「ゾーン」に名を残すカルチョの“ファンタジスタ”、デル・ピエロ

2021.04.30 10:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
類稀な才能を持つ一部の人間が超一流という言葉で表されるが、その中でも自分の名前を用いて、場所を表現される選手はほとんどいない。今でこそ「5レーン理論」が浸透し、戦術論が日々語られるが、そのレーンに名前を持つレジェンドがいる。それが、元イタリア代表FWのアレッサンドロ・デル・ピエロだ。

「5レーン理論」で言う所の「左のハーフスペース」、ゴールに向かって縦に5分割した時の、左から2つ目のレーンのことだ。ボックス内のこのゾーンは「デル・ピエロ・ゾーン」と呼ばれ、左斜め45度はデル・ピエロの聖域だった。

華やかなキャリアを築くデル・ピエロも、スタートは2部リーグ。セリエBのパドヴァでプロキャリアをスタートさせる。1992年3月、デル・ピエロが17歳の時にセリエBでデビュー。翌シーズンもパドヴァで過ごすと、1993年夏にユベントスへと移籍した。

後にイタリア代表監督にもなるジョバンニ・トラパットーニ監督に見初められたデル・ピエロだったが、当初はプリマヴェーラでプレー。しかし、そのプリマヴェーラでチームにタイトルをもたらせる活躍を見せると、9月にはセリエAでデビューを果たす。

デビュー翌週には初ゴールを記録すると、シーズン中にはハットトリックも達成。1年目からまずまずのインパクトを残すと、翌シーズンに転機が訪れることとなる。

◆ファンタジスタの後継者に
Getty Images

当時のユベントスには、イタリアを代表する“ファンタジスタ"のロベルト・バッジョが所属していた。イタリア代表としても活躍するバッジョだったが、1994年のアメリカ・ワールドカップでは、チームを決勝に導く活躍を見せたが、決勝では史上初のPK戦にもつれ込み、バッジョの失敗でブラジルに優勝を譲ることとなっていた。

そのバッジョは、W杯の影響もあり精彩を欠くことになり、そこで輝き放ったのがデル・ピエロだった。ユベントス2年目のシーズンは公式戦50試合に出場し11ゴールを記録。チームはスクデットを獲得するも、UEFAカップ(現在のヨーロッパリーグ)ではファイナリストになるもパルマに敗れて準優勝に終わっていた。

バッジョに代わってファンの心を掴んだデル・ピエロだが、押し出される形で1995-96シーズンからバッジョがミランへと移籍。そのため、背番号「10」をデル・ピエロが受け継ぎ、チームの中心的存在に。すると、そのシーズンは公式戦43試合に出場し13ゴール2アシストを記録。チャンピオンズリーグではグループステージで5試合連続ゴールを記録するなどし、ビッグイヤー獲得に貢献した。

◆チャンスメイクと得点力を兼ね備える
Getty Images

その後もジネディーヌ・ジダンフィリッポ・インザーギなど、代表クラスのスター選手が加わっても、チームの中心選手として活躍。1998年には左ヒザ十字じん帯断裂の重傷を負うも、その後に復活し、キャリアを通してケガをすることは増えたが、復活を続け、チームのレジェンドになっていった。

話を元に戻せば、「デル・ピエロ・ゾーン」と呼ばれる左斜め45度のゾーンからのシュートは、誰にも真似できないものとして高く評価される。そして、その武器があったことも、デル・ピエロがクラブの中心であり続け、レジェンドになったと言えるだろう。

「デル・ピエロ・ゾーン」と名前がつくだけあり、そこからシュートを打てば必ず入るというイメージが持たれるほどのもの。対峙するDFは、そのゾーンにいかにデル・ピエロを入れないことを目指して守っていた。

一方で、セカンドストライカーやトップ下のイメージもあるデル・ピエロは、自身のゴールだけではなく、チャンスメイクでも秀でた才能を発揮。イタリア代表でもコンビを組んだFWフィリッポ・インザーギとのコンビは「デル・ピッポ」と呼ばれ、多くのチームが手を焼いた。後に2人はライバルとなり、デル・ピエロのライバルは“ローマの王子様”ことフランチェスコ・トッティに変わっていった。

◆“ピントゥリッキオ”と呼ばれた才能
Getty Images

やはり元はストライカーであり、自分の形を持っていたからこそ、多くのゴールを記録。ユベントスでは705試合に出場し290ゴールを記録。アシストも91を数えた。

そのキック精度はセットプレーでも遺憾無く発揮され、多くのものを魅了。直接FKでゴールを奪うこともあれば、味方に合わせる精度の高いキックも見せた。

クラブはカルチョ・スキャンダルもあり、セリエBに強制降格。しかし、デル・ピエロは真っ先に残留を決めると、ジャンルイジ・ブッフォンらが追随。デル・ピエロはセリエBで得点王に輝くとチームは1年で復帰。そしてキャリア晩年に当たる2007-08シーズンには、復帰したセリエAで21ゴールを決めて得点王に初めて輝くほど、大きな衰えは見せなかった。

初めてユベントスに加入した際に、ルネサンス時代のイタリアの画家であるピントゥリッキオにちなんだニックネームを当時の会長につけられた。ピントゥリッキオの作品は繊細で非常に芸術性の高いものだったが、デル・ピエロのプレーも同様。美しさと繊細さを兼ね備え、時には力強いゴール、時には目を奪うような美しいプレーを見せ続けていた。

ユベントスやイタリア代表として多くのゴールを奪い、美しいプレーで人々を魅了したアレッサンドロ・デル・ピエロが大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!

名コンビを組んだフィリッポ・インザーギらも同時に登場しており、当時のコンビネーションを実現させるのも楽しめるポイントだ。『サカつくRTW』でピントゥリッキオのゴールを観たい方は是非一度チェックしよう。



1 2

関連ニュース
thumb

渦中のディバラが2戦連発、ユベントスが2連勝《セリエA》

ユベントスは15日、セリエA第22節でウディネーゼをホームに迎え、2-0で勝利した。 前節ローマとの打ち合いを制した5位ユベントス(勝ち点38)は、3日前に行われたスーペル・コッパのインテル戦では延長戦の末に敗戦。そのユベントスはケアンと契約延長問題に揺れるディバラの2トップとするフラットな[4-4-2]で臨んだ。 14位ウディネーゼ(勝ち点20)に対し、立ち上がりからボールを握ったユベントスは19分に最初のチャンスを生かして先制する。アルトゥールのクサビのパスをケアンが落とし、ディバラが受けてボックス中央へ。GKとの一対一を確実に制した。 渦中のディバラ弾で先手を取ったユベントスがその後も敵陣で試合を進めたが、追加点に迫るようなチャンスは生み出せず1点のリードで前半を終えた。 後半からクルゼフスキとアルトゥールに代えてベルナルデスキとロカテッリを投入したユベントスが引き続きボールを握る中、61分にクアドラードがFKでゴールを脅かすと、65分にはディバラがコントロールシュートで追加点に迫った。 そして79分、ユベントスが2点目をこじ開ける。ディバラのサイドチェンジを受けたボックス左のデ・シリオがクロスを上げ、マッケニーが頭で押し込んだ。 終盤にかけても試合をコントロールしたユベントスが2-0で勝利。年明け後のリーグ戦2連勝としている。 2022.01.16 06:39 Sun
twitterfacebook
thumb

ディバラが今夏のユベントス退団検討か…クラブの契約条件変更に憤り

アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(28)がユベントス退団を真剣に検討しているようだ。アルゼンチン『TyCSports』が報じている。 ユベントスとの現行契約が今シーズン終了までとなっているディバラは、2020年からクラブとの延長交渉を行ってきた。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、数カ月前には年俸総額1000万ユーロ(約13億円)の条件で合意に至り、2026年までの4年契約を締結すると見られていた。 しかし、ユベントスは先日に負傷離脱が目立つディバラのコンディションの問題、クラブの財政的な問題を理由に、契約条件の見直しを代理人サイドに要求。新たなオファーは現行の年俸730万ユーロ(約9億5000万円)か、それを下回る金額となるようだ。 そして、『TyCSports』が伝えるところによれば、ディバラは土壇場で契約条件を一方的に変更したユベントスの対応に憤りを示しており、契約延長から一転今夏の退団を真剣に検討しているという。 今回の報道は代理人サイドからユベントスの首脳陣に対する圧力という見方もできるが、少なくとも今回新たに掲示した条件でディバラが新契約にサインする可能性は限りなく低いようだ。 なお、過去にはマンチェスター・ユナイテッドやトッテナム、バルセロナといったクラブへの移籍の可能性が取り沙汰されたが、現時点で新天地候補の具体的な名前はない。 2015年にパレルモから加入して以降、公式戦257試合に出場し、94ゴール49アシストの数字を残してきたビアンコネロのエースだが、今夏に袂を分かつことになるのか…。 2022.01.13 22:38 Thu
twitterfacebook
thumb

アルトゥールのレンタルにアルテタ監督ゴーサイン、ユーベの返答待ちに

ユベントスのブラジル代表MFアルトゥール(25)のレンタルを画策しているアーセナルだが、ミケル・アルテタ監督からゴーサインが出たようだ。 今季前半戦を終え、プレミアリーグではトップ4圏内を視界に捉えるなど、まずまずのシーズンを過ごすアーセナル。だが、直近のFAカップでは下位リーグのノッティンガム・フォレストに敗れるなど、一抹の不安も残す。 そんなアーセナルが冬の移籍市場で狙っているのがアルトゥールだ。2020年夏にバルセロナから移籍したが、うだつが上がらない日々が続いており、今季も公式戦ケガの影響もあって公式戦出場はここまで12試合にとどまっている。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、アルトゥールのレンタルをアルテタ監督が強く推しているようで、今季残りの分の年俸を全て肩代わりすることもやぶさかではないという。 だが、ユベントスとしては、後釜が見つからない限り放出は認められず、交渉は暗礁に乗り上げているという。 2022.01.13 21:05 Thu
twitterfacebook
thumb

トップレス同士で彼女とキス寸前!ディバラの大胆ショットにファン絶叫「セクシーすぎる」

サッカー界屈指のイケメン選手としても知られるユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、モデル顔負けの撮影に挑戦した。 今シーズンのディバラは度々負傷離脱がありながらもここまで公式戦19試合9ゴール4アシスト。9日に行われたセリエA第21節のローマ戦でもゴールを決め、4-3の大逆転勝利に貢献していた。 そのディバラには、2018年から交際しているオリアナ・サバティーニさんという彼女がいるが、オリアナさんが11日にインスタグラムを更新。ディバラとの愛に溢れる写真を投稿した。 写真では、逞しい体つきのディバラが上半身裸で床に座り、その上にこちらもトップレスのオリアナさんが馬乗りになってディバラの首に手を回している。2人は顔を寄せ合い、今にもキスしそうな勢いだ。 かなり刺激の強い1枚にはファンも反応。「セクシーすぎる」、「パーフェクト」、「BANされないの?」、「ベストカップル」といったコメントが寄せられている。 イケメンなサッカー選手の1人としてよく名前が挙げられるディバラだが、この姿はもはやモデルのようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】トップレス同士で肌を寄せ合うディバラとオリアナさんの刺激的な1枚</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CYj7IAgPLZh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CYj7IAgPLZh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CYj7IAgPLZh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">の 尺 ノ ム 刀 ム(@orianasabatini)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.13 20:40 Thu
twitterfacebook
thumb

スーペル・コッパ敗戦のユベントス、アッレグリ「正しい怒りを持たなければならない」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、敗れたスーペルコッパ・イタリアーナを振り返った。 ユベントスは12日、昨季のコッパ・イタリア王者としてセリエA王者インテルとのスーペルコッパに臨んだ。試合は25分にFWアルバロ・モラタのクロスをFWウェストン・マッケーニーが頭で合わせて先制する展開に。 しかし、34分にPKから同点に追いつかれると、1-1のまま迎えた延長後半の追加タイムに、DFアレックス・サンドロの不用意なクロス対応を突かれる形で失点。1-2で敗れる結果となった。 リーグ戦でも今一つな成績となっているユベントス。アッレグリ監督は、試合を振り返りつつ、この敗戦を今後の糧にしたいとコメントした。 「我々にとっては良いテストだった。良い試合をしたと思う。チームは好調で成長を続けており、今夜の試合からポジティブな面を見つける必要がある」 「この試合では目的に向けた意思統一が見て取れた。アレックス・サンドロも良いパフォーマンスだったよ。最後にミスをしてしまったがね」 「ただ、この敗戦は痛手だ。正しい怒りを持たなければならない。他の選手が喜ぶ姿を見ることは、残りのシーズンへの刺激になるはずだ」 2022.01.13 15:44 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly