CL権目指すナポリ、DFマクシモビッチが新型コロナ陽性

2021.05.05 11:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリは4日、セルビア代表DFニコラ・マクシモビッチが新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示したことを発表した。クラブの発表によると、4日にクラブ内で定期的なPCR検査を実施。その結果、マクシモビッチが陽性反応を示したとのことだ。

なお、マクシモビッチは無症状であるとのこと。プロトコルに従い、自宅で隔離期間を過ごすことになるとしている。


マクシモビッチは、センターバックとして今シーズンのセリエAで17試合に出場。しかし、直近の6試合はベンチ入りこそするものの、試合に出場していなかった。

現在5位のナポリ。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を争う中で、チーム内でクラスターが起きないことを願うばかりだ。
関連ニュース
thumb

ウディネーゼに5発圧勝のナポリが暫定2位浮上、CL圏内死守《セリエA》

ナポリは11日、セリエA第36節でウディネーゼをホームに迎え、5-1で圧勝した。 3日前の前節スペツィア戦をオシムヘンの4戦連発弾などで完勝し、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位に浮上したナポリ(勝ち点70)は、スペツィア戦のスタメンから2選手を変更。ポリターノとデンメに代えてロサーノとバカヨコを起用した。 11位ウディネーゼ(勝ち点40)に対し、最前線にオシムヘン、2列目に右からロサーノ、ジエリンスキ、インシーニェと並べたナポリが立ち上がりから押し込む展開とすると8分、インシーニェのミドルシュートでGKを強襲した。 そして29分、ナポリが順当に先制する。ボックス中央に進入したオシムヘンのシュートがGKを強襲すると、ルーズボールをジエリンスキが押し込んだ。 さらに2分後、ボックス手前右からファビアン・ルイスの見事なコントロールシュートがゴール左に決まってナポリがリードを広げた。 その後も主導権を握っていたナポリだったが、41分に失点する。オカカの力強いポストプレーからの反転シュートが決まってしまった。 それでも2-1で迎えた後半、ナポリは57分に3点目。ボックス右でGKのパスをインターセプトしたロサーノがそのままゴールにねじ込んだ。 試合の大勢を決めたナポリは66分、右CKの流れからマノラスのヘディングシュートがGKを強襲すると、ルーズボールをディ・ロレンツォが押し込んで4-1。 余裕の展開に持ち込んだナポリは後半半ば以降、流し気味にプレーしていた中、追加タイムにインシーニェのゴールも生まれて5-1で圧勝。暫定2位に浮上し、CL圏内を死守している。 2021.05.12 05:39 Wed
twitterfacebook
thumb

CL権争うナポリに痛手…メルテンスが右足首ねん挫、スペツィア戦途中出場で負傷交代

来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いが佳境に入るナポリだが、ベルギー代表FWドリエス・メルテンスが負傷に見舞われてしまった。 相次ぐケガに苦しむ今季も主力として、ここまで公式戦35試合の出場で10得点9アシストの数字を残すメルテンス。6日の34歳となる誕生日を経て、8日に行われたセリエA第35節のスペツィア戦に69分から出場したが、わずか7分間のプレーでピッチを後にした。 クラブが試合後に発表したところによると、メルテンスは右足首をねん挫。現時点で全治について明らかにされていないが、離脱となれば残り3試合のセリエAでCL出場権争いを演じるチームにとって、大きな痛手となる。 なお、ナポリは35試合を消化した現時点で22勝4分け9敗の4位に位置。残り3試合で11位ウディネーゼ、13位フィオレンティーナ、10位ヴェローナと対戦する。 2021.05.10 15:35 Mon
twitterfacebook
thumb

オシムヘンが4戦連発含むドッピエッタ! スペツィアに快勝のナポリが暫定2位に浮上!《セリエA》

セリエA第35節、スペツィアvsナポリが8日に行われ、アウェイのナポリが1-4で勝利した。   カリアリ相手に終了間際被弾でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に後退したナポリ(勝ち点67)は、残留争いに身を置く16位スペツィア(勝ち点34)とのアウェイ戦に臨んだ。   立ち上がりから押し込む入りを見せたナポリは早い時間帯にスコアを動かす。開始15分、右サイド深くでポリターノの絶妙なキープからのショートパスに反応したディ・ロレンツォがオーバーラップから丁寧なグラウンダーのクロスを入れると、ニアに走り込んだジエリンスキが右足のダイレクトシュートを流し込んだ。   さらに、畳みかけるアウェイチームは23分、自陣ボックス付近からのロングカウンターでジエリンスキのスルーパスに抜け出したオシムヘンが快足を飛ばしてそのままゴール前に持ち込み、最後は冷静にGKとの一対一を制した。   オシムヘンの4試合連続ゴールでリードを広げたナポリは、やや攻撃のペースを落としてゲームコントロールを優先した戦い方にシフト。それでも、攻守両面で集中したプレーを見せると、前半終了間際の44分には相手陣内中央で得たFKの場面でキッカーのインシーニェがゴール前に入れた浮き球のボールに対して、抜群のタイミングで抜け出したオシムヘンが相手守備と完璧に入れ替わり、胸トラップから強烈な右足のシュートを突き刺し、今季リーグ戦の得点数を2桁の大台に乗せるドッピエッタを達成した。   前半に3ゴールを奪って早々に試合を決めたナポリは、3日後に控える次節ウディネーゼ戦を意識してか、相手の攻撃を受け止めながら省エネモードで時計を進めていく。それでも、57分には右サイドからカットインしたポリターノが際どい左足のシュートで4点目に迫るシーンを作り出す。   だが、64分には一瞬の隙からボックス左でギャシが上げたクロスをゴール前フリーのエステベスに頭で合わせられると、これはGKメレトが見事な反応ではじき出すが、こぼれ球を途中出場のピッコリに押し込まれた。   その後、70分を過ぎて積極的に交代カードを切ったナポリは途中投入のメルテンスが右足首のケガでわずか5分ほどのプレータイムでピッチを去るアクシデントに見舞われるが、途中交代の選手の絡みから決定的な4点目を奪った。79分、マリオ・ルイのロングフィードに完璧なタイミングで抜け出したオシムヘンがボックス左に持ち込んでGKとDFを引き付けて逆サイドに走り込むロサーノへプレゼントパス。これをロサーノが冷静に流し込んだ。一度はオフサイド判定も、VARのレビューの結果ゴールが認められた。   そして、この4点目で完全に相手の心を折ったナポリはこのままスコアを維持し、敵地で4-1の快勝。暫定ながら順位を3つ上げて2位に浮上した。 2021.05.08 23:56 Sat
twitterfacebook
thumb

ジダンがユベントスに? ピルロ監督の後任候補の1人と報道

セリエA10連覇を逃したこともあり、去就が騒がしいユベントスのアンドレア・ピルロ監督。その後任候補に2人の名前が浮上している。 イタリア『トゥットスポルト』によると、ピルロ監督は今シーズンの結果に関係なく解任される可能性があるとのこと。トップ4を守り、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保することは至上命令だが、それだけでは安心できないという。 その後任候補に挙がっているのは、現役時代はユベントスでもプレーし、現在はレアル・マドリーを指揮するジネディーヌ・ジダン監督と、ピルロ監督とは名コンビを組んでいたナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督だという。 ジダン監督に関しては、アンドレア・アニェッリ会長が長年夢見たことであり、マドリーの監督に復帰する前に招へいを目論んでいたこともある。 しかし、ユベントスには障壁があり、ジダン監督が現在マドリーで受け取っている1200万ユーロ(約15億8000万円)の年俸がネックとなりそうだ。 一方で、今シーズン限りでナポリの監督を退任するとみられるガットゥーゾ監督はジダン監督よりははるかに安く雇える状況だ。 ユベントスは、マッシミリアーノ・アッレグリ氏を再度招へいする可能性も出ているが、スポーツ・ディレクター(SD)のファビオ・パラティチ氏とパベル・ネドベド副会長の退任が必要になると見られており、なかなか踏み出せない状況だ。 何れにしてもピルロ監督の立場は危うくなっており、来シーズンも指揮を継続して執るのだろうか。 2021.05.07 21:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリのスロバキア代表MFロボツカが扁桃腺摘出手術で今季終了

ナポリは5日、スロバキア代表MFスタニスラブ・ロボツカが扁桃腺の手術を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、ロボツカは4日に扁桃腺の手術を実施。扁桃腺を摘出する手術を受けたとのことで、今後2週間はトレーニングに復帰できないことを発表した。 これにより、ロボツカのシーズンは一足先に終了することとなった。 2020年1月にセルタから加入したロボツカは、今シーズンはセリエAで15試合、ヨーロッパリーグで5試合に出場。リーグ戦では先発出場がなかった。 2021.05.05 22:35 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly