遠藤航が“日本人離れした”豪快ミドルシュート!本人も「幸せ」

2021.05.16 13:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表MF遠藤航が今シーズンのリーグ戦3ゴール目を挙げた。

遠藤が所属するシュツットガルトは15日、ブンデスリーガ第33節でボルシアMGと対戦。遠藤は[3-4-2-1]のダブルボランチの一角で33試合連続スタメンとなった。

試合はホームのボルシアMGがやや押し込む展開で推移すると、前半終了間際にMFラルス・シュティンドルのゴールが生まれ、シュツットガルトは1点ビハインドで前半を折り返す。

それでも72分、MFフィリップ・フェルスターのパスをペナルティーアーク手前で受けた遠藤が反転から右足一閃。強烈なミドルシュートは相手GKヤン・ゾマーに触れられず、ゴールネットに突き刺さった。

シュツットガルトは77分に逆転のゴールを奪い、2-1で勝利。9位に浮上している。

今季3点目を挙げた遠藤は試合後に自身のツイッターを更新。後半アディショナルタイムに今季5度目の警告を受けたことで次節のアルミニア・ビーレフェルト戦に出場できないことを残念がりながらも、ゴールを喜んだ。

「ゴールと勝ち点3を獲得できて幸せ。残念ながら今シーズンの最後の試合は出場できませんが、勝ちましょう。団結を」



1 2
関連ニュース
thumb

シュツットガルト、ベテランFWアル・ガディウィとの契約を2022年まで延長!

シュツットガルトは13日、モロッコ人FWハマディ・アル・ガディウィ(30)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。 2019年にSSVヤーン・レーゲンスブルクから当時2部のシュツットガルトに加入したアル・ガディウィは、主に試合の流れを変えるジョーカーとして起用され、ブンデス2部で28試合に出場し8ゴール4アシストを記録し、1部復帰に貢献。 今季は序盤から度重なるケガに苦しみ、ブンデスリーガ6試合の出場にとどまっていた。 新契約にサインしたアル・ガディウィは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「シュツットガルト経営陣の信頼を得られたことをとてもうれしく思っているよ。チームはこの2年間で大きく成長しているね。ただ僕は、ケガの影響で思うようにチームの助けにはなれなかった。ここでは居心地の良さを感じるし、来季に向けて最高のモチベーションをもっている。ファンの前でプレーするのが待ち遠しいよ」 2021.06.14 00:35 Mon
twitterfacebook
thumb

偽名年齢詐称公表のシュツットガルトFWに3カ月の出場停止処分

先日に偽名および年齢詐称を公表したシュツットガルトのDRコンゴ代表FWサイラス・ワマンギトゥカ(22)改め、サイラス・カトンパ・ムヴァンパ(23)にドイツサッカー連盟(DFB)から処分が科されることになった。 サイラスは、2019年8月にパリFCからシュツットガルトへと加入。今シーズンはブンデスリーガで24試合に出場し11ゴール5アシストを記録。チームの攻撃を牽引していた。 そのサイラスだが、元代理人の策略により、実は本名を偽っていたことをクラブに報告。クラブはこの問題に取り組み、同選手の母国であるコンゴ民主共和国から正式に書類を受け取ったことを発表した。 これを受けて、DFBスポーツ裁判所は11日、サイラスに対して3カ月間の出場停止処分と共に3万ユーロ(約400万円)の罰金を科すことを決定した。 一見すると、今回の処分は重いようにも思われるが、サイラスは今年3月に負ったヒザ前十字じん帯断裂のケガによって復帰時期は10月以降と見られており、9月11日までの処分期間中の復帰の可能性はほぼない。 そのため、シュツットガルトサイドも今回の温情裁定に感謝の意を表している。 2021.06.12 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

遠藤航「この5年で自分がどれだけ成長したか」、リオの悔しさ胸に東京へ「選ばれた想いと責任を持ってプレーしたい」

U-24日本代表のMF遠藤航(シュツットガルト)が、改めて東京オリンピックやU-24ガーナ戦について語った。 5日にU-24ガーナ代表との試合を行ったU-24日本代表。東京オリンピックに向けた最終選考までは、残り1試合。選手たちは12日に行われるジャマイカ代表戦が、最後のアピールの場となる。 オーバーエイジとして参加している遠藤。ガーナ戦はDF吉田麻也(サンプドリア)とDF酒井宏樹(マルセイユ)と3人でピッチに立ったが「自分個人としてはやることは変わらず、A代表と同じでボールをしっかり受ける部分と、守備でのボールを奪うこと、シンプルに出せればと思っていましたし、それはできたと思います」とコメント。「チームとしてもやったことない選手もいましたけど、そんなに悪くなく、感覚としては良い関係性でプレーできていたと思います」と、普段と変わらずにやれ、U-24の選手とも問題なくプレーできたと語った。 ガーナ戦ではボランチでMF田中碧(川崎フロンターレ)とコンビを組んだが「ボールを受けた時の前を向くプレーや、常にどういうポジションを取ったら良いのかは凄く工夫していて、頭を使ってプレーしている選手だなと思いました」と高く評価。「ガーナ戦では攻撃もですが、守備でも潰すところは潰していましたし、カウンターを抑えたりは何回か出せていたので、攻守において凄く良いプレーをしていたと思います」と、攻守両面で効いていたと語った。 遠藤は2016年のリオ・デ・ジャネイロ・オリンピックにキャプテンとして出場。2大会連続での出場となるが「海外組の選手が多いので、それが大きな違いかなと思います」とコメント。「全員ではないですがスタメンを組もうと思えば組めてしまうので、それはリオの時とは違うかなと」と海外でプレーする選手が増えたことが大きく違うと語った。 「当時は(南野)拓実と(久保)裕也くらいだったので。個人的にもこの5年間でプレーして、ワールドカップも経験して海外に出て成長したと思っているので、そこは出さないといけないです」と、この5年間の経験を出すことに意欲を示した。 改めてオーバーエイジとしてオリンピックに参加しようと決めた理由は「東京で、自国開催でできるというところが凄く僕にとっては光栄なこと」と語り、「もちろん選んでいただいたことで、チームに応えたい」と自国開催と期待に応えたいからだとした。また「シュツットガルトも快く引き受けてくれたので、クラブにも感謝ですし、選ばれた想いと責任を持ってプレーしたいと思います」と、クラブの協力にも感謝を述べた。 また若手に経験を伝えたい思いもあるとし「もちろん、リオの時に悔しい思いをしているので、この5年で自分がどれだけ成長したかを見せなければいけないですし、あとは若い選手たちにピッチ内外で自分の良さをしっかり出して、こういうプレーをするんだというものを見せられればと思います」と自身の悔しい経験を、パフォーマンスで見せたいと語った。 この世代に対する期待感については「海外でプレーしている選手が多く、自分を持っている選手というか、ギラギラしているのは良いなと感じています」と語り、「僕らが入って、年上だろうが関係なく、自分の良さをチームのために出そうとトライしているし、そういうことがあるからこそ、海外でプレーしているのかなと。国内の選手は少し物足りない部分はあるので、もっともっと出しても良いと思います」と、コミュニケーションの部分を含めて、期待できると語った。 ブンデスリーガでデュエル王となった遠藤だがその強度については「チーム戦術にもよりますけど、1人1人の意識で変われると思います」と意識で変えられると語り、「意識を変えるのはそういった選手を間近に見て感じることが大事で、僕もブンデスリーガに移籍してそういった他の海外の選手がチームの戦術的に前に前に奪いにいくサッカーをして、僕もその中でもっとよりボールを奪う意識を高めなきゃいけないという中でプレーしたからこそ、今奪いに行ける感覚の幅が広がったというか、距離がちょっとあっても奪いに行ける感覚を身につけられました」と、周りの選手の影響も大きいと語った。 また「他のボランチの選手もそうですし、ボランチをやっていない選手もそうですけど、例え国内であってもこの感覚でも取れるんだということを学んでもらいたいですし、もっと極めていきたいなと思います」とJリーグでもそういった選手が増えていくことに期待を寄せた。 2021.06.08 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

遠藤航の同僚FW、偽名だったことが判明…元代理人の策略で年齢も1つ“さば読み”

日本代表MF遠藤航のシュツットガルトの同僚であるDRコンゴ代表FWサイラス・ワマンギトゥカ(22)だが、本名が違うことが発覚した。クラブが発表した。 ワマンギトゥカは、2019年8月にパリFCからシュツットガルトへと加入。今シーズンはブンデスリーガで24試合に出場し11ゴール5アシストを記録。チームの攻撃を牽引していた。 そのワマンギトゥカだが、元代理人の策略により、実は本名を偽っていたことをクラブに報告。クラブはこの問題に取り組み、ワマンギトゥカの母国であるコンゴ民主共和国から正式に書類を受け取ったとことを発表した。 なお、ワマンギトゥカの本名は「Silas Katompa Mvumpa(サイラス・カトンパ・ムヴァンパ)」とのことだ。さらに、年齢も1歳さば読んでいたとのことだ。 事の経緯については、ムヴァンパは2017年にアンデルレヒトのトライアルトレーニングセッションに招待。その際、2017年8月15日から11月14日まで有効なベルギーのビザを、カトンパ・ムヴァンパで取得したとのことだ。 アンデルレヒトは、ビザの期限が切れる前に獲得を考え、契約締結に向けて今後に戻って新たなビザを取るように依頼したとのこと。その際に、エージェントが手を回し、「サイラス・ワマンギトゥカ」という父の名前で書類を作り、さらに生年月日を1年遅らせ、1999年10月6日に変更していたようだ。 さらに、この件をダシにエージェントは脅迫。自身の下で住まわせ、給料を支払わずに一部を渡していたとのこと。また、「公にしたら2度とサッカーができなくなる」と脅していたようだ。 シュツットガルトでプレーを始めた際、フランスの報道でプロフィールに疑念が持たれ、ドイツメディアもこれを調査。しかし、その当時はエージェントがいたために書類が騙されていたという。 シュツットガルトは、この件についてはドイツ当局に開示するとのこと。また、ドイツサッカーリーグ機構(DFL)とドイツサッカー連盟(DFB)にも連絡を取っており、正式な形で選手登録を行うとしている。また、正式な名前でのプレー許可証を発行してもらうために動いているとのことだ。 ムヴァンパは今回の件についてコメント。これからは安心して生活できるとし、ピッチでの活躍を誓った。 「僕はこの数年間、常に恐怖を感じながら生活してきたし、コンゴにいる家族のことをとても心配していた。自分の過去の話を明かすことは、難しいステップだった。それができたのは、新たなカウンセラーのサポートがあったからだ。もう恐れる必要はないし、一緒にいれば全てを持ち寄れるということを実感した」 「もし、シュツットガルトやチームが僕にとっての第二の故郷であり、安心できる場所でなければ、このようなステップを踏む勇気は起こらなかっただろう。今日はとてもホッとしている」 「そして同じような経験をしたエージェントを持つ他の選手の励みになればと思う」 「この間、シュツットガルトが信頼し、支えてくれたことに深く感謝する。彼らやファンのみんなのために、ピッチ上で恩返しができればと思う」 2021.06.08 19:05 Tue
twitterfacebook
thumb

「非常に楽しみ」この前までプレーしたA代表との試合にMF遠藤航「凄く意味のある合宿になる」

東京オリンピックに臨むU-24日本代表は1日、当初の予定が急遽変更。北海道に飛ぶこととなった。 日本代表が3日にキリンチャレンジカップ2021で対戦する予定だったジャマイカ代表が、選手10名しか来日できていない状況。残りの10名が新型コロナウイルス(COIVD-19)のPCR検査において、陰性証明に不備があり、アムステルダムで足止めを食らうこととなった。 日本サッカー協会(JFA)はこの結果、ジャマイカ戦の中止を決定。さらに、U-24日本代表と日本代表のチャリティーマッチを開催することを急遽決めた。 U-24日本代表の一行は、予定を変更し札幌へ移動。移動後に、選手がオンラインのメディア取材に応じた。 オーバーエイジ(OA)としてこの活動からU-24日本代表に参加しているMF遠藤航(シュツットガルト)は、急遽のスケジュール変更について「非常に急な移動でしたけど、そんなに悲観的にもなっていないし、U-24の選手たちはA代表の選手とやれるっていうのを今は非常に楽しみにしています」とコメント。「僕個人的にもU-24がA代表とやれるっていうのは素晴らしい強化試合になると思っているので、そこら辺はポジティブに考えています」と語り、驚きを隠せないながらも、前向きに捉えているとした。 先日まで自身が活動していたA代表との試合となるが「確かに不思議ではありますけど、恐らく僕はU-24の方で出るので、U-24としてしっかり自分のプレーを見せなきゃいけないし、そういう意味ではこうやってA代表と試合できて、試合数は1試合増えましたけど、凄く意味のある合宿になるんじゃないかと予想してます」とコメント。新たなチームの一員として、しっかりとパフォーマンスを見せたいと語った。 今回の試合を行うことで、中1日で移動も伴っての連戦となるが「A代表と試合ができるっていうことに凄くポジティブでモチベーション高い選手たちが多いなっていう印象を受けていて、中1日ではあるんですけど、今のオリンピックチームはメンバーも24名いて2チーム分あるし、中1日でもメンバーを代えればしっかり問題なくやれると思っています」とチーム編成上は問題ないとコメント。「最終選考っていう意味でも、全員が試合に出れるチャンスが1試合多くなったということで、凄くポジティブに思っているし、そこはさらに良い競争ができると思います。そういう覚悟でみんなこの4試合プレーしてオリンピックに向かっていけるかなと思っています」と、日程の厳しさはありながらもアピールの場が増えたとプラスに考えていることを明かした。 OAとして参加することの役割については「リオ五輪の時と比べるとやっぱりA代表でプレーしている選手が多いので、その辺は問題なく僕らオーバーエイジもU-24に加われるんじゃないかなという風には思っています」と、知った顔が多いことはプラスだとコメント。それでも「ただ、まだ国内組の選手と練習が一緒にできていないので、そこはこれからかなとは思います」と一緒にプレーしたことがない選手たちへの不安はまだあるようだ。 それでも前向きに捉える遠藤。「コミュニケーションという面ではU-24の海外組の選手というよりも、国内組の選手とどれだけコミュニケーション取っていけるかというところにフォーカスできると思っているので、一緒にやっている選手が多いというのはチームにとっては凄くプラスだと思っています」と語り、A代表で一緒にプレーしている選手がいることは助けになると語った。 OA選出を受けた理由については「一番は自国開催で東京でオリンピックができることだと思います。人生の中でも自国開催でオリンピックができるということはなかなかないと思いますし、個人的にはリオ五輪で悔しい思いをしているので、もう一度リベンジしたい気持ちも少なからずあります」とコメント。自身がキャプテンとして臨んだ2016年のリオ五輪でグループステージ敗退に終わった悔しさを取り戻したい気持ちを明かした。 東京五輪の位置付けについては「もちろん僕のキャリアはオリンピック以降も続くので、そのキャリアの一部ですけど、5年前の自分から今の自分がどれだけ成長しているのかっていうことを示す大会でもあると思っています」とコメント。「そこをどう示すかっていうのは結果を残すしかないと思っていますし、メダルを獲るために自分がどれだけ貢献できるか、5年前とどれだけ違う姿を見せられるかっていうのは、このオリンピックにかける思いとしては強いのかなと思います」と語り、リベンジしたいという気持ちが強いようだ。 質問:オーバーエイジの選手が入ったことで後ろが強いチームができると思っているが、遠藤選手自身はどう思っているか そこは僕も同じですね。監督も底をイメージしているのかなと思いますし、しっかりとした守備から自分たちがどう展開していくのかっていうところだと思うし、後ろを固めてというよりかは後ろに安定感をもたらすっていう考え方には僕も同じ意識でやろうかなと思っています。 2021.06.01 23:26 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly