エネルギーレベルの低下で前節大敗のウルブズ、ヌーノ監督「すべての試合が重要

2021.05.03 19:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウォルバーハンプトンのヌーノ・エスピリト・サント監督が、勝利のためにできる限りのことをするとサポーターに約束した。クラブ公式サイトが伝えている。3日にプレミアリーグ第34節ウェスト・ブロムウィチ・アルビオン(WBA)戦を控えているウルブス。前節はバーンリーにホームで0-4と敗れていた。

ヌーノ監督は、選手の献身性やモチベーションは問題ないとしている一方で、新型コロナウィルスの影響によるエネルギーの低下を危惧。それでも、今季2度目の“ブラックカントリー・ダービー“で勝利の道に立ち返るために、できる限りのことをするとサポーターに誓った。


「彼らは非常に強力なチームを持っており、それを示している。だが、我々はそれを知っているので、十分に準備する必要がある。それが、我々が土曜日と日曜日に行うことであり、全ての選手がタフな相手と対峙する準備をしている」

「すべての試合が重要だ。ファンが我々と喜びや悲しみを共感し、クラブに熱心であることを知っている。すべての試合が重要であるため、我々はこれに取り組んでいる」

「私がファンに約束できることは、彼らに喜んでもらうためにできる限りのことをするということだ」
関連ニュース
thumb

今季不振のウルブス、指揮官はトッテナム行きの噂否定 「私の心に何の疑いもない」

ウォルバーハンプトンのヌーノ・エスピリト・サント監督(47)がトッテナム指揮官就任の噂を否定した。イギリス『ミラー』が伝えている。 ヌーノ監督率いるウォルバーハンプトンはプレミアリーグ昇格を果たした2018-19シーズンから、2シーズン続けて7位フィニッシュを達成するなど存在感を見せていた。しかし、今シーズンはFWジオゴ・ジョタの移籍やFWラウール・ヒメネスが長期離脱したこともあり、リーグ32試合を消化した時点で12位に沈んでいる。 こうした状況により、ヌーノ監督の去就も騒がれ始めており、特にジョゼ・モウリーニョ監督を解任したトッテナムが来シーズンに向けて招へいに動くとも一部メディアから報じられている。 しかし、ヌーノ監督自身はこうした噂を否定。ウォルバーハンプトンとの契約があると強調しており、現在の不調からも立ち直りたいと語った。 「私には契約がある。そして契約を結んだのは自分の決断であり、それが私の言いたいことだ。こうした決断をした以上、私の心に何の疑いもない。疑問は全くないよ。金曜日の朝8時半にはここに来て、バーンリーとの試合に向け準備するつもりだ」 「我々は問題を抱えており、解決策を見つけようとしていた。すぐにうまくいくものもあれば、そうでないものもあるだろう。問題の解決とはそういうものだ。粘り強く、執拗に対処しなければならない」 「私が何より評価しているのは、グループが争うことなく対処できていることだ。状況が良くないのは認識しているが、全員のコミットメントが必要だった。決断力、責任感、性格…これらは決して我々から消えはしない。彼らはクラブのため、すべてを捧げようとしている」 また、ヌーノ監督は昨年11月に頭蓋骨を骨折して以来、復帰の目途が立っていないヒメネスに言及。フィットネスは向上しているものの、頭蓋骨の問題により慎重になっていると明かした。 「一番の問題は骨だ。それは尊重しなければならず、だからこそ彼がボールを頭で受けることは許されない。これは骨の問題であり、体力の問題ではないんだ」 2021.04.24 11:14 Sat
twitterfacebook
thumb

ヨーロッパ・スーパーリーグ構想を弄る! ウォルバーハンプトンが2年前のプレミア優勝を報告「パレードには遅すぎるかも」

世界中で大きな波紋を呼んでいるヨーロッパ・スーパーリーグ構想だが、ウォルバーハンプトンが盛大にいじった。 ヨーロッパ・スーパーリーグは、12のクラブが18日に参加を表明。プレミアリーグからはマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、チェルシー、アーセナル、トッテナムの6クラブが参加を表明した。 多くの反発がある中で、国際サッカー連盟(FIFA)や欧州サッカー連盟(UEFA)も反対意見を主張。ファン・サポーターも大きな反発をしていた。 プレミアリーグの選手や監督、そしてその他のチームも反対の声明を出している中、ウォルバーハンプトンは違った方向からこの騒動をいじっている。 ウォルバーハンプトンの公式ツイッターが「パレードには遅すぎるかもしれません」とツイート。これは、2018-19シーズンを盛大に弄った形となる。 今回のヨーロッパ・スーパーリーグ参加を巡っては、表明したクラブはリーグから追放すべきという話も出ている状況。それを逆手に取ったのがウォルバーハンプトンだ。 2018-19シーズン、ウォルバーハンプトンはプレミアリーグを7位でフィニッシュ。しかし、上位6チームはキレイに今回参加を表明した6クラブとなっており、リーグから離脱した場合は、ウォルバーハンプトンが首位となるのだ。 それをイジった形となったが、ウォルバーハンプトンは敏腕代理人のジョルジ・メンデス氏と密接な関係があり、ポルトガル人選手を集めるなど、スモールクラブとは言い難い状況でもあり、辛辣な意見も寄せられている。 ◆2018-19シーズン プレミアリーグ 1位:マンチェスター・シティ/98pt 2位:リバプール/97pt 3位:チェルシー/72pt 4位:トッテナム/71pt 5位:アーセナル/70pt 6位:マンチェスター・ユナイテッド/66pt 7位:ウォルバーハンプトン/57pt 8位:エバートン/54pt 9位:レスター・シティ/52pt 10位:ウェストハム/52pt <span class="paragraph-title">【SNS】2018-19シーズンのプレミアリーグ優勝を報告</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">It&#39;s probably too late for a parade <a href="https://t.co/qEc24zBb7l">pic.twitter.com/qEc24zBb7l</a></p>&mdash; Wolves (@Wolves) <a href="https://twitter.com/Wolves/status/1384437712393064451?ref_src=twsrc%5Etfw">April 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.20 20:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ウォルバーハンプトンのFWペドロ・ネトがヒザ負傷で今季絶望、MFルベン・ネヴェスは新型コロナ感染

ウォルバーハンプトンは12日、ポルトガル代表FWペドロ・ネトの負傷を発表した。 クラブの発表によると、ペドロ・ネトは9日に行われたプレミアリーグ第31節のフルアム戦で負傷していた。 クラブのメディカルチームによる検査の結果、ペドロ・ネトは膝蓋骨に重傷を負ったとのこと。ロンドンのヒザの専門医の診察を受け、今週にも手術を受ける予定とのことだ。 なお、今シーズン中の復帰はなく、来シーズンの復帰を期待するとのことだ。 ペドロ・ネトはラツィオから昨シーズン加入。今シーズンはここまでプレミアリーグで31試合に出場し5ゴール5アシストを記録していた。 また、DFジョニー・カストロはヒザのじん帯を損傷しており、こちらも専門医の診察を受けて今手中に手術を受けるとのこと。MFルベン・ネヴェスは新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性を示し、隔離されているとのことだ。 2021.04.13 09:37 Tue
twitterfacebook
thumb

アダマ・トラオレが今季リーグ戦初ゴール!15カ月ぶりの一発は“らしさ”全開のパワフルショットに!

9日にプレミアリーグ第31節のフルアムvsウォルバーハンプトンが行われ、0-1でウルブスが勝利した。 降格圏の18位に沈むフルアムと、14位ウルブスによる一戦。アウェイのウルブスは前半のアディショナルタイムにMFダニエウ・ポデンセがボックス右から上げたクロスをFWウィリアン・ジョゼが頭で合わせてネットを揺らす。しかし、VARで確認した結果、ポデンセがボール受けた時点でオフサイドの判定に。 同選手の腕が数センチ単位でオフサイドラインを越えていたという、もはや恒例となった過精密な判定でゴールを取り消されたウルブスだったが、0-0で迎えた後半アディショナルタイムに、カウンターからFWファビオ・シウバのスルーパスを受けたFWアダマ・トラオレがボックス右へ侵入。そのまま右足を振り抜き、GKの頭上へ豪快な一発を叩き込んだ。 筋骨隆々のシルエットがニュースになることも珍しくないアダマ・トラオレの“らしい”ゴールとなったが、リーグ戦ではこれが今季初ゴール。最後のゴールは2019年12月のマンチェスター・シティ戦まで遡り、48試合もの間、無得点が続いていた。『Opta』によると、今大会28本目のシュートだったようだ。 指揮官のヌーノ・エスピリト・サントは試合後、「彼の才能、スピード、スタイル、仕事への取り組みを見ていれば、この瞬間は当然だ」と称賛。リーグ戦6試合ぶりの白星を手にしたウルブスは、暫定12位に浮上している。<span class="paragraph-title">【動画】アダマ・トラオレの今季リーグ戦初ゴールは“らしい”一発に</span> <span data-other-div="movie"></span><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">What a goal by Adama Traore to win it for Wolves earlier! Fulham’s tricky run continues... <a href="https://t.co/KYc0r5Gk3J">pic.twitter.com/KYc0r5Gk3J</a></p>&mdash; GoalMouth (@GoalMouthFooty) <a href="https://twitter.com/GoalMouthFooty/status/1380661697401266178?ref_src=twsrc%5Etfw">April 9, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.10 13:45 Sat
twitterfacebook
thumb

試合終了後に乱闘寸前…!リンガード本人が理由を語る「ゲームコントロールの一部」

ウェストハムのイングランド代表MFジェシー・リンガードがウォルバーハンプトン戦の乱闘騒ぎについて説明した。 リンガードは5日に行われたプレミアリーグ第30節のウォルバーハンプトン戦に先発出場すると、1ゴール2アシストと全3ゴールに絡む大活躍で3-2の勝利に大きく貢献した。 試合終了後には、相手FWペドロ・ネトと小競り合いを起こし、両軍入り乱れての乱闘寸前にまで発展していたリンガードだが、イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューで状況を説明した。 「彼は 『なぜお前(リンガード)はそのようにプレーするんだ』と言った。それが何を意味しているのか分からない。僕たちは試合に勝った!」 「彼は、僕たちがボールをコーナーでキープしたときのことを指していると思うが、それはゲームコントロールの一部であり、僕たちが学び続けなければならないようなものさ」 結局、両軍の選手たちはそれ以上ヒートアップすることなく事態は収束。この結果、3試合ぶりの白星を飾ったウェストハムは、チェルシーをかわしチャンピオンズリーグ圏内の4位に順位を上げている。 <span class="paragraph-title">【動画】マイケル・オリバー主審を中心に10人以上が揉みあいに!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Tempers have flared at full-time after West Ham&#39;s 3-2 win over Wolves between Jesse Lingard &amp; Pedro Neto <a href="https://t.co/DWlQubdrtn">pic.twitter.com/DWlQubdrtn</a></p>&mdash; Football Daily (@footballdaily) <a href="https://twitter.com/footballdaily/status/1379179767409295363?ref_src=twsrc%5Etfw">April 5, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.06 21:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly