天皇杯3回戦 ▽8月18日(水) ガンバ大阪 2-0 松本山雅FC 【67】 【G大阪】 柳澤亘(延前5) 井手口陽介(延前10) 2021.08.18 21:56 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly