「ゾーン」に名を残すカルチョの“ファンタジスタ”、デル・ピエロ

2021.04.30 10:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
類稀な才能を持つ一部の人間が超一流という言葉で表されるが、その中でも自分の名前を用いて、場所を表現される選手はほとんどいない。

今でこそ「5レーン理論」が浸透し、戦術論が日々語られるが、そのレーンに名前を持つレジェンドがいる。それが、元イタリア代表FWのアレッサンドロ・デル・ピエロだ。

「5レーン理論」で言う所の「左のハーフスペース」、ゴールに向かって縦に5分割した時の、左から2つ目のレーンのことだ。ボックス内のこのゾーンは「デル・ピエロ・ゾーン」と呼ばれ、左斜め45度はデル・ピエロの聖域だった。

華やかなキャリアを築くデル・ピエロも、スタートは2部リーグ。セリエBのパドヴァでプロキャリアをスタートさせる。1992年3月、デル・ピエロが17歳の時にセリエBでデビュー。翌シーズンもパドヴァで過ごすと、1993年夏にユベントスへと移籍した。

後にイタリア代表監督にもなるジョバンニ・トラパットーニ監督に見初められたデル・ピエロだったが、当初はプリマヴェーラでプレー。しかし、そのプリマヴェーラでチームにタイトルをもたらせる活躍を見せると、9月にはセリエAでデビューを果たす。

デビュー翌週には初ゴールを記録すると、シーズン中にはハットトリックも達成。1年目からまずまずのインパクトを残すと、翌シーズンに転機が訪れることとなる。




関連ニュース
thumb

キエッリーニのロサンゼルスFC加入話が進展! あと家族のゴーサインを待つのみか

元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)のアメリカ行きが差し迫っているようだ。 ユベントス在籍17年間で公式戦560試合の出場数に19個の獲得タイトルを誇るキエッリーニ。そうした功績が物語るとおり、クラブのバンディエラと呼ぶにふさわしいレジェンドだが、11日に行われたコッパ・イタリア決勝のインテル戦終了後に今季限りでの退団を表明した。 クラブとの契約が来季まで残るなかでの退団決断にいまだ惜しむ声があるが、キエッリーニは16日に行われたセリエA第37節のラツィオ戦後、今後について「正直、まだわからないんだ」としつつ、「異なる文化に触れ、経験する必要性を感じている」と国外移籍を示唆した。 そんなキエッリーニの行き先を巡っては以前からアメリカが噂に。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は先日、メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルスFCからの正式なオファーが舞い込んでいると主張している。 そして、ロマーノ氏の続報によると、キエッリーニはロサンゼルスFCと給与を含む契約条件で完全合意に至ったとのことで、フリー移籍に一歩前進。あと必要なのは家族のゴーサインだけで、同意を得られればロサンゼルスFC行きが実現する様相だという。 2022.05.22 14:25 Sun
twitterfacebook
thumb

去就不透明のペリシッチにS・インザーギ「彼の残留は私の望み」

インテルのシモーネ・インザーギ監督がクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(33)の残留を願った。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 インテルとの契約が今季最終年のペリシッチ。2019年夏に1年ローンでバイエルンに出た時期もあったが、2020年夏からインテルで再びプレーし、今季からのS・インザーギ体制下でも重宝される。 だが、あと1カ月ちょっとでインテルとの契約切れが迫るなか、延長交渉が進んでおらず、ユベントスのほかにトッテナムやチェルシーといったプレミアリーグ勢の関心も取り沙汰され始めている。 インテルとの延長交渉が滞る理由に金銭の隔たりが挙げられたりもしているが、S・インザーギ監督は22日にホームで行われるセリエA最終節のサンプドリア戦を前に契約延長の知らせを待望視した。 「もちろん、(ペリシッチの残留は)私の望みだ。彼は印象づけてくれている。トレーニングから本当に感銘を受けているんだ。私の期待を上回ってくれているよ。私が対戦相手として対峙したときから、彼はトッププレーヤー。今季も素晴らしいシーズンを過ごした。質と量があって、完成された選手なんだ。彼の将来について、すぐに良い知らせがあるのを願っている」 2022.05.22 09:10 Sun
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがECL出場権獲得、敗れたユベントスは3戦未勝利でシーズンフィニッシュ《セリエA》

フィオレンティーナは21日、セリエA最終節でユベントスをホームに迎え、2-0で快勝した。 勝利すればヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)出場権を得られる7位フィオレンティーナ(勝ち点59)は、ピョンテク、ニコラス・ゴンサレス、サポナーラの3トップで挑んだ。 ディバラとケアンの2トップとする[3-5-2]で構えてきた4位ユベントス(勝ち点70)に対し、フィオレンティーナが圧力をかける展開で推移すると、19分にFKの流れからボックス内のボナヴェントゥーラがシュートに持ち込んだが、デ・リフトの好ブロックに阻まれる。 その後も押し込むフィオレンティーナは35分、CKからイゴールのヘディングシュートでゴールに迫るも枠を捉えきれず。それでも追加タイム1分に押し切った。ボックス内でルーズボールに反応したダンカンがシュートを蹴り込んだ。 迎えた後半、キエッリーニに代えてルガーニを投入してきたユベントスに対し、フィオレンティーナが試合をコントロールしていく。 ユベントスにシュートを打たせず時間を進めるフィオレンティーナは、78分に追加点のチャンス。CKからピョンテクのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKピンソーリオのセーブに阻まれた。 ヴラホビッチを投入したものの攻め手がないユベントスに対し、フィオレンティーナは後半追加タイム1分にPKを獲得する。ボックス内に侵入したトレイラがボヌッチに倒された。 このPKをニコラス・ゴンサレスが決めたフィオレンティーナがユベントスのシュートを1本に抑えて2-0で勝利。2016-17シーズンにヨーロッパリーグに出場して以来、6季ぶりに欧州カップ戦出場を決めている。 一方、敗れたユベントスは3戦未勝利でシーズンを終えている。 2022.05.22 05:56 Sun
twitterfacebook
thumb

33歳にしてキャリアハイの活躍見せるアルナウトビッチ、ユーベやナポリらセリエA上位陣による争奪戦へ

オーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(33)は、わずか1シーズンでボローニャを去る見込みのようだ。『フットボール・イタリア』がジャーナリストのアルフレド・ペドゥーラ氏の情報をもとに報じている。 2021年8月に、中国スーパーリーグ(CSL)の上海上港からボローニャへと加入したアルナウトビッチ。過去にインテルやウェストハムなどでもプレーした大型ストライカーは、今季のセリエAにおいて、33歳にしてキャリアハイとなる14得点を記録している。 充実のシーズンを送るアルナウトビッチだが、選手本人はセリエAのより大きなクラブでプレーすることを望んでおり、伝えられるところによると、ユベントス、ナポリ、ローマが獲得を目論んでいるとのことだ。 ユベントスとナポリは、それぞれセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(22)、ナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(23)の明確なバックアッパーとしてオーストリア代表FWに注目。また、ローマも現有戦力の去就次第ではあるものの、イングランド代表FWタミー・エイブラハム(24)のバックアッパーや、ツートップのオプションなどを考えているようだ。 なお、ボローニャを率いるシニシャ・ミハイロビッチ監督は、アルナウトビッチが今季終了後に移籍することを認める発言をしており、来季は候補に挙がるいずれかのクラブでプレーすることになるかもしれない。 2022.05.21 14:01 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベとラツィオがセンターバック同士をトレードか? 双方の思惑が一致する完璧なトレードとなるか

ユベントスとラツィオがセンターバック同士のトレードに踏み切る可能性があるとのことだ。イタリア『The Cult of Calcio』が報じている。 イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)が今季限りで退団するユベントスは、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)やイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(35)がいるものの、彼らとコンビを組ませる経験豊富なセンターバックをスカッドに加えたいと考えている。 対するラツィオは、ここ数年の守備陣における中心選手だったイタリア代表DFフランチェスコ・アチェルビ(33)を今夏に売却したい考えがあるとのこと。アチェルビは、今季の著しいパフォーマンス低下に起因して、ラツィオサポーターとの間にも亀裂が走るなど、もはや来季のチーム構想には入っていないと見られる。 そんな中、『The Cult of Calcio』によれば、ラツィオのマウリツィオ・サッリ監督が、自身がエンポリを指揮した時代に育て上げ、現在はユベントスに所属する元イタリア代表DFダニエレ・ルガーニ(27)を獲得したい考えだという。 サッリ監督からのルガーニ獲得要望を受けたラツィオのクラウディオ・ロティート会長が主導し、ユベントスに対して、ルガーニの代わりにアチェルビを差し出すという、実質的なトレードを提案するとのこと。ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、27歳のルガーニを来季の構想外とみなしているとされる。 ラツィオはすでに、ミラン主将のイタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリ(27)をフリー移籍で獲得することが濃厚とされ、ルガーニも獲得となった場合には、代表経験も有する自国の2選手を守備陣の軸に据える形となる。 セリエA屈指の倹約家として知られるロティート会長らしい、可能な限り低コストで選手を獲得する算段は、果たして身を結ぶのか。また、キエッリーニらが去り、一時代の終焉を感じさせるユベントスは来季のスクデット奪還へ向け、やはり経験豊富なベテランを中心としたチーム構成となるのか?今後の動向にも注目したい。 2022.05.20 17:44 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly