覚醒のリンガードがプレミア月間最優秀選手賞を初受賞! 監督賞ではスティーブ・ブルースが初栄冠

2021.05.14 21:48 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグは14日、4月の月間最優秀選手と最優秀監督を発表した。

最優秀選手には、ウェストハムのイングランド代表MFジェシー・リンガードが選ばれた。1月にマンチェスター・ユナイテッドからローン加入した同選手は、加入直後から印象的なパフォーマンスを披露。リーグ戦においてユナイテッドでは今季一度も出番がなかったが、ウェストハムでは水を得た魚のように躍動中だ。

移籍後初戦のアストン・ビラ戦で2ゴールの鮮烈デビューを果たすと、その後もブレーキをかけることなくゴールに関与。4月の成績は4試合4ゴール1アシストで、ウォルバーハンプトン戦、レスター・シティ戦、ニューカッスル戦で3試合連続ゴールを記録した。レスター戦では2ゴールの活躍だった。

今回が初受賞となるリンガードは、FWメイソン・グリーンウッドやFWケレチ・イヘアナチョ、FWアラン・サン=マクシマンら8名の候補から選出。3カ月連続のノミネートからようやくの受賞に「ノミネートされるだけでも最高に嬉しかったんだけどね」と控えな姿勢を見せながらも、「僕は自分ができる最高のこと、そして世界で最高のことをしたいと思っている」と力強いコメントを残した。

一方、最優秀監督はニューカッスルのスティーブ・ブルース監督が初受賞。シーズンを通して厳しい戦いを強いられているものの、4月はトッテナム(2-2)やリバプール(1-1)から勝ち点を奪うなど、2勝2分け無敗でポイントを積み上げた。

とりわけ、リバプール戦では92分にサン=マクシマンのゴールがVARで取り消されながらも、ラストプレーとなった96分にMFジョー・ウィロックのゴールで劇的ドローに持ち込んでおり、スティーブ・ブルース監督も「あの最後の5分間は、我々を要約したものだった」とハイライトに挙げている。

この結果、降格圏スレスレだったクラブは残留が確定。プレミアリーグで通算19年、総試合数では465試合にして初受賞となったイングランド人指揮官は、「ずっと前から欲しかった物だ! 私の後ろで精力的に働いてくれたスタッフ、そしてもちろんそれ以上に、挑戦に応えて私に賞を与えてくれた選手たちに感謝しているよ」と喜びを語った。

関連ニュース
thumb

ウェストハム、PSGからフランス代表GKアレオラを買取OP付きレンタルで獲得!

ウェストハムは29日、パリ・サンジェルマン(PSG)からフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(28)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 ハマーズへの移籍が決定したアレオラは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「僕にとってウェストハムとの契約は、チームを助けるためにベストを尽くすことができる最高の機会だった。ロンドンは住むにも働くにも素晴らしい街だし、プレミアリーグは世界最高のリーグのひとつであるで、(フルアムでの)昨シーズンは本当に楽しかった。僕にとってもチームにとっても厳しい状況でしたが、プレミアリーグでのプレーを楽しんだよ」 「昨シーズンはファンがいませんでしたが、今年はファンが戻ってき来るからその雰囲気を見るのがいまから楽しみだよ」 アレオラは昨夏、プレミアリーグ昇格のフルアムに1年レンタルで加入して、開幕節と最終節以外の36試合すべてに先発。1年での降格という結果に終わってしまったチームのなかで、傑出したパフォーマンスを披露した1人として充実したシーズンを過ごしていた。 ただ、復帰先のPSGではこれまで正GKを務めるコスタリカ代表GKケイロル・ナバスの存在に加え、今夏にミランを退団したイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマをフリートランスファーで獲得したため、セカンドGKの座も厳しい状況となっていた。 2021.07.30 01:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ハマーズのスラビア・プラハ&チェコ化進む? 2選手に関心

ウェストハムがスラビア・プラハ&チェコ化を進めているようだ。 昨シーズンのプレミアリーグを5位でフィニッシュし、ヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得したハマーズ。その大きな原動力となったのが、チェコ代表の主力2選手だ。 昨年1月末にスラビア・プラハから加入したMFトマシュ・ソウチェクは、デイビッド・モイーズ監督の“新たなフェライニ”として攻守両面で強度の高いプレーをみせ、主力MFに定着。 また、同年10月に同じくスラビア・プラハから獲得したDFヴラディーミル・ツォウファルは右サイドバック、ウイングバックを主戦場に、こちらも攻守両面で印象的なパフォーマンスを披露していた。 そして、チェコ人選手の能力の高さ、スラビア・プラハの慧眼を高く評価するクラブは、今夏の移籍市場でも同じアプローチでの補強を画策しているようだ。 イギリス『テレグラフ』が伝えるところによれば、ハマーズは今年1月から興味を示していたスラビア・プラハのセネガル代表FWアブダラー・シマ(20)、スパルタク・モスクワのチェコ代表MFアレックス・クラル(23)の2選手の獲得に動いているという。 シマは右ウイングを主戦場とする188cmの大型アタッカーで、昨シーズンの公式戦では39試合20ゴール8アシストの数字を残していた。圧倒的な身体能力を生かした打開力と得点感覚に大きな伸びしろを残す逸材だ。 一方、チェコ代表として23キャップを刻むクラルは守備的MFとセンターバックを主戦場に強度の高い守備と、安定したボール捌きが売りの有望株だ。 ハマーズに関してはイングランド人FWジャロッド・ボーエン、イングランド代表MFデクラン・ライスという2人の主力に流出の可能性があり、奇しくも前述の2選手とは同じポジションだ。 仮に、ボーエン、ライスを手放す場合、ハマーズのスラビア・プラハ、チェコ化が進むかもしれない。 2021.07.29 20:44 Thu
twitterfacebook
thumb

今季EL出場のウェストハム、チーム内に競争を増やしたいモイーズ「もっと競争を増やす必要がある」

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が、新シーズンに向けてチームに競争をもたらしたいと考えているようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 昨季のプレミアリーグを6位で終え、今季のヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得したウェストハム。24日に行われたセルティックとのプレシーズンマッチでは6-2で快勝。今季のプレシーズンマッチでは無敗を続けている。 しかし、ウェストハムはすべてのポジションで補強を行いたいと考えているとのこと。マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表MFジェシー・リンガード(28)との再契約を目指すものの、リンガードはユナイテッドの構想に入っている状況だ。 一方で、ハイバーニアン(スコットランド1部)のU-19スコットランド代表DFジョシュ・ドイク(19)、パリ・サンジェルマンのGKアルフォンス・アレオラ(28)に興味を示すなど、積極的に補強に動いている。 『イブニング・スタンダード』に対しモイーズ監督は、ELの戦いもある今季に向けて選手たちにさらなる競争をもたらしたいと明かしている。 「もっと競争を増やす必要がある。基準を維持するためにはそれが必要だ」 「だが、我々が持っているものを話したい。それは、素晴らしい若手選手たちがいるということだ」 「私は本当に幸運だ。我々には常に全力で取り組む素晴らしい若手選手たちがいる。我々はこの状態を維持したい」 「将来的になにができるか考えてみようと思うが、今のところ大きな変化はないね」 2021.07.26 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

エバートンがリンガードに関心か…ウェストハムに思わぬ横槍

エバートンが、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表MFジェシー・リンガード(28)に関心を示しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 新たにラファエル・ベニテス監督が就任し、着々と補強が進められているエバートン。これまでのところ、元イングランド代表MFアンドロス・タウンゼント(30)と元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKアスミル・ベゴビッチ(34)を獲得しているが、さらにレバークーゼンからイングランド人FWデマライ・グレイ(25)の加入も間近だと言われている。 近年の様な大型補強が期待される中、獲得リストにリンガードの名前も浮上した模様。同選手は今年1月にユナイテッドからウェストハムにレンタル移籍すると、プレミアリーグ16試合で9ゴール5アシストを記録し、ユナイテッドでの不遇のうっ憤を晴らすかのような大きなインパクトを残した。 結果的にイングランド代表復帰にもつながり、大成功となったウェストハム移籍。当然、この夏には完全移籍が噂されているが、ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は戦力の一部と見ている様子。 だが、そこにエバートン介入の様相も呈しており、リンガードの去就は複雑化が予想されている。ベニテス新監督としては、主砲のFWドミニク・キャルバート=ルーウィンへサイドから援護射撃できる人材を求めているとのことで、他にもバーンリーのイングランド人FWドワイト・マクニール(21)にも注目しているようだ。 2021.07.21 14:11 Wed
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、ヤルモレンコをトルコへ売却か

ウェストハムが、ウクライナ代表FWアンドリー・ヤルモレンコの売却を考えているようだ。『フットボール・インサイダー』が伝えた。 2018年7月にドルトムントから1800万ポンド(当時のレートで約26億6400万円)でウェストハムへ移籍したヤルモレンコ。昨季は公式戦24試合3ゴール5アシストを記録したものの、イングランド代表MFジェシー・リンガードなどの加入もあり、リーグ戦での先発出場はわずか1試合と出場機会が減少していた。 このヤルモレンコの去就に関してフェネルバフチェと会談を開いたと『フットボール・インサイダー』は主張。ウェストハムは契約が残り1年となったウクライナ代表FWを余剰戦力と考えているようで、値下げもやぶさかではない姿勢とのこと。 わずか200万ポンド(約3億400万円)程度での売却になる可能性もあるとされており、先日にラツィオに復帰したMFフェリペ・アンデルソンの後に続くことになるかもしれない。 2021.07.18 21:37 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly