残留争い中に7連敗も続投のブレーメン監督、カップ戦準決勝に向け「選手は自分たちのためにプレーすべき」

2021.04.30 21:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督が、30日にホームで行われるDFBポカール準決勝のRBライプツィヒ戦に向けた前日会見に出席した。ドイツ『キッカー』が伝えている。ブンデスリーガでは残留争い真っ只中のブレーメン。対するライプツィヒは現在2位と、両者がリーグ戦で置かれている状況は真逆と言って良い。

さらに、ブレーメンは現在リーグ戦で7連敗中。残留を決められないこの状況に、コーフェルト監督の進退問題が騒がれたが、クラブとの話し合いの結果、27日に続投が決定していた。


試合に向けた会見では試合やケガ人についての質問よりも、コーフェルト監督の進退についてのものが多く、「お元気ですか?」という言葉に対して「これまでのところ大丈夫」と穏やかにに答えた後、表情をあらため激動の日々について語った。

「我々全員にとって、激動の日々の後にそのことを隠すのはナンセンスだ。私も少しだけね」

結果が出ていない中でクラブと去就について話し、続投が決定したコーフェルト監督。そのため、ライプツィヒ戦の結果による進退問題については永久に損なわれることはないと述べ、「今後2、3週間で何が起こっても」とシーズン終了までは続投することになると口にした。

そのコーフェルト監督だが、もちろんチームの1部残留が目標に。「最も重要なことは、ヴェルダー(・ブレーメン)がリーグに留まること」と改めて強調した。

またチームからの信頼も感じているとし「チームが監督を疑っていたり、私について来ないという兆候は感じられない。それが私にとって最も重要な感覚であり、反応が可能になる」とコメント。また、プレーする選手たちに対しても「私がその後もチームの指揮を執り続けられるかどうかに関わらず、金曜日の試合にプレッシャーを感じる必要は誰にもない。忠誠心や信頼のために誰かが私に証明する必要はない。選手は自分たちのために、決勝のためにプレーすべきだ」と語り、自分の去就に関係なく、結果を残すためにプレーしてもらいたいと語った。
関連ニュース
thumb

レバークーゼン戦で退場したブレーメンの若手FWディンクシが3試合の出場停止処分に…

ドイツサッカー連盟(DFB)は12日、ブレーメンに所属するU-20ドイツ代表FWエレン・ディンクシに対し、3試合の出場停止処分を下したことを発表した。 8日に行われたブンデスリーガ第32節のレバークーゼン戦で途中出場したディンクシは、後半アディショナルタイム4分にドリブルで持ち上がったMFナディエム・アミリへ後方から危険なタックルを見舞い、レッドカードを受けていた。 今回の処分により、今週末行われる第33節のアウグスブルク戦と最終節のボルシアMG戦の欠場が確定。また、ブレーメンが16位でシーズンを終えた場合は、2部で3位のクラブと対戦する昇格降格プレーオフの初戦も欠場することになった。 ブレーメンの下部組織出身のディンクシは、昨夏にトップチームに昇格。シーズン序盤はセカンドチームのブレーメンⅡでプレーしていたが、8試合で7ゴールを記録。 この活躍が認められ、昨年12月のブンデスリーガ第13節マインツ戦でトップデビューを飾ると、90分に初ゴールを記録しチームを勝利に導いた。その後はトップチームに定着しここまで公式戦10試合に出場していた。 2021.05.12 23:45 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫途中出場のブレーメンがレバークーゼンとドローで連敗をストップ!《ブンデスリーガ》

大迫勇也の所属するブレーメンは8日、ブンデスリーガ第32節でレバークーゼンと対戦し0-0の引き分けに終わった。大迫は57分からプレーしている。 リーグ戦7連敗中の15位ブレーメン(勝ち点30)が、来季の欧州カップ戦の出場を狙う6位レバークーゼン(勝ち点50)をホームに迎えた一戦。 4月30日に行われたDFBポカール準決勝でライプツィヒ戦に敗れたブレーメンは、その試合からスタメンを1人変更。大迫は公式戦4試合連続のベンチスタートとなった。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、レバークーゼンは10分にスルーパスで右サイドを抜け出したシックがボックス右から侵入すると、折り返しをボックス左から侵入したベイリーがシュート。しかし、これは相手DFの体を投げ出したブロックに阻まれた。 対するブレーメンは26分、左サイドを抜け出したアウグスティンションのクロスからゴール前のフュルクルクがヘディングシュートで合わせたが、これは枠に上に外してしまった。 膠着状態が続く中、レバークーゼンが先にゴールネットを揺らす。35分、シックとのワンツーでボックス右から侵入したベララビの折り返しをゴール前のヴィルツが流し込んだが、これはヴィルツのオフサイドを取られノーゴールとなった。 レバークーゼンは43分にもボックス左から侵入したベイリーのラストパスからシックがチャンスを迎えたが、シュートはゴール左に逸れ、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはブレーメン。51分、中盤でボールを奪ったM・エッゲシュタインのパスをフュルクルクがワンタッチでDFの裏につけると、抜け出したゼルケがボックス右からシュートを放ったが、ゼルケが裏へ抜け出した場面でオフサイドを取られた。 そのブレーメンは、57分にフュルクルクとビッテンコートを下げて大迫とラシツァを投入。すると73分、右サイド深くまで切り込んだラシツァのクロスを供給すると、中央右でスルーした大迫の裏に走りこんだサージェントに決定機が生まれたが、わずかにタイミングがズレてシュートは打てなかった。 やや劣勢の時間が続いたレバークーゼンだが、81分にチャンスを迎える。ドラゴビッチのパスをボックス手前の味方がヒールで流すと、抜け出したヴェンデウがGKとの一対一を迎えたが、シュートはGKパブレンカのセーブに防がれた。 終了間際に退場者を出したブレーメンは、そのままゴールレスでタイムアップ。レバークーゼンを相手に勝ち点1を獲得したブレーメンが、リーグ戦の連敗を「7」で止めた。 2021.05.09 00:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ブンデス昇格・降格プレーオフの日程が決定! 日本人対決の可能性も…

ドイツサッカーリーグ機構(DFL)は2日、今季行われるブンデス昇格・降格プレーオフの日程が決定したことを発表した。 ブンデス昇格・降格プレーオフでは、ブンデスリーガ16位のクラブとブンデス2部で3位のクラブと対戦する。DFLの発表によれば、第1戦が5月26日(水)に行われ、第2戦は同29日(土)に開催されるとのことだ。 なお、延期試合を除いて残り3節となっているブンデスリーガでは、現在ケルンが16位となっているが、FW大迫勇也の所属する14位ブレーメン、MF堂安律とMF奥川雅也の所属する15位ビーレフェルトとの勝ち点差は「1」、3試合未消化の17位ヘルタ・ベルリンも勝ち点差「3」で追走するなど、残留争いは大混戦となっている。 一方、ブンデス2部ではハンブルガーSVが3位に位置しているが、MF宮市亮の所属する7位ザンクト・パウリまでは勝ち点差が「5」となっており、昇格争いも混戦となっている。 2021.05.03 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

大迫途中出場のブレーメン、粘りを見せるも延長後半追加タイム被弾に泣く… ライプツィヒが2年ぶり決勝進出《DFBポカール》

DFBポカール準決勝、ブレーメンvsライプツィヒが4月30日に行われ、0-0で迎えた延長戦を1-2で制したライプツィヒが決勝へ進出している。ブレーメンのFW大迫勇也は66分からプレーしている。 準々決勝のレーゲンスブルク戦では大迫の決勝弾により勝ち上がったブレーメンは、大迫がベンチスタートとなった。 一方、ヴォルフスブルクに勝利して勝ち上がったライプツィヒはナーゲルスマン監督の来季バイエルン行きが発表された中、ベストメンバーで臨み、最前線にセルロート、2シャドーにダニ・オルモとザビッツァーを配置する[3-4-2-1]で挑んだ。 そのライプツィヒが立ち上がりから攻勢に出ると、4分に決定機。しかし、左クロスに合わせたセルロートのヘディングシュートはGKパブレンカのファインセーブに阻まれた。 その後もライプツィヒが押し込む流れとなったものの枠内シュートには持ち込めず、チャンスを生み出しきれない状況が続く。 すると30分、ブレーメンにチャンス。ゼルケのバックヘッドパスに抜け出したサージェントがGKと一対一に。だが、シュートは枠を捉えきれなかった。 さらに43分、ブレーメンはPKを獲得しかける。ゼルケがボックス内でムキエレにユニフォームを引っ張られて倒された。しかしVARが入り、ファウルはなかったとしてPKは取り消しに、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、ハイダラに代えてエンクンクを投入したライプツィヒが前半同様に攻勢に出る中、65分にはショートコーナーの流れからオルバンのヘディングシュートがバーに直撃した。 助かったブレーメンは大迫を最前線に投入。すると70分、FKから大迫がヘディングシュートを放ったが、わずかに枠の左へ。 後半終盤にかけてもライプツィヒが攻勢をかけたが、78分のエンクンクのシュートは左ポストに直撃し、追加タイムのY・ポウルセンのヘディングシュートはGKパブレンカの好守に阻まれ、ゴールレスで延長戦に突入した。 それでも迎えた延長開始3分、ファン・ヒチャンが均衡を破る。Y・ポウルセンのダイレクトパスをボックス中央で受けたファン・ヒチャンが左足でゴールにねじ込んだ。 しかし、粘るブレーメンは延長前半追加タイム1分に追いつく。ルーズボールに反応したビッテンコートがボックス外に飛び出したGKグラーチの前で拾って無人のゴールに蹴り込んだ。 迎えた延長後半は互いに決め手を欠いていたが、PK戦間際の追加タイムにドラマ。5分前に投入されていたフォルスベリが大仕事を果たした。カンプルの浮き球パスをボックス左のファン・ヒチャンがヘッドで折り返し、ゴール前に詰めていたフォルスベリが右足で押し込んだ。 これが決勝点となってライプツィヒが勝利。準優勝に終わった2年前以来となる決勝進出を果たしている。 2021.05.01 06:19 Sat
twitterfacebook
thumb

7連敗ブレーメン、コーフェルト監督の続投決断! 現体制でブンデス残留&DFBポカール優勝目指す

日本代表FW大迫勇也も所属するブレーメンは26日、フロリアン・コーフェルト監督(38)の続投を発表した。 残り3節のブンデスリーガで14位に沈み、残留争いの真っ只中にいるブレーメン。24日に敵地で行われた第31節のウニオン・ベルリン戦を1-3で落として泥沼の7連敗となり、監督交代も噂されたが、25日から26日にかけて話し合われ、コーフェルト監督の続投が決まったという。 マネージングディレクターのフランク・バウマン氏はその決断理由として「フロリアンが持つ監督としての資質、タスクに取り組もうとする彼の意思、そしてフロリアンや選手、スタッフらの絶対的な関係」を説明した。 ブレーメン一筋の指導者キャリアを歩むコーフェルト監督は2017年10月からチームを指揮。今季のブンデスリーガも16位フィニッシュの昨季に続いて苦戦を強いられているが、DFBポカールでベスト4進出。2008-09シーズン以来のタイトル獲得に手が届くところまできている。 なお、残留を目指すリーグ戦の残り3試合でレバークーゼン、アウグスブルク、ボルシアMGと対戦する。 2021.04.27 18:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly