ELで左肩負傷のパウ・ロペスが手術へ…今季中の復帰は絶望に

2021.05.04 07:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマのスペイン代表GKパウ・ロペスが左肩の手術を受けるようだ。イタリア『スカイ』が報じている。パウ・ロペスは29日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝1stレグのマンチェスター・ユナイテッド戦(2-6で敗戦)に先発出場したが、ポグバのシュートをセーブした後の着地の際に左肩を負傷。プレー続行が不可能となり28分に交代していた。

『スカイ』によれば、パウ・ロペスは3日にスイスの病院で診察を受けた結果、手術の必要があることが判明。今週中にも手術を受けるとのことで、今シーズン中の復帰は絶望のようだ。


2019年の夏にベティスからローマに加入したパウ・ロペスは、加入初年度から正GKに定着し、これまで公式戦76試合に出場。今季序盤はパウロ・フォンセカ監督の信頼を失いベンチを温める日が続いたが、昨年末から正GKに返り咲くと、これまで公式戦34試合に出場していた。
関連ニュース
thumb

ローマ新監督モウリーニョ、来季に向けてすでに始動 SNSに仕事動画を投稿

来季ローマの指揮官に就任することが内定しているジョゼ・モウリーニョ氏は、すでに仕事に着手しているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今月4日、ローマから来季の監督就任が発表されたジョゼ・モウリーニョ氏。今季途中にトッテナムの監督を解任されたばかりだった“スペシャル・ワン”の電撃就任は世界中にインパクトを与えた。 それからおよそ一週間がたった13日、モウリーニョ氏は自身のインスタグラム(@josemourinho)に「勉強中」との文字とともに、動画を投稿。そこに映っていたのは、ノートパソコンを操作する智将の姿だった。 選手各々のプレー映像を切り取り、分析用のソフトウェア『Wyscout』を駆使して戦術を練っている様子。映像では22歳のDFリッカルド・カラフィオーリの守備を動画で確認している最中だった。 就任までまだ1カ月以上がある中で、すでにローマの選手たちを分析し始めた様子のモウリーニョ氏。一部では“終わった監督”との厳しい評価もある中、12年ぶりの帰還を果たしたイタリアの地で、成功を掴むことができるだろうか。 2021.05.14 18:06 Fri
twitterfacebook
thumb

来季ローマ指揮官就任のモウリーニョ、元イタリア代表GKアメーリアのコーチングスタッフ入閣を希望か

来季ローマの指揮官に就任することが内定しているジョゼ・モウリーニョ監督が、元イタリア代表GKマルコ・アメーリア氏(39)をコーチングスタッフに入閣することを希望しているようだ。イタリア『ラ・ルパ』が報じている。 2006年ドイツ・ワールドカップ優勝メンバーのアメーリア氏は、生まれ故郷のローマでプロキャリアをスタート。リボルノで活躍後、パレルモやジェノア、ミランを経て2015-2016シーズンにチェルシーでモウリーニョ監督の指導を受けていた。 既に現役を退き、2018年夏にはセリエD(イタリア4部)のルパ・ローマで監督業初挑戦を果たしたアメーリア氏は、現在は古巣リボルノの監督を務めているが、契約は6月までとなっており、ローマにコーチングスタッフの一員として帰還する可能性が高いと主張している。 2021.05.13 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ルカク1G1Aのインテルがコンテ体制100戦目でローマに勝利! ホーム15連勝&20戦無敗!《セリエA》

セリエA第36節、インテルvsローマが12日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、ホームのインテルが3-1で勝利した。   前々節に11年ぶり19度目の優勝を決めた首位のインテル(勝ち点85)は、主力を多数温存した前節のサンプドリア戦を5-2で圧勝し、ホーム14連勝を飾ると共にリーグ戦無敗を19試合に更新。ホーム15連勝と20戦無敗を狙う今節はルカクやブロゾビッチ、バレッラを復帰させた一方、前節に続き主力と控えを混合した布陣で臨んだ。   一方、すでに来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得の可能性が潰えた7位のローマ(勝ち点58)は、シーズン残りの目標をヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に下方修正。前節、最下位のクロトーネを5-0で一蹴し、リーグ5戦ぶりの勝利を挙げたチームは今季王者相手に連勝を狙った。クロトーネ戦からは先発3人を変更。イバニェスに代えてサスペンション明けのマンチーニを復帰させたほか、レイノルズに代えて古巣対戦のサントン、マジョラルに代えてジェコを最前線に置いた。   直近6戦連続ドロー中と拮抗した名門対決は、見慣れない4thキットに身を包む今季の王者が力強い入りを見せる。立ち上がり数分こそローマに押し込まれる入りとなったが、ファーストチャンスをモノにする。   11分、相手を押し込んで右サイド深くで浮いたダルミアンにパスが渡ると、ダルミアンが最終ラインと中盤の間のスペースへ丁寧な折り返しを入れる。3列目からの飛び出しを見せたブロゾビッチがうまく力が抜けた右足のダイレクトシュートをゴール右下隅に突き刺した。   幸先よくリードを手にしたインテルはローマを自陣に引き込みながら得意のロングカウンターを繰り出す。そして、20分にはロングカウンターでボックス右まで持ち込んでボールをキープしたルカクがマイナスに丁寧に落とすと、これをヴェシーノが冷静に右足のダイレクトシュートで右下隅に流し込み、今季初ゴールとした。   拙守で2点を追う展開となったローマは失点直後の24分にクリスタンテの強烈なミドルシュートで反撃の狼煙を上げると、30分過ぎに1点を返す。31分、最後尾のマンチーニが持ち出しながら絶妙な斜めのクサビのパスをペナルティアーク付近のジェコに通すと、ジェコは反転しながらボックス中央に走り込むムヒタリアンへ絶妙なラストパスを供給。これをムヒタリアンが豪快な右足のシュートで決め切り、2戦連続ゴールとした。   このゴールによって以降はよりオープンな展開に。その中で35分過ぎには足首を痛めたサンチェスが続行不可能となり、ラウタロ・マルティネスのスクランブル投入を余儀なくされる。その後はインテルがヴェシーノ、ペリシッチ、ローマがムヒタリアンと互いに際どいシュートでゴールに迫ったが、ラドゥ、フザートと両GKの好守もあって前半はインテルの1点リードで終了した。   迎えた後半、ローマはペドロを下げて負傷明けのエル・シャーラウィを投入。この交代でムヒタリアンが右、エル・シャーラウィが左にポジションを移した。後半はビハインドを追うローマが押し込む入りを見せ、56分にはボックス手前で足元にパスを受けたジェコが強烈な左足の反転シュートを放つが、ゴール左上隅を捉えたシュートは惜しくもポストを叩く。続く58分にはエル・シャーラウィのスルーパスに抜け出したジェコに再び決定機も、ここはDFの寄せとGKの果敢な飛び出しに阻まれて同点ゴールとはならず。   一方、守勢が続くインテルは60分にヴェシーノ、ペリシッチを下げてセンシ、ハキミを同時投入。ハキミは右ウイングバックに入り、ダルミアンがペリシッチのいた左ウイングバックにポジションを移した。   その後もローマが押し込む展開が続くが、ラノッキアやシュクリニアルを中心とする守備陣が最後の局面で高い集中力をみせ、水際で2失点目を凌ぐ。すると、最後の最後に後半は沈黙していた攻撃陣が試合を決定づける仕事を果たした。   90分、自陣深くからのロングカウンターでルカクの絶妙なフリックに反応したハキミが完璧に相手の背後を取ってそのままボックス付近まで独走。相手GKとDFを引き付けて右に走り込んできたルカクにプレゼントパスを送ると、これを豪快な左足のシュートで決め切った。   そして、ルカクの1ゴール1アシストの活躍によって7戦目にしてローマとのドロースパイラルに終止符を打ったインテルがコンテ体制100戦目を白星で飾り、ホーム15連勝とリーグ20戦無敗を達成した。 2021.05.13 05:50 Thu
twitterfacebook
thumb

トッティのドキュメンタリー映画がイタリアのオスカー「ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞」を受賞

“ローマの王子”として活躍したローマのレジェンド、フランチェスコ・トッティ氏のドキュメンタリー映画が、イタリアのオスカーに当たる「ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞」を受賞した。 この映画はトッティとパオロ・コンド氏が執筆した自伝『Un capitano』をもとに製作されたドキュメンタリーで、『Mi Chiamo Francesco Totti(私の名前はフランチェスコ・トッティ)』という映画だ。 この映画ではトッティの半生を振り返るとともに、両親であるエンツォさんとフォレッラさんの半生、さらにはトッティと親交のある人物の未公開映像で構成されているものとなっている。また、トッティがナレーションを務め、引退する前夜のことなどを追体験できるものとなっている。 なお、制作はローマ出身のアレックス・インファセッリ氏が監督を務め、イタリア国外でも上映されており、昨年10月に公開。3日間で観客動員数5万5000人以上、興行収入59万2000ユーロ(約7800万円)でイタリアの興行収入で1位になっていたようだ。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、表彰式にはトッティは不在だったが、インファセッリ監督が表彰を受けていたとのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】トッティの半生を描いた映画、ナレーションはトッティ本人</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Domani arriva a noleggio su TIMVISION “Mi Chiamo Francesco Totti”, la storia del Campione del Mondo 2006 che ha emozionato un’intera nazione con la sua passione e il suo amore per il calcio! <a href="https://twitter.com/hashtag/MiChiamoFrancescoTotti?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MiChiamoFrancescoTotti</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FrancescoTotti?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FrancescoTotti</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/TIMVISION?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TIMVISION</a> <a href="https://twitter.com/Totti?ref_src=twsrc%5Etfw">@Totti</a> <a href="https://twitter.com/VisionDistrib?ref_src=twsrc%5Etfw">@VisionDistrib</a> <a href="https://t.co/MYrwhAgqS1">pic.twitter.com/MYrwhAgqS1</a></p>&mdash; TIMVISION (@TIM_vision) <a href="https://twitter.com/TIM_vision/status/1321436555710504962?ref_src=twsrc%5Etfw">October 28, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.12 11:46 Wed
twitterfacebook
thumb

EL敗退後の大勝を喜ぶローマ指揮官「プロフェッショナルなプレーを見せてくれた」

ローマのパウロ・フォンセカ監督が、チームの大勝を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは9日に行われたセリエA第35節で、クロトーネと対戦。ヨーロッパリーグ(EL)は準決勝で敗退し、リーグでも上位争いからは完全に脱落している状況だが、この試合では後半だけで5ゴールを奪取。相手の反撃を寄せ付けず、5-0で勝利した。 この結果、5試合ぶりの勝利を挙げたローマは7位キープに成功。試合後のインタビューに臨んだフォンセカ監督は、ELの疲労から立ち直ったチームを称え、試合に出場した若手選手についても言及した。 「多くの選手が木曜日のマンチェスター・ユナイテッド戦に出場しており、試合を通じて同じテンションを維持するのは難しかった。それでも、今日はプロフェッショナルなプレーを見せてくれたと思う」 「後半だけでなく前半も多くのチャンスを作ることができた。今日は何人かの選手の疲労を考慮することが重要だったが、結果を見ればしっかりマネジメントできたことを示している」 「(エブリマ・)ダルボーは本当によくやった。(ブライアン・)レイノルズは国もプレースタイルも違うところから来たばかりであり、時間が必要だろう。今日、彼は初めて左サイドバックでプレーした。セレクションの問題があり、その必要があったんだ。彼には才能があるが、まだ若さもある」 また、今季限りでの退任が決定しているフォンセカ監督は、自身の後任であるジョゼ・モウリーニョ氏と連絡をとったとコメント。同時に、自身の去就については明言を避けている。 「彼(モウリーニョ)とは話をしたよ。2人ともポルトガル人であり、問題はなかった。彼とは良い関係を築けている。(去就について)今は何も言うことはない」 2021.05.10 17:01 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly