内田篤人氏が冨安とマッチアップしたリベリの攻略法を指南「これさえ読んでおけば」

2021.05.07 16:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元日本代表DF内田篤人氏が、ボローニャの日本代表DF冨安健洋のフィオレンティーナ戦を振り返った。『DAZN』の自身の番組『Atsuto Uchida's FOOTBALL TIME』内で語っている。

4月にふくらはぎを負傷した冨安は、2日に行われたセリエA第34節のフィオレンティーナ戦で約1カ月ぶりに先発復帰。3バックの右で起用され、元フランス代表MFフランク・リベリと対峙する場面もあった。

シャルケにも在籍し、ブンデスリーガ時代にリベリと何度も対戦経験のある内田氏は、54分にボックス左で冨安がマッチアップしたシーンに着目。攻略法を語った。

「リベリがここで持ったら縦なんですよ。右足のインサイドで縦に持ち出すのはだいたい分かる。これさえ読んでおけば、そんなに怖くない。ボランチも来ているし、センターバックも助けに来ている」

実際、この場面で冨安は縦に突破にきたリベリの動きを読み、ノーファウルでボールを奪っていた。

復帰戦で存在感を示した冨安だが、負傷明けということもあり76分で途中交代。試合は3-3のドローに終わった。

ボローニャは8日に第35節でウディネーゼとアウェイで対戦する。



1 2
関連ニュース
thumb

東京五輪は大丈夫? DF冨安健洋がケガでU-24日本代表を離脱、C大阪DF瀬古歩夢が追加招集

日本サッカー協会(JFA)は9日、U-24日本代表からDF冨安健洋(ボローニャ)が離脱することを発表した。 冨安は5月末に日本代表に合流した当初からヒザに問題を抱えて別メニューで調整。その後、U-24日本代表に合流していた中、5日に行われたU-24ガーナ代表戦で先発出場を果たしていた。 ガーナ戦では後半に途中交代していた中、ケガのためにこのタイミングで離脱することが決定した。 なお、セレッソ大阪のDF瀬古歩夢が追加招集されている。 U-24日本代表は12日にジャマイカ代表との国際親善試合を実施予定。その後、6月末に東京オリンピックに向けたメンバーが発表される。 2021.06.09 13:38 Wed
twitterfacebook
thumb

冨安健洋のアタランタ移籍が近づく、AZのオランダ代表MFと共に獲得へ

日本代表DF冨安健洋(22)のアタランタ移籍は非常に近づいているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ボローニャで2シーズンを過ごした冨安には、イタリア国内のクラブから高い評価が下されており、かつてはミランへの移籍も報じられるなど、その才能に注目が集まっている。 一方で、冨安は「僕の考えていることと違うこと、違う戦術で型にハメられた感覚がずっとあった」と日本代表のメディア対応で語っており、ボローニャでのプレーは「窮屈」と不満を口にしていた。 そんな中、アタランタへの移籍が報じられていたが、どうやら移籍は濃厚とのこと。かなり近づいているとされている。 2019年7月にシント=トロイデンからボローニャに完全移籍で加入した冨安。ボローニャではセンターバックの他、サイドバックとしても起用されていた。 2シーズンを通じて63試合に出場し3ゴール3アシストを記録。今シーズンもセリエAで31試合に出場し2ゴールを記録するなど、ユーティリティ性を見せている状況。ジャン・ピエロ・ガスペッリーニ監督も高く評価しているようだ。 アタランタは、イタリア代表DFマッティア・カルダーラ(27)がミラン移籍に近づいているとされ、アルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)にもオファーがある状況。ロメロに関しては売却したくないと考えているようだが、冨安を獲得し若手の2人を守備に据えたいという可能性もあるようだ。 また、ボローニャはアタランタからレンタル移籍中のガンビア代表FWムサ・バロウ(22)の買い取り義務があるため、1500万ユーロ(約20億円)の移籍金に代わって冨安を手放すとも報じられていた。 なお、アタランタは、AZのキャプテンを務めるオランダ代表MFトゥン・コープマイネルス(23)にも関心を示しているとのこと。2000万ユーロ(約26億6500万円)を要求されているが、アタランタは1600万ユーロ(約21億3300万円)を提示。最終的には1800万ユーロ(約24億円)になるとみられている。 なお、ローマも獲得に熱心な状況で、両クラブで争うことになりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】冨安健洋が決めたクレバーなゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxWEx5M3h0TCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.08 16:05 Tue
twitterfacebook
thumb

冨安健洋にアタランタ行きの可能性、移籍金20億円の肩代わりに要求か

アタランタが日本代表DF冨安健洋(22)の獲得に大きな興味を持っているようだ。イタリア各メディアが伝えている。 2019年7月にシント=トロイデンからボローニャに完全移籍で加入した冨安。ボローニャではセンターバックの他、サイドバックとしても起用されていた。 2シーズンを通じて63試合に出場し3ゴール3アシストを記録。今シーズンもセリエAで31試合に出場し2ゴールを記録していた。 しかし、冨安は日本代表でのメディア対応で今シーズンを振り返り「良いシーズンではなかった」と明言。その理由として制約が多すぎる監督の戦い方に対して「窮屈さはどこでプレーしていても実際あった」とコメント。「僕の考えていることと違うこと、違う戦術で型にハメられた感覚がずっとあった」と語っていた。 冨安とボローニャの契約は2024年6月30日までとなっている中、シニシャ・ミハイロビッチ監督の続投が濃厚となっている状況。イタリア国内でも高く評価されている冨安としてはステップアップという意味でも良いタイミングと言えそうだ。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、ボローニャはアタランタからレンタル移籍中のガンビア代表FWムサ・バロウ(22)の買い取り義務があるため今夏に加入。1500万ユーロ(約20億円)の移籍金がかかるが、ボローニャは値下げを要求する可能性があるとされ、アタランタは移籍金の代わりに冨安を獲得しようと画策しているとのことだ。 アタランタは今シーズンのセリエAを3位で終えており、2021-22シーズンのチャンピオンズリーグに出場。抜群の破壊力を持つ攻撃陣とは裏腹に、守備が堅いとは言えない状況。セリエAでも2シーズンで実績を積んだ冨安の加入は願っても無いことだろう。 冨安もチャンピオンズリーグ出場となれば、大きなステップアップに。かつてはミランも獲得に動いているとされたほどであり、ボローニャが手放す可能性もたかそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】冨安健洋が決めたクレバーなゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxWEx5M3h0TCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.03 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

冨安ボローニャ、ミハイロビッチ監督が続投の意向

ボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督(52)が来季も続投する意思を固めたようだ。イタリア『Il Resto del Carlino』が報じている。 2023年6月までボローニャと契約を結んでいるミハイロビッチ監督。現役時代に所属した古巣であるインテルやラツイオの監督就任の噂があったものの、インテルはシモーネ・インザーギ監督の就任が決まり、ラツィオはマウリツィオ・サッリ氏の監督就任が報じられ、ボローニャで今後も指揮を執ることが確実となったようだ。 『Il Resto del Carlino』によれば本日、クラブのフロントと来季に向けた編成の話し合いを行ったとのこと。アタランタへの移籍が報じられるボローニャのDF冨安健洋だが、仮に残留しても信頼できる指揮官の下でプレーすることができそうだ。 2021.06.01 23:15 Tue
twitterfacebook
thumb

DF冨安健洋は右ヒザの違和感でミャンマー戦欠場へ、森保監督が前日会見で明かす「現時点では出場できない」

日本代表の森保一監督が、28日に予定されているカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー代表戦の前日会見に臨んだ。 日本代表は現在5試合を戦い5連勝。27得点無失点で首位に立っており、ミャンマー戦に勝利すれば最終予選進出が決まる。 3月に行われたモンゴル代表戦では、14-0という歴史的圧勝を記録。残りの3試合は日本での集中開催となるが、このミャンマー戦で決めておきたいところだ。 26日に全員が揃った中、森保監督は選手のコンディションについてコメント。DF冨安健洋(ボローニャ)が右ヒザの違和感があり、明日の試合は欠場する予定だと明かした。 「全体的にですが、選手のコンディションを把握しながらトレーニングを行っています。今日のトレーニングをやってみて、ケガやコンディションの部分に問題がないかを見極めて、明日の先発を決めたいと思います」 「冨安に関しては、右ヒザに違和感があるということで、痛みを抱えているので、明日の試合はプレーできないと思います」 「ハッキリとは決めていないですが、最終的にはドクターと相談して決めますが、現時点では明日の試合は出場できないと思っています」 冨安はミャンマー戦を終えると、東京オリンピックを目指すU-24日本代表に合流し6月の活動を実施する。 2021.05.27 15:47 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly