「甘かった」規則抵触でドイツ代表頓挫のソサ、クロアチアに対して謝罪「近道でゴールに到達したいという欲に駆られた」

2021.05.14 13:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シュツットガルトのDFボルナ・ソサ(23)が、クロアチアサッカー連盟(HNS)を通じて声明を発表。自身の選択を謝罪した。

ソサはクロアチア出身のDF。世代別の代表チームはクロアチアでプレーしていたが、7日にドイツの国籍を取得。これにより、ドイツ代表が選択できるようになった。

2018年のロシア・ワールドカップでは予備登録メンバーとなっており、現在はシュツットガルトでも主力を務めているソサだが、ズラトコ・ダリッチ監督から招集されたことはなく、A代表歴はない状況だった。

しかし、ダリッチ監督はA代表に招集したい意向があったものの、U-21クロアチア代表との兼ね合いで招集を見送っていたが、ソサはプレー機会がないことに不満を持ち、ドイツ代表への切り替えを明言していた。

そんな中、国際サッカー連盟(FIFA)が2020年9月から適用している規則により、ソサはドイツ代表を選択できないことが発覚。新規則では21歳を超えて世代別のチームでプレーした場合は、A代表の選択を変えることができないというものであり、ソサは22歳9カ月22日でU-21クロアチア代表としてプレーしていた。

これによりドイツ代表の選択が不可能となったソサ。自らクロアチアを捨てるような行動に出たことで、代表選手としての道が完全に閉ざされることとなってしまった。

そのソサは、HNSを通じて謝罪の声明を発表。自身の軽率な判断でクロアチアを裏切ったことを謝罪。チャンスをもらえるならば、クロアチア代表のために貢献したいと意思を表明した。

「過去数日、僕の人生において多くのことが起こり、特にスポーツのキャリアにおいて傷を残しました」

「自分が直面している状況に対し、自分の決定を躊躇したことはありませんが、代表のキャリアについて決断した時は、自分は正しいことを信じていると信じていました」

「しかし、僕は間違った決断を下したこと、そして甘かったことが分かりました」

「他のアスリートと同様に、子供の頃、僕は大きな大会に出場することを夢見ていました。お金やその他の価値を考えず、僕はまだ夢見ています。もちろん、ユーロやワールドカップに出場することも夢見ています」

「しかし、その夢の中であっても、多くの人が僕を理解してくれないという幻想は抱いておらず、そのことでみんなを責めることはしません。この状況になった責任は、僕だけにあります」

「クロアチアサッカー連盟から僕に伝えられたことを誤解したことから、別の、そしておそらく近道でゴールに到達したいという欲に駆られて、決断をしてしまいました」

「僕は2012年に世代別のクロアチア代表でデビューを果たし56試合に出場しました。パフォーマンスは良い時も悪い時もありましたが、クロアチアのユニフォームを着てプレーした全ての試合を誇りに思っています」

「僕が下した決断は間違っていたので、その責任を負わなければなりません。クロアチアサッカー連盟と選考委員の方々が、まだ代表チームの成功に僕が貢献できると信じてくれるのであれば、僕はその招集に応え、貢献したいと考えています」

「最後になりますが、クロアチののスポーツに関わる皆様、クロアチアサッカー代表チームのファンの皆様、そしてクロアチアサッカー連盟の皆様に、心からお詫び申し上げます。このような状況で、僕に忍耐、理解、正しさを示してくださったことに感謝します」

関連ニュース
thumb

勝利にあと一歩まで迫ったクロアチア、指揮官は「選手を思うと非常に悲しい」と嘆き

クロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督がユーロ2020敗退を嘆いた。クロアチアサッカー連盟(HNS)が伝えている。 クロアチアは28日に行われたユーロ2020ラウンド16で、スペイン代表と対戦。前半相手GKのミスからオウンゴールで先制するも、そこから3失点を許す展開に。しかしそこから反撃に転じたチームは、後半アディショナルタイムに同点に追いつく。延長戦では逆転まであと一歩というところまで迫ったが、2点を奪われると力尽き3-5のスコアで敗れた。 この結果、強豪国相手に善戦したもののクロアチアのユーロ2020ラウンド16敗退が決定している。 試合後の会見に臨んだダリッチ監督は、ミスの代償を支払ってしまったとコメント。同時に、勝者となった対戦相手のスペインやここまで死力を尽くした自チームの選手を称賛している。 「前半、我々は多くのランニングをしたがあまり実を結ばなかったと思う。一方で、スペインにもチャンスはあったがそれを生かせていなかった。我々は何とか試合に戻れたが、いくつか大きなミスをしてしまったね。スペインは素晴らしいチームであり、すべてのミス、すべての停滞を罰してくる」 「延長戦の最初に訪れたチャンスを活かせなかったのが、決定打となった。勝利によって準々決勝進出を得たスペインと、試合で力を発揮した私のチームの選手たちを称えたい。我々は、良いプレーをする素晴らしいチームと対戦したんだ」 「応援してくれたファンの方々、そして120分間ベストを尽くした選手たちのことを思うと、とても悲しい。同点に追いついた後はエネルギーを蓄えることができず、延長戦の末に敗れてしまった」 また、ダリッチ監督は67分に投入してから1ゴール1アシストの活躍を見せたFWミスラフ・オルシッチを称賛。チームに変化をもたらしてくれたと語った。 「オルシッチは生き生きとしており、反応も良く、彼が出場したことにはとても満足している。彼は適切な方法でチームに入り、イニシアチブとアドバンテージをもたらしてくれた。良いプレーをしたと思うよ」 2021.06.29 12:07 Tue
twitterfacebook
thumb

延長戦にもつれ込んだクロアチアとの打ち合いを制したスペインが2大会ぶりベスト8《ユーロ2020》

ユーロ2020ラウンド16、クロアチア代表vsスペイン代表が28日にデンマークで行われ、延長戦の末、3-5でスペインが勝利した。 イングランド代表やチェコ代表、スコットランド代表が同居したグループDを2位で通過したクロアチアは、ペリシッチがコロナ陽性で、ロブレンが出場停止で欠場となった。 一方、スウェーデン代表やスロバキア代表、ポーランド代表が同居したグループEを2位で通過したスペインは、フェラン・トーレスとガヤが今大会初スタメンとなり、3トップは右からフェラン・トーレス、モラタ、サラビアが形成した。 立ち上がりからボールを握ったスペインが16分に決定機。ペドリのスルーパスでボックス中央に進入したコケがダイクレトシュートを狙ったが、GKリヴァコビッチの好守に阻まれた。さらに19分、フェラン・トーレスの右クロスにモラタがヘッドで合わせるチャンスを迎えたもののミートしきれなかった。 すると20分、軽率なミスからスペインは失点する。ペドリのバックパスをGKウナイ・シモンがトラップできずに後逸し、ボールがそのままゴールに吸い込まれてしまった。 つまらないミスでリズムを崩したスペインだったが、38分に分厚い攻めを見せた流れから追いつく。波状攻撃を仕掛け、ボックス左のガヤのシュートがGKを強襲すると、ルーズボールをサラビアが詰めた。 1-1で迎えた後半、57分にスペインが逆転する。左サイドからのフェラン・トーレスのクロスをアスピリクエタがヘッドで押し込んだ。68分にはピンチを迎えるも、ゴール至近距離からのグヴァルディオルのシュートはGKウナイ・シモンが汚名返上のファインセーブで阻止。 そして77分、スペインに3点目が生まれる。パウ・トーレスのロングフィードを受けたフェラン・トーレスがDFと入れ替わってボックス右に侵入。GKとの一対一を確実に制した。 しかし85分、モドリッチのチャンスメークを起点に、混戦の中をオルシッチが押し込んで1点差としたクロアチアは、土壇場の追加タイム2分に追いつく。左サイドからのオルシッチのクロスをパシャリッチがヘディングでねじ込んだ。 3-3で迎えた延長戦、開始早々にオルシッチが際どいミドルシュートを浴びせたクロアチアは、同6分にビッグチャンス。しかし、オルシッチのゴール至近距離からのシュートは再びGKウナイ・シモンの左手一本によるビッグセーブに阻まれた。 すると同10分、スペインが勝ち越す。ダニ・オルモの右クロスをファーサイドのモラタが受けて左足ボレーで叩き込んだ。さらに3分後、再びダニ・オルモの右クロスから今度はオヤルサバルが受けてシュートを決めきり、リードを2点に広げた。 延長後半開始早々、ブディミルに決定機があったものの枠を外れて助かったスペインは、そのまま5-3で勝利。2点のリードを追い付かれて延長戦に持ち込まれたものの、打ち合いを制したスペインが2大会ぶりのベスト8進出を決めている。 2021.06.29 03:36 Tue
twitterfacebook
thumb

「この大会でもう一度プレーするだろう」コロナ感染のクロアチア代表MFペリシッチが心境を綴る

新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたクロアチア代表MFイバン・ペリシッチが自身のインスタグラムで状態を報告した。 ペリシッチは、クロアチア代表の一員としてユーロ2020に出場。グループステージ3試合に出場し、2ゴールを記録するなどチームのベスト16入りに貢献していた。 そのクロアチアは、28日にスペイン代表とラウンド16で対戦。しかし、ペリシッチは新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受け、10日間の隔離措置を取ることが決定していた。 これにより、スペイン代表戦を始め、準々決勝、準決勝も出場できないことが確定したペリシッチ。クロアチアが決勝に進出すれば隔離が解けて出場が可能となる状況だ。 ペリシッチは大一番を前に隔離生活に入ったことをインスタグラムで報告。今大会でもう1度プレーするとチームメイトを信じる旨を綴った。 「ほんとんどの人が知っている通り、僕はCOVID-19で陽性判定を受けた。たくさんのメッセージありがとう」 「今は体調も良くなったけど、明日クロアチアを助けることができないことがとても残念だ」 「でも、素晴らしいファンのみんなのサポートがあれば、選手たちは素晴らしい試合をしてくれると確信している」 「そして、もしかしたら最終的にはこの大会でもう一度プレーすることになるだろう」 ここまで2ゴールでチームに貢献したペリシッチ。決勝のピッチに立てるかどうかは、チームメイトに委ねられることとなった。 <span class="paragraph-title">【SNS】コロナ感染のペリシッチが決意表明</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CQoYhfXlEm5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CQoYhfXlEm5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CQoYhfXlEm5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Ivan Perišić(@ivanperisic444)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.06.28 13:25 Mon
twitterfacebook
thumb

クロアチア代表ペリシッチが新型コロナ感染…スペイン戦に暗雲

いよいよユーロ2020決勝トーナメントの戦いが始まるクロアチア代表だが、チーム内から新型コロナウイルス感染者が出たようだ。 クロアチアサッカー連盟(HNS)は26日、定期的に実施する新型コロナウイルスの検査結果を公表。他の代表メンバー全員が陰性判定だったなか、MFイバン・ペリシッチのみが陽性判定を受けたという。 これを受けて、ペリシッチは10日間の自主隔離に入り、その間の代表活動も停止。クロアチアは28日にコペンハーゲンでラウンド16のスペイン代表戦に臨むが、ペリシッチという主軸の1人を欠いての戦いが決定した。 主将のMFルカ・モドリッチとともにチームを牽引するペリシッチはここまでグループステージ全3試合に先発して、2得点1アシストと活躍。ここ2試合連発中と調子が良かっただけに、無念の知らせとなってしまった。 2021.06.27 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

モドリッチの“アウトサイド”ミドルに“闘将”ロイ・キーンも絶賛「35歳だって?」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるロイ・キーン氏が、クロアチア代表MFルカ・モドリッチを絶賛した。 クロアチアは22日、ユーロ2020グループD最終節でスコットランド代表と対戦。キャプテンのモドリッチはフル出場を果たした。 決勝トーナメント進出には勝利が絶対条件となる両者の一戦は、前半にクロアチアのMFニコラ・ヴラシッチのゴールで先制するも、前半終了間際に同点に追いつかれる。 そして迎えた後半、主導権を握るクロアチアは、百戦錬磨の主将が勝ち越し弾を奪う。62分、左サイドをオーバーラップしたDFヨシュコ・グヴァルディオルの折り返しをFWブルーノ・ペトコビッチがつなぐと、Mfマテオ・コバチッチの落としを最後はペナルティアーク内に走り込んだモドリッチが右足アウトサイドでのシュートをゴール左に突き刺した。 芸術的なゴールには辛口解説で有名なキーン氏も絶賛している。 「素晴らしい選手の素晴らしいゴール。モドリッチへは多大な敬意を持っている、素晴らしい。彼が35歳だって?」 「私は足のアウトサイドでボールを蹴ったことはないと思う。なんて素晴らしいフィニッシュだ。素晴らしい選手。彼を見るのが大好きだ」 試合はモドリッチのゴールで勝ち越したクロアチアが1点を追加し、3-1で今大会初勝利を飾り、グループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。 <span class="paragraph-title">【動画】ロイ・キーンも絶賛したモドリッチの“アウトサイド”ミドル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Technique. Precision. Composure. <br> <a href="https://twitter.com/lukamodric10?ref_src=twsrc%5Etfw">@lukamodric10</a> <br><br>Goal of the Round ? <a href="https://twitter.com/GazpromFootball?ref_src=twsrc%5Etfw">@GazpromFootball</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/EUROGOTR?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EUROGOTR</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/EURO2020?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EURO2020</a> <a href="https://t.co/qOjO4OaOrY">pic.twitter.com/qOjO4OaOrY</a></p>&mdash; UEFA EURO 2020 (@EURO2020) <a href="https://twitter.com/EURO2020/status/1407463379699122176?ref_src=twsrc%5Etfw">June 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.23 16:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly