デレ・アリに熱愛報道…お相手は“まさか”、グアルディオラ監督の愛娘

2021.05.16 21:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリ(25)に熱愛報道が出ており、そのお相手が意外な話題だ。イギリス『サン』が伝えている。

2016年からモデルのルビー・メイさんと交際していたデレ・アリは、今年2月に破局を迎えてフリーの身であったが、次の相手はまさか。マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督の娘であるマリアさん(20)だった。

『サン』はドレッドヘアーが目立つデレ・アリと白いパーカーを着ていたマリアさんが、ロンドンのバー「クラウド9」の屋上のベンチに並び、キスしている瞬間を激写している。

一方で、マリアさんは「ただの友達」だと語っているともしている。

まだ学生であるマリアさんとデレ・アリが出会ったのは1カ月前とのこと。ルビー・メイさんとの破局は人気オンラインゲーム『Fortnite』のやりすぎとも言われていたデレ・アリだが、新たなロマンスは成就するだろうか。




1 2
関連ニュース
thumb

キックオフ前に空からピッチに侵入で負傷者が…UEFAが危険行為に声明「必要な措置を講じる」

15日に行われたユーロ2020グループF第1節、フランス代表vsドイツ代表の一戦であわや大惨事という事態に陥った。 キックオフ直前、両チームの選手がピッチに散っていく中、スタジアム上空から黄色いパラグライダーに乗った人物が、かなりのスピードに乗ってピッチへと着陸。スタジアムは騒然となった。 イギリス『ガーディアン』によると、この流れでキックオフが遅れただけでなく、数名が負傷。パラグライダーはカメラを運ぶワイヤーに絡まり、その破片がピッチとスタンドに落下したとのことだ。 この乱入者のもとにはドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが駆け寄り無事を確認していたが、医師の診察を受けた後に警備員に連れ去られた。 この人物は国際環境NGO『GREENPEACE』のメンバーで、パラシュートには「KICK OUT OIL!」という言葉と団体名が書かれていた。 『ガーディアン』は、今回の事態を受けたユーロを主催する欧州サッカー連盟(UEFA)の声明を伝えている。 「今夜のミュンヘンでのフランスとドイツの試合が始まる少し前に、抗議者が空中からスタジアムに侵入し、ピッチに着陸しようとしました」 「この軽率な行為は、この試合に関わる多くの人々に非常に深刻な影響をもたらす可能性があり、数人を負傷させ、彼らは現在入院中です。法務当局は必要な措置を講じます」 「UEFAとそのパートナーは、ユーロ2020で持続可能な社会のために全力で取り組んでおり、二酸化炭素排出量を削減するために多くの施策を実施しています。幸いなことに、試合はこのような無謀で危険な行動の影響を受けませんでしたが、それでも数人が負傷しました」 また、『GREENPEACE』のドイツ語版ツイッターは、一連の行動を「大会のスポンサー(フォルクスワーゲン)に対し、気候に悪影響を与えるディーゼル車とガソリン車の販売を中止させることを目的としていた」と説明。 負傷者が出たことに関しては、「本日の一連の事態について謝罪します。#Greenpeaceの行動において、技術的な不具合により緊急着陸を行い、1人が負傷したようです。 皆様のご健勝をお祈り申し上げます」と謝罪している。 <span class="paragraph-title">【動画】かなりのスピードでパラグライダーが突っ込む…</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/kufwVIwtF8U" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.06.16 22:25 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドの行動が4400億円の損失に!? 会見時にコカ・コーラの株価が下落

サッカー界のスーパースターであるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの影響力は、世界をも動かすようだ。 C・ロナウドは、ユーロ連覇を目指し自身5度目の大会出場。キャプテンとして、初戦のハンガリー代表戦に向けた記者会見に出席した。 その際、会見が始まる前に着席したC・ロナウドは、おもむろに自身の前に置かれたペットボトルに手を伸ばす。 それは2本のコカ・コーラ。これを手に取ったC・ロナウドは、これを退けてスタッフへと渡し、水のペットボトルを掲げて「アグア(ポルトガル語で水)。コア・コーラ…」と言っていた。 C・ロナウドは、最高のパフォーマンスを発揮するために、コンディションに気を配っており、ハードなトレーニングはもちろんのこと、食事にも気を遣い、アルコールを全く摂取しないなど徹底。コカ・コーラなどのジャンクフードは快く思っていないことを以前から表明しており、今回もそれに準じた行動だった。 しかし、この行動が思わぬ大きな影響を及ぼすこととなっている。 スペイン『マルカ』によると、C・ロナウドが目の前から退けたことで、コカ・コーラの株価が暴落。この行動により10億ドル(約1100億円)の損失を被ったとのことだ。 ヨーロッパの株式市場は午後3時に開かれたが、その時点での価値は56.10ドル(約6177円)だったが、30分後にC・ロナウドとフェルナンド・サントス監督が記者会見に出席した後に、1株あたり55.22ドル(約6080円)まで急落したとのことだ。 およそ1.6%の下落を引き起こしたC・ロナウドの行動。最終的にコカ・コーラは2420億ドルから2380億ドルと市場価値が下がり、40億ドル(約4400億円)の損失となってしまったとのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】C・ロナウドがコカ・コーラのペットボトルをどかす</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJTWUQ1QWpwSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.16 10:45 Wed
twitterfacebook
thumb

マディソンが初トロフィーを記念したクールな“タトゥー”を披露!「夢は叶う」

レスター・シティに所属するイングランド代表MFジェームズ・マディソンが新たなタトゥーを披露した。自身のインスタグラムで伝えている。 2018年夏にノリッジからレスターに加入したマディソンは、加入初年度からレギュラーの座を射止めると、今シーズンも公式戦42試合に出場して11ゴール11アシストをマーク。FAカップではチェルシーを決勝で破り優勝。自身のキャリアで初のタイトルを獲得していた。 そんなマディソンは10日、自身のインスタグラムで、スタジアムを目の前に佇む背番号「10」の少年とFAカップのトロフィーを描いた新たなタトゥーを披露。そこには「夢は本当に叶う」という文字も刻まれていた。 今回マディソンにタトゥーを入れたのは、タトゥーアーティストのダレン・マクガバン氏。これまでにもマンチェスター・ユナイテッドのFWマーカス・ラッシュフォードやFWメイソン・グリーンウッドなど何人ものプレミアリーグの選手のタトゥーを担当している。 <span class="paragraph-title">【写真】マディソンが入れたクールな“タトゥー”</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CP8pTxINozI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CP8pTxINozI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CP8pTxINozI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">James Maddison(@madders)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.06.13 09:30 Sun
twitterfacebook
thumb

鎌田が原口に“強烈”いじり「元気君は言って30歳ですよ」「つい最近までど金髪でしたから」

U-24日本代表戦(3日)、タジキスタン代表戦(7日)を終え、残すはキリンチャレンジカップ2021のセルビア代表戦(11日)とカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のキルギス代表戦(15日)の2試合となった日本代表。 現在は11日のセルビア戦に向けて調整を行っている日本代表だが、日本サッカー協会(JFA)のYouTubeチャンネルは9日、練習の様子を公開。選手たちの会話の様子も伝えた。 MF鎌田大地(24)、FW南野拓実(26)、MF原口元気(30)の3人が会話している場面。原口が「大地はカメラが回っているところで悪いところ出さないからな」と詰めると、南野も「一番悪いですよ大地が」と乗っかる。 最初は「いや、拓実君。元気君が一番悪いですよ。リアルに。リアルに原口でしょ」と否定していた鎌田だったが、南野が原口と鎌田どっちの方が悪いかを判定する場面になると、「元気君は言って30歳ですよ。悪いけど」と中々のぶっこみ。 他の2人がやや呆気に取られていると「だって、つい最近までど金髪でしたから」と追撃した。これには南野も「そういうところ大好きですけどね。尊敬してるし」と中々に“悪い”部分を見せた。 すると話は髪をピンク色に染め上げているDF小川諒也(24)にも飛び火。原口が「諒也お前その髪色ちょっとやめろよ。その髪型ちょっと品ないよ」と絡むと、「日本代表としての品格がちょっと…やっぱサッカー選手チャラいみたいなのこういうところから出てくる」と冗談交じりで語り、小川を困らせていた。 このように練習の合間に笑顔が見える場面も多くあり、リラックスした雰囲気で調整は進んでいるようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】鎌田が先輩に対し中々のいじりをぶっこむ</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/mIFeuRjucKU?start=1017" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.06.11 11:55 Fri
twitterfacebook
thumb

「絶対に謝らない」ハーランド父に復讐したロイ・キーンが“報復”タックルを否定

マンチェスター・ユナイテッドのOBであるロイ・キーン氏が現役時代にアルフ=インゲ・ハーランド氏を負傷させたタックルについて語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 キーン氏は、ハーランド氏がリーズ・ユナイテッドに在籍していた1997年にタックルを受けて前十字じん帯損傷の大ケガを負っていた。 しかし4年後、2001年4月21日に行われたマンチェスター・シティとの試合で、ハーランド氏の右ヒザに悪質なタックルを敢行。レッドカードが提示された後にファウルが意図的だったとコメントしたため、5試合の出場停止処分を受けていた。 なお、ハーランド氏はドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの実の父親だが、このタックルの影響もあり2年後の2003年に31歳で現役を引退している。 『スカイ・スポーツ』の番組内で、シティにも在籍した元イングランド代表DFマイカ・リチャーズ氏が、キーン氏に現役時代の後悔について質問。話の流れの中で、この件に言及した。 「言わせてもらっていいかな? サッカーのピッチでやったことで後悔したことは一度もない。一度もだ」 「聞いてほしい。私は退場になりチームを失望させた。私は人々と戦っていた。私はピッチの真ん中にいたんだ」 リチャーズ氏が「ハーランド氏を傷づけようとしたわけではないでしょう」と尋ねるとキーン氏はさらに続けた。 「違う。当然だ。だが選手を傷つけようとしたかと言われればそうだ」 「それについては絶対に謝らない。そして人々は私を痛めつけてきた。私は人生で選手をケガさせようとしたことはないが、選手を傷つけようとしたことはある」 「ピッチの真ん中でボールを取りに行けば、誰かが傷つくこと可能性は大いにある」 そう話したキーン氏は、最後に「(君は)私の精神科医みたいだ。胸のつかえが降りたよ」と語っている。 キーン氏は、ハーランド氏個人ではなく対戦相手の“選手”を狙ってのタックルであり、それについての後悔はないと考えているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ロイ・キーンがハーランド父に繰り出した“悪質”タックル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/OnThisDay?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#OnThisDay</a> in 2001: Roy Keane committed a horror challenge when he studded Alf-Inge Haaland&#39;s knee.<a href="https://t.co/eX85rW9hhV">pic.twitter.com/eX85rW9hhV</a></p>&mdash; The Sportsman (@TheSportsman) <a href="https://twitter.com/TheSportsman/status/1252565333577269248?ref_src=twsrc%5Etfw">April 21, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.11 07:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly