勝利の真の立役者はメンディだ!ファーディナンドやジョー・コールら有識者がマドリー戦のパフォーマンスを絶賛

2021.05.06 15:18 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリー戦で好セーブを連発したチェルシーGKエドゥアール・メンディをイングランドのレジェンドたちが絶賛している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。

5日にチャンピオンズリーグ(CL)準決勝のマドリー戦2ndレグに臨んだチェルシー。アウェイでの1stレグを1-1で終えていた中、この日はボールを握られながらも主導権は渡さない堅守速攻スタイルで圧倒。28分にFWティモ・ヴェルナーのゴールで先制すると、終盤の85分にはMFメイソン・マウントがトドメの一発を決めて、合計スコア3-1で勝利。9シーズンぶりの決勝進出を果たした。

この試合では攻守に大車輪の活躍を見せたMFエンゴロ・カンテがマンオブザマッチに選ばれたが、守護神メンディもまた、最も重要な最後尾でクリーンシートに貢献した。26分にFWカリム・ベンゼマに決定的なミドルシュートを許すも、横っ飛び左手一本でファインセーブ。続く36分にも、センタリングからベンゼマのヘディングシュートを浴びるが、鋭い反射神経で見事に掻き出して見せた。

この圧巻パフォーマンスに舌を巻いたのが、リオ・ファーディナンド氏や、ジョーコール氏など、イングランドの往年のレジェンドたちだ。

『BT Sport』でファーディナンド氏は「堂々たるセーブだった。この試合で何か話すとするなら、それらのシーンだろう。ストライカーだけでなく、GKにも着目しなければならない」と絶賛コメント。ジョー・コール氏もそれに同調し、「メンディには加入からずっと驚かされてばかりだ。どんなに良い守備をしていたとしても、必要とあらば彼が活躍してくれる」と、恐れ入ったという様子を見せた。

一方で、マイケル・オーウェン氏は決定機逸のベンゼマに言及し「ベンゼマは自分を責めているだろう。彼のような質の高い選手はゴール隅に決めなければならない。このレベルでは十分ではなかったね」と、ストライカー目線での意見を語った。

メンディの活躍でマドリーを退けたチェルシーは決勝で同国のライバルであるマンチェスター・シティと対戦。8日にはリーグ戦での対戦が控えており、ファイナルの前哨戦として注目されている。

関連ニュース
thumb

セインツがチェルシーからU-19イングランド代表DFを獲得!

サウサンプトンは27日、チェルシーからU-19イングランド代表DFディネル・シメウ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となる。 なお、当面はサウサンプトンBでプレーすることになる。 カメルーン生まれのシメウはU-13カテゴリーからチェルシーのアカデミーに加入。強靭なフィジカルを駆使したパワフルな対人守備を特長とするセンターバックは、2019年にプロ契約を締結した。 チェルシーではトップチームデビューを果たせなかったものの、U-18チームやリザーブチームでは主力としてプレーし、イングランドの世代別チームの常連でもある有望株だ。 2021.07.28 18:25 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーがボーンマスとのPSMで逆転勝利! ブロヤ&ウグボの若手ストライカーがアピール

チェルシーは27日、バイタリティ・スタジアムでボーンマスとのプレシーズンマッチを行った。 17日にコブハムで行われたリーグ1(イングランド3部相当)のピーターバラ・ユナイテッドとのプレシーズンマッチで、ツィエクのハットトリックなどで6-1の快勝を収めたチェルシーは、その後アイルランドへ赴き、同国1部リーグのドロヘダ・ユナイテッドとの試合を予定していた。 ところが、直前になって急遽キャンセルに。現地の報道では選手1名が新型コロナウイルスに感染したためと伝えられている。急なスケジュール変更となったものの、ダブリンでのトレーニングキャンプを終え、イングランドに戻った一同は、予定通りボーンマスとの一戦に臨んだ。 2試合目のプレシーズンマッチとなるチェルシーは[3-4-3]のフォーメーションを軸に、GKはケパ、3バックはスターリング、ベイカー、サールが並び、ハドソン=オドイとマルコス・アロンソがウイングバック、中盤にコナー・ギャラガーとドリンクウォーターを配置し、ツィエク、エイブラハム、プリシッチの3トップという布陣を組んだ。 前半の主役は右ウイングバックに入ったハドソン=オドイ。積極的な仕掛けやツィエクとのコンビネーションで次々とボーンマスゴールに迫っていく。17分にはボックス右に切り込み枠内シュートを浴びせ、26分にはエイブラハムの決定機を演出する。 35分にはツィエクのスルーパスから再びエイブラハムがチャンスを迎えるが、ボックス右から左下を狙ったシュートはGKに止められた。また、41分にはボックス右のツィエクからエイブラハムに絶妙なクロスが送られるが、ヘディングシュートは枠を捉えられず、試合は0-0で折り返す。 後半からハドソン=オドイ、マルコス・アロンソ、エイブラハム、コナー・ギャラガーの4人を除いて選手を入れ替えたチェルシーは49分、一瞬の隙を突かれブルックスにGKメンディとの一対一の場面を許してしまう。絶体絶命だったが、ブルックスがシュートを左に外し命拾い。しかし66分、ボックス左からのクロスをマルコンデスに頭で押し込まれ、先制点を奪われた。 それでもここからヨーロッパ王者が底力を見せる。まずは72分、後半途中からマルコス・アロンソに代わって入ったババ・ラーマンのクロスが上がると、先日に契約延長が発表された19歳のアルバニア代表FWブロヤが胸トラップから冷静にゴールを決めて同点に。さらにその4分後には、後半頭から起用されているバークリーの左CKをアイク・ウグボが頭で合わせて逆転に成功。 結局、勝負強さを見せたチェルシーが1-2の逆転勝利。ピーターバラ戦に続いてプレシーズンマッチ2連勝を収めた。今後のスケジュールは、8月1日にアーセナル戦、4日にトッテナム戦、11日にはビジャレアルとのスーパーカップが予定されている。 2021.07.28 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーがクンデ獲得へ交渉順調! 個人間合意に加え、クラブ間でも交渉進む

チェルシーがセビージャに所属するフランス代表DFジュール・クンデ(22)の獲得に向け、順調に交渉を進めているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)王者のチェルシーは、欧州連覇と共にプレミアリーグのタイトル獲得に向けて今夏も積極的な補強に動く構えを見せている。 ここまではドルトムントFWアーリング・ハーランドやユベントスFWフェデリコ・キエーザ、ウェストハムMFデクラン・ライスといった中盤と前線の補強の可能性が取り沙汰されているが、一部で刷新の必要性がある最終ラインの補強にも着手している。 そういった中、ロマーノ氏が伝えるところによれば、チェルシーは予てより獲得に関心を示し、先日にはトッテナムとコロンビア代表DFダビンソン・サンチェス(25)+金銭の条件でクラブ間合意に至りながらも、選手本人が移籍を拒否したとされる22歳のフランス代表DF獲得に向けて交渉を進めているという。 現在、チェルシーとクンデは2026年までの5年契約の条件で合意に至っており、クラブ間ではフランス代表DFクル・ズマ(26)の譲渡+金銭という条件で交渉を進めているとのことだ。 敏腕スポーツ・ディレクターのモンチ氏の眼鏡にかなった元ボルドーDFは加入2年目となった昨シーズンも見事な成長曲線を描き、公式戦49試合に出場し4ゴールを記録した。 若かりし頃のセルヒオ・ラモスを彷彿とさせる攻撃的なセンターバックはパワー勝負、スピード勝負のいずれにおいても一線級のアタッカー相手に全く見劣らず、守備者としてはポジショニングや判断面を除いてワールドクラスの域に足を踏み入れている。さらに、攻撃面においても的確な繋ぎ、局面を変える持ち出しと著しい成長を見せている。 2021.07.28 13:23 Wed
twitterfacebook
thumb

2年間でムキムキに…急成長マウントの同僚も認めるたゆまぬ努力

チェルシーに所属するイングランド代表MFメイソン・マウントの肉体改造ぶりに注目が集まっている。イギリス『SPORTSBIBLE』が伝えている。 チェルシーのアカデミー出身のマウントは、2017-18シーズンにレンタル先のフィテッセでブレイクを果たすと、翌シーズンもレンタル先のダービー・カウンティで当時のフランク・ランパード監督の下で躍動。2019-20シーズンにチェルシーでのトップチームデビューを果たした。 そしてトップチームでの2年目となった2020-21シーズンは、チーム最多の54試合に出場し、9ゴールを記録。チャンピオンズリーグ決勝のマンチェスター・シティ戦では、カイ・ハヴァーツが挙げた決勝点をアシストするなど、多くのゴールに絡む印象的な活躍を披露し、クラブの年間最優秀選手にまで選ばれた。 ユーロ2020を終えたマウントは新シーズンに向けて調整を進めている中、26日に自身のインスタグラムを更新。半裸で坂道ダッシュしている写真と動画を投稿すると、その時のマウントの仕上がった肉体は、親友であるイングランド代表MFデクラン・ライス(ウェストハム)も思わず「(画像)編集のやり方を教えてくれよ?」とからかうほどだった。 ただ、マウントがプレミアリーグデビューを果たした2019年から比べるとマウントの肉体は上半身を中心に明らかに筋肉量が増えており、プレミアリーグで闘える肉体へと変貌している。 チームメイトであるイングランド代表DFベン・チルウェルは、過去のインタビューでマウントの人一倍の努力を認めている。 「彼はジムでいつも目標より多くのことをしていて、自分自身をより良くするためにできる限りのことをしている」 「彼が持っている才能、仕事量、彼に限界はない」 「彼がやっていることを続ければ、ゴールし、アシストできる。彼がトレーニンググラウンドから離れても一生懸命働くことを僕は知っている。彼は長い間チェルシーとイングランドにとって素晴らしい選手になるだろう」 22歳のマウントは、2020-21シーズンのチャンピオンズリーグで優勝し、イングランド代表として迎えたユーロ2020でも準優勝。彼のキャリアはまだまだ始まったばかりだ。 <span class="paragraph-title">【比較写真】明らかに違う!2019年と今のマウント</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Mason Mount seems to gained muscle &amp; looks a lot more fitter than he did when he made his debut for Chelsea in 2019. <a href="https://t.co/gzB8x4fhBd">pic.twitter.com/gzB8x4fhBd</a></p>&mdash; Frank Khalid (@FrankKhalidUK) <a href="https://twitter.com/FrankKhalidUK/status/1419373472724226049?ref_src=twsrc%5Etfw">July 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> ■【えげつない縦変化】チェルシーの新星マウントが蹴り込んだパーフェクトFK <div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJIdlZzZjdHTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 2021.07.28 11:55 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーに227億円を積まれたハーランドが移籍に言及「ただの噂であって欲しい」

ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(20)が、噂されるチェルシーへの移籍を否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 2020年1月にザルツブルクから加入したハーランド。若きストライカーは、ここまで公式戦59試合で57ゴール15アシストという圧巻の成績をドルトムントで残した。 その得点力には多くのビッグクラブが関心を寄せ、移籍市場が開くたびに移籍の噂が浮上。今夏もその噂は数多く出ている。 特に、チェルシーが本気でハーランドを獲得しようと画策。1億7500万ユーロ(約227億円)をも投じて獲得しようとしていると報じられている。 そんな中、現在スイスで合宿中のハーランドがメディア取材に応対。その中で、移籍の噂について質問されて返答。移籍はないと語った。 「これについて言うことはあまりない。契約期間は残り3年で、ここでの時間を楽しんでいる」 「昨日まで僕は1カ月間、代理人とは話をしていないんだ。答えはそこにあると思う」 「あまり気にしていない。それは多くのお金だね…噂であって欲しいよ。それは1人の人間に対してあまりにも大きなお金過ぎるよ」 <span class="paragraph-title">【動画】ハーランドがドルトムントでプレシーズンのトレーニング</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI2NXY1UkxjUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.28 10:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly